ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 924276 全員に公開 ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳

日程 2016年07月23日(土) 〜 2016年07月24日(日)
メンバー mitty206, その他メンバー15人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間48分
休憩
20分
合計
7時間8分
S猿倉登山口駐車場09:4709:49猿倉荘09:50猿倉荘10:59白馬尻小屋11:0511:05白馬尻荘12:31岩室跡14:54避難小屋14:5616:04白馬岳頂上宿舎16:0716:21白馬山荘16:2316:35白馬岳16:4216:55白馬山荘
2日目
山行
7時間59分
休憩
41分
合計
8時間40分
白馬山荘04:2305:08白馬岳05:1005:46三国境05:4806:41小蓮華山06:5307:43船越ノ頭08:36白馬大池山荘08:4409:16乗鞍岳10:33風吹大池方面分岐10:40天狗原の祠10:4111:43栂池パノラマウェイ 自然園駅11:5913:02栂池パノラマウェイ 栂池高原駅13:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし。ハイシーズンはすれ違いが大変です。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ 山刀 ロープ チェーンアイゼン

写真

9:45かなり遅めの出発
2016年07月23日 09:44撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:45かなり遅めの出発
しばらくは林道です。
今回は、サポートメンバーで参加のため皆に合わせてゆっくりと・・・
2016年07月23日 10:07撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは林道です。
今回は、サポートメンバーで参加のため皆に合わせてゆっくりと・・・
大雪渓まで1時間。1人なら30分かからないでしょう。ゆっくり歩くのも修行ですね。精神面にも。
2016年07月23日 10:49撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓まで1時間。1人なら30分かからないでしょう。ゆっくり歩くのも修行ですね。精神面にも。
この山の山小屋はトイレがキレイですね。
2016年07月23日 10:52撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この山の山小屋はトイレがキレイですね。
いよいよ大雪渓。日本三大雪渓の一つです。今年は雪が少ないとのこと。締まっているので、トレランシューズにゲイターを装着せす、チェーンスパイクのみ装着。
2016年07月23日 12:17撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ大雪渓。日本三大雪渓の一つです。今年は雪が少ないとのこと。締まっているので、トレランシューズにゲイターを装着せす、チェーンスパイクのみ装着。
1
雷鳥を久々に発見!
2016年07月23日 14:52撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥を久々に発見!
1
霧に見えるのは杓子岳。サポートメンバーでなかったら、先に登ってリュックをデポして杓子、鑓ヶ岳と走ったでしょう。
2016年07月23日 15:34撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧に見えるのは杓子岳。サポートメンバーでなかったら、先に登ってリュックをデポして杓子、鑓ヶ岳と走ったでしょう。
1
白馬山荘に宿泊ですが、23日に頂上まできたのは私を含め4人だけ。3人は20代の若者パワーですね。ほかにも20代は4人いたのですが・・・
2016年07月23日 16:36撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬山荘に宿泊ですが、23日に頂上まできたのは私を含め4人だけ。3人は20代の若者パワーですね。ほかにも20代は4人いたのですが・・・
5
一等三角点で私もとってもらいました。うん。まだまだ若く見える! と思われる。
2016年07月23日 16:36撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一等三角点で私もとってもらいました。うん。まだまだ若く見える! と思われる。
5
このブロッケン現象はなかなか珍しいみたいです。雲に西日があたり虹のようなアーチに自分の影みたいなのが映ります。初めて見た。
2016年07月23日 16:49撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このブロッケン現象はなかなか珍しいみたいです。雲に西日があたり虹のようなアーチに自分の影みたいなのが映ります。初めて見た。
朝は3:30に起床し、御来光です。近所の村国山を除けば御来光は3年前の仙丈ヶ岳ぶり・・・
2016年07月24日 04:49撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝は3:30に起床し、御来光です。近所の村国山を除けば御来光は3年前の仙丈ヶ岳ぶり・・・
3
遠くに剱岳が!
2016年07月24日 05:04撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに剱岳が!
1
日本二百名山の雪倉岳。ここも寄りたかったなぁ。
2016年07月24日 06:11撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本二百名山の雪倉岳。ここも寄りたかったなぁ。
2
ここで寄り道。道中も山頂も混みまくっています。
2016年07月24日 06:41撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで寄り道。道中も山頂も混みまくっています。
3
大池です。登山道が混み合ってるため、白馬岳から大池まではトイレに困ります。トイレがしたい場合は安全を確保できるスピードでダッシュしながら先導することになります。稜線上なのでなかなか携帯トイレを使う場所はありません。
2016年07月24日 06:49撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大池です。登山道が混み合ってるため、白馬岳から大池まではトイレに困ります。トイレがしたい場合は安全を確保できるスピードでダッシュしながら先導することになります。稜線上なのでなかなか携帯トイレを使う場所はありません。
2
栂池からロープウェイとゴンドラで下山。パラグライダーがたくさんいました。
2016年07月24日 12:35撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栂池からロープウェイとゴンドラで下山。パラグライダーがたくさんいました。
1
撮影機材:

感想/記録

一人であれば1日目に白馬岳、2日目に雨飾山と行きたいところですが、今回は職場の山岳部のイベントですので、サポート人員としてしっかり役目を果たさせなりません。といってもやることは、疲れた人の荷物持ちと安全誘導、助言だけなのですが。別にしっかりとしたガイドさんがいるのでガイドさんは先頭。私は最後尾です。
途中大池まで半ダッシュすることになりましたが、一気にスローペースから解き放たれた開放感がありました。
先週伊吹山で折れたステッキを新調したのですが、今回新品がまた折れました。すれ違いで道を譲ったのですが、よろめいた登りの人に倒れ掛かられ2人とも奈落の底に落ちるのをステッキで防いだ感じです。 今思えば倒れ掛かってきた人に弁償してもらえばよかったですね。 まぁとにかくまさかここで!?というところでよろめく人も想定しておかねばですね。
訪問者数:531人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ