ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 924262 全員に公開 沢登り奥秩父

笛吹川東沢釜ノ沢〜甲武信小屋〜雁坂小屋/ヘロヘロ道中&偶然の再会

日程 2016年07月23日(土) 〜 2016年07月24日(日)
メンバー namifuji
天候曇り〜晴れ〜曇り〜晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅みとみに駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間17分
休憩
2時間40分
合計
12時間57分
S道の駅みとみ05:3705:42西沢渓谷駐車場05:4305:57ねとりインフォメーション06:0206:05近丸新道登山口06:09徳ちゃん新道登山口06:15二俣吊橋06:1906:27鶏冠谷出合08:27東のナメ沢08:3008:52西のナメ滝09:0409:32釜ノ沢09:4110:30両門ノ滝11:0714:05甲武信小屋14:5415:04木賊山まき道分岐15:36破風山避難小屋15:4016:25破風山16:3216:50東破風山16:5317:37雁坂嶺17:4418:09雁坂峠18:2818:34雁坂小屋
2日目
山行
1時間34分
休憩
8分
合計
1時間42分
雁坂峠09:5710:14井戸ノ沢出合10:1610:30峠沢出合10:39沓切沢出合10:4010:53沓切沢橋10:5511:17雁坂トンネル駐車場11:2011:38道の駅みとみ11:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

スタート前、道の駅より。
朝陽に映える鶏冠尾根。
2016年07月23日 05:14撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート前、道の駅より。
朝陽に映える鶏冠尾根。
西沢山荘(跡?)
2016年07月23日 06:04撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西沢山荘(跡?)
肝に命じます
2016年07月23日 06:06撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肝に命じます
1
この吊橋を渡ると・・・
2016年07月23日 06:10撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この吊橋を渡ると・・・
鶏冠尾根どかーん!
2016年07月23日 06:10撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏冠尾根どかーん!
1
鶏冠谷出会。
しばらくは登山道を行く。
2016年07月23日 06:21撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏冠谷出会。
しばらくは登山道を行く。
甲武信への表登山道だったころの名残と思われるオブジェ。
2016年07月23日 06:44撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信への表登山道だったころの名残と思われるオブジェ。
ホラノ貝ゴルジュ入口。
ここで沢靴へチェンジ。
2016年07月23日 07:00撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホラノ貝ゴルジュ入口。
ここで沢靴へチェンジ。
3
良い天気!
2016年07月23日 07:55撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い天気!
乙女の滝
2016年07月23日 08:07撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乙女の滝
左岸の大岸壁。
迫力あり。
2016年07月23日 08:15撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸の大岸壁。
迫力あり。
いざ釜ノ沢
2016年07月23日 09:26撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざ釜ノ沢
前回、フリーで登れずザイルのお世話になった魚留の滝
2016年07月23日 09:27撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回、フリーで登れずザイルのお世話になった魚留の滝
登れた(喜)!
2016年07月23日 09:29撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登れた(喜)!
2
美しい釜
2016年07月23日 09:34撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい釜
4
千丈のナメ。
木漏れ日が良いなー。
2016年07月23日 09:36撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千丈のナメ。
木漏れ日が良いなー。
両門の滝
2016年07月23日 10:27撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両門の滝
滝上から滝壷を望む。
大学生っぽい一団が休憩中。
2016年07月23日 10:38撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝上から滝壷を望む。
大学生っぽい一団が休憩中。
ここで痛恨の道迷い。
あやふやな前回の記憶を頼りに変な方向へ登ってしまうこと3回(これで30分ほどタイムロス)の果てに出会ったギンリョウソウ四兄弟。
2016年07月23日 10:43撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで痛恨の道迷い。
あやふやな前回の記憶を頼りに変な方向へ登ってしまうこと3回(これで30分ほどタイムロス)の果てに出会ったギンリョウソウ四兄弟。
前回は右岸を直登した滝。
今回はもう少し安全なラインで。
2016年07月23日 11:09撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回は右岸を直登した滝。
今回はもう少し安全なラインで。
デカいナメクジ
2016年07月23日 12:30撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デカいナメクジ
この滝は前回同様右岸端っこで。
2016年07月23日 12:32撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝は前回同様右岸端っこで。
手頃な小滝に遊んでもらいつつ
2016年07月23日 12:44撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手頃な小滝に遊んでもらいつつ
源頭部へ
2016年07月23日 13:33撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源頭部へ
甲武信のポンプ小屋見えたー!
2016年07月23日 13:49撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信のポンプ小屋見えたー!
甲武信小屋着いたー!
2016年07月23日 14:03撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信小屋着いたー!
ここでなんと昔の会社(辞めたのは15年前)の先輩に偶然遭遇!
いやもうびっくりしたなんてもんじゃないですよ!
2016年07月23日 14:16撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでなんと昔の会社(辞めたのは15年前)の先輩に偶然遭遇!
いやもうびっくりしたなんてもんじゃないですよ!
6
甲武信小屋泊の先輩と小1時間歓談後、最終目的地・雁坂へGO!
2016年07月23日 15:36撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信小屋泊の先輩と小1時間歓談後、最終目的地・雁坂へGO!
1
ヘロヘロの体に西破風の登りは拷問
2016年07月23日 16:51撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘロヘロの体に西破風の登りは拷問
3
雁坂嶺の登りも地味にキツイ
2016年07月23日 17:15撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁坂嶺の登りも地味にキツイ
1
「雲と光のオブジェ」的な
2016年07月23日 17:31撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「雲と光のオブジェ」的な
雁坂嶺到着。
ヘロヘロMAX。
2016年07月23日 17:39撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁坂嶺到着。
ヘロヘロMAX。
3
雲に浮かぶ唐松尾山
2016年07月23日 17:56撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲に浮かぶ唐松尾山
最近また鹿が増えたなー。
2016年07月23日 18:02撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最近また鹿が増えたなー。
1
夕暮れの雁坂峠
2016年07月23日 18:05撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕暮れの雁坂峠
3
甲府盆地方面
2016年07月23日 18:18撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲府盆地方面
着いた〜
2016年07月23日 18:29撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着いた〜
5
おっさん4人で静かな食飲研修(かなり深夜まで)の翌朝
2016年07月24日 04:52撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっさん4人で静かな食飲研修(かなり深夜まで)の翌朝
3
ヤナギランの蜜に群がるミツバチ
2016年07月24日 07:52撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤナギランの蜜に群がるミツバチ
5
草刈へ向かうゴローさんの雄姿。
今回もお世話になりました。
2016年07月24日 08:08撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草刈へ向かうゴローさんの雄姿。
今回もお世話になりました。
3
甲武信からの縦走途中に立ち寄ってくれた先輩と(撮影者:isiさん)
2016年07月24日 09:27撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信からの縦走途中に立ち寄ってくれた先輩と(撮影者:isiさん)
4

感想/記録

先々週、師匠に引率されて歩いた釜ノ沢。
忘れないうちに復習しておこうと独りで行ってみました。
他人任せで歩いたルートはやはりうろ覚え箇所が多く、「この二俣はどっちだっけ?」と迷うこと多数。
その都度ガイドブックのお世話になり事なきを得たものの、両門ノ滝上で思い込み(思い違い)による痛恨のルートミス。
30分ほどの時間と体力を大きくロス(泣)。
でもまあなんとか無事にルート復帰出来たので良しとしよう(前向き)。

今回最大の課題は、前回フリーで登れずザイルのお世話になった魚留の滝。
相変わらずツルッツルの一枚岩に緊張するも、前回と違い岩がドライだったおかげでなんとかクリア出来た!やった!

その後は、前回最も緊張した滝を前回同様のルートで行けるか?とトライしてみるも、ヤバそうだったのであっさり簡単なルートに変更。
単独の場合は諦めが肝心、と肝に命じつつ。

そんなこんなで14時過ぎに甲武信小屋に到着、ベンチに腰を下ろそうとしたところで目の前に居た登山者から「namifujiくん!」という声が。
え?誰?と顔を向けたその先に居たのは15年近く前に辞めた会社の元先輩!
これにはひっくり返るほどビツクリ。なんという偶然。
思わず小屋で秩父錦ワンカップを購入、甲武信小屋泊の元先輩と小一時間歓談し、後ろ髪引かれながら本日の最終目的地・雁坂小屋へ向けて重足引摺り開始!

その後の破風の登りが筆舌に尽くし難い拷問だったことは言うまでもなく(泣)、放心状態で辿りついた雁坂小屋の青い屋根が天国の門に見え、出迎えてくれたisiさんが天使に見え・・・たかどうかは定かではない(笑)。

小屋では、ゴローさん、isiさん、tozzanoさんの鹿の師匠・Yさんと4人で静かに、しかし深く長く食飲研修。
ふと時計を見ると日付が変わって1時間ちょっと(驚)。
いやー久々に皆様とゆっくり語り合えてとても幸せでした。
今回もお世話になりました。ありがとうございます。

翌朝、元先輩が甲武信からの縦走途中に寄ってくれたのでそのまま一緒に下山。
昔話やら山の話やらをしつつ三富道の駅まで二時間ちょいで下り、都心へ電車で帰る元先輩を塩山まで車で送って終了。

楽しい沢登りと、懐かしい再会と、小屋での深い語らいと。
なんだかとても盛りだくさんで、身体はヘロヘロMAX・心は充実MAXな二日間でした。
訪問者数:443人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/28
投稿数: 328
2016/7/25 10:44
 いやいや大変な山行になりましたね
またまた懐かしい顔を見せていただきましてありがとうございました。
夕暮れ時に知っている方が来るのを待ち受ける気分はなかなかイイですよ。
それにしても今回はハードでしたね。前回の復習とはいえ単独での沢登り。甲武信での再会。甲武信からのワンカップ足でのアップダウン。さらに濃い深夜に及ぶ食飲研修。日の出時刻の起床。完全寝不足で運転しての帰宅。その日のうちにヤマレコのアップ。タフです。
 それにしても惜しいなあ。足取りを表す地図を見ていましたら、これで破風の避難小屋で一度水場へ降りて、その後破風のてっぺん目指して登ってから雁坂へ来ればでっかいハートマークが完成したのに。次回はチャレンジしてみませんか。
登録日: 2014/1/18
投稿数: 350
2016/7/26 8:07
 Re: いやいや大変な山行になりましたね
isiさん

今回も大変お世話になりました。
ヘロヘロで辿り着いた小屋の影からisiさんの姿が見えた時の安堵感。

あの日、甲武信に着くのがもう少し遅くなっていれば、そのまま徳ちゃん新道で下ろうと考えていたのですが、着いたのがちょうど良い頃合の時間だったので、じゃあ往くか!と。
そんな次第なので、事前にちゃんと連絡出来ずすみませんでした。

ハートマークですかー。
避難小屋から水場往復からの破風登り・・・。
間違いなく行き倒れそうですが、やってみる価値は大いにありそうなので、ぜひやりましょう、一緒に!(笑)

ちなみにあの日は早めに下山したので渋滞にはまることもなく帰宅出来ましたが、洗濯してビール一本飲んだところで意識を失いました(笑)。

では、また近いうちに!
登録日: 2015/6/25
投稿数: 10
2016/7/26 20:07
 頑張りましたね
沢登り 破風の急登 流石ですね‼
そして、日をまたいでの語らい とても楽しかったです(*^_^*)
ありがとうm(__)m

私は、水に濡れるのも苦手で 急登を登る体力がありません...(..)
○○小屋周辺の登山道を楽しんでます(笑)

また、○○小屋でお逢いしましょう(^.^)/~~~
登録日: 2014/1/18
投稿数: 350
2016/7/27 8:11
 Re: 頑張りましたね
beetさん、初めまして(笑)!

先日は遅い到着にも関わらず、温かく迎えていただきありがとうございました。

小屋に行けば皆さんが居る!と思えばこそ、地獄の急登も耐えることができました。
深夜の語らい、本当に楽しかったですね〜。

私も雨で濡れるのは嫌ですが、沢で濡れるのは水遊び感覚で楽しいですよ!

○○小屋・・・?
どこだろう?

甲武信?(笑)
登録日: 2014/1/13
投稿数: 1097
2016/7/30 10:34
 復習編!
復習に沢だなんて、カッコ良すぎます
前回サポートを受けた滝も今回は一人で登れたとか、
やはりnamifujiさん、センスがあるのでしょう
それにガイドブックにお世話になったり、ロスしたとしても、
それでも一人で歩ききれたことはものすごい自信になりますよね

山の中で15年ぶりの再会もオツなものですね。
ものすごいご縁ですね。
そして雁坂に寄ればいつものメンバーがいる。
ステキなストーリーに仕上がっていて、ほっこりです!
登録日: 2014/1/18
投稿数: 350
2016/8/1 0:15
 Re: 復習編!
wwさん、コメントありがとうございます。

復習、というのは口実で、とにかく水遊びしたかっただけなんです(笑)。
魚留の滝は前回の経験から「登れなかったらどうしよう・・・」と緊張していただけに、無事登れた時の嬉しさは格別でした!

元先輩とはこの15年で3回くらい会っていて(一番最近は6月)、懐かしいということは無いのですが、あんな場所での偶然の遭遇、本当に驚きでした。
こんなことあるもんなんですね〜。

そして雁坂。
少ない人数で静かに、でも深い語らい。これまた最高。

やはり雁坂は良い!というのが今回の結論でした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ