ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 925388 全員に公開 ハイキング富士・御坂

富士山

日程 2016年07月23日(土) 〜 2016年07月24日(日)
メンバー number-shot, その他メンバー1人
天候樹林帯では霧 上は快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間38分
休憩
3時間29分
合計
12時間7分
Sスタート地点04:1804:22金鳥居04:53吉田口 北口本宮富士浅間神社04:5605:54中の茶屋06:0607:02馬返し07:0307:14吉田口一合07:2607:48吉田口二合07:5708:14吉田口三合08:2008:44吉田口四合大黒天08:5909:08吉田口四合五勺御座石浅間神社09:1609:20吉田口五合09:2409:26佐藤小屋09:5110:09吉田口六合目・富士山安全指導センター10:3012:28吉田口七合目13:0013:13吉田口八合13:2914:06須走口・吉田口登山道 本八合目14:1515:34吉田口山頂16:1016:25須走口・吉田口登山道 本八合目
2日目
山行
2時間57分
休憩
1時間35分
合計
4時間32分
須走口・吉田口登山道 本八合目07:4108:06須走口・吉田口登山道 九合目08:2308:53久須志岳09:0709:10金明水09:17雷岩09:2209:30西安河原09:37富士山09:5910:05三島岳10:10富士宮口頂上10:3010:30御殿場口頂上10:3310:37朝日岳10:41伊豆岳10:47成就岳10:5711:13須走口登山道 八合目11:52吉田口六合目・富士山安全指導センター11:5612:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所無し。
富士山の本八合目より上は自然落石も起こりえると思った。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

ここから富士山頂を目指します。
富士山駅傍の金鳥居(カナドリイ)から4:22出発!
ここはその昔 富士山詣での玄関口です。
2016年07月23日 04:22撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから富士山頂を目指します。
富士山駅傍の金鳥居(カナドリイ)から4:22出発!
ここはその昔 富士山詣での玄関口です。
今回の山行企画者のHK氏。
題して『下から富士山日帰り登山』
HK氏はこの山行のために毎日家で特訓を重ねたそうです。
2016年07月23日 04:22撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の山行企画者のHK氏。
題して『下から富士山日帰り登山』
HK氏はこの山行のために毎日家で特訓を重ねたそうです。
30分歩いて北口本宮富士浅間神社境内へ入ります。
写真が見づらいのは霧にピントが合ってしまったため。
スタート時から馬返しまでは霧の中を歩きました。
実はハイドレーションに水を入れ忘れたんですが、霧のおかげで、5合目まで水分補給無しで行けました。
右脇に写ってるカップルとは六合目辺りまで抜きつ抜かれつ共に登って行きました。
2016年07月23日 04:51撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分歩いて北口本宮富士浅間神社境内へ入ります。
写真が見づらいのは霧にピントが合ってしまったため。
スタート時から馬返しまでは霧の中を歩きました。
実はハイドレーションに水を入れ忘れたんですが、霧のおかげで、5合目まで水分補給無しで行けました。
右脇に写ってるカップルとは六合目辺りまで抜きつ抜かれつ共に登って行きました。
富士登山競走では使用しない遊歩道を進みます。
アスファルトと違って歩きにくいです。
ワタシはアスファルト道に行こうとしたが、HK氏が強硬で折れません。
2016年07月23日 05:17撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士登山競走では使用しない遊歩道を進みます。
アスファルトと違って歩きにくいです。
ワタシはアスファルト道に行こうとしたが、HK氏が強硬で折れません。
遊歩道沿いにはオオバギボウシが咲いてます。
2016年07月23日 05:56撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遊歩道沿いにはオオバギボウシが咲いてます。
ヨツバヒヨドリ?
よくわかりません。
五合目スタートと違って植物がイイ感じです。
2016年07月23日 06:39撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨツバヒヨドリ?
よくわかりません。
五合目スタートと違って植物がイイ感じです。
ツリフネソウだと思います。
2016年07月23日 06:42撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツリフネソウだと思います。
シモツケソウかと思ったけどなんか違うみたい。
蜘蛛の巣とのステキなコラボ
2016年07月23日 06:44撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シモツケソウかと思ったけどなんか違うみたい。
蜘蛛の巣とのステキなコラボ
樹林帯の中に神々しく光が差し込みます。
気持ちイイです。
2016年07月23日 06:59撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯の中に神々しく光が差し込みます。
気持ちイイです。
馬返しのデブ返し。
中の茶屋で休憩したのでココはスルー。
2016年07月23日 07:03撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬返しのデブ返し。
中の茶屋で休憩したのでココはスルー。
狛犬の猿ヴァージョン
ここを過ぎると勾配が厳しくなります。
2016年07月23日 07:07撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狛犬の猿ヴァージョン
ここを過ぎると勾配が厳しくなります。
一合目の小屋跡
HK氏が既にバテ気味で、こっから各『合目』に付くとザックを下ろして休憩になります。
休憩しているとさっきのカップルが抜くというパターンが出来ました。
2016年07月23日 07:14撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一合目の小屋跡
HK氏が既にバテ気味で、こっから各『合目』に付くとザックを下ろして休憩になります。
休憩しているとさっきのカップルが抜くというパターンが出来ました。
クサレダマ?
ミヤマアキノキンリンソウ?
2016年07月23日 07:28撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クサレダマ?
ミヤマアキノキンリンソウ?
ヤマホタルブクロはここから沢山目にすることになります。
2016年07月23日 07:48撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマホタルブクロはここから沢山目にすることになります。
二合目跡。
休憩が長い・・・
2016年07月23日 07:48撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二合目跡。
休憩が長い・・・
休憩しているとキラキラ輝く虫が。
コガネムシでした。
2016年07月23日 07:51撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩しているとキラキラ輝く虫が。
コガネムシでした。
イワショウブ?
ここでしか見なかった。
2016年07月23日 07:58撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワショウブ?
ここでしか見なかった。
メボソムシクイという野鳥です。
とてもイイ鳴き声が登山道に響いてました。
2016年07月23日 08:01撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メボソムシクイという野鳥です。
とてもイイ鳴き声が登山道に響いてました。
1
同じ鳥だと思いますけど。
ウグイスも声はしますが見つけることができません。
2016年07月23日 08:20撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じ鳥だと思いますけど。
ウグイスも声はしますが見つけることができません。
ここにも小屋跡が。
夏草や 兵どもが夢の跡
車で行けるとこまで行っちゃいますよね・・・
2016年07月23日 08:47撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも小屋跡が。
夏草や 兵どもが夢の跡
車で行けるとこまで行っちゃいますよね・・・
ハクサンシャクナゲ発見!
2016年07月23日 09:14撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲ発見!
5合目手前のデブ返し!
車道だ〜!
2016年07月23日 09:18撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5合目手前のデブ返し!
車道だ〜!
ヤマホタルブクロが群生!!
2016年07月23日 09:20撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマホタルブクロが群生!!
吉田口の五合目。
この上の佐藤小屋でがっつり休憩します。
ここで水2Ⅼ購入。¥800
2016年07月23日 09:24撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉田口の五合目。
この上の佐藤小屋でがっつり休憩します。
ここで水2Ⅼ購入。¥800
五合目 佐藤小屋から山頂方向を望む。
どーです。この青空!
前日に行われた富士登山競走は悪天候で5合目打ち切りですよ!
2016年07月23日 09:47撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目 佐藤小屋から山頂方向を望む。
どーです。この青空!
前日に行われた富士登山競走は悪天候で5合目打ち切りですよ!
キバナノヤマオダマキ
2週間前の槍で判らなかったのはヤマオダマキだったのね。
2016年07月23日 09:48撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナノヤマオダマキ
2週間前の槍で判らなかったのはヤマオダマキだったのね。
ミヤマアキノキリンソウ。
溶岩をバックに映えます。
2016年07月23日 10:06撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ。
溶岩をバックに映えます。
六合目
ここでスバルラインから登山道と繋がるのでとても賑やかです。
前日のレースで登れなかったからか、上から続々とトレイルランナーが下りて来ます。
あっ、ハンサムネコさんも発見!
2016年07月23日 10:13撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目
ここでスバルラインから登山道と繋がるのでとても賑やかです。
前日のレースで登れなかったからか、上から続々とトレイルランナーが下りて来ます。
あっ、ハンサムネコさんも発見!
雲と空の中間部的な高さになってます。
富士山は3年前に一度だけ登ってます。
この時は須走から登り、9割が好天でしたが、山頂がミゾレで激寒で、剣ヶ峰は行けませんでした。(2013.7.3)
2016年07月23日 10:48撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲と空の中間部的な高さになってます。
富士山は3年前に一度だけ登ってます。
この時は須走から登り、9割が好天でしたが、山頂がミゾレで激寒で、剣ヶ峰は行けませんでした。(2013.7.3)
若いマツボックリがイイね!
2016年07月23日 12:04撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若いマツボックリがイイね!
七合目のちょい上 鳥居荘到着。
ここでの休憩後『俺をおいて先に行け!』とHK氏から死亡フラグが経ちましたので、こっからは単独行動になりました。
ちなみにHK氏は20年前に1回。昨年1回と富士山は3回目でワタシより経験値が高い・・・
2016年07月23日 12:14撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目のちょい上 鳥居荘到着。
ここでの休憩後『俺をおいて先に行け!』とHK氏から死亡フラグが経ちましたので、こっからは単独行動になりました。
ちなみにHK氏は20年前に1回。昨年1回と富士山は3回目でワタシより経験値が高い・・・
溶岩と雲!
2016年07月23日 13:04撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
溶岩と雲!
雲海の中によくみると富士山外輪が顔を出してます。
2016年07月23日 13:51撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海の中によくみると富士山外輪が顔を出してます。
九合目は山小屋無し。
七合目までは同行者のせいで休憩ばかりで余裕が有りましたが、この辺りに来ると疲労が出て、登山道脇に座り込むことも。
2016年07月23日 14:59撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九合目は山小屋無し。
七合目までは同行者のせいで休憩ばかりで余裕が有りましたが、この辺りに来ると疲労が出て、登山道脇に座り込むことも。
吉田口山頂の鳥居!
山頂に着いた〜
2016年07月23日 15:35撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉田口山頂の鳥居!
山頂に着いた〜
吉田口山頂碑の前で撮って頂きました。
2016年07月23日 15:39撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉田口山頂碑の前で撮って頂きました。
3
立体的な山座同定図。
吉田口山頂から反時計回りにお鉢に上がったところに有ります。
スバルライン五合目まで降りなければいけないので、トラブルも考慮してお鉢巡りはやめておきます。
2016年07月23日 16:01撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立体的な山座同定図。
吉田口山頂から反時計回りにお鉢に上がったところに有ります。
スバルライン五合目まで降りなければいけないので、トラブルも考慮してお鉢巡りはやめておきます。
降りる前に山頂で一服。
さー、五号目まで下りて帰るぞ〜!!
2016年07月23日 16:09撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りる前に山頂で一服。
さー、五号目まで下りて帰るぞ〜!!
ここまで足をぴっぱり続けたHK氏が更なるわがままを発動!
『俺はもう下りることも出来ない! ここに泊まって明日山頂に行く!』
ワタシは大反対ですが、彼の車で来ており、半ば強制ですよ。テロですよ! 泊まる準備なんてしてないっすよ!!
というわけで本八合目トモエ館で山泊になりました。
ホントにふざけんな!! (∴`┏ω┓´)/コラァー!!
2016年07月24日 07:37撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで足をぴっぱり続けたHK氏が更なるわがままを発動!
『俺はもう下りることも出来ない! ここに泊まって明日山頂に行く!』
ワタシは大反対ですが、彼の車で来ており、半ば強制ですよ。テロですよ! 泊まる準備なんてしてないっすよ!!
というわけで本八合目トモエ館で山泊になりました。
ホントにふざけんな!! (∴`┏ω┓´)/コラァー!!
夜明け前。
日本全体が雲の下のよう。
2016年07月24日 04:30撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明け前。
日本全体が雲の下のよう。
幻想的な色です。
雲海の水平線?がデコボコしているのが、山の峰々なのか雲の形なのかは判別付きません。
2016年07月24日 04:31撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幻想的な色です。
雲海の水平線?がデコボコしているのが、山の峰々なのか雲の形なのかは判別付きません。
2
おっ!
2016年07月24日 04:41撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ!
出た〜!
ご来光っす!
本八合目トモエ館前で拝みました。
その後二度寝して8時前に宿を出ました。
2016年07月24日 04:43撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出た〜!
ご来光っす!
本八合目トモエ館前で拝みました。
その後二度寝して8時前に宿を出ました。
この日もHK氏はペースが上がらず、休み休みの山行です。
それでも出発地点が高かったので9時前に吉田口山頂。
この後反時計回りでお鉢巡りへ!
2016年07月24日 08:53撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日もHK氏はペースが上がらず、休み休みの山行です。
それでも出発地点が高かったので9時前に吉田口山頂。
この後反時計回りでお鉢巡りへ!
お鉢巡り中の同行者。
私は200mくらい走って、待ってまた走って待っての繰り返し。
標高3700mでのランニングは昨年の間ノ岳〜北岳間を抜いて過去最高地点でのランニングっす。
2016年07月24日 09:11撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お鉢巡り中の同行者。
私は200mくらい走って、待ってまた走って待っての繰り返し。
標高3700mでのランニングは昨年の間ノ岳〜北岳間を抜いて過去最高地点でのランニングっす。
富士山山頂で富士山の形の雲!!
miracle!
2016年07月24日 09:28撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山山頂で富士山の形の雲!!
miracle!
剣ヶ峰に続く登り。
時計回りの馬の背よりは緩やかです。
2016年07月24日 09:31撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰に続く登り。
時計回りの馬の背よりは緩やかです。
10分ほど並んで記念撮影!
『日本一〜!』とはっちゃけてる風味で。
3776mでジャンプもしたけど写真のタイミング合わず。
orz
2016年07月24日 09:51撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分ほど並んで記念撮影!
『日本一〜!』とはっちゃけてる風味で。
3776mでジャンプもしたけど写真のタイミング合わず。
orz
測候所の脇で休憩している人多数。
我らも休憩。
もー休憩大杉蓮!!
2016年07月24日 09:57撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
測候所の脇で休憩している人多数。
我らも休憩。
もー休憩大杉蓮!!
お鉢の底!
何百年前に噴火したのか知りませんが、噴火の痕跡が手に取るように判ります。
2016年07月24日 10:03撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お鉢の底!
何百年前に噴火したのか知りませんが、噴火の痕跡が手に取るように判ります。
2
振り返って剣ヶ峰。
測候所がこんなに小さく見える。
こんなところに建物建てて、こんなところで真冬も研究してたなんて昔の人の方がスゴイ!
2016年07月24日 10:04撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って剣ヶ峰。
測候所がこんなに小さく見える。
こんなところに建物建てて、こんなところで真冬も研究してたなんて昔の人の方がスゴイ!
1
変な岩その1
『じょーだんは ヨセ!』岩
2016年07月24日 10:44撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
変な岩その1
『じょーだんは ヨセ!』岩
1
変な岩その2
『石焼き芋 ちょっと焼き過ぎ』岩
2016年07月24日 10:45撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
変な岩その2
『石焼き芋 ちょっと焼き過ぎ』岩
1
一周回って吉田口山頂部に戻ってきました。
ここで休憩後HK氏とは別れて、単独でスバルライン五合目を目指します。
2016年07月24日 10:47撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一周回って吉田口山頂部に戻ってきました。
ここで休憩後HK氏とは別れて、単独でスバルライン五合目を目指します。
ばびゅーん。
登山者の傍を通るときは砂嵐にならないようにシズシズと通過します。
2016年07月24日 11:02撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ばびゅーん。
登山者の傍を通るときは砂嵐にならないようにシズシズと通過します。
荒涼とした斜面にイタドリのお花畑が。
2016年07月24日 11:36撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒涼とした斜面にイタドリのお花畑が。
1
ゴールが見えました。
2016年07月24日 12:08撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールが見えました。
馬車もいます。
2016年07月24日 12:09撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬車もいます。
中国人観光客でいっぱいのスバルライン五合目に到着しました。
吉田口山頂の下山道入口から70分掛かりました。
ツアーで登る人達はえいえいおぅ〜!って掛け声かけて登るんすね。
2016年07月24日 12:13撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中国人観光客でいっぱいのスバルライン五合目に到着しました。
吉田口山頂の下山道入口から70分掛かりました。
ツアーで登る人達はえいえいおぅ〜!って掛け声かけて登るんすね。
富士山大社という神社が有りましたので、無事の下山を報告しました。
この後、1時間半以上待ってHK氏到着。
到着後も「疲れた〜」「富士山はんぱねー」を連呼して休んでいたので、結局15:10のバスで五合目を立ちました。
2016年07月24日 12:35撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山大社という神社が有りましたので、無事の下山を報告しました。
この後、1時間半以上待ってHK氏到着。
到着後も「疲れた〜」「富士山はんぱねー」を連呼して休んでいたので、結局15:10のバスで五合目を立ちました。
撮影機材:

感想/記録

田中陽希氏に触発されて登山にハマったというHK氏は社会人になった頃の先輩です。
その後HK氏は別の会社に転職したため、直接会うのは18年振りくらい。
そのHK氏から「富士山下から日帰り登山を一緒に行かないか?」と誘われました。
下からという点と日帰りという点に惹かれ、22日の朝 金鳥居を出発しました。
「コースタイムの3/4のペース」という計画で登り始めたが、馬返しを過ぎたあたりからHK氏の疲労が激しくなり、1回の休憩時間が長くなって来ました。
休憩の回数も増え、六合目時点で「厳しいんじゃない?」と助言したが、「19時までにスバルライン五合目に着けばいい。大丈夫!」とのこと。
休憩多過ぎだったため自分は余裕が有ったので、七合目で単独行動になったときはペースが上がってしまいました。
さすがに本八合目からはかなりマイリマシタが、16時前に吉田口山頂に登頂。
計画では剣ヶ峰に回っている間にHK氏が吉田口山頂に登るというものでしたが、連連絡すると本八合目で待ってるとの事でした。
なので剣ヶ峰は諦めて本八合目へ行くと「もう今日は下りれないから泊まる」とのたまうHK氏。
「当初の予定通り下りる」というオレの意見に耳をかさない暴君HK氏。
彼の車で来ているし、彼の車に自分の荷物もあるため本八合目トモエ館に、着の身着のままで泊まることに。
翌朝は山小屋前でご来光を拝み、ゆっくり出発。
なんと二日続けて好天に恵まれました。
山頂までとお鉢巡りはHK氏と一緒に回りましたが、時間が掛かり過ぎていて精神的にマイッタ!
得意の下りは自由に行きたいので、吉田口山頂で別れて先に下り、スバルライン五号目で待つことに。
この下りだけは「トレイルランナー」として下りれました。
*但し、砂を巻き上げてしまうので、登山者を抜くときはペースをかなり落としてゆっくり抜きました。
スバルライン五合目で、お参りしたり、うどんを食べたり、ソフトクリームを食べたりしてHK氏を待ち、到着後はバスで麓まで下りました。
帰りの車中でHK氏が『楽しかっただろう?』と平然と上から目線で聞くので『楽しくないとは言わないがふざけんな!』と返しておきました。
たぶんHK氏とは二度と一緒に登らないな。
訪問者数:79人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ