ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 926343 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

野口五郎岳→烏帽子岳→船窪岳 ブナ立尾根を登り、七倉尾根を下る

日程 2016年07月24日(日) 〜 2016年07月25日(月)
メンバー strand(CL)
天候24日 晴れのち曇り
25日 晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
七倉山荘の無料駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間10分
休憩
1時間10分
合計
8時間20分
S七倉山荘03:2003:30七倉登山口04:30高瀬ダム濁沢登山口04:4005:00ブナ立尾根取付06:40三角点07:40烏帽子小屋08:0009:10三ツ岳10:20野口五郎小屋10:3010:50野口五郎岳11:2011:40野口五郎小屋11:40宿泊地
2日目
山行
9時間20分
休憩
20分
合計
9時間40分
宿泊地05:4007:10烏帽子小屋07:2007:40烏帽子岳08:00烏帽子岳山頂分岐08:30南沢岳09:20不動岳10:50船窪第2ピーク11:30船窪岳11:40船窪乗越12:30船窪小屋12:4013:00天狗の庭15:10七倉登山口15:20七倉山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
七倉山荘から高瀬ダムまで6km。最初は1kmのトンネル。その後はトンネルとスノーシェッドが続く。高瀬ダムの背面道路がジグザク(5つくらいカーブ)になっていて、ショートカットしたい気持ちになるが禁止の看板が立っています。

ブナ立尾根は、登り時は上を見上げるように登っていくので首が痛くなります。

烏帽子岳〜七倉岳縦走路は、烏帽子岳は縦走路上にはないので、わざわざ登りに行かなければならない。頂上まで登ったら再度縦走路へ。
南沢岳から乗越の砂礫の崖地帯では踏み外さないよう注意。アップダウン激しい。
不動岳から七倉岳までもアップダウンが激しく、ご飯類などのエネルギー補給しながら登り下りした方がいいですね。バテてペースが落ちてしまいます。

七倉尾根も急登で、ハシゴが多数。木の根が足元に。
その他周辺情報野口五郎小屋は水のタンクが小さいので、洗面所の排水を便所に再利用する為に歯磨き粉を使った歯磨きが出来ません。和式トイレの扉に10φくらいの穴が2個開いています。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

深夜のトイレで登山客と出くわし、お互いビックリ 深夜3時30分頃に七倉山荘をスタート タクシーなんて使わない 男は徒歩
2016年07月24日 03:27撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深夜のトイレで登山客と出くわし、お互いビックリ 深夜3時30分頃に七倉山荘をスタート タクシーなんて使わない 男は徒歩
1時間で高瀬ダムに到着 意外と距離短いんだな、という感想だった
2016年07月24日 04:29撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間で高瀬ダムに到着 意外と距離短いんだな、という感想だった
1
高瀬ダム背面道路のジグザグ道をひたすら歩き、展望台から望む
2016年07月24日 04:41撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高瀬ダム背面道路のジグザグ道をひたすら歩き、展望台から望む
公衆電話が設置されているのかと思っていたが無かった 誰もいなかった トンネルをくぐっていく
2016年07月24日 04:42撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公衆電話が設置されているのかと思っていたが無かった 誰もいなかった トンネルをくぐっていく
ダムを拡張?しているのか、周辺は工事中だった 吊り橋を渡る
2016年07月24日 04:48撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダムを拡張?しているのか、周辺は工事中だった 吊り橋を渡る
3大急登のブナ立尾根を登る どれほど急なのか?
2016年07月24日 05:00撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3大急登のブナ立尾根を登る どれほど急なのか?
標高ごと?距離?カウントダウンの数字が良い目印になる 10?からスタートなのか?気がついたら10の表示がが足元にあった 1が烏帽子小屋なのだろうとひたすら登る
2016年07月24日 06:17撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高ごと?距離?カウントダウンの数字が良い目印になる 10?からスタートなのか?気がついたら10の表示がが足元にあった 1が烏帽子小屋なのだろうとひたすら登る
2
ここで4 最初の下山者とすれ違う キツい登りで体力削られる
2016年07月24日 06:39撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで4 最初の下山者とすれ違う キツい登りで体力削られる
烏帽子小屋周辺はお花畑だった 静かだった
2016年07月24日 07:35撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子小屋周辺はお花畑だった 静かだった
2
皆、野口五郎岳や烏帽子岳目指して歩いて行ってしまったのだろう
2016年07月24日 07:36撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆、野口五郎岳や烏帽子岳目指して歩いて行ってしまったのだろう
1
烏帽子岳バッジとCCレモンを購入 炭酸ジュース飲みたいって思いながら登っていた
2016年07月24日 07:37撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳バッジとCCレモンを購入 炭酸ジュース飲みたいって思いながら登っていた
1
赤牛岳?と薬師岳? CCレモンを飲み干し、野口五郎岳を目指す
2016年07月24日 07:49撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤牛岳?と薬師岳? CCレモンを飲み干し、野口五郎岳を目指す
5
始めはテント場とお花畑を横切って下っていく 
2016年07月24日 07:54撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始めはテント場とお花畑を横切って下っていく 
2
稜線に出て左側を見下ろすと、高瀬ダムが見えた 向こう側は七倉ダムか?
2016年07月24日 08:17撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出て左側を見下ろすと、高瀬ダムが見えた 向こう側は七倉ダムか?
1
裏銀座の大展望の稜線歩きを堪能する 
2016年07月24日 08:19撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏銀座の大展望の稜線歩きを堪能する 
3
三ツ岳の展望コース目指して登っていく 百高山の一つか?
2016年07月24日 08:19撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ岳の展望コース目指して登っていく 百高山の一つか?
1
遠くに登山者が歩いているのが分かる 下山者とはいずれすれ違うことになる
2016年07月24日 08:21撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに登山者が歩いているのが分かる 下山者とはいずれすれ違うことになる
斜面にはコマクサがちょくちょく咲いていた
2016年07月24日 08:22撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面にはコマクサがちょくちょく咲いていた
4
あの尖っている岩場が烏帽子岳か?烏帽子みたいだから烏帽子岳なのか、と理解した
2016年07月24日 08:28撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの尖っている岩場が烏帽子岳か?烏帽子みたいだから烏帽子岳なのか、と理解した
1
槍ヶ岳が見える この時は天気がよく遠くが望めた 1時間後は…
2016年07月24日 08:35撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳が見える この時は天気がよく遠くが望めた 1時間後は…
1
野口五郎小屋に宿泊した3人組 テント担いで重そう テント場の三俣山荘まで遠い
2016年07月24日 08:36撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎小屋に宿泊した3人組 テント担いで重そう テント場の三俣山荘まで遠い
1
後方に見えていたのが餓鬼岳だったのか?
2016年07月24日 08:37撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後方に見えていたのが餓鬼岳だったのか?
1
少し雪が残っているところが野口五郎岳頂上であることを後で知った
2016年07月24日 08:57撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し雪が残っているところが野口五郎岳頂上であることを後で知った
2
三ツ岳の展望場の岩場に人が集まっていた お花畑コースと展望コースとの分岐点 展望コースを選んだ
2016年07月24日 08:59撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ岳の展望場の岩場に人が集まっていた お花畑コースと展望コースとの分岐点 展望コースを選んだ
1
岩場から周辺を見渡す 雲がモクモク湧いてきて、視界不良になりそう
2016年07月24日 09:06撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場から周辺を見渡す 雲がモクモク湧いてきて、視界不良になりそう
1
日差しが強く暑くて、日焼け止めクリームを2,3度塗る
2016年07月24日 09:07撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日差しが強く暑くて、日焼け止めクリームを2,3度塗る
1
振り返り、烏帽子岳と南沢岳を望む 明日天気が良ければ縦走してみようと思う
2016年07月24日 09:07撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り、烏帽子岳と南沢岳を望む 明日天気が良ければ縦走してみようと思う
2
野口五郎小屋が全然見えてこないなぁと思いながら歩く 隠れて見えないのか、まだまだ全然遠いのか、この時は分かっていなかった
2016年07月24日 09:08撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎小屋が全然見えてこないなぁと思いながら歩く 隠れて見えないのか、まだまだ全然遠いのか、この時は分かっていなかった
3
烏帽子小屋方面に下っていく人たち 宿泊か?ブナ立尾根下山か?
2016年07月24日 09:10撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子小屋方面に下っていく人たち 宿泊か?ブナ立尾根下山か?
1
左側から雲が湧いてきて稜線を越えていきそう 野口五郎岳に到着するまで天気が持つかどうか
2016年07月24日 09:14撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側から雲が湧いてきて稜線を越えていきそう 野口五郎岳に到着するまで天気が持つかどうか
2
向こう側が赤牛岳、読売新道か、距離長いなぁという感想だった
2016年07月24日 09:33撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向こう側が赤牛岳、読売新道か、距離長いなぁという感想だった
1
やっと野口五郎小屋に着いた 
2016年07月24日 10:15撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと野口五郎小屋に着いた 
バッジとカップラーメンを購入 
2016年07月24日 10:26撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バッジとカップラーメンを購入 
カップラーメンの汁を飲み干し、野口五郎岳目指して登る
2016年07月24日 10:35撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カップラーメンの汁を飲み干し、野口五郎岳目指して登る
1
あの木標か?誰もいない気配 やっぱり辺りは白く視界不良に
2016年07月24日 10:45撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの木標か?誰もいない気配 やっぱり辺りは白く視界不良に
1
水晶岳と鷲羽岳だと思う 水晶小屋と三俣山荘が見えない 
2016年07月24日 10:47撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳と鷲羽岳だと思う 水晶小屋と三俣山荘が見えない 
1
百高山何座目か数えていなかった
2016年07月24日 10:47撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百高山何座目か数えていなかった
1
立山?薬師岳?どっちが見えているのか分からなかった
2016年07月24日 10:48撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山?薬師岳?どっちが見えているのか分からなかった
向こうの真砂岳も百高山なのだろうか?
2016年07月24日 10:51撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向こうの真砂岳も百高山なのだろうか?
宿泊一番乗りで隅に 天井が低い
2016年07月24日 11:36撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿泊一番乗りで隅に 天井が低い
仮眠した後、外に出てみた 五郎は見える
2016年07月24日 15:11撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仮眠した後、外に出てみた 五郎は見える
夕食後、五郎へ登る ご飯大盛り4杯食べ、軽く体を動かす
2016年07月24日 18:14撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食後、五郎へ登る ご飯大盛り4杯食べ、軽く体を動かす
歯磨きする際、歯磨き粉が使えないのがつらい 
2016年07月24日 18:19撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歯磨きする際、歯磨き粉が使えないのがつらい 
宿泊者は誰も五郎へ登らない 部屋に入ったらほとんど就寝中だった
2016年07月24日 18:27撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿泊者は誰も五郎へ登らない 部屋に入ったらほとんど就寝中だった
2
周りが起きだして、ざわついていた 目覚めたら外がオレンジに 
2016年07月25日 04:51撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周りが起きだして、ざわついていた 目覚めたら外がオレンジに 
1
朝焼け 朝焼けは悪天の兆しらしい 事実、午後から大雨だった
2016年07月25日 04:56撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼け 朝焼けは悪天の兆しらしい 事実、午後から大雨だった
4
朝食が5時からなので、ダッシュで登って写真撮る
2016年07月25日 04:56撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝食が5時からなので、ダッシュで登って写真撮る
2
朝から雨が降っていると予想したが晴れて良かった
2016年07月25日 04:57撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝から雨が降っていると予想したが晴れて良かった
5
もうすぐ5時なのでダッシュで小屋まで下る
2016年07月25日 04:57撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ5時なのでダッシュで小屋まで下る
1
朝食後、準備終え出発 七倉尾根を目指す
2016年07月25日 05:39撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝食後、準備終え出発 七倉尾根を目指す
朝食をたくさん食べたので、エネルギーがどこまで持つか縦走していく
2016年07月25日 05:42撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝食をたくさん食べたので、エネルギーがどこまで持つか縦走していく
昨日、三ツ岳の展望コース歩いたので今日はお花畑コースを歩こうと決めた
2016年07月25日 05:42撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日、三ツ岳の展望コース歩いたので今日はお花畑コースを歩こうと決めた
餓鬼岳と燕岳が見えているのか?
2016年07月25日 05:42撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
餓鬼岳と燕岳が見えているのか?
朝食食べないで出発していった人が数人いた 
2016年07月25日 06:02撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝食食べないで出発していった人が数人いた 
お花畑コースを歩く 
2016年07月25日 06:14撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑コースを歩く 
1
水晶小屋まで行くようなスピードで歩いて行った
2016年07月25日 06:17撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶小屋まで行くようなスピードで歩いて行った
1
遠くに頭だけ見えているのは針ノ木岳だろうか?手前は烏帽子岳だと分かった
2016年07月25日 06:28撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに頭だけ見えているのは針ノ木岳だろうか?手前は烏帽子岳だと分かった
1
七倉尾根まで遠いなぁ 16時か17時までには七倉山荘に到着したい
2016年07月25日 06:31撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七倉尾根まで遠いなぁ 16時か17時までには七倉山荘に到着したい
1
昨日歩いた道を順調に戻っていく 
2016年07月25日 06:32撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日歩いた道を順調に戻っていく 
結局、向こうに見えるのが立山なのか、薬師岳なのか分からなかった
2016年07月25日 06:32撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局、向こうに見えるのが立山なのか、薬師岳なのか分からなかった
烏帽子岳や南沢岳がはっきり見えてきた
2016年07月25日 06:42撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳や南沢岳がはっきり見えてきた
もうすぐ烏帽子小屋 
2016年07月25日 06:50撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ烏帽子小屋 
烏帽子小屋宿泊者の団体さんとすれ違う 
2016年07月25日 06:51撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子小屋宿泊者の団体さんとすれ違う 
スポーツドリンク500円購入したかったが、1万円札と100円玉2、3枚しか無かったので止めておいた 500円の買い物に1万円札出すのは失礼かなぁと思って、休憩せず通過
2016年07月25日 07:06撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スポーツドリンク500円購入したかったが、1万円札と100円玉2、3枚しか無かったので止めておいた 500円の買い物に1万円札出すのは失礼かなぁと思って、休憩せず通過
1
あれがニセ烏帽子?だろうか?
2016年07月25日 07:13撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれがニセ烏帽子?だろうか?
鳳凰山のオベリスクを思い出した
2016年07月25日 07:21撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰山のオベリスクを思い出した
4
鎖場を登って烏帽子岳頂上へ また登山道へ戻らなければならない
2016年07月25日 07:41撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場を登って烏帽子岳頂上へ また登山道へ戻らなければならない
1
三ツ岳を眺める 次は南沢岳を目指し下る
2016年07月25日 07:42撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ岳を眺める 次は南沢岳を目指し下る
2
12時くらいに船窪小屋に到着したい、と歩いていく
2016年07月25日 07:54撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時くらいに船窪小屋に到着したい、と歩いていく
後ろ振り返っても誰もついてきていない すれ違いも無い
2016年07月25日 08:13撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろ振り返っても誰もついてきていない すれ違いも無い
3
人が来る気配が全く無いので、もしかして七倉尾根通行止め?と、ふと思った
2016年07月25日 08:26撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人が来る気配が全く無いので、もしかして七倉尾根通行止め?と、ふと思った
1
このピークが南沢岳?前も後ろもここより高いところがないのでたぶんそうだと思う
2016年07月25日 08:30撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このピークが南沢岳?前も後ろもここより高いところがないのでたぶんそうだと思う
1
まだまだ体力はある 次は不動岳目指して砂礫の崖地帯を下っていく
2016年07月25日 08:30撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ体力はある 次は不動岳目指して砂礫の崖地帯を下っていく
針ノ木岳と蓮華岳か?確信はないが方角的にそうだろう、と思った
2016年07月25日 08:31撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木岳と蓮華岳か?確信はないが方角的にそうだろう、と思った
1
アップダウン激しいなぁ、右側の崖怖いなぁって感じだった
2016年07月25日 08:34撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウン激しいなぁ、右側の崖怖いなぁって感じだった
2
崖の少し左側が登山道になっている 
2016年07月25日 08:34撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崖の少し左側が登山道になっている 
大きな糞がところどこにあった カモシカか熊か まさか登山者が野グソか?人間の大便のようにも見えたし・・ 写真は撮らなかった
2016年07月25日 09:19撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな糞がところどこにあった カモシカか熊か まさか登山者が野グソか?人間の大便のようにも見えたし・・ 写真は撮らなかった
不動岳に到着 地図上のコースタイムより少し速いだけ このペースでいいのか?
2016年07月25日 09:23撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動岳に到着 地図上のコースタイムより少し速いだけ このペースでいいのか?
1
ようやくすれ違い一人目が 
2016年07月25日 09:26撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくすれ違い一人目が 
お花畑をひたすら下る
2016年07月25日 09:57撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑をひたすら下る
1
この先の登り返しで体力が尽き始めてきた このルート、アップダウン激しい
2016年07月25日 09:58撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先の登り返しで体力が尽き始めてきた このルート、アップダウン激しい
1
船窪岳?ここを下ると船窪乗越?小屋まであと少しだ かなりバテてきた
2016年07月25日 10:48撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船窪岳?ここを下ると船窪乗越?小屋まであと少しだ かなりバテてきた
ハシゴや急斜面をひたすら登る 下山して帰宅したいのに、なぜひたすら登らなければならないんだ、って精神的にキツくなってきた
2016年07月25日 11:27撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴや急斜面をひたすら登る 下山して帰宅したいのに、なぜひたすら登らなければならないんだ、って精神的にキツくなってきた
当初は七倉尾根まで緩やかな下りが続いていくと思っていた 
2016年07月25日 11:29撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当初は七倉尾根まで緩やかな下りが続いていくと思っていた 
この斜面横断が少し怖かった 補助ロープが設置されていた
2016年07月25日 11:30撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この斜面横断が少し怖かった 補助ロープが設置されていた
3
さっきの黄色い木標が船窪岳だと思っていたので、これ見た時はちょっとショック 歩く距離が延びたような感覚 
2016年07月25日 11:33撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきの黄色い木標が船窪岳だと思っていたので、これ見た時はちょっとショック 歩く距離が延びたような感覚 
乗越まで下る またここから登り返し たぶん最後の登りだと思って進む
2016年07月25日 11:42撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗越まで下る またここから登り返し たぶん最後の登りだと思って進む
船窪小屋でお茶を頂いた バッジと1Lの水を購入 12時までには到着出来なかった
2016年07月25日 12:33撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船窪小屋でお茶を頂いた バッジと1Lの水を購入 12時までには到着出来なかった
1
針ノ木小屋から縦走してきた人と会話した 
2016年07月25日 12:46撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木小屋から縦走してきた人と会話した 
1
まさかこの後、大雨降ってくるとは思いも寄らずのんびり下っていた
2016年07月25日 13:08撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさかこの後、大雨降ってくるとは思いも寄らずのんびり下っていた
樹林帯を下山中に大雨 カッパ着るのが面倒だったのでザックカバーのみで雨を凌ぐ 16時までには七倉山荘に到着出来た
2016年07月25日 14:56撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を下山中に大雨 カッパ着るのが面倒だったのでザックカバーのみで雨を凌ぐ 16時までには七倉山荘に到着出来た
撮影機材:

感想/記録
by strand

2日目は船窪岳付近からバテて、ペースダウン。こんなに何度もアップダウンがあるとは思っていなかった。
七倉山荘では炭酸ジュースを2本買い、飲みながら帰宅。登山の帰りはいつも運転できないくらいの眠気があってサービスエリアで休憩していたが、今回は一切休憩することなく運転できました。
訪問者数:476人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ