ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 925403 全員に公開 ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

雲上の安達太良山(あだたら高原スキー場〜薬師岳〜安達太良山〜くろがね小屋〜戻り)

日程 2016年07月24日(日) [日帰り]
メンバー tris
天候晴れ時々ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
あだたら高原スキー場に大駐車場があります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間54分
休憩
30分
合計
5時間24分
S奥岳登山口06:0007:05五葉松平07:51仙女平分岐07:5608:46安達太良山09:0309:21沼尻分岐09:2709:45峰の辻10:11くろがね小屋10:1310:19塩沢分岐10:32勢至平分岐11:21奥岳登山口11:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSログは一部欠損しています(薬師岳付近)。ポケモンGOをプレイしていたら、いつのまにか山旅ロガーを解除していました……。
コース状況/
危険箇所等
グレーディング:体力度2 技術度B程度
特に危険なところはないのですが、一部ザレ場があって、少し注意が必要かと思いました。山頂付近には簡単な鎖もありますし。

【奥岳登山口(あだたら高原スキー場)〜薬師岳】B-
一部、段差が激しかったり泥でグチャグチャなところがあったりして、ちょっと歩きにくくて大変でした。

【薬師岳〜安達太良山】A(山頂部はB-)
木道等で非常に良く整備された道です。山頂付近は軽く急斜面。
山頂標識より少し上の祠がある部分に上るときは、鎖やハシゴがあったりしますが、特に問題があるレベルではありません。

【安達太良山〜峰の辻】A
いかにも火山といった雰囲気ですが、歩きやすいです。

【峰の辻〜くろがね小屋】B
急なザレ場があるので歩行注意。

【くろがね小屋〜奥岳登山口(あだたら高原スキー場)】A
ほぼ平らな道が延々と続きます。
旧道と馬車道(車道)を選べるところがありますが、旧道は粘土質で滑りやすいので少し注意が必要です。
その他周辺情報会津若松の「めでたいや」で、名物のソースカツ丼を食べました。ここの大名ソースカツ丼は、巨大なおわんで出てきてインパクト大。美味しかったです。

帰り道は白河市に立ち寄り、白河ラーメンを「手打中華すずき」で食べました。チャーシューが非常に良かったです。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

まだガラガラの駐車場からは雲海が。来る途中は天気が悪かったのですが、何とか雲を超えて一安心。
2016年07月24日 05:59撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだガラガラの駐車場からは雲海が。来る途中は天気が悪かったのですが、何とか雲を超えて一安心。
1
トイレはロープウェイの建物の中にあります。どうやら夜も使える感じ?
2016年07月24日 05:58撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレはロープウェイの建物の中にあります。どうやら夜も使える感じ?
丁寧に色々書かれている登山口から登山開始。最初は砂利敷の車道歩きです。
2016年07月24日 06:03撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁寧に色々書かれている登山口から登山開始。最初は砂利敷の車道歩きです。
1
五葉松平方面はスキー場のゲレンデと思しきところを登っていきます。
途中、木の棒が立てられていて道が2手に分かれているところがありますが、そこは左の狭い方の道が正解。間違ってもあとで合流できますが。
2016年07月24日 06:25撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五葉松平方面はスキー場のゲレンデと思しきところを登っていきます。
途中、木の棒が立てられていて道が2手に分かれているところがありますが、そこは左の狭い方の道が正解。間違ってもあとで合流できますが。
1
誤ったルートの無駄な急登を登り切ると、リフトと雲海の組み合わせが。
2016年07月24日 06:35撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誤ったルートの無駄な急登を登り切ると、リフトと雲海の組み合わせが。
1
ここからが軽い難所。草木が生い茂っていたり、段差が大きかったり、ドロドロだったりで、ちょっと大変。
しかし風がなくて暑い……。
2016年07月24日 06:42撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからが軽い難所。草木が生い茂っていたり、段差が大きかったり、ドロドロだったりで、ちょっと大変。
しかし風がなくて暑い……。
1
五葉松平付近で森林限界を超えてハイマツ帯になりますが、天気はあまりよろしくない雰囲気に。
2016年07月24日 07:10撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五葉松平付近で森林限界を超えてハイマツ帯になりますが、天気はあまりよろしくない雰囲気に。
1
ほんとの空は雲だった……。
ちなみにここにはポケモンGOのジムがありました。
2016年07月24日 07:17撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんとの空は雲だった……。
ちなみにここにはポケモンGOのジムがありました。
1
ロープウェイからの道と合流すると、整備度が一気にアップして、木道などですごく歩きやすくなります。
2016年07月24日 07:32撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイからの道と合流すると、整備度が一気にアップして、木道などですごく歩きやすくなります。
1
山頂が近付くと岩が出てきますが、歩きやすくていい感じ。天気も回復してきました。
2016年07月24日 08:14撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が近付くと岩が出てきますが、歩きやすくていい感じ。天気も回復してきました。
1
山頂のすぐ下に山頂標識が立っています。
2016年07月24日 08:29撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂のすぐ下に山頂標識が立っています。
1
本当の山頂に上るところには鎖がありますが、特に問題なく通過できるレベルです。
2016年07月24日 08:31撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当の山頂に上るところには鎖がありますが、特に問題なく通過できるレベルです。
1
そして山頂からは、少しガスが出つつも、なかなかの眺望が得られます。まさに火山。
2016年07月24日 08:33撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして山頂からは、少しガスが出つつも、なかなかの眺望が得られます。まさに火山。
1
磐梯山は雲に隠れる感じできっちりとは拝めず。
2016年07月24日 08:38撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
磐梯山は雲に隠れる感じできっちりとは拝めず。
1
素晴らしい雲海。高山の雰囲気です。
2016年07月24日 08:41撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい雲海。高山の雰囲気です。
1
休憩後、少しの稜線歩きは火山独特の雰囲気。いいですね。
2016年07月24日 09:17撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩後、少しの稜線歩きは火山独特の雰囲気。いいですね。
2
沼の平はガスに覆われつつ、カッコイイ光景。
2016年07月24日 09:27撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沼の平はガスに覆われつつ、カッコイイ光景。
1
4方向からの道が合流する峰の辻。左のくろがね小屋方面に下山してみます。
2016年07月24日 09:44撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4方向からの道が合流する峰の辻。左のくろがね小屋方面に下山してみます。
1
この道はザレ場になっていてなかなかの難所。転倒しても転げ落ちるほどではないので、危険度は低いですが。
2016年07月24日 09:55撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道はザレ場になっていてなかなかの難所。転倒しても転げ落ちるほどではないので、危険度は低いですが。
1
ザレ場を過ぎると、ハイマツ帯の狭い道。無風ということもあり、すれ違う人がみんな暑そう。
2016年07月24日 10:07撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレ場を過ぎると、ハイマツ帯の狭い道。無風ということもあり、すれ違う人がみんな暑そう。
1
くろがね小屋に到着。入浴もできるようですが、ここで入浴しても駐車場に戻るまでにまた汗かくよなー、と。
2016年07月24日 10:11撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くろがね小屋に到着。入浴もできるようですが、ここで入浴しても駐車場に戻るまでにまた汗かくよなー、と。
1
道の脇には温泉を通すためのものであろう何かが。熱気を感じます。
2016年07月24日 10:21撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の脇には温泉を通すためのものであろう何かが。熱気を感じます。
1
しばらくずっと軽トラで物資を運ぶときに使っているのであろう平らな道を歩くのですが、道の脇がすごくきれいに切り取られているのが気になりました。車のタイヤで形を作っている……?
2016年07月24日 10:29撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくずっと軽トラで物資を運ぶときに使っているのであろう平らな道を歩くのですが、道の脇がすごくきれいに切り取られているのが気になりました。車のタイヤで形を作っている……?
1
車が通る馬車道とは別に旧道を通れる場所もありますが、粘土質とドロドロで嫌な感じ。ステップ状に切り取られているところはマシな方です。
2016年07月24日 10:47撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車が通る馬車道とは別に旧道を通れる場所もありますが、粘土質とドロドロで嫌な感じ。ステップ状に切り取られているところはマシな方です。
1
駐車場に戻ってくると大量の車が。登山だけではなく散策の人も多いようですね。
2016年07月24日 11:23撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に戻ってくると大量の車が。登山だけではなく散策の人も多いようですね。
1

感想/記録
by tris

この週末は長野県の天気がイマイチのような感じだったので、好天を求めて福島へ行ってきました。安達太良山は気軽なハイクで火山の雰囲気を楽しめ、良かったです。
訪問者数:283人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ