ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 924511 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

甲武信岳(千曲川源流〜十文字峠周回)

日程 2016年07月24日(日) [日帰り]
メンバー marui, その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り(曇り時々晴れ?)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
毛木平の駐車場に駐車
行き:都内自宅0520⇒某駅0630⇒毛木平0850
帰り:毛木平1745⇒温泉1930⇒某駅2215⇒自宅2305
行き渋滞なし
帰り小仏トンネル先頭に渋滞13km
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち36%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

毛木平   0910
なめ滝   1045/1055 1.35
水源地標  1155/1200 1.00 2.35
甲武信岳  1235/1300 0.35 3.10
三宝山   1330/1340 0.30 3.40
武信白岩山 1440/1500 1.00 4.40
大山    1530/1535 0.30 5.10
十文字峠  1600/1620 0.25 5.35
毛木平   1735    1.15 6.50
コース状況/
危険箇所等
毛木平駐車場:トイレあり、登山ポストあり。50台位駐車可。
その他周辺情報温泉:甲斐大泉温泉パノラマの湯 \820
http://panoramanoyu.sakura.ne.jp/
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 デイパック 帽子 登山靴 ストック 手袋 ペットボトル(0.5Lx2) 水(0.5L) 昼食 ガスコン コッフェル小 5万図 スマフォ(GPS) カメラ 日焼け止め 以下不使用のもの 雨具 ソフトシェル ツェルト 磁石 ヘッデン 予備電池 携帯電話 モバイルバッテリー ポイズンリムーバー

写真

ダートを少し走ると、舗装された立派な毛木平駐車場が現れます。9時の時点で区画範囲はほぼ満車でした。
両神金峰と同行の百名山狙いの友人と、千曲川源流ルートから"The 奥秩父"を目指します〜
2016年07月24日 09:11撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダートを少し走ると、舗装された立派な毛木平駐車場が現れます。9時の時点で区画範囲はほぼ満車でした。
両神金峰と同行の百名山狙いの友人と、千曲川源流ルートから"The 奥秩父"を目指します〜
5
少し歩くと古い観音様。
左三峯とあり、古の道であったことが偲ばれます。
2016年07月24日 09:16撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し歩くと古い観音様。
左三峯とあり、古の道であったことが偲ばれます。
6
この辺は思ったより明るい。
2016年07月24日 09:34撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺は思ったより明るい。
1
樹林帯が良い感じ。
2016年07月24日 09:59撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯が良い感じ。
6
いかにも奥秩父的な苔むす感じになってきました。
2016年07月24日 10:29撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いかにも奥秩父的な苔むす感じになってきました。
8
意外と時間かかって、ナメ滝に到着!
もう15分位早いつもりだったので、ここから少しスピードアップ。
先週の高尾山と比べると涼しくて歩き易い。
2016年07月24日 10:45撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
意外と時間かかって、ナメ滝に到着!
もう15分位早いつもりだったので、ここから少しスピードアップ。
先週の高尾山と比べると涼しくて歩き易い。
6
調査中
2016年07月24日 10:54撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
調査中
7
ナメ滝を超えると、段々、源流の様相となっていきます。
2016年07月24日 11:21撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメ滝を超えると、段々、源流の様相となっていきます。
2
美しさの1/10も写真に残せません。
2016年07月24日 11:29撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しさの1/10も写真に残せません。
9
源流まであと350m
2016年07月24日 11:43撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源流まであと350m
1
苔むした竜がいました (^^
2016年07月24日 11:44撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むした竜がいました (^^
10
いよいよ源流。
日本海まで367kmの千曲川&信濃川の原点です。
2016年07月24日 11:49撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ源流。
日本海まで367kmの千曲川&信濃川の原点です。
8
千曲川信濃川水源地標に到着!
2016年07月24日 11:54撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千曲川信濃川水源地標に到着!
9
水場っぽいですが、ここは枯れていました。
2016年07月24日 11:58撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場っぽいですが、ここは枯れていました。
1
水源地標から、奥秩父主脈目指して急登です。
2016年07月24日 12:06撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水源地標から、奥秩父主脈目指して急登です。
1
標高差100m15分で主脈縦走路へ。
2016年07月24日 12:13撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高差100m15分で主脈縦走路へ。
2
金峰〜国師、雁峠〜笠取の間しか歩いたことのなかった奥秩父主脈。
これぞThe 奥秩父という感じの樹林帯です。スバラ。
2016年07月24日 12:14撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰〜国師、雁峠〜笠取の間しか歩いたことのなかった奥秩父主脈。
これぞThe 奥秩父という感じの樹林帯です。スバラ。
10
シャクナゲもまだ咲いていました。
2016年07月24日 12:22撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲもまだ咲いていました。
3
ガレ場に出ると頂上はもうすぐです。
2016年07月24日 12:23撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場に出ると頂上はもうすぐです。
9
水源地標から30分ちょっとで甲武信岳に到着!
最近の地図やレコでは甲武信ヶ岳が主流のようですが、山を始めた頃、甲武信岳とインプットされていたので、この山頂標識はGood。
と、言う割には甲武信はお初
2016年07月24日 12:33撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水源地標から30分ちょっとで甲武信岳に到着!
最近の地図やレコでは甲武信ヶ岳が主流のようですが、山を始めた頃、甲武信岳とインプットされていたので、この山頂標識はGood。
と、言う割には甲武信はお初
21
おっ、2週間前に行った金峰山!
五丈岩が良く見えますね。
2016年07月24日 12:41撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ、2週間前に行った金峰山!
五丈岩が良く見えますね。
7
金峰山まで連なる奥秩父主脈の西半分。
いつか歩こう。
2016年07月24日 12:42撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山まで連なる奥秩父主脈の西半分。
いつか歩こう。
5
北側には三宝山。
三宝岩が見えます。
2016年07月24日 13:00撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側には三宝山。
三宝岩が見えます。
6
南側の展望。
足元は釜ノ沢東沢。一度は行きたい所です。
2016年07月24日 13:01撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側の展望。
足元は釜ノ沢東沢。一度は行きたい所です。
2
では三宝山へ向かいます。
2016年07月24日 13:02撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では三宝山へ向かいます。
2
The 奥秩父な樹林帯。
2016年07月24日 13:04撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
The 奥秩父な樹林帯。
2
三宝山の頂上です。
なかなか地味ですね。
2016年07月24日 13:30撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三宝山の頂上です。
なかなか地味ですね。
3
ちょっと展望良い場所あり、甲武信岳が見えます。
ガスが東側にかかってきました。
2016年07月24日 13:30撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと展望良い場所あり、甲武信岳が見えます。
ガスが東側にかかってきました。
2
三宝山頂上にもシャクナゲ。
2016年07月24日 13:31撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三宝山頂上にもシャクナゲ。
10
今日の最高地点です。
2016年07月24日 13:31撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の最高地点です。
16
会社でもらった熱中症対策の飴。ご安全に!
では十文字峠へ。
2016年07月24日 13:37撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
会社でもらった熱中症対策の飴。ご安全に!
では十文字峠へ。
10
The 奥秩父な樹林帯が続きます。
2016年07月24日 13:45撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
The 奥秩父な樹林帯が続きます。
3
北側斜面になり、ますます緑深くなってきました。
自分の奥秩父のイメージは将にこれです。
2016年07月24日 13:46撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側斜面になり、ますます緑深くなってきました。
自分の奥秩父のイメージは将にこれです。
4
原生林の中にも、新たな芽が伸びています。
2016年07月24日 13:47撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
原生林の中にも、新たな芽が伸びています。
4
ガスまで出てきて、ますますThe 奥秩父に。
2016年07月24日 13:53撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスまで出てきて、ますますThe 奥秩父に。
7
三宝山から下りきると尻岩。
尻のようなでかい岩が2組あります。
2016年07月24日 14:12撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三宝山から下りきると尻岩。
尻のようなでかい岩が2組あります。
8
苔〜
2016年07月24日 14:17撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔〜
6
このルートはシャクナゲロードです。
2016年07月24日 14:22撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このルートはシャクナゲロードです。
1
武信白岩への道。
所々、こういう大岩があります。
2016年07月24日 14:27撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武信白岩への道。
所々、こういう大岩があります。
1
梯子を登ると展望の良い所に出ました。
2016年07月24日 14:35撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子を登ると展望の良い所に出ました。
3
すぐ目の前に2288mのピーク(武信白岩の南峰)。
ということは、ここは北峰かな?
2016年07月24日 14:41撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ目の前に2288mのピーク(武信白岩の南峰)。
ということは、ここは北峰かな?
4
と思ったら、少し進むと岩峰が現れました。
あれが武信白岩の北峰か。
ということは、先ほどのピークは南峰と北峰の間の小ピークとなりますね。
2016年07月24日 14:47撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と思ったら、少し進むと岩峰が現れました。
あれが武信白岩の北峰か。
ということは、先ほどのピークは南峰と北峰の間の小ピークとなりますね。
6
岩場にひっそりタカネニガナ。
2016年07月24日 14:52撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場にひっそりタカネニガナ。
5
武信白岩の北峰直下です。
ロープが張られていて立ち入り禁止マークがあります。
2016年07月24日 14:53撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武信白岩の北峰直下です。
ロープが張られていて立ち入り禁止マークがあります。
3
The 奥秩父が続きます。
また日が出て明るくなってきました。
2016年07月24日 15:27撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
The 奥秩父が続きます。
また日が出て明るくなってきました。
3
大山も岩峰です。
どーんと展望が開けました。
2016年07月24日 15:32撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山も岩峰です。
どーんと展望が開けました。
9
越えてきた三宝山方面。
2016年07月24日 15:32撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越えてきた三宝山方面。
7
こちらは十文字峠方面。
2016年07月24日 15:34撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは十文字峠方面。
9
青空も出てきました。
2016年07月24日 15:36撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空も出てきました。
4
ギンリョウソウ!
2016年07月24日 15:48撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ!
8
十文字小屋に到着!
2016年07月24日 16:02撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十文字小屋に到着!
4
十文字小屋でコーヒータイム。
果物ゼリーが美味しい
2016年07月24日 16:09撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十文字小屋でコーヒータイム。
果物ゼリーが美味しい
17
では下ります。
毛木平にはここから。
2016年07月24日 16:20撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では下ります。
毛木平にはここから。
1
マルバダケブキ?
2016年07月24日 16:29撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マルバダケブキ?
9
この辺りで、上の方からガツッガツッという音が聞こえました。何だろう
奥秩父を好んでい歩いていた今は亡き伯父が十文字小屋付近で熊を見たという話を思い出しました
2016年07月24日 16:44撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りで、上の方からガツッガツッという音が聞こえました。何だろう
奥秩父を好んでい歩いていた今は亡き伯父が十文字小屋付近で熊を見たという話を思い出しました
4
十文字峠〜毛木平までの間もスバラな苔ゾーンです。
2016年07月24日 16:56撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十文字峠〜毛木平までの間もスバラな苔ゾーンです。
4
緑を浴びながら下ります。
2016年07月24日 17:04撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑を浴びながら下ります。
4
一里観音菩薩。栃本まで一里毎にあるそうです。
2016年07月24日 17:20撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一里観音菩薩。栃本まで一里毎にあるそうです。
2
千曲川を立派な橋で渡ると、もう少しで駐車場。
2016年07月24日 17:26撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千曲川を立派な橋で渡ると、もう少しで駐車場。
4
無事に下山、車は2台になっていました。
The 奥秩父を堪能!
2016年07月24日 17:36撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に下山、車は2台になっていました。
The 奥秩父を堪能!
5
撮影機材:

感想/記録
by marui

金峰表参道に引き続き、昨夏から計画ストックの一つとなっていた山、甲武信岳を周回してきました。

雲取から山を始め奥武蔵奥多摩をホームグラウンドにしていた割には、これまで奥秩父はあまり歩いておらず、甲武信岳は未踏の山でした。昔の感覚では一泊必要な山であり、一泊するならと、他の山に目が向いていたのです。

昨年、千曲川源流から登る道をレコで認識し、これを登って十文字峠まで周回するルートは、将にThe 奥秩父と言って良い魅力的なルートではと思い至りました。また、この辺りは、学生時代たまに一緒に山歩きしていた今は亡き伯父が好んでいた山域。当時の伯父の年齢に近づき、そういう山も訪ねてみようかと思ったことも理由の一つです。

初めての甲武信岳は思ったよりも明るく、苔と樹林が輝く緑深い山でした。甲武信岳から十文字峠までの尾根は、想像通りのThe 奥秩父な樹林帯あり、見晴らしの良い岩峰ありと、後半も飽きさせないルートで、楽しく歩くことができました。
百名山はあまり追いかけていませんが、レコを始めてからこれで7座増え、計53座となりました。
訪問者数:683人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/7/11
投稿数: 276
2016/7/27 22:52
 甲武信岳!懐かしや♪
こんばんは★

山登り初めたての頃にこのルート歩きました。千曲川源流のところで砂金があった記憶があります。

時を経てまた歩くのも、登山の楽しみの一つですね( ´ω` )/おつかれ様でした!
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1466
2016/7/27 23:10
 Re: 甲武信岳!懐かしや♪
megrinさん、こんばんは
その後、足の具合はいかがでしょうか。

なんと、砂金が出るですか
いや〜それを知っていれば周回などせず砂金をザックザックと

お初のこのルート、素晴らしい樹林でした。
登録日: 2011/12/14
投稿数: 2362
2016/7/28 6:25
 奥秩父にはまってますねぇ
マルイさん、おはようございます。

金峰山に続いて甲武信ときましたか。
信州側からは登ったことがありませんが、3年ほど前かな、西沢渓谷基点で千曲川の源流まで行ったことがあります。
その時は水は出ていましたが枯れることもあるんですね。
備え付けのコップも変わってなさそうな。

あの時は千曲川の水と荒川の水と笛吹川の水を集めてブレンドしてコーヒー作って遊んでました(笑)

ほんと山って色んな楽しみ方があっておもしろいですよね
登録日: 2011/7/21
投稿数: 1002
2016/7/28 9:43
 こぶし〜☆
マルイさん こんにちわ

甲武信ヶ岳はお初でしたか〜
この界隈はたくさん登られているようなイメージで〜
意外と栃木からだとかかるので、一回きりですがわたしも同じルートを歩きました
当時は晩秋・初秋?で、雪があって長い行程できつかったのを思い出します
緑がある時期いいですね、でも暑がりだからきつそうです
お疲れ様でした〜
登録日: 2013/9/28
投稿数: 2368
2016/7/28 22:03
 おつかれまんぼ〜♪(^-^)/
兄マル〜♪ こんばんは〜♪ 甲武信鳩で御座います<(^-^)>

そうでしょう!そうでしょう!!
源流をたどる甲武信!!これぞ!!奥秩父で御座います(p^-^)P♪
特に甲武信〜十文字峠こそがダイナマイト奥秩父で御座います(p^-^)P♪
大山からの展望はスバラだった記憶が蘇りました〜
シャクナゲロードなんですよね〜三宝山から先は〜(p^-^)p♪
何気に岩岩でもあり、凄く変化がある静寂なスバラ過ぎるtrailですよね〜
源流はコンコンと清水が湧き出ていて数m先であっと言う間に本格的な沢でした
この清水が日本一の大河千曲川となり新潟に入って信濃川になるんですから
奥秩父ってのはぽぽを引き付けて止みません<(^-^)>
いかん!!・・止まらなくなってきた(^-^ゞ
おつかれまんぼ〜♪ (^-^)/~~
登録日: 2011/8/30
投稿数: 1042
2016/7/28 23:17
 千曲川源流〜
マルイさん、わんばんこ(^^)/

千曲川源流を訪ねる・・
以前BSの絶景百名山だったかな?西沢渓谷からの沢を遡上するルートで紹介されていたのを見て、オイラも是非行きたい!と思っていますよ
佐久平から長野盆地を経て新潟日本海へ信濃川となって注ぐ
その源流を訪ねるなんて、何ともロマンチックじゃないですか〜

ガスに霞む樹林帯も幻想的でスバラ
早足でなく、ゆっくり歩いてみたい場所ですね
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1466
2016/7/28 23:25
 Re: 奥秩父にはまってますねぇ
Sanちゃん、こんばんは〜

この所、昨夏のやり残しを歩いていて、たまたま他の山も合わせて奥秩父が4回になりました
基本、森林限界が好きなので奥秩父はあまり足が向かなかったのですが、歩いてみるとこういう樹林帯もいいものですね。

Sanちゃんも源流に行かれていましたか。
3方向のブレンドコーヒーとはまたなんと贅沢な
甲武信岳ならではですね!
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1466
2016/7/28 23:32
 Re: こぶし〜☆
makiさん、こんばんは〜

そうなのです、甲武信はお初で。
雲取と金峰は結構行っているのですが、その間がすっぽり抜けていました。
これから少しずつ繋げて行きたいと思います。

makiさんも同じルートを辿られていましたか。
雪があると大変そうですね。
今回は、先週の激暑高尾山に比べれば全然涼しく、汗を拭く必要なく歩けました。
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1466
2016/7/28 23:46
 Re: おつかれまんぼ〜♪(^-^)/
甲武信鳩弟殿〜、いらっしゃいませ
このレコはタロ殿に捧げるレコと言っても良いでしょう

源流はもののけ姫の世界ですね。
そして甲武信〜十文字、これはスバレスト!
シャクナゲロードに樹林帯、そしてたまに現れる巨岩や岩峰。
行く前は、後半は飽きるかな〜と思っていたりしましたが、ダイナマイト奥秩父だけありますね。

歩いている時には、この道を通ることはこの先そんなにない、などと思っていましたが、こうして日が経ってみると、次は季節の違う時に歩いてみたいと思い始めておりますよ。

あの源流の一滴が日本海まで行くのですね。
その反対側は太平洋まで行くし、奥秩父はど真ん中ですね〜
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1466
2016/7/28 23:54
 Re: 千曲川源流〜
nbさん、わんばんこ

このルートはBSで紹介されていましたか。
その影響なのか、毛木平の駐車場をはじめ、途中の道標など、とても整備されていて歩きやすいルートでした。
あの一滴が日本海まで流れていくのですよね。

nbさんは、今年の正月に徳ちゃん新道で登られていましたね。
こちら源流ルートは標高差も少なく、ゆっくり歩くには最高ですよ。
昨年の計画に「この夏〜秋のどこかでゆるゆる行く」と書いていたのですが、将にそんな感じで楽しんできました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ