ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 925593 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

五竜岳【八方尾根〜遠見尾根、久しぶりのテント泊でバッテバテ】

日程 2016年07月24日(日) 〜 2016年07月25日(月)
メンバー hana_hanajourneyman
天候1日目:晴れのち曇り
2日目:晴れ、朝のうちはガス
アクセス
利用交通機関
バス
●毎日あるぺん号を利用(往復)
http://www.maitabi.jp/bus/tokusyu14.php
往路:新宿23時発、八方の湯駐車場5時過ぎに着
復路:五竜テレキャビン駅エスカルプラザ前15:25発、新宿20時前に到着(平日で中央道の渋滞が無かったので予定よりも早い到着でした)

●八方アルペンライン
http://www.nsd-hakuba.jp/green/happo/alpenline.html
ゴンドラ+リフト×2で片道1,550円(荷物が15キロ以上になる場合は手回り品料金として+440円)

●白馬五竜
http://www.hakubaescal.com/shokubutsuen/gondola/price/
ゴンドラのみ1,000円(冷たいおしぼり付)

ゴンドラはどちらも日にちによって運行時間が違うので事前に確認を。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間52分
休憩
1時間1分
合計
6時間53分
S八方池山荘07:2307:47石神井ケルン07:4808:15八方池08:1609:03扇雪渓09:27丸山09:4010:34唐松岳頂上山荘10:3510:54唐松岳10:5811:12唐松岳頂上山荘11:4012:48大黒岳12:5914:09遠見尾根分岐14:1114:16五竜山荘
2日目
山行
4時間39分
休憩
1時間48分
合計
6時間27分
宿泊地05:5106:38五竜岳07:1007:42五竜山荘08:2308:31白岳09:22西遠見山09:3710:07大遠見山10:41中遠見山10:4211:01小遠見山11:1912:01地蔵の頭12:0212:18白馬五竜アルプス平12:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●登山ポスト
ゴンドラ乗り場に有り

●宿泊したテント場
五竜山荘(1,000円/一人、水100円/1L)
http://www.hakuba-sanso.co.jp/goryusanso/
山荘に近い上部の方が平な場所が多かったです。


●登山道
・八方池山荘から唐松岳
なだらかな尾根の登山道で、危険箇所はありません。

・唐松岳頂上山荘から五竜山荘
牛首の通過は慎重に
雨で濡れている場合は難易度が上がると思われ、その場合は五竜→唐松の登りで牛首を通過した方が良いかもしれません。

・五竜山荘から五竜岳
岩場が続きますので、落石しないよう注意

・五竜山荘からアルプスだいら
とてもよく整備されています。
登山道の崩落のための迂回路は雨が降るとかなりドロドロになると思われ注意。
その他周辺情報●白馬姫川温泉 竜神の湯(五竜エスカルプラザB1F)
http://www.hakubaescal.com/winter/escal/spa/
650円/大人(あるぺん号乗り場で200円割引券有り)
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

【1日目】
新宿から夜行の毎日あるぺん号に乗り、翌朝5時、八方温泉に到着
天気は上々!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【1日目】
新宿から夜行の毎日あるぺん号に乗り、翌朝5時、八方温泉に到着
天気は上々!
6
ゴンドラとリフトを使って、一気に八方池山荘へ
夏はリフトが低い位置になっているんですね
お花の絨毯の上、すれすれの高さです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラとリフトを使って、一気に八方池山荘へ
夏はリフトが低い位置になっているんですね
お花の絨毯の上、すれすれの高さです
1
ではいよいよ出発
久しぶりのテン泊荷物で体が重い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ではいよいよ出発
久しぶりのテン泊荷物で体が重い
18
八方池辺りまではハイキングコースになっているので、お花の解説付き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方池辺りまではハイキングコースになっているので、お花の解説付き
1
このオオバギボウシ
あちこちに咲いていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このオオバギボウシ
あちこちに咲いていました
クルマユリ
小ぶりですが色が鮮やかでキレイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クルマユリ
小ぶりですが色が鮮やかでキレイ
1
相変わらずの男前
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらずの男前
7
ミヤマムラサキ
良く見ると淡い紫色でかわいらしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマムラサキ
良く見ると淡い紫色でかわいらしい
1
八方池
残念ながら白馬方面はガスの中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方池
残念ながら白馬方面はガスの中
タカネマツムシソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネマツムシソウ
1
ニッコウキスゲの群落
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲの群落
1
チングルマも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマも
2
扇雪渓
ちょっと涼しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇雪渓
ちょっと涼しい
3
丸山ケルンまで来ました
ここでしばし休憩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山ケルンまで来ました
ここでしばし休憩
6
ずっとガスの中だった不帰嶮方面が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっとガスの中だった不帰嶮方面が見えてきました
24
良く見ると崩れてきそうな場所ですよね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良く見ると崩れてきそうな場所ですよね
山荘までもう少しのところで雷鳥ファミリーを発見
ガスがかかっているのでちょっと見にくいですが、雛もいました
本日1回目
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘までもう少しのところで雷鳥ファミリーを発見
ガスがかかっているのでちょっと見にくいですが、雛もいました
本日1回目
1
山荘に荷物をデポして唐松岳山頂へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘に荷物をデポして唐松岳山頂へ
2
少し進むと人だかりが
本日2回目の雷鳥さん
またまた子連れ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し進むと人だかりが
本日2回目の雷鳥さん
またまた子連れ
5
山頂到着も周りはガス
残念ながら剱もガスで姿は拝めず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着も周りはガス
残念ながら剱もガスで姿は拝めず
10
こちらもいつかは越えてみたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらもいつかは越えてみたい
2
更に真っ白に・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に真っ白に・・・
25
テン場はかなり下まで点在してるんですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場はかなり下まで点在してるんですね
1
では頂上山荘を後に五竜岳を目指し出発
山荘前ではたくさんの方が休憩されていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では頂上山荘を後に五竜岳を目指し出発
山荘前ではたくさんの方が休憩されていました
4
いよいよ牛首
行くぞ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ牛首
行くぞ!
9
結構切れ落ちてるので慎重に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構切れ落ちてるので慎重に
9
すれ違いできないので、前方もよく見ながら進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すれ違いできないので、前方もよく見ながら進みます
4
雨だったら嫌ですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨だったら嫌ですね
4
短い足を伸ばして足場を探しながら通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
短い足を伸ばして足場を探しながら通過
14
ほっとできる場所に出ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほっとできる場所に出ました
2
一瞬ガスが切れて、五竜が姿を現しました
立派な山容です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬ガスが切れて、五竜が姿を現しました
立派な山容です
1
地味に登って行きます
五竜岳はガスの中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地味に登って行きます
五竜岳はガスの中
2
五竜山荘到着〜
バテた〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜山荘到着〜
バテた〜
5
やっぱりまずはコーラでしょ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱりまずはコーラでしょ
3
そして我が家を設営
ガスで眺望無し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして我が家を設営
ガスで眺望無し
5
今回の最大のミッションである五竜Tシャツを購入、早速着替えて記念撮影
実はさっきまで上にフリースを着ていたくらい寒いのだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の最大のミッションである五竜Tシャツを購入、早速着替えて記念撮影
実はさっきまで上にフリースを着ていたくらい寒いのだ
21
テン場にコマクサが咲いていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場にコマクサが咲いていました
8
【2日目】
おはようございます
すっきりとは晴れない朝を迎えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【2日目】
おはようございます
すっきりとは晴れない朝を迎えました
3
本日はヘリの荷揚げがあるということで、テントを先にたたんでガスガスの五竜岳山頂を目指します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日はヘリの荷揚げがあるということで、テントを先にたたんでガスガスの五竜岳山頂を目指します
5
結構な岩場を登って行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構な岩場を登って行きます
4
鹿島槍の双耳峰が見えてきました
ガスも切れてきて青空が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍の双耳峰が見えてきました
ガスも切れてきて青空が
21
山頂までもう少し
雲上の山頂もいいですよね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂までもう少し
雲上の山頂もいいですよね
5
五竜岳、到着!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜岳、到着!
19
立山や剱もばっちり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山や剱もばっちり
10
鹿島槍の奥には槍穂も見えています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍の奥には槍穂も見えています
7
晴れてるっていいなぁ
疲れも吹き飛びます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてるっていいなぁ
疲れも吹き飛びます
5
剱から立山、裏銀座方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱から立山、裏銀座方面
2
昨日登った唐松岳から先、白馬方面も見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日登った唐松岳から先、白馬方面も見えてきました
7
これぞ僥倖
朝のガスはどこへやら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これぞ僥倖
朝のガスはどこへやら
38
五竜の勇姿に別れを告げて下山です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜の勇姿に別れを告げて下山です
13
白岳から進むこと5分
登山道に雷鳥ファミリーが進行方向右側から飛んできました
ヒナも飛ぶんですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白岳から進むこと5分
登山道に雷鳥ファミリーが進行方向右側から飛んできました
ヒナも飛ぶんですね
9
ヒナは6羽
息をひそめ、登山道を横切っていくのをしばし待ちます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒナは6羽
息をひそめ、登山道を横切っていくのをしばし待ちます
2
しばらくは急な斜面を下っていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは急な斜面を下っていきます
1
鎖がしっかりとついているので安心です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖がしっかりとついているので安心です
1
しっかり整備された階段までくると、岩場は終了
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかり整備された階段までくると、岩場は終了
1
どんどん下って小遠見山
ここまでは多くのハイカーさんが登ってくるようで賑わっていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん下って小遠見山
ここまでは多くのハイカーさんが登ってくるようで賑わっていました
3
最後は遊歩道を下ってゴンドラ乗り場へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は遊歩道を下ってゴンドラ乗り場へ
1
アルプス平
ゴンドラ乗り場に到着です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アルプス平
ゴンドラ乗り場に到着です
4
乗り場で冷たいおしぼりをもらって、一気に下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗り場で冷たいおしぼりをもらって、一気に下ります
1
温泉のあとはこれ!
今日は新宿までバス、そのあとは電車で帰宅
もちろんこのTシャツで新宿駅を闊歩しましたよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉のあとはこれ!
今日は新宿までバス、そのあとは電車で帰宅
もちろんこのTシャツで新宿駅を闊歩しましたよ
20

感想/記録

初めて毎日アルペン号、バスを使ってのテン泊登山です。
今回の登山口と下山口はそう離れてはいないですが、やはり縦走だとバスや電車を使った方が楽なのかどうかと思い、試してみました。
冬のスキーツアーのバスと違って、皆さん登山者なのでバスの中は静かですごしやすかったです。
下山口からバスに乗れて、日帰り温泉もあれば文句なし、バスも楽チンで良いなと思いました。
何と言っても下山後にビールが飲めますしw

山行はというと、昨年12月末以来のテント泊で、荷物がずっしりと体にのしかかり、かなりバテバテ、下山後はひどい筋肉痛に襲われましたw
またしっかり日々、体を鍛えないと。
日帰り山行は楽なのですが、やっぱり山中で夜を明かすのは登山の醍醐味ですからね。

唐松岳は3度目ですが、実は夏は初めて。
雪のない景色とたくさんのお花を楽しみつつ、荷物の重さに喘ぎながら登るが、山頂はガスで眺望無し。
唐松から五竜山荘までの縦走路、特に牛首の通過は大きな荷物を恨みつつ通過。
1日目はガスに覆われていた五竜岳ですが、翌日、山頂を目指し始めるとガスが取れ、青空ものぞく素晴らしい眺望を堪能。

そして、今回最大のミッション、五竜山荘Tシャツを購入し、大満足の2日間となりました。
訪問者数:1270人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ