ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 925423 全員に公開 ハイキング奥武蔵

武甲山 暗中悶絶水歩荷 20L部門にエントリー

日程 2016年07月24日(日) [日帰り]
メンバー km117
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
一の鳥居駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間7分
休憩
45分
合計
3時間52分
S一の鳥居17:2817:57不動滝18:0918:54大杉の広場19:0219:59武甲山20:2421:20一の鳥居21:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
三十〜四十丁目はドロドロ道で靴が汚れるし滑る。下りは注意した方がよい。
登山道にはカエルが多数、踏むと惨劇かも。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 夜ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ×2 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ 無線機

写真

熊も字が読めるとは!それにしても迫力の熊だこと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊も字が読めるとは!それにしても迫力の熊だこと。
途中、生川からは山頂付近はガスガスで上部は見えず。誰もいない駐車場を出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、生川からは山頂付近はガスガスで上部は見えず。誰もいない駐車場を出発。
2
しばらく舗装路を歩いて、途中から登山道へ。新しい靴のフィーリングはよいね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく舗装路を歩いて、途中から登山道へ。新しい靴のフィーリングはよいね。
十八丁目の不動滝、戦慄のペットボトル群がお出迎え。増殖した様子。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十八丁目の不動滝、戦慄のペットボトル群がお出迎え。増殖した様子。
2
悶絶拷問へのご案内。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悶絶拷問へのご案内。
1
これは何でしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは何でしょうか?
ザックに詰め込み完了!今日は「給水19L+自分用1L」の20L部門のエントリーで勘弁してもらう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザックに詰め込み完了!今日は「給水19L+自分用1L」の20L部門のエントリーで勘弁してもらう。
9
まだまだ残ってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ残ってます。
1
激しいプレスにすぐに後悔。来るんじゃなかった↓やるんじゃなかった↓感に襲われる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
激しいプレスにすぐに後悔。来るんじゃなかった↓やるんじゃなかった↓感に襲われる。
2
大杉広場でザックからヘッドランプ取り出し点灯。夜間巡航モードに入る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大杉広場でザックからヘッドランプ取り出し点灯。夜間巡航モードに入る
2
悶絶道。ポケモンでも出てこないか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悶絶道。ポケモンでも出てこないか。
悶絶道。こんな写真を撮ることに、一体何の意味があるのだろうかと思い始める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悶絶道。こんな写真を撮ることに、一体何の意味があるのだろうかと思い始める。
2
激しい泥道。転ぶことは絶対に許されない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
激しい泥道。転ぶことは絶対に許されない。
ここにきてどうにか調子が出てきた。あと少しだ。さっさと業務完了し帰りたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにきてどうにか調子が出てきた。あと少しだ。さっさと業務完了し帰りたい。
ヘッドランプに浮かび上がる戦慄の山頂トイレ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘッドランプに浮かび上がる戦慄の山頂トイレ。
3
誰かがこっちを見ていたら怖いんですけど。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰かがこっちを見ていたら怖いんですけど。
1
山頂神社に一礼。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂神社に一礼。
3
本日の成果品。自分の飲料水も500mlだけ残し流し込む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の成果品。自分の飲料水も500mlだけ残し流し込む。
6
不動滝にもあった何か。カウント用?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動滝にもあった何か。カウント用?
山頂展望台。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂展望台。
第一展望台からの秩父市街地。下界向きガスは飛んでいてわりとクッキリ見える。星をまき散らしたみたいで美しいが激しくブレまくる。さて帰るべ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一展望台からの秩父市街地。下界向きガスは飛んでいてわりとクッキリ見える。星をまき散らしたみたいで美しいが激しくブレまくる。さて帰るべ。
4

感想/記録
by km117

 新しい登山靴を入手したのでとりあえずのお試し山行として、5月以来となる武甲山山頂トイレ給水水歩荷へ行ってきました。時間がとれないので仕事後に夜間モードでアタック。
 三十〜四十丁目は泥道で靴が汚れる。登山道にはカエルが多数、キモくて正視できず。
 靴のアタリの確認に行ったが、泥道とザックのプレスが強くて靴のことなど忘れていた。
 ヘッドランプはLED LENSER H7.2 光量は十分だが、泥道下山はそれなりの注意が必要。昼でも同じですけど。
 20L部門とはいえ給水歩荷は悶絶拷問であまり楽しくないが、夜なら何か面白いことがあるのではないかと思ったが特に何もなかった。
訪問者数:244人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/6/12
投稿数: 1370
2016/7/31 22:14
 山頂クソまみれ対策ご苦労様です。
km117-san,

こんばんは。

遅延コメにて失礼致します。
暗中悶絶水歩荷20L部門エントリーお疲れ様でした。

定期的な20Lクラスの部門エントリーには頭が下がる思いです。
また山頂クソまみれ回避策としても貢献されている姿に、水歩荷の神髄すら感じられます。

暗中水歩荷のご褒美は画像21が肉眼で見れることでしょうね。
とても美しいご褒美に暗中での水歩荷へのヤリガイすら感じます。

これが昼間との唯一の違いになるでしょうか。
他は足元が見づらく、運搬に危険を伴うことですかね。

素晴らしい暗中での景色をシェアして頂きありがとうございました。

山頂クソまみれが少しでも回避できると安心ですね。
登録日: 2012/3/8
投稿数: 76
2016/8/1 22:04
 Re: 山頂クソまみれ対策ご苦労様です。
OhMy_Naruo 様
 こんばんは、コメントありがとうございます。スケジュールがとれず暗中行動になってしまいましたが、エントリーして参りました。
 生川からは山頂が見えなかったので期待していなかったのですが、山頂第一展望台からの秩父市街はそれは素晴らしかったです。
 またご推察のとおり、強力ヘッドランプであれば行動そのものの制限はあまり受けないように思いますが、登山道にカエルが多数現れるので踏まないように注意が必要です。

 週末に所用で富士山(この時期に!)に行ってきたのですが、20kg超の装備でも重量感はが軽減されているように感じました。水歩荷で体力向上とまではいかないまでも、忍耐力向上^^と重さに身体が慣れることには十分効果があると思いましたし、山頂クソまみれ回避を考えると、どういう形であれ水歩荷は続けた方がいいと思いました(楽しくはないですが)。
 それから今さらですが、7/10のNaruoさんの熱中水歩荷21枚目の写真、大杉広場での一本足打法ですが、荷物を背負った状態の片足上げでも体幹軸が一直線、まったくブレがなく美しいです。これなら荷物を背負ったままでもホームランいけますね。私も斯くありたいと思いさらなる精進を誓いました^^。
 今後ともよろしくお願いいたします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ザック ガス 山行 ガスガス 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ