ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 926129 全員に公開 ハイキングヨーロッパ

オーバーロートホルン(新雪で中止)

日程 2016年07月14日(木) [日帰り]
メンバー s_fukuchan, その他メンバー1人
天候曇り後晴れ間も
アクセス
利用交通機関
ケーブルカー等
ツェルマットから地下ケーブル→ゴンドラ→ロープウェイと乗り継いで
ウンターロートホルンまで一気に上る。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間42分
休憩
29分
合計
3時間11分
Sウンターロートホルン08:5109:07分岐09:1009:59エーデルワイスの丘10:2512:02スネガG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

新雪を被ったオーバーロートホルン(3415m)
2016年07月14日 08:54撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新雪を被ったオーバーロートホルン(3415m)
1
ウンターロートホルン付近の吹き溜まりで10cm程度か
2016年07月14日 09:05撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウンターロートホルン付近の吹き溜まりで10cm程度か
1
氷柱も
2016年07月14日 09:16撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷柱も
コケマンテマ(ナデシコ科)?
2016年07月14日 09:33撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケマンテマ(ナデシコ科)?
今年もエーデルワイスの丘には立派に咲いてました
2016年07月14日 09:58撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年もエーデルワイスの丘には立派に咲いてました
エーデルワイス
2016年07月14日 10:04撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エーデルワイス
エーデルワイスとアルピヌス・シオン(キク科)
2016年07月14日 10:08撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エーデルワイスとアルピヌス・シオン(キク科)
1
エーデルワイス
2016年07月14日 10:12撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エーデルワイス
ターシュアルプとスネガを結ぶ道は、3年前に私が歩いた以降に崩落があったようで閉鎖に
2016年07月14日 11:03撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ターシュアルプとスネガを結ぶ道は、3年前に私が歩いた以降に崩落があったようで閉鎖に
少し雲が抜けてきました
2016年07月14日 11:43撮影 by SLT-A57, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し雲が抜けてきました
1
今回泊まったホテルの浴室には天窓が、入浴中に頭上をパラグライダーを飛んでいるのが見えてました(向こうからは見えないでしょうけどね)
2016年07月14日 03:05撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回泊まったホテルの浴室には天窓が、入浴中に頭上をパラグライダーを飛んでいるのが見えてました(向こうからは見えないでしょうけどね)

感想/記録

シャモニに入ってから5日目の12日は曇り後雨となりグラン・モンテの
展望台に上ってなんとか見えたドリュ針峰を眺めただけで終わり、
6日目の13日はシャモニに別れを告げて電車にてツェルマットへ
移動し、この日も余り天気は良くないのでアルパイン・センターで
15日のブライトホルン登頂ツァーの手続きと翌日から使用する
ピークパス(3日間 148CHF)を購入しただけで終わりました。
そしてツェルマットでの活動開始日の14日ですが、朝起きて外を
眺めると余り天気は良くない上に2000m以上の山腹は薄らと雪化粧を
まとっていましたが、予定通りにオーバーロートホルンを目指して出発。
しかし、ウンターロートホルン付近で10cm程度の新雪が見られ、
オーバーロートホルンのルート上にも雪が見られ、アイゼンを持参
していなかった私たちは、翌日のブライトホルン登頂前のケガは
避けたいとの思いでオーバーロートホルンは中止し、エーデルワイスの
観賞に向かいました。
エーデルワイスの丘付近は積雪はなかったようで、3年前より少し
少なかったですが、エーデルワイスがちゃんと迎えてくれました。
この後、スネガまで歩いた後、ゴルナーグラートまで登山電車で上がり
ましたが、まだ雲が多く展望は得られませんでした。


訪問者数:92人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/5/19
投稿数: 6
2016/7/28 11:52
 (驚) ロートホルンで新雪
初めまして。フクチャン様
 私共は、7月6日にウンターロートホルンからオーバーロートホルンを目指したのですが途中敗退しました。所々残雪が在りやはりアイゼンを装備してなかった私共は途中で引き返しました。1週間も後に新雪とはビックリです。 
 フクチャン様のレコによると少なくとも3回以上のスイスである事が伺えます。うらやましい限りです。日本の山でも同じですが下山するとすぐまた行きたくなるものです。再びスイスに行く機会があれば必ずエーデルワイスの丘に行くつもりです。
 そうそう旧盆の時期、故郷岩手の和賀岳/焼石/栗駒を計画しています。
登録日: 2010/6/19
投稿数: 199
2016/7/28 16:28
 Re: (驚) ロートホルンで新雪
Shun330さん、コメントありがとうございます。
そうなんです。私はこの山に3回トライしていて、一回目は時期が少し早かったのか、最後のウンターロートホルンへ上るロープウェイが運行していなくて断念、二回目は登山口からの最初のトラバース地点に残雪がべったりとついていてトレースもなく危ないので断念、そして三回目が今回のトライでした。
なお、ブライトホルン登頂の翌日に四回目のトライで山頂に立つことが出来ました。
手軽な栗駒には良く上ってますが、焼石は二回、和賀岳にはまだ上ったことのないです。今年はブナの実が少なく熊の出没が多いようなので気をつけて下さい。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

アイゼン 崩落 マット ナデシコ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ