ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 925794 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

至仏山

日程 2016年07月25日(月) [日帰り]
メンバー forza
天候晴(山頂付近はずーっと曇)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鳩待峠駐車場2500円/日
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間38分
休憩
11分
合計
4時間49分
S鳩待峠04:5805:42山ノ鼻05:57尾瀬植物研究見本園08:08至仏山08:1808:41小至仏山08:4208:58オヤマ沢田代09:46鳩待峠09:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・山の鼻→至仏山ルート
このルートは登り専用。至仏山は蛇紋岩といわれる非常に滑りやすい岩礫帯となっており、この急峻なルートでの下りは確かに危険ですね。

・至仏山〜鳩待峠ルート
小至仏山手前から至仏山にかけては蛇紋岩の登り。上記ルートよりはなだらかですのでゆっくり登れば大丈夫。なだらかだからといって急ぐと足元掬われること間違いなし。
その他周辺情報下山後、白根温泉薬師の湯を利用させて頂きました。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
長袖シャツ 1
ソフトシェル 1
ズボン 1
靴下 1
グローブ 1
防寒着 1
雨具 1
日よけ帽子 1
1
ザック 1
昼ご飯 1
行動食 1
飲料 1
地図(地形図) 1
個人装備品
数量
備考
ヘッドランプ 1
GPS 1
ファーストエイドキット 1
常備薬 1
日焼け止め 1
保険証 1
携帯 1
時計 1
サングラス 1
タオル 1
ツェルト 1
カメラ 1
三脚 1
熊鈴 1
備考 熊注意
人がたくさん入る山なので朝一番とかでない限り問題ないとは思うのですが。
できれば熊鈴などはあった方がよいと思います。
ないなら大勢人が入っている時間帯で。

写真

鳩待峠駐車場から1分ほど進んだ鳩待峠休憩所からスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩待峠駐車場から1分ほど進んだ鳩待峠休憩所からスタート
ソバナ(蕎麦菜)?ミヤマシャジンとよく似ているが背丈が全然違う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ソバナ(蕎麦菜)?ミヤマシャジンとよく似ているが背丈が全然違う。
タケシマラン(竹縞蘭)きれ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タケシマラン(竹縞蘭)きれ
鳩待峠〜山の鼻はこんな木道が続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩待峠〜山の鼻はこんな木道が続きます
この子はモミジカラマツ?だと思って撮ったんだけど。葉っぱ映ってないからカラマツソウと見分けにくいな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この子はモミジカラマツ?だと思って撮ったんだけど。葉っぱ映ってないからカラマツソウと見分けにくいな。
このテの子の見分け苦手。ハナウドなのかシシウドなのかオオカサモチなのか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このテの子の見分け苦手。ハナウドなのかシシウドなのかオオカサモチなのか。
山の鼻(至仏山荘)へ到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の鼻(至仏山荘)へ到着
植物研究見本園へ入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植物研究見本園へ入ります
だれ?コバギボウシ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だれ?コバギボウシ?
トモエソウ(巴草)群生してます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トモエソウ(巴草)群生してます
クガイソウ(九蓋草)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クガイソウ(九蓋草)
尾瀬はコオニユリ(小鬼百合)がほとんどなんですね。葉っぱの輪生次第でクルマユリですが、どこでどういった理由でそのように進化の形を分けたのか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬はコオニユリ(小鬼百合)がほとんどなんですね。葉っぱの輪生次第でクルマユリですが、どこでどういった理由でそのように進化の形を分けたのか。
見ていて飽きない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見ていて飽きない
いろんなのが咲いていて気持ちがいいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いろんなのが咲いていて気持ちがいいです
シモツケソウの仲間のー...葉っぱ太いからオニシモツケで合ってます?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シモツケソウの仲間のー...葉っぱ太いからオニシモツケで合ってます?
1
シラネニンジンじゃないですよね?ドクゼリ?線香花火のよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネニンジンじゃないですよね?ドクゼリ?線香花火のよう。
熊さんに人が通ることを知らせる鐘
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊さんに人が通ることを知らせる鐘
ここでもたくさん咲いている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでもたくさん咲いている
キンコウカ(金光花)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キンコウカ(金光花)
1
奥に至仏山への登山口が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に至仏山への登山口が見えます
至仏山への登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山への登山口
至仏山へ入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山へ入ります
これが蛇紋岩!おわかりでしょうか!この違い!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが蛇紋岩!おわかりでしょうか!この違い!
踏み磨かれています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み磨かれています
1
振り返れば尾瀬ヶ原と雲に隠れる燧ケ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば尾瀬ヶ原と雲に隠れる燧ケ岳
急なところは鎖場になっています。ここもそのうちテカテカになるんじゃないだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急なところは鎖場になっています。ここもそのうちテカテカになるんじゃないだろうか。
1
ツリガネニンジン。こんなに背高かったっけ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツリガネニンジン。こんなに背高かったっけ?
イワオトギリ(岩弟切)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワオトギリ(岩弟切)
割と急峻な岩礫を登り詰めた途端、、、お花畑です!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
割と急峻な岩礫を登り詰めた途端、、、お花畑です!
すっげー!!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっげー!!!
いろんな奴がいるんですがわかりますかね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いろんな奴がいるんですがわかりますかね!
タカネナデシコ、ウスユキソウ、ミヤマウイキョウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネナデシコ、ウスユキソウ、ミヤマウイキョウ
2
山頂までずっと続くお花畑です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂までずっと続くお花畑です
イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)。そういえばジャコウソウというからには匂うのだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)。そういえばジャコウソウというからには匂うのだろうか。
ヨツバシオガマ、マルバシモツケ、ミヤマウイキョウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマ、マルバシモツケ、ミヤマウイキョウ
水滴の花をつけキラキラと光っています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水滴の花をつけキラキラと光っています
至仏山山頂。平日ということで先客はおひとりのみでした。写真を撮って頂きありがとうございました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山山頂。平日ということで先客はおひとりのみでした。写真を撮って頂きありがとうございました。
1
凶悪に磨かれています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凶悪に磨かれています
1
石の表面に蛇のような紋様が見られることから、蛇紋岩と命名されたそうです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石の表面に蛇のような紋様が見られることから、蛇紋岩と命名されたそうです
1
雨降ったりしたらやばいですよね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨降ったりしたらやばいですよね
小至仏山へ向かう道もお花畑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小至仏山へ向かう道もお花畑
もっとお花畑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もっとお花畑
大変なことですよこれは
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大変なことですよこれは
小至仏山より少し下ると霧も晴れて良い尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小至仏山より少し下ると霧も晴れて良い尾根
チングルマも群生
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマも群生
オオヤマ沢田代
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオヤマ沢田代
長い木道。すれ違いは登り優先。譲り合い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い木道。すれ違いは登り優先。譲り合い。
雨が降る前に戻って来れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が降る前に戻って来れました。
1

感想/記録
by forza

先日、燧ケ岳ピストンの続き。平日は鳩待峠までマイカーで入れるようで、前日(日曜)の19時くらいにはマイカー規制は解除されていましたので鳩待峠で車中泊。

至仏山は非常に滑りやすい蛇紋岩帯となっており、山の鼻〜至仏山ルートはさらに急登であるため登り専用となっているそう。これは体験せねばなるまい。また、せっかく尾瀬へ来たのですから尾瀬の湿原も楽しみたい。というわけで鳩待峠〜山の鼻〜植物研究見本園〜至仏山〜鳩待峠とルートをとることにしました。

植物研究見本園では期待していたよりも数多くの草花が見られ、これだけでも尾瀬に来たかいがあったと思うほどでした。燧ケ岳、至仏山は残念ながらガスっていましたが、それでも美しい湿原の風景が楽しめます。ここでのんびりコーヒーでも淹れれば贅沢な時間が過ごせるでしょう。至仏山へ入る多くの方がこの植物研究見本園をパスしていきますが非常に勿体ない。いや、前日もしくは早朝すでにご覧になったのでしょうか(笑)

そして山へ入りいざ蛇紋岩。こいつは、す、すごい。自然のままの見た目粗い蛇紋岩はおとなしいのですが、踏み磨かれたやつはなんとも凶悪。キャンプフォーがまるで子供の運動靴です。実験してみました。そっと足を乗せその上に乗る。まるで滑り台を逆走しているような感じ。こらえてもズルズルと徐々に滑っていく様子。もちろんクラックに足を突っ込めば問題ないのですが。次にソールを濡らして乗ってみる。一気にツルリ(笑)こ、これはいかん!そこらに見えているぬかるみで靴を濡らしてしまえば、この道は蛇の道に変わる。なるほどなるほど、この道は下りたくない。クライミングなんかとんでもねえなと思いながらちょっとテンションあがりました。岩質でこうも違うものか。いやー面白い面白い。もちろん危険な箇所には鎖が設置してありますので子供でも落ち着いて登れば大丈夫。

一通り遊んだ後、山頂直下200mほどは木道のお花畑に変わります。見事!
訪問者数:638人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ