ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 923939 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

天狗岳(唐沢鉱泉周回コース)

日程 2016年07月24日(日) [日帰り]
メンバー Kitara
天候晴れ後霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道諏訪南インターから唐沢鉱泉まで約20キロ。最後の数キロは未舗装だが、かなり走りやすい方。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間28分
休憩
1時間35分
合計
8時間3分
S唐沢鉱泉06:5607:38唐沢鉱泉分岐07:4108:45第一展望台08:4609:09第二展望台09:1109:55天狗岳10:3010:47東天狗岳11:2511:28天狗の鼻12:32天狗の奥庭12:3813:03黒百合ヒュッテ13:1314:01渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐14:59唐沢鉱泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
6:53 天狗岳登山口駐車場
7:42 唐沢鉱泉分岐
8:45 第一展望台
9:09 第二展望台
10:09 天狗岳
10:47 天狗の鼻
12:38 天狗の奥庭
13:13 黒百合ヒュッテ
14:01 渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐
コース状況/
危険箇所等
北八ヶ岳を代表するメジャーコースなので、案内標識は充実している。
唐沢鉱泉〜西天狗岳間は、西天狗岳山頂直下の岩場以外は特に危険個所はなく、全般的に歩きやすい。
東天狗岳〜唐沢鉱泉間は、岩稜帯が長く続く上、黒百合ヒュッテから先の樹林帯に入った後も、滑りやすい岩のごろごろした道がかなり長く続くので、登りに用いたルートよりも相当歩きにくい印象を受けた。
岩場の下りが苦手な向きには、先に東天狗岳を目指す逆コースの方が歩きやすいかもしれない。

登山届は唐沢鉱泉の玄関ポストに提出できる。
トイレは登山口のほか、黒百合ヒュッテで利用できる。
携帯電話(au)は稜線に出ると通じる場所が多いが、黒百合ヒュッテ以下はかなり電波を拾うのが厳しい。
その他周辺情報唐沢鉱泉に700円で日帰り入浴ができる。泉質の良さは多言を要しないが、温湯の加温浴槽は、長風呂で登山の疲れを癒すには絶妙の湯温。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

登山口となる唐沢鉱泉。一度は泊まってみたくなる雰囲気の良い建物。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口となる唐沢鉱泉。一度は泊まってみたくなる雰囲気の良い建物。
1
西尾根へは橋を渡る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西尾根へは橋を渡る。
1
最初は木漏れ日がまぶしい針葉樹の中をつづら折りで登っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は木漏れ日がまぶしい針葉樹の中をつづら折りで登っていく。
最初の分岐点に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の分岐点に到着
1
長い樹林帯を経て第一展望台へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い樹林帯を経て第一展望台へ。
北側は割と見えている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側は割と見えている。
南側は雲海と同じ高さ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側は雲海と同じ高さ。
ガス越しに天狗岳方面もうっすらと見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガス越しに天狗岳方面もうっすらと見える。
南八ヶ岳に連なる稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳に連なる稜線
苔と光のコントラストを切り取る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔と光のコントラストを切り取る。
第二展望台に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二展望台に到着
逆光の西天狗岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆光の西天狗岳
ガスに包まれる南八ヶ岳方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスに包まれる南八ヶ岳方面
西天狗岳へはひたすら岩稜帯を登っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳へはひたすら岩稜帯を登っていく。
1
第二展望台方面を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二展望台方面を振り返る。
南東方向の崖がすごい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南東方向の崖がすごい。
雲海越しに高い山がちらほら見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海越しに高い山がちらほら見える。
間近に迫る雲海のボリュームがすごい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間近に迫る雲海のボリュームがすごい。
1
北方面の眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北方面の眺め
西天狗岳山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳山頂
1
ガスに覆われる東天狗岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスに覆われる東天狗岳
1
根石岳方面。コルに根石山荘が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根石岳方面。コルに根石山荘が見える。
1
箕冠山の崖の迫力がすごい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箕冠山の崖の迫力がすごい。
1
ハイマツ越しに北方を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツ越しに北方を望む。
時折ガスが切れて東天狗岳が全貌を現す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折ガスが切れて東天狗岳が全貌を現す。
天狗岳のコル付近から東天狗岳を見上げる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳のコル付近から東天狗岳を見上げる。
1
東天狗岳への登りは案外あっけない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳への登りは案外あっけない。
東天狗岳山頂。部分的に青空が覗く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳山頂。部分的に青空が覗く。
東天狗岳から望む西天狗岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳から望む西天狗岳
迫力のある南方に続く稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迫力のある南方に続く稜線
下山方向を間違えて根石岳方面に少し下ってしまった。天狗岳の東西の頂が見えたので良しとしよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山方向を間違えて根石岳方面に少し下ってしまった。天狗岳の東西の頂が見えたので良しとしよう。
中山峠との分岐点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠との分岐点
薄いガスの中を下っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄いガスの中を下っていく。
緑と岩石のミックス地帯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑と岩石のミックス地帯
岩石と針葉樹
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩石と針葉樹
天狗の奥庭から登路の西尾根を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭から登路の西尾根を望む。
急な下山路を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な下山路を振り返る。
強風帯のハイマツのように曲がった造形が面白い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風帯のハイマツのように曲がった造形が面白い。
天狗岳を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳を振り返る。
ここから黒百合ヒュッテに下りる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから黒百合ヒュッテに下りる。
黒百合ヒュッテを見下ろす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテを見下ろす。
黒百合ヒュッテの分岐点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテの分岐点
一番搾りの看板に目を奪われる黒百合ヒュッテ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番搾りの看板に目を奪われる黒百合ヒュッテ
長くしんどい滑りやすい岩の道を経て、ようやく唐沢鉱泉への分岐点が現れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長くしんどい滑りやすい岩の道を経て、ようやく唐沢鉱泉への分岐点が現れた。
ここまで下るとゴールは近い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで下るとゴールは近い。
唐沢鉱泉の外にある神秘的な色を湛えた温泉溜まり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉の外にある神秘的な色を湛えた温泉溜まり
1

感想/記録
by Kitara

昨日の西岳〜編笠山に続いて、今日は北八ヶ岳の主峰・天狗岳に目標を定める。
終始ガスに巻かれた昨日よりは多少ましであったものの、この日も早い時間帯からガスが湧き、すっきりとした景色が堪能できなかったのは残念であったが、北八ヶ岳ならではの針葉樹の美林と岩稜帯のコラボを満喫することができた。
北八ヶ岳はルートが多彩で奥が深そうなので、次にたどりたいコースをじっくり研究しつつ、温泉を起点に周遊できる日を楽しみに待ちたい。
訪問者数:635人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ハイマツ 雲海 ガス コル ヒュッテ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ