ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 925842 全員に公開 ハイキング甲信越

しらびそ高原から御池山クレーター

日程 2016年07月25日(月) [日帰り]
メンバー luneaciel
天候曇り
アクセス
利用交通機関
バス
(ツアーバスによるフリーハイキング)
中央自動車道 飯田ICより車で約1時間半、三遠南信自動車道の矢筈トンネルを経て舗装された山道を進む。
車の擦れ違いが困難な場所もある。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間22分
休憩
30分
合計
3時間52分
Sハイランドしらびそ10:4811:20焼山11:2111:45御池山クレーター展望台11:5812:36御池山12:4313:29御池山クレーター展望台13:3413:52焼山13:5614:40ハイランドしらびそG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく整備された歩き易いイキングコースです。
車道のエコーライン、林道などが交差する場所もある。
アップダウンを繰り返し、復路の方が意外な急登と感じる。
当日は大きな虻が飛び回りわずらわしかった。

平日の芳しくないお天気だったせいか、ハイカーは私たちの団体以外は殆ど見かけませんでした。熊目撃情報もある山深い場所との認識は必要。
その他周辺情報ハイランドしらびそは宿泊、食事、売店と日帰り入浴できます。大人500円
隕石クレーターの解説コーナーもある
その他周辺の観光は、エコーライン沿いに日本のチロル?遠山郷下栗の里
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

写真はややボケてますが、ハイランドしらびそ
外壁など改修中?
2016年07月25日 10:48撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真はややボケてますが、ハイランドしらびそ
外壁など改修中?
御池山へは、高原を下って行く
2016年07月25日 10:50撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池山へは、高原を下って行く
1
この蔓植物の名は何でしょう?
2016年07月25日 10:52撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この蔓植物の名は何でしょう?
よく整備されたシラビソ林
2016年07月25日 11:05撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく整備されたシラビソ林
2
お天気良ければ、南アルプスの荒川岳から聖岳が間近に見えるそう(撮影は復路)
2016年07月25日 14:30撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お天気良ければ、南アルプスの荒川岳から聖岳が間近に見えるそう(撮影は復路)
今日の天気ではこの程度
雲の中です
2016年07月25日 11:10撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の天気ではこの程度
雲の中です
1
焼山到着、通過
(復路では息切れ)
2016年07月25日 11:18撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山到着、通過
(復路では息切れ)
雲が少し切れて、雄大な眺めが感じられる
2016年07月25日 11:19撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が少し切れて、雄大な眺めが感じられる
1
この向こう側の山塊が多分…
再び雲で覆われる
2016年07月25日 11:19撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この向こう側の山塊が多分…
再び雲で覆われる
2
心地よいハイキングコースですが、大きな虻が飛び交っていました
2016年07月25日 11:42撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心地よいハイキングコースですが、大きな虻が飛び交っていました
2
隕石クレーター展望台到着
2016年07月25日 11:44撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隕石クレーター展望台到着
向こうの尾根が、クレーター地形だそうです。
一旦下って尾根を歩きます。
2016年07月25日 11:45撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向こうの尾根が、クレーター地形だそうです。
一旦下って尾根を歩きます。
1
静かな散歩道から
2016年07月25日 12:10撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かな散歩道から
1
急に岩尾根になる
2016年07月25日 12:21撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急に岩尾根になる
この丸太橋が滑りやすい
2016年07月25日 12:24撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この丸太橋が滑りやすい
1
小さなサンゴのような鮮やかなオレンジ色のキノコの仲間
2016年07月25日 12:32撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さなサンゴのような鮮やかなオレンジ色のキノコの仲間
クレーター側の傾斜がいい感じです
2016年07月25日 12:34撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クレーター側の傾斜がいい感じです
2
御池山山頂到着
(前方の男性は疲れ切ったように岩に腰掛、暫く動かれませんでした)
2016年07月25日 12:37撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池山山頂到着
(前方の男性は疲れ切ったように岩に腰掛、暫く動かれませんでした)
その先に細い道が続いていて歩きたかったのですが、
一旦岩交じりの崖を下ってから行くようで、今回は断念。
このカーブが隕石クレーター跡だそうで、火山の噴火口のようです。
2016年07月25日 12:39撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先に細い道が続いていて歩きたかったのですが、
一旦岩交じりの崖を下ってから行くようで、今回は断念。
このカーブが隕石クレーター跡だそうで、火山の噴火口のようです。
3
しらびそ高原に折り返す。
黄色っぽいオレンジ色の茸の仲間
2016年07月25日 12:49撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しらびそ高原に折り返す。
黄色っぽいオレンジ色の茸の仲間
WEBで調べると
ニカワホウキタケ
2016年07月25日 12:50撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
WEBで調べると
ニカワホウキタケ
クレーターの尾根道
2016年07月25日 12:56撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クレーターの尾根道
扇子平と呼ばれるあたりにエコーライン駐車場があり、ここからもハイキングコースに合流できる
2016年07月25日 13:16撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇子平と呼ばれるあたりにエコーライン駐車場があり、ここからもハイキングコースに合流できる
しらびそ高原は気持ちのいい処でした
2016年07月25日 14:12撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しらびそ高原は気持ちのいい処でした
3
もふもふの苔
2016年07月25日 14:14撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もふもふの苔
下草刈り作業の方が残してくれた、ホタルブクロ
2016年07月25日 14:36撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下草刈り作業の方が残してくれた、ホタルブクロ
1
ヨツバヒヨドリ
2016年07月25日 14:38撮影 by KYV34, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨツバヒヨドリ

感想/記録

 終日曇りのお天気で南アルプスの展望は得られませんでしたが、山深い高原と隕石クレーター独特の地形、しらびそ林と笹の緑など、気持ちのいいハイキングコースでした。 
 トレーニングを兼ねて気楽に楽しむつもりが、意外な復路の急登に息切れ気味。
標高の高さもあったかも。
 今回悩まされたのは、大きな虻。
人の周りをブンブン飛び回ってわずらわしく、脚が少し痛いと思ったら、大きな虻がスポーツタイツの上に留まって脚を齧りかけていたようで、慌てて振り払う。
幸い実害はなかったが、びっくりした。

 コース途中はウグイスなどの小鳥の声が聞こえていましたが、小鳥も虻もいない場所では、静けさがあたりを支配するような山深さを感じました。
訪問者数:309人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ