ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 926133 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

北ア縦走(北ノ俣・黒部五郎・鷲羽・水晶・三俣蓮華・双六・鏡平)

日程 2016年07月24日(日) 〜 2016年07月26日(火)
メンバー O-Maguro
天候☆7/24:晴れ後ガス
☆7/25:晴れ後ガス後雨
★7/26:雨
晴れは午前10時まで。展望はそれまでが勝負でした。あとはずっとガスの中。早い段階でアタックを掛けることに集中しました。
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
■登山口(折立)に、自家用車で前日入り
  通行可能時間6:00〜20:00
  ¥1900円
■下山口(新穂高)から、バスで富山駅迄
  ¥2060円 & タクシーで帰宅
■翌日
  富山駅前→折立行の季節バスで
  自家用車を回収
  ¥3500円


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間30分
休憩
1時間0分
合計
10時間30分
S折立04:3007:40太郎平小屋08:0009:40北ノ俣岳11:30中俣乗越12:30黒部五郎岳13:1015:00黒部五郎小舎15:00宿泊地
2日目
山行
8時間10分
休憩
50分
合計
9時間0分
宿泊地05:0006:10三俣蓮華岳巻道分岐07:10三俣山荘08:20鷲羽岳08:4009:20ワリモ北分岐10:00水晶小屋10:2010:50水晶岳11:0011:30水晶小屋12:20ワリモ北分岐13:10鷲羽岳14:00三俣山荘14:00宿泊地
3日目
山行
6時間40分
休憩
20分
合計
7時間0分
宿泊地05:3006:20双六岳中道分岐07:30双六岳巻道分岐07:50双六小屋08:50弓折乗越09:20鏡平山荘11:20わさび平小屋11:4012:20登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)12:30新穂高バスターミナル12:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険な箇所は少ないですが、常に慎重に。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

日の出。ガスが消え有峰湖が見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出。ガスが消え有峰湖が見えた。
1
この天気をずっと期待する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この天気をずっと期待する。
2
太郎平。奥黒部の価値ある景色が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎平。奥黒部の価値ある景色が見える。
1
向かう北ノ股、奥に黒部五郎。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かう北ノ股、奥に黒部五郎。
1
左に鷲羽水晶。明日あそこへ行くと思うと気分が高揚。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に鷲羽水晶。明日あそこへ行くと思うと気分が高揚。
1
東から湿った空気が流れ込み
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東から湿った空気が流れ込み
1
黒部五郎と薬師を包むでしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎と薬師を包むでしょう。
1
行く先は、雲の中でしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行く先は、雲の中でしょう。
1
年賀状に使おうかなぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
年賀状に使おうかなぁ。
3
ガスもまた山の景色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスもまた山の景色
黒部五郎岳!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳!
3
黒部五郎カール
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎カール
大きさが伝わり難いが、カールに鎮座する迫力の岩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きさが伝わり難いが、カールに鎮座する迫力の岩
3
本日の宿(五郎小舎)へ下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の宿(五郎小舎)へ下ります。
明けて2日目。五郎を後に三俣へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明けて2日目。五郎を後に三俣へ。
1
日ごろの行いか?、ガスが晴れてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日ごろの行いか?、ガスが晴れてきた。
1
三俣巻道から、祖父・水晶・ワリモ・鷲羽。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣巻道から、祖父・水晶・ワリモ・鷲羽。
3
鷲羽。塊感は薬師に似た雰囲気。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽。塊感は薬師に似た雰囲気。
4
息があがる鷲羽目前からの槍・双六方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
息があがる鷲羽目前からの槍・双六方向
鷲羽岳! (野口五郎が近い!)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳! (野口五郎が近い!)
3
お池も見れて感無量♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お池も見れて感無量♪
4
ピークから槍。この景色を自分の眼で見たかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークから槍。この景色を自分の眼で見たかった。
水晶に向かいますが、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶に向かいますが、
1
ターゲットがガスり始めました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ターゲットがガスり始めました。
1
私鉄沿線「改札口で〜君のこと〜♪いつも〜・・・」方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私鉄沿線「改札口で〜君のこと〜♪いつも〜・・・」方面
2
小屋を出て30分。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋を出て30分。
1
ミッションコンプリート!(何も見えないけど)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミッションコンプリート!(何も見えないけど)
1
そしていつの日か、この先へ・・・。今日は戻ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしていつの日か、この先へ・・・。今日は戻ります。
登山道とは言え、雷鳥様ご優先。人間は脇役。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道とは言え、雷鳥様ご優先。人間は脇役。
2
この時期にしてはヒナが小さめ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時期にしてはヒナが小さめ。
2
お母さん、晩婚かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お母さん、晩婚かな?
2
翌日は雨。三俣・双六は巻いて帰ります。晴れた日の過去ログを参照ください。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日は雨。三俣・双六は巻いて帰ります。晴れた日の過去ログを参照ください。
普段は目が行かないのですが。ガスで景色が無いので・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
普段は目が行かないのですが。ガスで景色が無いので・・。
1
鏡池もご覧の通り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡池もご覧の通り。
3

感想/記録

今回のミッションは水晶岳。折立から新穂高まで縦走です。
計画の段階で、雲ノ平ルートと迷った末に黒部五郎を経由する稜線ルートを選定しました。
折立には、有峰林道の利用時間制限の為、前日入り。

■1日目

朝4:30にSTARTし、ペース配分を考え黒部五郎小舎には15:00着でした。

一日で歩く距離としてはちょっと長く、中間にもう一つ山小屋があればと思いました。

暖冬の影響か、太郎平〜北の俣岳の景観的特長である池塘郡が減少してたのが残念です。

北ノ俣岳〜黒部五郎岳は、晴れてれば最高のロケーションを楽しめます。今回はガスの中でしたが、横に雲の平を見ながらの稜線漫歩は、ここならでは、だと思います。

 2年前の同ルート
 http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-477354.html

■2日目

天候が読めないので、目前の三俣蓮華は巻いて後回し。まずは鷲羽、そして水晶を優先します。

幸い、夜明けから間も無くしてガスが晴れてきて、ターゲットが姿を現します。

三俣山荘から1時間。念願の鷲羽のピークから見えるパノラマは、北アの最深部に来た実感が沸き上がります。2年越しの想い。

ただ、今日もガスの回りが早く、向かう水晶が一番最初にガスに覆われる気配。
まぁ自然を相手に足掻いてもしょうがない。この日も美味しい時間帯は7時~10時の3時間程度でした。

水晶ピークハント時は、展望なしでしたが、次に赤牛や野口五郎と併せて楽しむ目標設定が出来ました。

■3日目

三俣蓮華と双六を予定してましたが、雨で何も見えないので巻き道で双六小屋と鏡平を経由して新穂高に下山しました。

 2年前の晴れた双六岳
 http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-493726.html

-------
今回、2泊3日の小屋泊登山に、25Lのザックで行きました。
経験値と入念な計画、防寒対策やリスク対策を踏まえ、付加価値てきなものは一切持たずアイテムを選定しスリム化。
実際、特に不足は無かったです。個人的主観ですが、軽さが長丁場のメリットでもあります。
訪問者数:641人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ザック カール ガス 林道 巻き道 池塘
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ