ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 923762 全員に公開 ハイキング近畿

六甲  (芦屋川 − 道畦谷北尾根 − 七兵衛山 − 芦屋川)

日程 2016年07月24日(日) [日帰り]
メンバー aurora420, その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
阪急芦屋川駅近くのタイムズ¥700/日
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間57分
休憩
31分
合計
6時間28分
Sスタート地点07:5410:19荒地山10:2510:31なかみ山10:3210:52荒地山への分岐11:40打越峠12:07七兵衛山12:3112:38木漏れ日広場13:39蛙岩14:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
スタート地点は途中からになっています
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありませんが、分岐が多いので注意が必要です
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

本日のルートは、我が家の『山と高原地図は2011年版』では右に行くはずなのですが、地図通りに進むと進入禁止。実際行ってみましたが、私有地のため通行不可でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のルートは、我が家の『山と高原地図は2011年版』では右に行くはずなのですが、地図通りに進むと進入禁止。実際行ってみましたが、私有地のため通行不可でした
2
城山方面へ入るとこの標識があります。弁天岩方面へ向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城山方面へ入るとこの標識があります。弁天岩方面へ向かいます
2
オオルリがいました。ピンボケ&遠すぎて分かりません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオルリがいました。ピンボケ&遠すぎて分かりません
2
600mlペットボトルサイズのキノコが出現
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
600mlペットボトルサイズのキノコが出現
2
クチナシ(八重)でしょうか?とても甘い香りがしました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クチナシ(八重)でしょうか?とても甘い香りがしました
1
ルートがよくわかっていないのですが、弁天岩へ行けると思い、とりあえず○印の方へ進みます。実際はここを右方向へ行けば、弁天岩方面へ行けたはず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートがよくわかっていないのですが、弁天岩へ行けると思い、とりあえず○印の方へ進みます。実際はここを右方向へ行けば、弁天岩方面へ行けたはず
1
岩場を登ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を登ります
2
矢印方向へと進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢印方向へと進みます
2
エビフライ発見。リス見てみたいな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エビフライ発見。リス見てみたいな
1
あの岩は何でしょう?あれが十三間四方岩?最新情報によるとすでに実在しない?らしいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの岩は何でしょう?あれが十三間四方岩?最新情報によるとすでに実在しない?らしいです
1
少々ガレてます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少々ガレてます
1
矢印の方向へ進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢印の方向へ進みます
1
大きな岩の間を登っていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな岩の間を登っていきます
1
良い景色です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い景色です
3
いろいろな巨岩が見られます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いろいろな巨岩が見られます
1
おにぎりみたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おにぎりみたい
2
踏み跡が結構あって少し分かり辛い。とりあえず矢印の方向へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡が結構あって少し分かり辛い。とりあえず矢印の方向へ。
小さなカエル。大きさは3cmくらい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さなカエル。大きさは3cmくらい
メジロの群れがいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メジロの群れがいました
3
家に帰ってから調べましたが、どうやら道畦谷北尾根ルートを登ってきたようです。看板では「寸断」「閉鎖」と書かれてますが、そういった箇所はありませんでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
家に帰ってから調べましたが、どうやら道畦谷北尾根ルートを登ってきたようです。看板では「寸断」「閉鎖」と書かれてますが、そういった箇所はありませんでした
荒地山に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒地山に到着
4
ヤマカガシがとぐろを巻いていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマカガシがとぐろを巻いていました
お、こんな所に水場が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お、こんな所に水場が。
2
打越峠に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
打越峠に到着
2
七兵衛山山頂の休憩所は大盛況
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七兵衛山山頂の休憩所は大盛況
1
本日のお昼。おにぎり2個と菓子パン。食べ過ぎかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のお昼。おにぎり2個と菓子パン。食べ過ぎかな
標高は低いですが、いい風が吹いていてとても涼しかったです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高は低いですが、いい風が吹いていてとても涼しかったです
5
さぞかし夜景も綺麗でしょうね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぞかし夜景も綺麗でしょうね
5
下山開始してしばらく歩くと「木洩れ日広場」がありました。しっかりしたベンチが沢山並んでいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始してしばらく歩くと「木洩れ日広場」がありました。しっかりしたベンチが沢山並んでいました
2
会下山(エゲノヤマ)遺跡。初めてきました、ここが北限のようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
会下山(エゲノヤマ)遺跡。初めてきました、ここが北限のようです
クヌギ。ドングリになる前の姿
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クヌギ。ドングリになる前の姿
高床式倉庫が復元されています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高床式倉庫が復元されています
3
弥生時代中期から後期の遺跡との事
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥生時代中期から後期の遺跡との事
2

感想/記録

我が家の「山と高原地図六甲・摩耶2011年版」を眺めながらどこのルートを登ろうかと検討していた所、芦屋川駅から「ナマズ石」を経て東おたふく山へ行くルートがあることに気付き早速行ってみることにしました。
ところが、このルートを地図通りに進むと、その先は私有地となっていて進入不可。(2013年5月には進入禁止となっていたそうです)山のルートは簡単(頻繁)には変わらないだろうと下調べせずに来てしまったことを早々に後悔しました。仕方なく引き返して、高座の滝方向へと進み、途中の分岐を鷹尾山方面へと進みます。岩梯子のあるルートへ変更するつもりだったのですが、登山口に入って間もなく、弁天岩方向を示す分岐がありました。これが当初行く予定ルートの迂回路のようです。
踏み跡も明瞭そうなので行ってみることにしたのですが、弁天岩方向に行く分岐を誤った方向へ進んでしまった模様(._.) 途中で間違っていることに気付き、戻るかそのまま進むか検討がてらちょっと休憩。踏み跡もあるし、所々赤い矢印があったのでそのまま進んでみることにしました。
この間違った方の登山道は岩尾根となっており、プチ岩登りや景観を楽しむ事ができました。ただこの岩尾根ルートは地図に掲載がなく、荒地山近くまで案内板もありません。途中踏み跡が錯綜している所もあって少し注意が必要です。

荒地山を過ぎ魚屋道へ合流。山頂方面への登山道は渋滞が発生してましたので、ゴルフ場手前を左へ折れ七兵衛山へと向かいます。山頂で昼食休憩をとり蛙岩経由で芦屋川へ戻りました。

今回は初ルートを通り、特に危険な目にも合わず結果的には楽しい山行だったのですが、きちんと下調べをしないといけないなと思いました。ましてや地図に載っていないルート(最新版に載ってるか不明)でしたので・・・以後気を付けようと思います。


弁天岩・ナマズ石見学山行は次回以降に持ち越します。
訪問者数:132人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ