ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 924320 全員に公開 ハイキング奥秩父

棚横手〜甲州高尾山 − ぶどうの郷を見下ろすプチ稜線歩き −

日程 2016年07月24日(日) [日帰り]
メンバー piazzolla, その他メンバー1人
天候○ 天気 : 曇り 後 晴れ。
○ 風速 : 普通(5m程度)。
○ 気温 : 暑め(32℃くらい)。
○ 視程 : 短め。
アクセス
利用交通機関
電車
○ 往路
 ・JR中央線/06:23 {最寄駅} - 06:56 高尾
 ・JR中央本線/07:06 高尾 - 08:07 勝沼ぶどう郷

○ 復路
 ・JR中央本線/19:02 勝沼ぶどう郷 - 20:07 高尾
 ・JR中央線/20:10 高尾 - 20:32 国分寺
 ・JR中央線/20:34 国分寺 - 20:41 {最寄駅}
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
○ CT(標準) : 6時間10分
○ CT(実績) : 5時間20分 (休憩含まず)
コース状況/
危険箇所等
○ 大滝不動尊までは長い林道歩きです。タクシーを利用される方も多いようです。
○ 季節柄、そこまで危険な箇所はありませんでしたが、
  気温的にはそろそろ厳しいかも知れません(特に稜線上)。
○ 甲州高尾山の先、柏尾山の先は、それぞれ急な下り坂です。
○ 道標はよく整備されているので、まず道に迷うことはないでしょう。
○ リサーチ不足でしたが、大日影トンネルは経年劣化のため閉鎖中でした。
  現地で初めてそれを知り、照り付ける太陽の中愕然としました。
  幸い隣のワイン蔵が営業していたので涼を取らせてもらい、
  タクシーを迎車し、難を逃れました(温泉に直行)。
その他周辺情報(1) トイレ
 以下の場所にありました。
   勝沼ぶどう郷駅
   大滝不動尊
   勝沼トンネルワインカーブ

(2) 登山ポスト
 見つけられませんでした。

(3) 温泉施設
 下山後、タクシーで「ぶどうの丘 天空の湯」に行きました。
 勝沼ぶどう郷駅から徒歩の場合は20分程度です。
 ぬるめ適温で南アルプスが見渡せる露天が魅力の高アルカリ性温泉です。
  ※営業時間(年中無休) : 8:00 〜 22:00(最終受付:21:00)
  ※料金 : 610円/人
  ※参考HP : http://budounooka.com/relax/
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 タオル カメラ

写真

初めて降りる駅「勝沼ぶどう郷」からのスタートです!
2016年07月24日 08:10撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて降りる駅「勝沼ぶどう郷」からのスタートです!
さすがぶどう郷というだけあって、しばらくはぶどう畑の合間を縫ってアプローチします。「山なんかやめてぶどう狩りでもしてきなよ!」たわわに実ったぶどう達がそう囁きかけてきます。
2016年07月24日 08:32撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがぶどう郷というだけあって、しばらくはぶどう畑の合間を縫ってアプローチします。「山なんかやめてぶどう狩りでもしてきなよ!」たわわに実ったぶどう達がそう囁きかけてきます。
1
だらだらと長い林道を1時間半ほど歩くと、ようやく大滝不動尊に着きました。途中、久しぶりにマムシに遭遇しました。
2016年07月24日 10:05撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だらだらと長い林道を1時間半ほど歩くと、ようやく大滝不動尊に着きました。途中、久しぶりにマムシに遭遇しました。
なぜ人里離れた山奥にこんな立派な朱塗りの建物が造られたのだろう?その理由は後になってこの場所を俯瞰してみて初めて分かりました。
2016年07月24日 10:10撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なぜ人里離れた山奥にこんな立派な朱塗りの建物が造られたのだろう?その理由は後になってこの場所を俯瞰してみて初めて分かりました。
本殿?の裏手に回るといよいよ登山道が始まります。
2016年07月24日 10:14撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本殿?の裏手に回るといよいよ登山道が始まります。
一見気持ちの良さそうに見える原っぱは崩落の跡地でした。
2016年07月24日 10:23撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一見気持ちの良さそうに見える原っぱは崩落の跡地でした。
2
地図に展望台とあったので期待していたのですが、まんまと裏切られました。まぁ、よくある話ですね。
2016年07月24日 10:27撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図に展望台とあったので期待していたのですが、まんまと裏切られました。まぁ、よくある話ですね。
木々の合間から、先ほど通った大滝不動尊が見えました。その上のあまりに大きな滝筋を見て、先ほど抱いた疑問がクリアになりました。文字通り大滝の不動尊だったということです。
2016年07月24日 10:36撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の合間から、先ほど通った大滝不動尊が見えました。その上のあまりに大きな滝筋を見て、先ほど抱いた疑問がクリアになりました。文字通り大滝の不動尊だったということです。
長い林道が終わったかと思ったら、うす暗い樹林帯の道が続き、「ハズレ」の三文字が脳裏にちらつき始めた頃、前方が明るく開けてきました。
2016年07月24日 10:50撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い林道が終わったかと思ったら、うす暗い樹林帯の道が続き、「ハズレ」の三文字が脳裏にちらつき始めた頃、前方が明るく開けてきました。
やっと稜線に出たようです。長かった。。。
2016年07月24日 10:51撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと稜線に出たようです。長かった。。。
1
まずは左折し、棚横手(たなよこて:1306m)を目指します。
2016年07月24日 10:54撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは左折し、棚横手(たなよこて:1306m)を目指します。
途中、刈り払いの業者の方が作業をされていました。そのお陰でとても歩きやすい道になってました。感謝です。
2016年07月24日 11:08撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、刈り払いの業者の方が作業をされていました。そのお陰でとても歩きやすい道になってました。感謝です。
棚横手到着!なにげに山梨百名山だったのですね。
2016年07月24日 11:14撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棚横手到着!なにげに山梨百名山だったのですね。
1
まずまずの展望だったので、ここで早めのランチにしました。
2016年07月24日 11:15撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずまずの展望だったので、ここで早めのランチにしました。
棚横手はまたの名を大富士見台と呼ぶようです。実際、富士山が頭だけ雲間から顔を覗かせてくれました(すぐに隠れてしまいましたが)。条件が揃えば、名前の通りの良い富嶽が見れそうです。
2016年07月24日 11:34撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棚横手はまたの名を大富士見台と呼ぶようです。実際、富士山が頭だけ雲間から顔を覗かせてくれました(すぐに隠れてしまいましたが)。条件が揃えば、名前の通りの良い富嶽が見れそうです。
2
棚横手を後にし、元来た稜線を戻ります。次に目指すのは甲州高尾山(こうしゅうたかおさん:1106m)です。
2016年07月24日 11:35撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棚横手を後にし、元来た稜線を戻ります。次に目指すのは甲州高尾山(こうしゅうたかおさん:1106m)です。
数は少ないですが、稜線沿いには初夏の花が咲いてました。
2016年07月24日 11:36撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数は少ないですが、稜線沿いには初夏の花が咲いてました。
これは見たことのない花。「カールしてポッキーが刺さってるみたいやな」と嫁。
2016年07月24日 11:40撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは見たことのない花。「カールしてポッキーが刺さってるみたいやな」と嫁。
2
今日の最高点は先ほどの棚横手。そこからは下り基調の尾根歩きです。
2016年07月24日 11:42撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の最高点は先ほどの棚横手。そこからは下り基調の尾根歩きです。
やった〜晴れた〜♪
2016年07月24日 11:45撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やった〜晴れた〜♪
甲府盆地を見下ろすと、一面のぶとう畑が広がってました。
2016年07月24日 11:47撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲府盆地を見下ろすと、一面のぶとう畑が広がってました。
1
油断すると滑りそうです。
2016年07月24日 11:53撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
油断すると滑りそうです。
これから歩く稜線を確認。標高1000mちょっとの低山の割りに恵まれた展望です(訳アリですが)。
2016年07月24日 11:56撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから歩く稜線を確認。標高1000mちょっとの低山の割りに恵まれた展望です(訳アリですが)。
富士見台の手前の分岐まで戻ってきました。目の前の思わず登りたくなるような綺麗な三角形が富士見台。
2016年07月24日 12:01撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見台の手前の分岐まで戻ってきました。目の前の思わず登りたくなるような綺麗な三角形が富士見台。
1
富士見台到着。雲が多くて残念ながら富士山は見えませんでしたが、明るくて気持ちの良い場所でした。
2016年07月24日 12:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見台到着。雲が多くて残念ながら富士山は見えませんでしたが、明るくて気持ちの良い場所でした。
2
さすがに日差しが暑くなってきました。
2016年07月24日 12:07撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがに日差しが暑くなってきました。
関東の梅雨明けはまだらしいですが、夏を感じます。
2016年07月24日 12:11撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関東の梅雨明けはまだらしいですが、夏を感じます。
度重なる山火事の爪痕。平成に入ってからだけでも四度も火事にあったようです。
2016年07月24日 12:19撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
度重なる山火事の爪痕。平成に入ってからだけでも四度も火事にあったようです。
木陰で一休みし、、、
2016年07月24日 12:23撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木陰で一休みし、、、
偽のピークに悩まされれつつ、、、
2016年07月24日 12:37撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
偽のピークに悩まされれつつ、、、
2
やっと、甲州高尾山に着きました!
2016年07月24日 12:44撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと、甲州高尾山に着きました!
2
ザレた急坂を慎重に下ります。
2016年07月24日 13:40撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレた急坂を慎重に下ります。
大善寺に無事下山!お疲れ様でした。
2016年07月24日 13:58撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大善寺に無事下山!お疲れ様でした。
1
下山後、タクシーでぶどうの丘に移動し、「天空の湯」で汗を流しました。ぬるめ適温の良い湯でした。
2016年07月24日 16:00撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後、タクシーでぶどうの丘に移動し、「天空の湯」で汗を流しました。ぬるめ適温の良い湯でした。
2
せっかくなのでワインカーブでワインを試飲しました(1100円/人)。
2016年07月24日 16:07撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくなのでワインカーブでワインを試飲しました(1100円/人)。
2
旧勝沼駅のホームに寄り道して家路に着きましたとさ。
2016年07月24日 18:38撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧勝沼駅のホームに寄り道して家路に着きましたとさ。
2
撮影機材:

感想/記録

甲州高尾山。

これまでに幾度となく登ろうとして、そのたびに中止を繰り返してきたのは、
なんとなくぶどうの季節に登るのが正解な気がしたからでした。

ところが、今回実際に登ってみて、ぶどうの季節に登るには、
いささか標高が低すぎることが分かりました(薄々気づいてましたが)。
ちょっと暑かったです💦

ただ、稜線上から眺める甲府盆地が、ぶどう畑の緑一色に染まった姿は、
なかなか見応えがありました。さすが「ぶどう郷」の名を冠すだけはありました。

下山後は、直売所でデラウェアを購入し(1000円/kg←決して安くない)、
ぶどうの丘のワインカーブでワインを試飲後、レストランで
甲州ワインビーフを戴くという、(予想通り)ぶどう尽くしとなりました。

結果、大日影トンネル閉鎖のハプニングに見舞われたことを除けば、
そこそこ満足度の高い山旅となりました(後半は山ではないですが)。
訪問者数:309人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ