ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 926389 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

8月の雲ノ平〜薬師岳・水晶岳・鷲羽岳・黒部五郎岳を周回〜

日程 2016年08月04日(木) 〜 2016年08月07日(日)
メンバー soranoiro
天候AM:快晴
PM:曇りまたは小雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
◆往路:‥豕〜有峰口(毎日アルペン号)…キャンセル空きを発見して予約、⇒峰口〜折立(富山地鉄バス2450円)…毎日アルペン号とれたので予約電話したら最後の1席
◆復路:\淮〜富山駅(富山地鉄バス3500円)…12:00と14:00の2本、予約なくても大丈夫そう、2本とも余裕たっぷり、富山駅〜東京(北陸新幹線)…ルート変更で、電波の届く山頂で予約変更、これも最後の一席。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間35分
休憩
20分
合計
5時間55分
S折立07:5510:40五光岩ベンチ11:30太郎平小屋11:5012:10薬師峠13:50薬師岳山荘
2日目
山行
7時間25分
休憩
1時間5分
合計
8時間30分
薬師岳山荘03:5004:35薬師岳05:0005:40薬師岳山荘05:5007:30太郎平小屋07:4010:00薬師沢小屋10:2012:20雲ノ平山荘
3日目
山行
8時間55分
休憩
1時間20分
合計
10時間15分
雲ノ平山荘03:5505:00祖父岳05:2006:00岩苔乗越07:00水晶小屋07:1007:50水晶岳08:1008:10水晶小屋09:40ワリモ岳10:30鷲羽岳11:30三俣山荘12:0014:10黒部五郎小舎
4日目
山行
8時間30分
休憩
40分
合計
9時間10分
黒部五郎小舎03:4005:40黒部五郎岳06:0008:00赤木岳08:40北ノ俣岳08:5010:20太郎平小屋10:3012:50折立G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆折立〜太郎平:始めは針葉樹林帯で気持ち良いが、やがて岩がゴロゴロした登山道が続き、コースタイムよりも疲れる。
◆全般に:木道も柱も朽ちて破損箇所多いが危険というほどでもない。程よく野性的で北アルプスのメイン登山道とはイメージが異なる。
◆水晶岳:山頂付近の岩場はスリリング、石を落としそうながれ場もあり、なめていたなぁと反省。
◆急登:薬師沢から雲ノ平への急登は太郎平から見た通り、きびしい。黒部五郎小舎への下りもきびしく、もう一度登りたくないので、ルート変更の最終判断はこの下りの時に決定。
その他周辺情報◆薬師岳山荘:受付のお兄さんが名前で呼んでくれる営業努力はすばらしい。新しくてきれい。水は天水のみなので、太郎平か薬師峠で水を補充しておくのが良い。8/4(木)は布団2枚に3人。
◆雲ノ平山荘:要予約だが、さすがに人気のロケーション、8/5(金)は布団1枚に2人。NHKのロケが入って盛り上がっていた。
◆黒部五郎小舎:冷えたリンゴやトマトもあり、おいしかった。350円は良心的。食事もそばや自家製豆腐などおいしいらしい(自炊だったので未確認)
◆泊ってみたいと思った小屋:/緇従屋(ロケーションと若いメンバー)、¬師沢小屋:(ロケーションと空いているかもという期待)
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具 ツェルト コンロ

写真

折立へのバスを降りると、そこが登山ロ。
2016年08月04日 07:40撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折立へのバスを降りると、そこが登山ロ。
針葉樹林歩きが気持ち良い。
2016年08月04日 08:46撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針葉樹林歩きが気持ち良い。
1
やがて岩がめだちはじめる。
2016年08月04日 09:24撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて岩がめだちはじめる。
1
樹林を抜けると、アルプスらしい広々とした風景。ゴロゴロした石の登山道は歩きにくい。
2016年08月04日 10:08撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林を抜けると、アルプスらしい広々とした風景。ゴロゴロした石の登山道は歩きにくい。
1
太郎平小屋、ここで泊まる人も多いが、薬師岳小屋までもうひとふんばり。水の補給も。
2016年08月04日 11:36撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎平小屋、ここで泊まる人も多いが、薬師岳小屋までもうひとふんばり。水の補給も。
1
テント場過ぎると、岩の急登。
2016年08月04日 12:28撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場過ぎると、岩の急登。
最後の急登越えて、薬師岳小屋到着。
2016年08月04日 15:30撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の急登越えて、薬師岳小屋到着。
3日後にたどり着くはずの黒部五郎岳!
2016年08月04日 16:42撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日後にたどり着くはずの黒部五郎岳!
1
薬師岳東南綾、
2016年08月04日 16:42撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳東南綾、
太郎平の手前からガスっていたが、夕方には晴れてきた。
2016年08月04日 16:49撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎平の手前からガスっていたが、夕方には晴れてきた。
薬師岳東南綾。
2016年08月04日 16:53撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳東南綾。
2
奥に見えるのが薬師岳山頂。
2016年08月04日 17:28撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に見えるのが薬師岳山頂。
花、花、花。
2016年08月04日 17:30撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花、花、花。
1
小屋出発、小屋、テント泊の多くの人が山頂での御来光めざしている。
2016年08月05日 03:49撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋出発、小屋、テント泊の多くの人が山頂での御来光めざしている。
薬師岳山頂。
2016年08月05日 04:43撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳山頂。
1
険しいカール。
2016年08月05日 04:46撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
険しいカール。
1
雲上の日の出。
2016年08月05日 04:56撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲上の日の出。
1
剣岳!?
2016年08月05日 05:20撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣岳!?
1
たなびく雲。
2016年08月05日 05:56撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たなびく雲。
今回は至るところに綿毛姿になったチングルマの絨毯。。
2016年08月05日 05:59撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は至るところに綿毛姿になったチングルマの絨毯。。
2
雲に浮かぶ黒部五郎岳
2016年08月05日 06:21撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲に浮かぶ黒部五郎岳
1
太郎平あたり。
2016年08月05日 07:04撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎平あたり。
太郎平小屋でてすぐに、薬師沢と黒部五郎岳方面の分岐。左にすすみ、明後日右から帰ってくる。
2016年08月05日 07:40撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎平小屋でてすぐに、薬師沢と黒部五郎岳方面の分岐。左にすすみ、明後日右から帰ってくる。
1
太郎平から薬師沢に下る。
2016年08月05日 07:50撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎平から薬師沢に下る。
どんどん下る。
2016年08月05日 07:51撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん下る。
やがて深い森へ。
2016年08月05日 08:15撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて深い森へ。
2
沢に下ると、トリカブトの群生。
2016年08月05日 08:23撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に下ると、トリカブトの群生。
2
不思議な静かな空間。
2016年08月05日 09:50撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不思議な静かな空間。
1
薬師沢。
2016年08月05日 10:06撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師沢。
1
薬師沢小屋。いいところだなあ。
2016年08月05日 10:10撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師沢小屋。いいところだなあ。
2
でも雲ノ平へ。いつか高天原の温泉にも行く!
2016年08月05日 10:24撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも雲ノ平へ。いつか高天原の温泉にも行く!
1
雲ノ平への急登はつらい。
2016年08月05日 10:40撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲ノ平への急登はつらい。
1
雲ノ平山荘。
2016年08月05日 15:46撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲ノ平山荘。
スイス庭園。
2016年08月05日 18:10撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スイス庭園。
3
雲ノ平の日没。
2016年08月05日 18:46撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲ノ平の日没。
3
定員の200%。
2016年08月05日 19:32撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定員の200%。
3
山の向こうに稲光。周囲に人工の光がなく、星空が美しい。こんな天の川を見たのは何時以来??
2016年08月05日 20:52撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の向こうに稲光。周囲に人工の光がなく、星空が美しい。こんな天の川を見たのは何時以来??
3
祖父岳の山頂で御来光。
2016年08月06日 05:02撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖父岳の山頂で御来光。
1
朝の光に光る。
2016年08月06日 05:41撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の光に光る。
岩苔乗越、ここからも高天原に行けるんだなぁ。
2016年08月06日 06:00撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩苔乗越、ここからも高天原に行けるんだなぁ。
1
水晶小屋。このロケーションもいいなぁ。
2016年08月06日 07:05撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶小屋。このロケーションもいいなぁ。
1
花畑が美しい。
2016年08月06日 07:12撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花畑が美しい。
水晶岳山頂への岩場は思っていた以上にスリリング。
2016年08月06日 07:27撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳山頂への岩場は思っていた以上にスリリング。
1
山頂から薬師岳〜黒部湖方面。
2016年08月06日 08:00撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から薬師岳〜黒部湖方面。
これから向かう黒部五郎岳方面。
2016年08月06日 08:02撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう黒部五郎岳方面。
やっと撮らせてくれた。
2016年08月06日 08:56撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと撮らせてくれた。
2
開放感ある尾根道、でも、暑い!
2016年08月06日 09:01撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開放感ある尾根道、でも、暑い!
1
美しい山々。
2016年08月06日 09:45撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい山々。
1
ワレモ岳山頂にも登る。
2016年08月06日 09:47撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワレモ岳山頂にも登る。
やっと姿を現した鷲羽岳。
2016年08月06日 09:52撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと姿を現した鷲羽岳。
2
今回の最高地点。
2016年08月06日 10:25撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の最高地点。
2
三俣、黒部五郎岳、手前の沢は黒部川源流。
2016年08月06日 10:28撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣、黒部五郎岳、手前の沢は黒部川源流。
槍ヶ岳と
2016年08月06日 10:37撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳と
1
鷲羽岳を振り返る。
2016年08月06日 11:23撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳を振り返る。
1
やっと三俣山荘。
2016年08月06日 11:26撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと三俣山荘。
1
遅咲き。
2016年08月06日 12:27撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遅咲き。
雪渓。
2016年08月06日 12:43撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓。
三俣はまいて行きます。
2016年08月06日 12:57撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣はまいて行きます。
静かなカールの道。
2016年08月06日 13:31撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かなカールの道。
やっと黒部五郎小舎。ここへの下りがつらかった。
2016年08月06日 14:22撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと黒部五郎小舎。ここへの下りがつらかった。
1
思わず青森リンゴ350円也をかじる。
2016年08月06日 16:04撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思わず青森リンゴ350円也をかじる。
布団1枚に1人がうれしい!
2016年08月06日 18:08撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
布団1枚に1人がうれしい!
朝日の黒部五郎岳。
2016年08月07日 05:15撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日の黒部五郎岳。
1
朝日のカール。
2016年08月07日 05:21撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日のカール。
山頂からこれから歩く尾根道を望む。
2016年08月07日 05:46撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からこれから歩く尾根道を望む。
めざす太郎平小屋がずっと見えるだけに遠い・・・
2016年08月07日 06:32撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
めざす太郎平小屋がずっと見えるだけに遠い・・・
1
黒部五郎岳の裾野の向こうに笠ヶ岳、乗鞍岳、御嶽山の裾野が並ぶ。
2016年08月07日 07:40撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳の裾野の向こうに笠ヶ岳、乗鞍岳、御嶽山の裾野が並ぶ。
赤木岳
2016年08月07日 07:57撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤木岳
北ノ俣岳山頂から、薬師岳の望む。
2016年08月07日 08:52撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北ノ俣岳山頂から、薬師岳の望む。
たおやかな尾根の花畑。
2016年08月07日 09:06撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たおやかな尾根の花畑。
2
こんなコントラスト。
2016年08月07日 09:08撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなコントラスト。
1
最後はやはり薬師岳。
2016年08月07日 09:23撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後はやはり薬師岳。
太郎平小屋はガス。
2016年08月07日 10:01撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎平小屋はガス。
1
折立も遠いが、木が慰めてくれる。
2016年08月07日 12:17撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折立も遠いが、木が慰めてくれる。
1
撮影機材:

感想/記録

◆薬師岳のこと
昨年の夏、剣岳から立山に歩いてから、それまでの喧騒とは打って変わって、ほとんど人に会わない東ーノ越から黒部湖に下山した。その時、大きな荷物を背負った2人の女性に出会う。どこへ行くのか尋ねると、テント泊で薬師岳へとのこと。地図で確認すると下山中に気になっていた竜王岳を経て薬師岳に至るロングコースがあることを知る。薬師岳を調べていると秘境の雲上と楽園、雲ノ平も近くらしい。立山からのロングコースよりも雲ノ平の魅力がまさり、雲ノ平を中心とした薬師岳などの山々を巡ることにした。

◆山々のこと
 雲ノ平はたどり着くのに2泊、出るのにもう1泊が必要で、その4日間に登れる山として、本命の薬師岳の他、百名山の水晶岳、鷲羽岳、黒部五郎岳の4山を巡るコースをつくった。しかも温泉も考慮して新穂高温泉に下山するプラン。
 いきなりプランが壊れ始めたのは、初日の太郎平から見た黒部五郎岳に続く北ノ俣岳のたおやかな尾根の美しさだ。薬師岳から戻った太郎平で雲ノ平方面か、北ノ俣岳方面か迷ったが予約してある雲ノ平山荘へ。水晶岳、鷲羽岳を超えて、黒部五郎小舎を下る苦しい坂道で、登り返しが必要な温泉はあっさりあきらめ、あの北ノ俣岳を縦走して折立へ帰ることにした。
 なぜ北ノ俣岳に惹かれるのか思いあたる伏がある。生まれ育った家からは、ゆったりとなだらからながら存在感のあるどっしりとした山が目の前に在った。その郷愁故に、鋭角的な鷲羽岳よりも、美しいカールを持つ黒部五郎岳よりも、北ノ俣岳に惹かれるのかも知れない。

◆登りたい山
 やはり立山から竜王岳を経て薬師岳に至るコースは残された。雲ノ平から見た野口五郎岳も美しい。赤木岳辺りから見た、笠ケ
岳、乗鞍岳、御嶽山の3つのすそ野も美しい。今回は欲張ったコースにしたが、いずれにせよ、この山域には幾度かやってくることになりそうだ。
訪問者数:379人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ