ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 924531 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

編笠山、権現岳山行

日程 2016年07月18日(月) [日帰り]
メンバー Satoshi884(CL), JsangakubuJSMyusuke
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
富士見高原スキー場の駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間4分
休憩
1時間57分
合計
9時間1分
S富士見高原リゾート駐車場05:4406:01五叉路分岐06:07盃流し06:0806:30臼久保岩小屋06:451925m付近06:5508:00編笠山08:1708:41青年小屋08:4509:05のろし場09:1509:32西ギボシ09:3309:53東ギボシ09:5409:58権現小屋10:0010:05権現岳10:2510:40旭岳10:5011:10権現小屋11:1611:21東ギボシ11:2711:38西ギボシ11:3911:48のろし場12:01青年小屋12:1612:25乙女の水12:2612:59西岳13:0813:44林道出合14:26不動清水14:2814:33五叉路分岐14:3414:45富士見高原リゾート駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし
権現岳山頂付近の岩場は少し高度感あり
その他周辺情報下山後はスキー場下のホテルの温泉を利用できる。
14時以前か17時以降は温泉と食事のセット券(1300円)が使えるのでよさそう。
また、帰りは勝沼で下りると安くおいしい桃が売っているので、渋滞回避もかねてよるとよい。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ(1) 予備電池(1) 1/25 000地形図(1) コンパス(1) ロールペーパー(1) ファーストエイドキット(1) 筆記具(1) 保険証(1) 携帯電話(1) 計画書(1) ザック(1) ザックカバー(1) タオル(1) 防寒着(1) 雨具(1) スパッツ(1) 帽子(1) 登山靴(1) 水筒(1) 時計(1) 非常食(1) カメラ(1) 日焼け止め(1) サングラス(1) ストック(1) 温泉道具(1)
共同装備 ガイド地図

写真

登山口のゲート
2016年07月18日 05:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口のゲート
樹林帯を登っていきます
2016年07月18日 06:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を登っていきます
樹林帯を抜けると南,中央,北アルプスの山々が見えました
2016年07月18日 07:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けると南,中央,北アルプスの山々が見えました
編笠山山頂付近は大きな岩のガレ場
2016年07月18日 08:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
編笠山山頂付近は大きな岩のガレ場
山頂到着!
南アルプスを背に記念撮影
2016年07月18日 08:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着!
南アルプスを背に記念撮影
阿弥陀、赤岳がくっきり
2016年07月18日 08:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀、赤岳がくっきり
権現中腹から編笠山を振り返る
2016年07月18日 09:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現中腹から編笠山を振り返る
中央アルプス、奥に北アルプス
2016年07月18日 09:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス、奥に北アルプス
鎖場は慎重に
2016年07月18日 09:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場は慎重に
1
権現山頂まであと少し
2016年07月18日 09:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現山頂まであと少し
阿弥陀、赤岳そして手前に旭岳
2016年07月18日 09:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀、赤岳そして手前に旭岳
権現岳到着!
2016年07月18日 10:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳到着!
長いハシゴ
傾斜はそこまでない
2016年07月18日 10:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長いハシゴ
傾斜はそこまでない
旭岳到着!
2016年07月18日 10:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳到着!
ハシゴを登り、帰ります
2016年07月18日 11:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴを登り、帰ります
天気最高!
2016年07月18日 11:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気最高!
青年小屋に向けて下ります
2016年07月18日 11:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青年小屋に向けて下ります
乙女の水
2016年07月18日 12:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乙女の水
西岳到着!
終始アブの攻撃がすごいが、このあたりが特にしつこい!
2016年07月18日 13:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳到着!
終始アブの攻撃がすごいが、このあたりが特にしつこい!
西岳から権現、編笠を望む
なかなか眺めが良い
2016年07月18日 13:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳から権現、編笠を望む
なかなか眺めが良い
長い樹林の下りを経て不動清水到着
2016年07月18日 14:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い樹林の下りを経て不動清水到着
無事に下山
お疲れさまでしたm(_ _)m
2016年07月18日 15:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に下山
お疲れさまでしたm(_ _)m

感想/記録

今回の山行は夏合宿のトレーニングとして急遽計画した。
場所は以前から行ってみたかった編笠山と権現岳。キレットを通って赤岳も行きたかったが、日帰りでは時間的に厳しいのでその二つをめぐるルートとした。
入山は富士見高原スキー場の駐車場からで、編笠山に向けて樹林帯の中をひたすら登っていった。樹林帯を抜け編笠山山頂付近になると急に大きな岩のあるガレ場が現れた。
この日は快晴で右手には富士山や金峰、振り返ると南、中央、北アルプス、御嶽山などほとんどのピークが見えた。下山してきた方に聞くと前日はガスで何も見えなかったとのことで、3連休の中でタイミング一番よかったよう。
結構よいペースで登ってきたので、編笠山には計画の半分程度の時間で到着し、小休止を取った。
この辺りから周りにアブがまとわりつき始め、油断すると刺されて痛い。青年小屋に着くとアブの数はさらに増し、次々刺してきたため、足早に小屋を後にした。
権現までの道はロープやクサリ場があるものの思っていたほど危険な場所はなく、難なく通過し、権現小屋に到着した。ここで疲労していたメンバー1名を残し、山頂に到着した。快晴のため、権現から見えるあらゆる山が一望でき、なかなかよい。が、ここでもアブが隙を狙ってくる。
アブも来るし狭いので、山頂で写真をさっと撮り、続けて旭岳に向かった。キレットから赤岳までの稜線がきれいに見える。
旭岳までは有名な長いはしごがあったが、傾斜があるためそこまで高度感はなく、30分ほどで旭岳に到着した。山頂は一本道標があるだけで、特になんとない場所だったが、阿弥陀、赤岳の景色は抜群だった。
その後、権現小屋に戻り、下山を始めた。下山はアルプスを目の前にして下りるので、とても気持ちのよい景色だったが、ここでもアブが付きまとってくる。
青年小屋に着き、乙女の水を経由して、西岳に至ったが、この間どんどんアブが増え、西岳山頂ではかなりの数に囲まれていた。
西岳からは編笠、権現がよく見え、アブに気をつけながら最後の眺望を楽しんだ。
西岳から登山口までは、アブの執拗な攻撃に耐えながらの長い樹林を下りで、少し嫌になりそうだった。予定より巻いていたため、登山口付近で寄り道してニガイチゴの実を堪能し、駐車場まで戻った。
アブの襲来は予想外だったものの、梅雨の中、予想以上の天候に恵まれ、なかなかよい山行であった。
訪問者数:120人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ