ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 924694 全員に公開 トレイルラン奥武蔵

吾野-武甲温泉

日程 2016年07月23日(土) [日帰り]
メンバー joyso
天候小雨
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間37分
休憩
14分
合計
4時間51分
Sスタート地点07:2507:59顔振峠08:44虚空蔵山08:49高山不動尊08:5009:03関八州見晴台入口09:07関八州見晴台09:1209:29飯盛山09:43檥峠09:47丸山(三本ブナ)10:02ツツジ山10:0610:09刈場坂峠10:1010:15牛立久保10:1610:21七曲り峠10:34カバ岳10:42大野峠10:59丸山11:12埼玉県民の森施設11:56札所4番金昌寺11:5812:08札所5番語歌堂12:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
なし
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

湧き水を充填
2016年07月23日 07:12撮影 by ASUS_T00P, ASUS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湧き水を充填
生憎の小雨&ガス
2016年07月23日 07:12撮影 by ASUS_T00P, ASUS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生憎の小雨&ガス
「いざ異界へ」という雰囲気のトンネル
2016年07月23日 07:15撮影 by ASUS_T00P, ASUS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「いざ異界へ」という雰囲気のトンネル
眺望ゼロ
2016年07月23日 09:07撮影 by ASUS_T00P, ASUS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望ゼロ
ヘンな名前
2016年07月23日 10:33撮影 by ASUS_T00P, ASUS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘンな名前
パラグライダー発射場も眺望ゼロ
2016年07月23日 10:45撮影 by ASUS_T00P, ASUS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パラグライダー発射場も眺望ゼロ

感想/記録
by joyso

天気予報ではくもりだったのですが、現地は小雨と霧。山の天気は行ってみないと分からないものですね。
吾野駅改札外トイレで着替え、ラン後の着替えもザックに入れる。自宅からはボトルにポカリ500ccを作って持参し、吾野湧水をハイドレーションに2.0L充填してスタートしました。

顔振峠までは30分程で到着、傘杉峠方面にロードを少し走ると、ほどなく左手に八徳経由で高山不動に行くトレイルの入口を発見。走りやすいトレイルを一気に下ります。ロードを少し挟んで、再びトレイルに入ると、本日最難関の高山不動・関八州見晴台への登りが始まります。八徳から高山不動までの登りはかなりきつかったです。関八州見晴台は雨のため眺望ゼロ。(見晴台で、スニッカーズミニ)

補給後、飯盛峠・ぶな峠・刈場坂峠経由で大野峠に向かいます。ロードとトレイルが交互に繰り返す面白い区間です。主要ポイントの間隔が狭いのでこまめに写真を撮ります(以前に比べ若干余裕が、写真も手際よく撮影できるようになってきました)。天覚・大高山ルートのようなひどい登り降りはなく、緩やかなアップダウンが繰り返す印象です。(つつじ山で、ようかん)

大野峠から丸山まで最後の急登ですが、それほど厳しくはありません。途中にあるパラグライダー発射場は前回来た時は中々の眺望でしたが、今日は視界ゼロ。丸山頂上では展望台に登らず(ブラックサンダー補給)、そのまま金昌寺に向けて進みます。県民の森施設を過ぎてからはひたすら下り、序盤は体感5分/km(笑)で快調に飛ばしますが、途中から足元がガレてきて疲れます。勾配がきついので進めど進めど思ったよりも距離が稼げない現象が発生し、いい加減飽きてきます。お腹いっぱい下ってようやく金昌寺に到着、下界は雨が全く降っておらず蒸し暑く、山上と麓ではこれほど違うのかと驚かされました。最後は、武甲温泉までロードを走って終了しました。入浴料800円、フェイスタオル300円(購入)。他所の湯に入る度に奥むさし旅館の素晴らしさ(フェイスタオル込みで500円)が分かります。

入浴後横瀬駅まで歩いて行くと真正面に武甲山が。頂上は雲で隠れていましたが、大きな山が目の前にあり迫力がありました。ただ、麓のセメント工場が折角の壮大な景観を台無しにして残念です。

本日も半袖・短パンで走っていたのですが、雨に濡れたせいで真夏にもかかわらず非常に肌寒く感じました。特に今回は草が伸びてトレイルに張り出している区間が多く、濡れた藪を漕いで進むと上下ともに思いのほか濡れ、体温が奪われていく感覚がよく分かりました。真夏の低山でも舐めていると痛い目に遭うと、今後レインウェアも真剣に検討しなければいけないと思いました。ルートに水に装備に、毎度毎度勉強になります。とは言え、本日は脚がなくならず最後まで大体走り切れたので少し成長出来たかなと思います。
訪問者数:116人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ