ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 924536 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

有明山

日程 2016年07月23日(土) [日帰り]
メンバー buyu
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中房温泉第一駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間22分
休憩
32分
合計
5時間54分
Sスタート地点09:3711:34有明山分岐11:3511:51有明神社11:5912:02有明山12:0312:27奥社12:4413:04有明山13:0813:13有明神社13:1415:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
激急登
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 非常食 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス タオル カメラ
備考 おにぎり忘れた。

写真

第一駐車場に何とか1台スペース見つける。軽自動車でなきゃ駐車できなかった。
2016年07月23日 09:57撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一駐車場に何とか1台スペース見つける。軽自動車でなきゃ駐車できなかった。
第二駐車場の奥から登山開始。
2016年07月23日 10:00撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二駐車場の奥から登山開始。
すぐに大きな滝。この手前にあるオーバー水で給水可能。
2016年07月23日 10:02撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに大きな滝。この手前にあるオーバー水で給水可能。
激しい急登。しかし、ピンクテープ多すぎ。
2016年07月23日 14:24撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
激しい急登。しかし、ピンクテープ多すぎ。
晴れてれば山頂方面の景色が見える箇所。右側は切れ落ちてる。
2016年07月23日 11:41撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてれば山頂方面の景色が見える箇所。右側は切れ落ちてる。
あっけなく山頂。
2016年07月23日 13:29撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっけなく山頂。
さらに奥の展望台。
2016年07月23日 12:36撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに奥の展望台。
数万メートルの高低差をザックの中でもみにもまれたカロリーメイト。
2016年07月23日 12:40撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数万メートルの高低差をザックの中でもみにもまれたカロリーメイト。
1
下山完了。
2016年07月23日 15:39撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山完了。
おお空いてる。
2016年07月23日 15:42撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお空いてる。

感想/記録
by buyu

山ガール率0% ダメージ率5% 装備A


 今回の目的は200名山有明山と餓鬼岳の2座。5時前に出発、上田すき家で朝食をとり下道で麻績村経由の中房温泉。いい時期なんで駐車場は心配。手前の第2駐車場は満車で入れず下りてくる車がいる。すかさず第1駐車場へ。橋の上からみると空きはない。ダメもとで入ってみるとわずかなスペース発見。かなり狭い。軽で無ければ駐車出来ない。小さい車で来てよかった。出発の準備してるとおにぎり買い忘れた事に気付く。行動食持ってるし、そんな遠い山じゃないのでそのまま出発。第2駐車場奥の登山口から登山開始。大きな滝の手前に流水の貯水槽ありオーバーフロー水で給水可能。滝を過ぎるといきなり急登。対岸にある北アルプス三大急登の合戦尾根なんて目じゃない。途中で下山してきたおじさんにさっき熊が尾根を下って行ったよ。と、教えて貰い熊鈴を持ってこなかった事を後悔する。熊の恐怖とCT4時間を頭にイメージし集中して登っていたら2時間半で山頂に着いてしまった。その先に奥社があるらしく山頂で会った登山者が向かっていったので行ってみる。ちょっと藪な道を 20分行くと奥社に出た。山頂と同じくガスって展望無し。ここでカロリーメイト食べて休憩。登り休憩1回した同じ場所で休憩し無事下山。急坂で踏ん張る足がきつかった。
 こんな有明山は明瞭に登山道が着いてるのにピンクテープがこれでもかと着いている。生分解性テープなら良いがそうでないならこれほど巻かないで欲しい。ちぎれたテープがマイクロプラスチックになり与える環境負荷は計り知れない。毎回いろんなゴミを回収するがこれが一番多い。みなさん、毎回少しでもいいから回収してください。お願いします。
 で、夜は大町市で車中泊。夏祭りに当たってしまいポケットパークの駐車場満車で入れず。困りウロウロしてると無料の市営駐車場発見。そこに駐車しお寿司屋さんへ。以前、針木岳後にも寄った事ある店。芋焼酎を飲んでいると地元の常連さんが話しかけてくる。どうやら彼も芋が好きらしい。閉店している近所の酒屋からおすすめの芋、赤薩摩を買ってきて振る舞ってくれた(悪いのでそのお代はお渡しした)。しかし、その方は、カウンターの中で勝手にお湯割用の湯を沸かしてポット持って来る(笑)おもしろい店である。結局何時まで飲んだかも覚えておらず翌日の起床は7時。餓鬼岳登山口へ着いたのは8時半。登りCT6時間でかなりの2日酔い状態を考慮し餓鬼岳はまた次回とすることにした。
訪問者数:319人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ