ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 926235 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走朝日・出羽三山

大朝日〜以東岳縦走

日程 2016年07月24日(日) 〜 2016年07月26日(火)
メンバー pyorosuke, その他メンバー2人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
古寺鉱泉へは朝日町から。代行サービス利用のために朝日町役場でスペアキーを受け渡し。
代行サービスさんに泡滝ダムまで車を移送してもらう。25000円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間40分
休憩
1時間10分
合計
8時間50分
S古寺鉱泉06:5008:50一服清水09:0009:10ハナヌキ峰分岐09:30三沢清水10:00古寺山10:1010:50小朝日岳11:0012:00銀玉水12:1012:40大朝日岳山頂避難小屋(大朝日小屋)12:5013:00大朝日岳13:1013:20大朝日岳山頂避難小屋(大朝日小屋)13:3013:40金玉水14:00中岳15:00西朝日岳15:40竜門山15:40竜門山避難小屋
2日目
山行
7時間0分
休憩
1時間30分
合計
8時間30分
竜門山避難小屋06:0007:10南寒江山07:2007:30寒江山07:50北寒江山08:00三方境08:10狐穴小屋08:4009:20中先峰09:3011:20以東岳11:5012:40オツボ峰 (御坪峰)12:5014:30大鳥小屋
3日目
山行
2時間20分
休憩
0分
合計
2時間20分
宿泊地06:1006:40三角峰下水場07:00七ツ滝沢水場07:30七ツ滝沢橋08:00冷水沢橋08:30大鳥登山口08:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
以東小屋は解体中。使用不可。
水場情報
一服清水、三沢清水、銀玉水、金玉水、竜門小屋、狐穴小屋、三角峰鞍部、大鳥小屋、七曲周辺
すべての水場利用可、豊富、美味
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック ザックカバー 雨具 スパッツ 帽子 テムレス 軍手 着替え シュラフ(夏用) ストック 食器 シュラフカバー エアマット ヘッドランプ 予備電池 デジカメ 行動食 非常食
共同装備 ガスヘッド ガス缶 ツエルト 食料 コッヘル テルモス

写真

古寺鉱泉朝陽館。駐車場から3分ほど。
日曜の朝につき、この日は宿泊者多数。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古寺鉱泉朝陽館。駐車場から3分ほど。
日曜の朝につき、この日は宿泊者多数。
1
ハナヌキ峰へ登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハナヌキ峰へ登る。
1
古寺山付近。朝日連峰のパノラマが見渡せる場所だが、ここより上は雲の中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古寺山付近。朝日連峰のパノラマが見渡せる場所だが、ここより上は雲の中。
1
小朝日山頂。ここから熊越への下りは足場悪い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小朝日山頂。ここから熊越への下りは足場悪い。
1
黒倉沢源頭部に残る雪渓。朝日も雪少ない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒倉沢源頭部に残る雪渓。朝日も雪少ない。
2
銀玉水付近。眺望得られず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銀玉水付近。眺望得られず。
1
朝日の肩へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日の肩へ。
1
大朝日小屋へ。週末の昨晩は小屋は満室で外に二張り予備のテントが出たそうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大朝日小屋へ。週末の昨晩は小屋は満室で外に二張り予備のテントが出たそうだ。
2
大朝日山頂へ。眺望もないので先に進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大朝日山頂へ。眺望もないので先に進む。
2
大朝日から中岳へ。金玉水の雪渓を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大朝日から中岳へ。金玉水の雪渓を望む。
1
この日初めて眺望が効く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日初めて眺望が効く。
2
マツムシソウがいたるところで咲き乱れる。時期的に早い印象。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マツムシソウがいたるところで咲き乱れる。時期的に早い印象。
3
花畑の中をずっと歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花畑の中をずっと歩く。
1
西朝日から大朝日を振り返るも雲の中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西朝日から大朝日を振り返るも雲の中。
2
西朝日から竜門山方面。山形県側は視界が無く、新潟県側は雲の下。その境界をずっと歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西朝日から竜門山方面。山形県側は視界が無く、新潟県側は雲の下。その境界をずっと歩く。
1
竜門山手前。アップダウンは多いがきついのぼりは少なく快適。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜門山手前。アップダウンは多いがきついのぼりは少なく快適。
3
宿泊地の竜門小屋到着。二階建ての水洗トイレ付の超快適非難小屋でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿泊地の竜門小屋到着。二階建ての水洗トイレ付の超快適非難小屋でした。
7
小屋前では水が豊富に引かれ、ビールがバケツで踊る。。。
おいしく頂きましたw。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋前では水が豊富に引かれ、ビールがバケツで踊る。。。
おいしく頂きましたw。
6
翌日、小屋からのご来光。天気もよさそうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日、小屋からのご来光。天気もよさそうだ。
4
本日向かう寒江山、以東岳方面。以東はまだ雲の中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日向かう寒江山、以東岳方面。以東はまだ雲の中。
2
南寒江山へ向かう。天気も良好になってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南寒江山へ向かう。天気も良好になってきた。
2
寒江山から竜門山を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒江山から竜門山を振り返る。
2
ヒメリンドウも多数。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメリンドウも多数。
2
北寒江山から三方池方面の尾根がたおやかに延びる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北寒江山から三方池方面の尾根がたおやかに延びる。
2
北寒江から寒江を振り返る。左手、奥尾根上には小朝日が三角に見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北寒江から寒江を振り返る。左手、奥尾根上には小朝日が三角に見える。
1
三方境へ下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三方境へ下る。
2
狐穴小屋へ。このあたりから花崗岩質に変わる。植生や花々も変わってくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狐穴小屋へ。このあたりから花崗岩質に変わる。植生や花々も変わってくる。
1
中先峰から以東岳。初めて雲が取れた。ずっしりと大きい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中先峰から以東岳。初めて雲が取れた。ずっしりと大きい。
5
松虫岩へ登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松虫岩へ登る。
2
以東岳。大鳥池がようやく見下ろせた。まだまだ遠い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以東岳。大鳥池がようやく見下ろせた。まだまだ遠い。
4
以東岳を経て、オツボ峰へ。コースタイムでは30分となっていたが大幅に時間を要した。アップダウンが地味にきつい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以東岳を経て、オツボ峰へ。コースタイムでは30分となっていたが大幅に時間を要した。アップダウンが地味にきつい。
2
オツボ手前西俣沢源流の雪渓上部にヒメサユリの群落が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オツボ手前西俣沢源流の雪渓上部にヒメサユリの群落が。
4
朝日を代表する花に会え感激。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日を代表する花に会え感激。
5
オツボから三角峰へ下る。ハクサンイチゲ、ヒナウスユキソウ、マツムシソウ、ギボシなどの花畑がつぎつぎと現れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オツボから三角峰へ下る。ハクサンイチゲ、ヒナウスユキソウ、マツムシソウ、ギボシなどの花畑がつぎつぎと現れる。
1
三角峰鞍部からのくだり。石畳で快適。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角峰鞍部からのくだり。石畳で快適。
1
以東岳を振り返る。雨がきそうなので急ぐ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以東岳を振り返る。雨がきそうなので急ぐ。
1
ここからはブナの樹林帯を下る。やや急坂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからはブナの樹林帯を下る。やや急坂。
1
タキタロウの伝説が残る大鳥池へ到着。怪魚がいるのでは?と思わせる大きな池だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タキタロウの伝説が残る大鳥池へ到着。怪魚がいるのでは?と思わせる大きな池だ。
7
大鳥池湖畔に建つ大鳥小屋へ。この日のうちに下山も可能だったがせっかくなので泊まる。雨もギリギリ間に合いこの直後土砂降りとなった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大鳥池湖畔に建つ大鳥小屋へ。この日のうちに下山も可能だったがせっかくなので泊まる。雨もギリギリ間に合いこの直後土砂降りとなった。
3
翌日は雨の中下山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日は雨の中下山。
2
泡滝ダムまでは2時間半。地味に長かった。
代行してもらっていた車を無事回収し帰路へ。とりあえず庄内あさひIC近くの日帰り温泉「かたくり温泉ぼんぼ」へ。410円。露天は無いが、ナトリウム分の強いとろっとした良泉でした。相模原の痛ましい事件に驚愕する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泡滝ダムまでは2時間半。地味に長かった。
代行してもらっていた車を無事回収し帰路へ。とりあえず庄内あさひIC近くの日帰り温泉「かたくり温泉ぼんぼ」へ。410円。露天は無いが、ナトリウム分の強いとろっとした良泉でした。相模原の痛ましい事件に驚愕する。
2
ただ帰るのはもったいなかったので、坊平から蔵王山頂へ。山頂は霧の中も人は結構いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただ帰るのはもったいなかったので、坊平から蔵王山頂へ。山頂は霧の中も人は結構いました。
3
下山時、御釜も視認できました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時、御釜も視認できました。
5
訪問者数:647人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ