ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 924713 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

源次郎尾根から剱岳

日程 2016年07月23日(土) 〜 2016年07月24日(日)
メンバー daiz
天候7/23 晴
7/24 晴
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
往路:竹橋22:15(毎日あるぺん号)→07:00室堂
復路:室堂15:15(臨時バス)→16:05美女平16:10→16:17立山16:22→17:26富山18:11(かがやき512号)→20:24東京
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
7/23
07:10 室堂
07:16 みくりが池温泉 08:41
09:00 雷鳥平 09:06
10:07 別山乗越 10:18
10:37 剱沢キャンプ場

7/24
04:06 剱沢キャンプ場
04:56 源次郎尾根取付 05:06
07:32 喫 07:38
08:14 曲 08:44
08:50 曲懸垂下降終了点 09:03
10:07 剱岳 10:15
11:45 一服剱 11:52
〜黒ユリのコル〜トラバースルート〜
13:19 別山乗越 13:27
14:11 雷鳥平 14:17
14:44 みくりが池温泉 14:50
14:59 室堂

■室堂〜剱沢小屋
一般ルートのため割愛

源次郎尾根はバリエーションルートです。
■剱沢小屋〜源次郎尾根取付
剱沢の雪渓は例年の9月ごろ程度まで解けています。
夏道を進み平蔵谷手前ぐらいから雪渓上を歩き
(早朝なら軽アイゼンまたはスパイクがあった方が良い。)
取付点(平蔵谷左岸の草地帯下部の△マーク(大きな岩)が目印)へ
ここから明瞭な踏み跡が上部に向かっています。
*平蔵谷は既に下部で切れていて登れません
*長次郎谷はまだ上までつながっている状態でしたが、
八ツ峰側にはシュルンドが開いていました。

■取付点〜支尾根〜源次郎尾根主稜線
草付きの急登を登り、灌木と藪を縫いながらの急登続き
踏跡は基本明瞭ですが、灌木・藪を抜ける際に荷物が引っかかりまくり(泣
岩場はすなおに登りやすそうなルートを登って行けばOK
(少し外れても、他踏み跡が多数あった)
ちょい難しい岩場(2箇所?)にはお助けロープあり
ルンゼルートとの合流点あたりがザレて、一部崩壊気味

■主稜線〜喫〜曲
特に難しい箇所はなく快適な稜線歩き
曲には丈夫な支点があり、約30mの懸垂下降。
50mロープ1本で懸垂下降した場合、最後のテラスからはクライムダウン可能

■曲懸垂下降終了点〜剱岳山頂
ガレやザレ場が多いが踏み跡は比較的明瞭

■剱岳〜別山尾根〜別山乗越
黒ユリのコル周辺はあまり歩かれていないようでハイマツが濃い目
別山乗越手前に雪渓が数か所あるが、特にアイゼン等は必要なし
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

室堂に夜行バスで到着!お天気良し!
2016年07月23日 07:06撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂に夜行バスで到着!お天気良し!
大日連峰もくっきり
2016年07月23日 07:10撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日連峰もくっきり
3
みくりが池
2016年07月23日 07:17撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みくりが池
5
チングルマ群生
今回の山行で何度も癒されました
2016年07月23日 12:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマ群生
今回の山行で何度も癒されました
1
剱沢キャンプ場から剱岳
ガスがかかりなかなか全体を現してくれませんが、明日登る源次郎尾根が見えました!
2016年07月23日 14:18撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱沢キャンプ場から剱岳
ガスがかかりなかなか全体を現してくれませんが、明日登る源次郎尾根が見えました!
1
夜明けの剱と剱沢雪渓
2016年07月24日 04:29撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明けの剱と剱沢雪渓
源次郎尾根、随分登ってきました
2016年07月24日 06:37撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源次郎尾根、随分登ってきました
1
が、まだまだ
2016年07月24日 06:38撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
が、まだまだ
源次郎尾根から八ツ峰下部
2016年07月24日 07:29撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源次郎尾根から八ツ峰下部
1
源次郎尾根から八ツ峰
2016年07月24日 07:33撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源次郎尾根から八ツ峰
1
快晴のもとでの稜線歩きは気持ち良いね〜
本峰へ
2016年07月24日 07:33撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴のもとでの稜線歩きは気持ち良いね〜
本峰へ
3
剱と前剱
2016年07月24日 07:33撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱と前剱
6
別山と剱沢
ジオラマみたい
2016年07月24日 07:33撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山と剱沢
ジオラマみたい
5
八ツ峰上部
2016年07月24日 07:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ツ峰上部
2
曲から剱本峰
2016年07月24日 08:17撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曲から剱本峰
6
懸垂下降してきた曲を振り返って
2016年07月24日 09:04撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懸垂下降してきた曲を振り返って
2
八ツ峰
やっぱカッコいい
2016年07月24日 09:36撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ツ峰
やっぱカッコいい
3
登ってきた源次郎尾根を見下ろして
2016年07月24日 10:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた源次郎尾根を見下ろして
3
剱岳山頂
2016年07月24日 10:12撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳山頂
4
別山尾根で下山します
2016年07月24日 10:15撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山尾根で下山します
3
かにの横ばい手前
2016年07月24日 10:27撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かにの横ばい手前
1
今日登ってきた源次郎尾根と剱
2016年07月24日 11:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日登ってきた源次郎尾根と剱
1
撮影機材:

感想/記録
by daiz

昨年、お天気やら忘れ物やらで登り損ねていた源次郎尾根
今回はお天気にも恵まれて快適な登山が出来ました。
ただ、テン泊装備を担いで登ったので、源次郎尾根下部の藪に引っかかりまくり
倍疲れた。。。。
スケジュールの関係で剱沢〜源次郎尾根〜剱岳〜別山尾根〜室堂と一気に抜けたけど、やはり剱沢でもう一泊する余裕あるプランで歩きたいかも
訪問者数:573人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/10/8
投稿数: 1017
2016/7/26 20:47
 daizさん
こんにちは、大変御無沙汰しております。

なんて良い天気!
一昨年かな? 自分が源次郎から劔に登った時は天気悪く、
ガスと雨ですぐ隣にあるはずの八ツ峰も見えませんでした。
この日みたいに良い天気の時に、もう一度登りに行きたい。。

daizさんも2日行程だったんですね
私も2日だったのですが、ものすごく後悔しました。
2日目がキツイのなんの!! 私は、でしたが。daizさんは早いですね
それにしてもテント装備で源次郎尾根、大変じゃなかったですか??
アタックザックでも枝に引っかかりまくった記憶が。。
登攀道具重いし

それにしても北陸新幹線ほんと便利ですよね。
私も利用しまくりです
登録日: 2010/4/6
投稿数: 1565
2016/7/27 8:14
 ittiさん
ご無沙汰しておりま〜す。
ホント、お天気に恵まれて超ラッキーでした
昨年は荒天だったこともあり、稜線を歩きながらしみじみ「源次郎はお天気良い時に来るコースだなぁ〜」と思っていました

そう、灌木の枝にバンジーコードやらマットが引っかかりまくって、登ろうとすると後ろから引っ張られまくり
事前準備の足りなさを痛感しました。。。。深く反省

北陸新幹線のおかげで、立山連峰がぐっと便利になりましたね〜
これで富山地方鉄道グループのそれぞれの接続がもっと良くなれば嬉しいんだけど
登録日: 2009/10/2
投稿数: 1101
2016/7/28 10:57
 教えてください
daizさん、こんにちは。

教えてください。
単独でも懸垂下降出来るのですか?
ロープ使うのは曲の下降だけでしょうか?
登録日: 2010/4/6
投稿数: 1565
2016/7/28 16:49
 Re: 教えてください
はい、懸垂下降は単独で問題なく出来ますよ〜
(懸垂下降には特別難しい事はありませんが、一つの間違いが重大事故につながりますので、習熟して間違いがないように!)
源次郎尾根ではロープが必要になるのは曲の懸垂下降時だけです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ