ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 923654 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

7月の甲斐駒ヶ岳〜黒戸尾根を七丈小屋泊で行く〜

日程 2016年07月23日(土) 〜 2016年07月24日(日)
メンバー soranoiro, その他メンバー1人
天候23日:曇り、ガス
24日:午前快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
尾白渓谷駐車場(竹宇駒ヶ岳神社の登山口まで数分、無料)利用
http://www.yamakei-online.com/sp/tozan_kuchi.php?id=1066
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間48分
休憩
28分
合計
6時間16分
S尾白川渓谷駐車場06:4006:47竹宇駒ヶ岳神社06:4808:37笹の平分岐10:05刃渡り10:28刀利天狗10:2911:10五合目小屋跡11:3312:08屏風小屋跡12:1112:56七丈小屋
2日目
山行
7時間23分
休憩
1時間7分
合計
8時間30分
宿泊地03:3504:50八合目御来迎場04:5506:06甲斐駒ヶ岳07:0507:42八合目御来迎場07:4308:11七丈小屋08:49屏風小屋跡08:5008:59五合目小屋跡09:36刀利天狗09:3709:55刃渡り10:51笹の平分岐12:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全コース、悪コンディションや崩壊場所などなし。
その他周辺情報◆温泉:尾白の湯(820円)
※ベルガ公園内(当日は入園時に200円支払い、入湯時に620円支払い)
◆宿泊:七丈小屋(夕食ありで6000円)
※夕食はレトルトカレーを選択、大きなエビフライ2本ついて満足。水は宿泊者無料。テラスなど自炊スペースあり。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック10kg
共同装備 コンロ・ヤカン コーヒーセット ツェルト 非常食

写真

今日は曇りのち、にわか雨の降るところも・・・という予報があたりそうな雲行き。
2016年07月23日 06:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は曇りのち、にわか雨の降るところも・・・という予報があたりそうな雲行き。
竹宇駒ヶ岳神社にお参りして、
2016年07月23日 06:51撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竹宇駒ヶ岳神社にお参りして、
登山口の吊り橋へ。
2016年07月23日 06:51撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の吊り橋へ。
歩き始めて早々に七丈小屋の説明。
2016年07月23日 07:06撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めて早々に七丈小屋の説明。
ガス。
2016年07月23日 08:28撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガス。
コメツガ?の新芽。
2016年07月23日 08:42撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コメツガ?の新芽。
笹の平あたり。
2016年07月23日 09:02撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹の平あたり。
小さな札に距離が書かれている。
2016年07月23日 10:05撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな札に距離が書かれている。
刃渡り。
2016年07月23日 10:12撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刃渡り。
視界がなく、高度感もない。
2016年07月23日 10:20撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界がなく、高度感もない。
銀竜草と苔の森。
2016年07月23日 10:51撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銀竜草と苔の森。
1
雨が多いんだなあ。黒戸山の巻き道辺り。
2016年07月23日 10:52撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が多いんだなあ。黒戸山の巻き道辺り。
奥手のシャクナゲ。
2016年07月23日 11:55撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥手のシャクナゲ。
1
五合目小屋跡にて昼食休憩、初めて目にした青空。
2016年07月23日 12:04撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目小屋跡にて昼食休憩、初めて目にした青空。
下って、また登る。
2016年07月23日 12:07撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下って、また登る。
晴れたのはつかの間、またガスの中へ。
2016年07月23日 12:26撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れたのはつかの間、またガスの中へ。
至る所に石碑や剣。
2016年07月23日 12:37撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至る所に石碑や剣。
ちょっと珍しい鎖。
2016年07月23日 12:41撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと珍しい鎖。
七丈小屋掲示の縦走コース。三ツ頭から大岩山へのコースは山渓地図にはのっていないコース。
2016年07月23日 12:55撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七丈小屋掲示の縦走コース。三ツ頭から大岩山へのコースは山渓地図にはのっていないコース。
第二小屋。きれい。
2016年07月23日 12:57撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二小屋。きれい。
毛布のメーキングは完璧。
2016年07月23日 13:11撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛布のメーキングは完璧。
2
水場には水の検査記録が掲示されている。
2016年07月23日 13:20撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場には水の検査記録が掲示されている。
小屋のテラスからの風景。
2016年07月23日 15:18撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋のテラスからの風景。
時折オベリスクが見えたりする。
2016年07月23日 15:23撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折オベリスクが見えたりする。
明日は晴れる予感。
2016年07月23日 15:56撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日は晴れる予感。
3:40に日の出をめざして出発。第一テント場、10張りでほぼ一杯。第2テント場は一張りのみでした。
2016年07月24日 03:48撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3:40に日の出をめざして出発。第一テント場、10張りでほぼ一杯。第2テント場は一張りのみでした。
雲海と山と剣
2016年07月24日 04:13撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海と山と剣
2
月が明るくても、ヘッドライトを使って登る。
2016年07月24日 04:15撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月が明るくても、ヘッドライトを使って登る。
八合目のご来光場に到着。
2016年07月24日 04:33撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目のご来光場に到着。
1
夜明け前がうつくしい。
2016年07月24日 04:38撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明け前がうつくしい。
1
もちろん富士山も。
2016年07月24日 04:39撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もちろん富士山も。
3
日の出。
2016年07月24日 04:49撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出。
3
頂上も朝日の色に染まって!
2016年07月24日 04:50撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上も朝日の色に染まって!
1
最後まで気が抜けない。
2016年07月24日 05:00撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後まで気が抜けない。
何度も何度も撮ってしまう富士山。
2016年07月24日 05:20撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も何度も撮ってしまう富士山。
2
山頂!
2016年07月24日 06:13撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂!
雲に浮かぶ八ヶ岳。
2016年07月24日 06:13撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲に浮かぶ八ヶ岳。
2
北アルプスの山並み。
2016年07月24日 06:14撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスの山並み。
2
北アルプスも中央アルプスも八ヶ岳、御岳山も雲海に浮かぶ島。
2016年07月24日 06:15撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスも中央アルプスも八ヶ岳、御岳山も雲海に浮かぶ島。
4
摩利支天の向こうに鳳凰三山、富士山。
2016年07月24日 06:51撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天の向こうに鳳凰三山、富士山。
2
鋸の先に北岳。
2016年07月24日 06:51撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸の先に北岳。
月の甲斐駒の山頂。
2016年07月24日 07:09撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月の甲斐駒の山頂。
2
ついつい富士山。
2016年07月24日 07:12撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついつい富士山。
下りもきつい
2016年07月24日 07:28撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りもきつい
撮影機材:

感想/記録

◆ 甲斐駒ヶ岳・黒戸尾根のこと
 20年前、北岳から見た甲斐駒ヶ岳は実に堂々とした山容で、一緒に登った友人と「いつか黒戸尾根から登ろう」と約束。それなのに年月は過ぎ、北岳にはその後2回登っているにも関わらず、甲斐駒は今回が初山行となった。「黒戸尾根から登ろう」って言ってしまった結果かな。そんな訳で長年の課題をこなした解放感もあり、こんな素晴らしい天候に恵まれ、仲間と一緒に登ることができて3倍うれしい。
 ハードコースを歩くこと自体が目的になっていたけど、歩いてみてはじめて、雑木林から苔むしたシラビソの森、ハイマツ帯、岩場と鎖場と変化にとんだ気持ちのいいルートだと知った。うかつだった。

◆七丈小屋のことに
 友人から管理人が無愛想なので泊まりたくないと聞いていたので興味津々で泊まった。13時に一番で到着したが、受付の仕方、夕食の選び方、求められていることがわからず戸惑いながらも何とか受付完了。でも、こわくて夕食時間を聞けなかった…
 テラスで飲みながら、地元の山岳会や静岡や東京からのグループの皆さんの話しを聞きながら、管理人の人となりの一端を知る事になる。私の中の印象は、愛想はないが山小屋を秩序正しく清潔に管理し、常に登山道を整備する山小屋管理者の鏡のような人物になった。実際、山小屋は清潔で快適、寝具はホテルのベッドメイキング並に美しくセットされている。登山道はそれとわかるほど整備が良く安全が保たれている。すごいことだ。
 少くなくとも、愛想があって清潔でないよりも、愛想がなくて清潔なのがいいに決まっている。いつか彼が整備したという日向山に続く八丁尾根の登山道を歩いてみたい。熊遭遇リスクが高いそうなので、ベルを忘れずに出かける。
訪問者数:366人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ