ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 926340 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走金剛山・岩湧山

金剛山 丸滝谷〜もみじ谷(イワタバコを探しに)

日程 2016年07月27日(水) [日帰り]
メンバー abek3
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水越トンネル大阪側の駐車場(8台ほど置けます)を使用。
平日でしたが、最後の1台になりました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間29分
休憩
35分
合計
5時間4分
Sスタート地点 さわんど10:1310:13石筆橋10:29丸滝谷入口10:54丸滝谷、中尾の背分岐12:00上の丸滝12:29丸滝谷終点12:41六道の辻12:51大日岳12:58山頂広場13:3313:38もみじ谷下山口13:55第6堰堤14:28もみじ谷入り口15:00水越峠15:17さわんど15:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・丸滝谷
登山靴で歩けます。沢の中を歩くため、滑りやすいので注意。途中にいくつか分岐があるので、間違えないように。最後に出て来る上の丸滝は、ロープに掴まって登る必要があります。握力に自信が無い場合は引き返して下さい。丸滝谷道は一般登山道ではありません。昭文社の登山地図には記載されていません。

・もみじ谷
もみじ谷は途中の分岐が多いので、初めての方はテープの多い「もみじ谷本流」を歩かれるのが無難です。
第5堰堤上部で谷が大きく二つに分かれます。左が昭文社の登山地図に登山道として記載されているルート。右のV字谷が「もみじ谷本流」ルート。その後、第6堰堤上部で再び分岐が来ますが、右が本流ルートです。
道は沢を何度か渡渉しますが、いずれも水量わずかで石伝いに渡れます。ただ、滑り易いので注意は必要です。崖状の細い道もあり通行時は注意して下さい。
その他周辺情報水越トンネル大阪側の登山口にトイレあり。
また、食堂「さわんど茶屋」があります。(月・木が休み)
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

さわんど茶屋の向いにある駐車場に停めました。
2016年07月27日 10:07撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さわんど茶屋の向いにある駐車場に停めました。
3
丸滝谷へは、この石筆橋から入ります。
2016年07月27日 10:13撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸滝谷へは、この石筆橋から入ります。
1
白い花。途中の林道に沢山咲いていました。
2016年07月27日 10:17撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い花。途中の林道に沢山咲いていました。
5
林道の舗装路が無くなると、沢に入ります。沢を渡って、山道でも行けます。今日も左へ沢をそのまま進む。
2016年07月27日 10:29撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の舗装路が無くなると、沢に入ります。沢を渡って、山道でも行けます。今日も左へ沢をそのまま進む。
小さな段差が続きます。
2016年07月27日 10:33撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな段差が続きます。
すぐにイワタバコの小群落が見つかる。
2016年07月27日 10:36撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐにイワタバコの小群落が見つかる。
2
咲いていました。花芽も、まだ一杯あります。
2016年07月27日 10:36撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
咲いていました。花芽も、まだ一杯あります。
8
この滝へ到着。これは通過できないので、右側に迂回する。
2016年07月27日 10:40撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝へ到着。これは通過できないので、右側に迂回する。
3
そして、再び沢へ戻る。
2016年07月27日 10:48撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、再び沢へ戻る。
1
三叉路。左の滝方向が石ブテ東谷、中央が中尾の背、右の沢が丸滝谷。 右へ進む。
2016年07月27日 10:54撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三叉路。左の滝方向が石ブテ東谷、中央が中尾の背、右の沢が丸滝谷。 右へ進む。
2
梯子の有る滝。右手の沢にイノシシが居ました。カメラを向ける前に、一声鳴いて逃げて行きました。
2016年07月27日 11:08撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子の有る滝。右手の沢にイノシシが居ました。カメラを向ける前に、一声鳴いて逃げて行きました。
2
この滝の横にもイワタバコ。
2016年07月27日 11:08撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝の横にもイワタバコ。
3
アップで。
2016年07月27日 11:13撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで。
8
梯子のある滝から少し先に群落あり。これから咲くようです。
2016年07月27日 11:19撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子のある滝から少し先に群落あり。これから咲くようです。
1
花がちらほら付いています。
2016年07月27日 11:20撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花がちらほら付いています。
1
最盛期はこれから。
2016年07月27日 11:21撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最盛期はこれから。
4
あとは滝が続きます。以降はイワタバコを見かけませんでした。
2016年07月27日 11:25撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは滝が続きます。以降はイワタバコを見かけませんでした。
下の丸滝。
2016年07月27日 11:52撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の丸滝。
上の丸滝。写真では大きさが判り難いですが、高さはかなりあります。
2016年07月27日 12:00撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の丸滝。写真では大きさが判り難いですが、高さはかなりあります。
4
右横のロープを使って登ります。
2016年07月27日 12:01撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右横のロープを使って登ります。
2
上の丸滝を登ると、水流はどんどん細くなり。
2016年07月27日 12:09撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の丸滝を登ると、水流はどんどん細くなり。
1
そして、アリ地獄のような登りが出て来ます。ロープにつかまって登ります。沢は涼しかったのに、ここで 汗びっしょり。
2016年07月27日 12:16撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、アリ地獄のような登りが出て来ます。ロープにつかまって登ります。沢は涼しかったのに、ここで 汗びっしょり。
1
下りのグル−プとすれ違い。石ブテ東谷を登って、丸滝谷を下るそうです。完全沢装備でした。
2016年07月27日 12:23撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りのグル−プとすれ違い。石ブテ東谷を登って、丸滝谷を下るそうです。完全沢装備でした。
そして、ここに出て来ます。中尾の背の道との合流点。
2016年07月27日 12:29撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、ここに出て来ます。中尾の背の道との合流点。
あとは、六道の辻を経由して山頂へ。
2016年07月27日 12:41撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは、六道の辻を経由して山頂へ。
大日岳のオニユリ。
2016年07月27日 12:51撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳のオニユリ。
山頂は20℃と快適。
2016年07月27日 12:59撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は20℃と快適。
7
13時のライブカメラ。右端でストック振っています。
2016年07月27日 13:00撮影 by ver.1DB101066.1, HRE Inc.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13時のライブカメラ。右端でストック振っています。
8
みるくちゃんのTV出演は8/7で決定。
2016年07月27日 13:30撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みるくちゃんのTV出演は8/7で決定。
4
転法輪寺。下りはもみじ谷へ。
2016年07月27日 13:33撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
転法輪寺。下りはもみじ谷へ。
1
ここから、下ります。
2016年07月27日 13:38撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから、下ります。
綺麗な形のキノコ。
2016年07月27日 13:46撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な形のキノコ。
4
こちらは白。
2016年07月27日 13:47撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは白。
2
ペアで。
2016年07月27日 13:47撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ペアで。
1
第6堰堤で涼みます。
2016年07月27日 13:55撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第6堰堤で涼みます。
1
V字谷は、上から見てもV字。
2016年07月27日 13:59撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
V字谷は、上から見てもV字。
2
もみじ谷入口まで戻って来ました。前回(7/23)まであちこちにあったテープ(赤、青、黄色)がだいぶ剝がされていました。まあ、スッキリしたとも言えますが。
2016年07月27日 14:28撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もみじ谷入口まで戻って来ました。前回(7/23)まであちこちにあったテープ(赤、青、黄色)がだいぶ剝がされていました。まあ、スッキリしたとも言えますが。
2
ダイトレ道のヤマユリは健在。
2016年07月27日 14:57撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレ道のヤマユリは健在。
1
水越峠まで来ました。青空が見えます。
2016年07月27日 14:59撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水越峠まで来ました。青空が見えます。
3
さわんどに向かって遊歩道を歩く。
2016年07月27日 15:07撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さわんどに向かって遊歩道を歩く。
1
無事帰着。
2016年07月27日 15:17撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事帰着。
5
撮影機材:

感想/記録
by abek3

 イワタバコ開花のレコが出て来たので、毎年行っている丸滝谷へ。イワタバコは咲初めで、花芽が一杯。ちらほら咲いているのを鑑賞できた。明るい紫色が何とも言えない可憐な花だ。

 梯子のある滝の傍で大きなイノシシに遭遇。お互い沢の音で気付くのが遅れたよう。20mほど離れていたので、急いでカメラを取り出した。しかし、イノシシは一声鳴いて直ぐに藪へ入っていったため、撮影できず。

 谷は涼しかったが、最後のアリ地獄で大汗をかいて六道の辻へ。その後、山頂までの尾根歩きの方は風が通って快適だった。

 山頂では久しぶりにO氏と遭遇。しばし歓談。下山はもみじ谷を選ぶ。セミの鳴き声が響き渡るが、登山者には会わずに沢を下った。

 目的のイワタバコに会え、沢の登り下りをたっぷり楽しめた一日だった。
訪問者数:238人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ