ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 926463 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大雪山

花の大雪山塊周回 旭岳〜トムラウシ〜天人峡へ 滝雲・白虹素晴らしい 3泊4日道央遠征

日程 2016年07月22日(金) 〜 2016年07月24日(日)
メンバー YAMA555(CL), その他メンバー2人
天候4日間とも晴れ
※標高の高い山(旭岳やトムラウシ、十勝岳)は10時過ぎると雲が集まってきて展望きかなくなるケースあり、早めの行動が必須です。
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク、 ケーブルカー等
旭岳〜トムラウシは2泊3日。予備日として1日取り予定通り下山できれば日帰り十勝岳という計画です。今回は天気も良く予定通り。

22日(金)
地元草加5:00ーリムジンバス→6:00羽田第2空港6:45ー飛行機(AirDO)→8:30旭川空港→ワールドネットレンタカー9:00−レンタカー→9:50旭岳無料駐車場9:57−徒歩→10:00旭岳ロープウェイ山麓駅10:15−ロープウェイ→10:25姿見駅

旭川空港よりワールドネットレンタカーで車借り受け
早割で3泊4日Sクラス(ノート)がなんと1万円の格安でした(北海道の夏は高いので破格です)。3人で乗るには十分の大きさ。
https://worldnet-rentacar.co.jp/asahikawa-airport/

旭岳ロープウェイ手前に無料駐車場があり満車でしたが、運よく駐車できました。
停められない場合は、有料駐車場1日500円があります。
山麓駅では土産・軽食あります。旭岳のバッチもあり。
姿見駅でも土産・軽食あります。ビール、バッチは姿見駅で購入。
http://wakasaresort.com/asahidakeropeway/

24日(日)
天人峡登山口13:25ータクシー→14:00旭岳無料駐車場ーレンタカー→14:25天人峡温泉天人閣15:30−レンタカー→美瑛観光(北西の丘展望公園・だいまるにて早い夕食・買い物)18:00−レンタカー→18:25白金青い池→18:50国設白金野営場

下山後は東交ハイヤーさんに電話連絡して天人峡温泉の登山口駐車場まで来てもらいます。電話後25分で来てくれました。天人峡温泉はドコモ電波通じます。
そして旭岳ロープウェイまで送迎してもらいました。約30分、5,160円の支払い。
http://tokohire.web.fc2.com/

25日(月)十勝岳登山→富良野観光→帰路に着く
最終日の十勝岳は↓
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-927189.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間40分
休憩
23分
合計
6時間3分
S姿見駅10:4211:09旭岳石室11:1012:40金庫岩12:51大雪山13:0313:28裏旭キャンプ指定地14:08間宮岳分岐14:12荒井岳14:1314:42松田岳14:54北海岳15:0216:13白雲分岐16:1416:45白雲岳避難小屋
2日目
山行
9時間46分
休憩
30分
合計
10時間16分
白雲岳避難小屋04:2205:22高根ヶ原分岐06:58忠別沼07:52忠別岳07:5308:37忠別岳避難小屋分岐08:3809:21五色岳09:3510:48ヒサゴ沼分岐11:10ヒサゴのコル11:1812:08天沼12:0912:16日本庭園12:1713:01ロックガーデン13:53北沼13:5714:38南沼キャンプ指定地
3日目
山行
8時間27分
休憩
46分
合計
9時間13分
南沼キャンプ指定地04:1204:42トムラウシ山04:4805:25北沼05:3806:09ロックガーデン06:45日本庭園06:4706:52天沼06:5507:25ヒサゴのコル08:00ヒサゴ沼分岐08:14化雲岳08:3411:38第一公園12:57滝見台12:5913:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートはEtrex20のGPSデータです。電池は下山までもちました。
おおむねコースタイム通り。
コース状況/
危険箇所等
●参考資料
山と高原地図「大雪山」
ヤマレコの皆さまの記録

北海道の水場はキタキツネのエキノコックス注意の為、煮沸及び濾過が必要です。
冷たい水を飲みたかったので今回は濾過機を用意しました。
参考:スーパーデリオス
500mlペット一杯にするのに2分位かかったでしょうか。
水を押し出すような容器じゃないと時間が掛かりそうです。今回はプラティパスに濾過機ヘッドを接続して上から巻きながら濾過しました。

●姿見駅〜旭岳
姿見ノ池からは噴煙がよく見えます。
旭岳へは砂礫地のひたすら直登します。この時期でも風があると結構寒さを感じました。山頂からは360度の大展望。雪渓はありません。

●旭岳〜北海岳〜白雲避難小屋
旭岳からの下りで広い設計がありました。幕営地はまだほぼ雪渓に覆われています。
鞍部はお花畑でした。その後緩やかなアップダウンが続きます。北海岳までの稜線歩きは素晴らしい景色です。北海岳より先には固有種のキバナシオガマ、エゾオヤマノエンドウなどが咲いていました。

◎白雲避難小屋
避難小屋使用料1,000円、幕営協力金300円。トイレ2カ所。
雪渓の水場あり(柄杓があるため入れやすかったです)。
小屋2階は40番位まで振ってありましたが利用者20人と空いていました。
2階がいっぱいになると1階に入ります。外にベンチが2か所あり。

●白雲避難小屋〜忠別岳〜五色岳〜化雲岳
なだらかな地形です。滝雲の通り道でガスが通り易そうな地形です。そのため高山植物の宝庫で特にコマクサの群生は素晴らしい。
忠別沼付近の御花畑が満開でした。
忠別岳への登りからはあまり花がなくなります。
五色岳から先はハイマツ帯で景色はあまりよくありません。

●化雲岳〜トムラウシ〜南沼
化雲岳の直下はチングルマをはじめとするお花畑でした。木道が整備されていて歩きやすいです。
化雲岳から一気に下り登りかえすと日本庭園です。最初は木道が整備されていますが、その後は岩稜帯で岩の上を渡りながら進むようなルート。迷いやすいので目印を見落とさないように注意。特にトムラウシ方面からくると目印がわかりづらいので。蓼科頂上みたいな岩稜帯をイメージすると良いでしょう。
ナキウサギ生息地を越えてロックガーデン岩稜帯の急坂を登ります。ここもルートが不明瞭なので要注意。
急坂が終わるとなだらかな登山道を経て北沼分岐にでます。
トムラウシへの直登ルートはやはり岩稜帯で不明瞭なので目印を注意深く追ってください。迂回ルートは若干雪渓を渡る個所ありますが、問題ないかと思います。
南沼側からトムラウシへの登りは岩稜帯です。しっかりした足場なのでゆっくり歩けば心配なし。山頂はそれほど広くありませんでした。360度の大展望です。雌阿寒・阿寒が見えたような。

◎南沼キャンプ場
もう少し平らな場所をイメージしていましたが、なだらかな斜面でした。岩と花に囲まれて素晴らしいテント場です。トイレブース1ヶ所。携帯トイレを使えるようになっています。ガイドツアーの人は50m位登って行ったところの岩の割れ目をお手洗いとしていたようです(2人1組で行って見張りしていたカンジ)。
雪渓が豊富で冷たい水が流れていました。もちろん煮沸及び濾過器通します。

●化雲岳〜小化雲岳〜第二公園〜第一公園〜天人峡
小化雲岳(ポンカウン)まではなだらかな稜線歩きができました。トムラウシから十勝への稜線を見ながら、花も多く素晴らしいルートです。
小化雲岳から第2公園への下り。前半は旭岳を見ながらのチングルマのお花畑を通ります。眼下に第2公園が見えてくるあたりからの下りが足元も見えないくらいの笹漕ぎになり大変でした。
本来第2公園あたりはドロドロの登山道のようですが、今回は多少水があるものの足が潜るほどじゃなくてよかったです。雨が降った後は大変だと聞きました。
第一公園は湿原帯で木道が整備されています。今がちょうどワタスゲ、キスゲが満開でとても良い湿原でした。
それ以降は樹林帯のなだらかな下り。いやになるほど長いです。滝見台からは地図だと急坂となっていますが、実際は九十九折れでなだらかな斜面を折り返して下っていきます。

注意:天人峡にはバスが通っていません。アクセスのとこに書きましたがタクシーになります。
その他周辺情報●温泉
天人峡登山口から橋を渡ってすぐにある歴史ある「天人閣」にて汗を流しました。1000円也。
側面が天然の岩になっていて、浴槽は2か所(39℃と42℃)。飲める温泉でした。
露天風呂も広いんですが、アブがいて長居できませんでした。

●観光
予定通り下山できたので十勝岳の白金国設野営場に行く前に美瑛に足を運びました。
美瑛の道の駅→スーパー→北西の丘展望台→だいまる→コンビニと寄りました。
美瑛駅近くの道の駅でもらったカレーうどんのパンフに書いてあった「だいまる」のご当地グルメ、美瑛豚かつカレーうどん美味しかったです。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

地元草加から始発のリムジンバスに乗り込みます。
羽田までバスは楽チンですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地元草加から始発のリムジンバスに乗り込みます。
羽田までバスは楽チンですね。
1
予定通り羽田に到着。でも手荷物預かりが自動になっていて若干手間取る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定通り羽田に到着。でも手荷物預かりが自動になっていて若干手間取る。
ぎりぎり5分前に機内に入れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぎりぎり5分前に機内に入れました。
旭川へ。雲が覆っていましたが山が雲海から出ている。
これは天気大丈夫でしょ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭川へ。雲が覆っていましたが山が雲海から出ている。
これは天気大丈夫でしょ。
1
旭川空港到着。正面右側の受付でガスを3個購入。
その奥のレンタカー受付へ行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭川空港到着。正面右側の受付でガスを3個購入。
その奥のレンタカー受付へ行きます。
車で数分のレンタカー屋さんまで送迎。
受付もスムーズで予定より早く出発できました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車で数分のレンタカー屋さんまで送迎。
受付もスムーズで予定より早く出発できました。
レンタカーで進む。旭岳と天人峡の分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レンタカーで進む。旭岳と天人峡の分岐。
旭岳の無料駐車場の前に到着。
そらは雲に覆われていますが、飛行機で見た通りきっと山頂は晴れているさ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳の無料駐車場の前に到着。
そらは雲に覆われていますが、飛行機で見た通りきっと山頂は晴れているさ。
10時過ぎていると駐車場も満車。運よく停められました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時過ぎていると駐車場も満車。運よく停められました。
山麓駅1Fは土産物と軽食コーナー。旭岳のバッチ売ってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山麓駅1Fは土産物と軽食コーナー。旭岳のバッチ売ってました。
軽食コーナーでいも揚げを購入して腹ごなし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽食コーナーでいも揚げを購入して腹ごなし。
ガスの中ロープウェイに乗り込み姿見駅に着くと青空が広がっていました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中ロープウェイに乗り込み姿見駅に着くと青空が広がっていました!
1
姿見駅では降りてきた人たちに説明していた。自分たちはスルー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姿見駅では降りてきた人たちに説明していた。自分たちはスルー。
姿見駅でも軽食販売あり。十勝名物の小豆で作ったおはぎを購入。さらに山バッチも購入しました。
そして、旭岳地ビールも1人1本購入。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姿見駅でも軽食販売あり。十勝名物の小豆で作ったおはぎを購入。さらに山バッチも購入しました。
そして、旭岳地ビールも1人1本購入。
姿見駅を出ると再びガスになってました・・・。
10:40スタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姿見駅を出ると再びガスになってました・・・。
10:40スタート。
上部は思いガスがのっかってますが、決して悪い天気ではなさそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部は思いガスがのっかってますが、決して悪い天気ではなさそう。
青空になるときれいな青。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空になるときれいな青。
2
急に開けて噴煙が見えました。すごい迫力。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急に開けて噴煙が見えました。すごい迫力。
1
旭岳登ると途中ガスが切れたり結構目まぐるしく変わります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳登ると途中ガスが切れたり結構目まぐるしく変わります。
七合目に到着。結構風が強くて寒さで手が冷たい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目に到着。結構風が強くて寒さで手が冷たい。
8合目到着。ガスはいよいよ深くなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8合目到着。ガスはいよいよ深くなる。
1
とりあえず重い荷物も頑張って登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず重い荷物も頑張って登ります。
9合目を過ぎたあたりで視界が開けてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9合目を過ぎたあたりで視界が開けてきました。
1
旭岳山頂到着〜。うーん素晴らしい景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳山頂到着〜。うーん素晴らしい景色。
4
12:50山頂、まずまず予定通り。
ザックを置いてしばし旭岳山頂にひたります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:50山頂、まずまず予定通り。
ザックを置いてしばし旭岳山頂にひたります。
5
続いて旭岳からの下り。野営場はまだ大半が雪に覆われています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて旭岳からの下り。野営場はまだ大半が雪に覆われています。
気持ち良い雪渓歩き。アイゼンは使わずに降りれるレベル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ち良い雪渓歩き。アイゼンは使わずに降りれるレベル。
2
振り返って仲間が降りてくるところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って仲間が降りてくるところ。
2
野営場ちかくはキバナしゃくなげがたくさん咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野営場ちかくはキバナしゃくなげがたくさん咲いていました。
2
さらにチングルマとツガザクラのコラボ。正面は間宮岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらにチングルマとツガザクラのコラボ。正面は間宮岳。
2
分岐地点に到着。北海岳を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐地点に到着。北海岳を目指します。
北海岳への稜線歩きがまた素晴らしい景色です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北海岳への稜線歩きがまた素晴らしい景色です。
4
北海岳に到着。時間的には至って順調。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北海岳に到着。時間的には至って順調。
2
北海岳からの景色。雪があると本当にきれいな景色です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北海岳からの景色。雪があると本当にきれいな景色です。
4
北海岳付近には固有種のキバナシオガマが咲いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北海岳付近には固有種のキバナシオガマが咲いています。
2
オヤマノエンドウでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマノエンドウでしょうか。
白雲岳が見えてきました。岩の山ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白雲岳が見えてきました。岩の山ですね。
ツガザクラも赤が濃いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツガザクラも赤が濃いです。
1
エゾコザクラもきれい♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾコザクラもきれい♪
4
雪渓を渡って白雲岳のふもとに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓を渡って白雲岳のふもとに。
3
この辺でまたガスっぽくなってきた。
本当に目まぐるしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺でまたガスっぽくなってきた。
本当に目まぐるしい。
あたりはガスに包まれました。ルート注意。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あたりはガスに包まれました。ルート注意。
1
しばらく下るとようやく白雲岳避難小屋が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく下るとようやく白雲岳避難小屋が見えてきました。
水場。コンコンと流れています。
ただしエキノコックス注意のため煮沸か濾過必須。仲間はキツネ見かけたそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場。コンコンと流れています。
ただしエキノコックス注意のため煮沸か濾過必須。仲間はキツネ見かけたそうです。
避難小屋到着しました。今回は空いていたので翌日のことも考え小屋泊にしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋到着しました。今回は空いていたので翌日のことも考え小屋泊にしました。
小屋の隣にあるお手洗い。紙は持ち帰りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の隣にあるお手洗い。紙は持ち帰りです。
ひと段落したら姿見駅で購入した地ビールで乾杯。
食事は生米でご飯を炊いて、フリーズドライの親子丼。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひと段落したら姿見駅で購入した地ビールで乾杯。
食事は生米でご飯を炊いて、フリーズドライの親子丼。
1日目の晩御飯は親子丼と中華スープ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1日目の晩御飯は親子丼と中華スープ。
1
テント場を見下ろします。結構広いスペースでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場を見下ろします。結構広いスペースでした。
1
2日目、22キロの長歩きの始まり。
天気は良好。目指すトムラウシがくっきりみえました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目、22キロの長歩きの始まり。
天気は良好。目指すトムラウシがくっきりみえました。
1
これは珍しい雲が斜面を下っていくレアな現象「滝雲」
かなり幸先の良いスタートですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは珍しい雲が斜面を下っていくレアな現象「滝雲」
かなり幸先の良いスタートですね。
7
2日目もお花畑が多数。しかも主役は場所によって入れ替わります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目もお花畑が多数。しかも主役は場所によって入れ替わります。
シナノキンバイの群落地。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シナノキンバイの群落地。
1
名前わからんですが、ウスユキソウに似た花に、黄色い花。赤い花と咲き乱れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前わからんですが、ウスユキソウに似た花に、黄色い花。赤い花と咲き乱れる。
滝雲地帯に近づいてきました。うーん近くでみると迫力。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝雲地帯に近づいてきました。うーん近くでみると迫力。
2
滝雲地帯に突入。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝雲地帯に突入。
4
すると今度はまたまたレアな「白虹」!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すると今度はまたまたレアな「白虹」!
8
白虹を見上げて、きれいしか言葉が出てきません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白虹を見上げて、きれいしか言葉が出てきません。
8
白虹に向かって歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白虹に向かって歩きます。
7
高根ヶ原、滝雲の中、分岐へ到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高根ヶ原、滝雲の中、分岐へ到着。
チングルマは咲き終わっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマは咲き終わっていました。
滝雲地帯もそろそろ終わり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝雲地帯もそろそろ終わり。
コマクサの大群生。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサの大群生。
3
滝雲地帯を過ぎて振り返ると旭岳がきれいに見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝雲地帯を過ぎて振り返ると旭岳がきれいに見えました。
3
エゾコザクラの大群生。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾコザクラの大群生。
1
忠別岳が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忠別岳が見えてきました。
忠別沼のほとりはお花畑。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忠別沼のほとりはお花畑。
忠別沼のほとりはお花畑。
これはすごい群生地帯です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忠別沼のほとりはお花畑。
これはすごい群生地帯です。
2
青空で湖面も美しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空で湖面も美しい。
9
しばし湖で景色を堪能。忠別岳へ登り始めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばし湖で景色を堪能。忠別岳へ登り始めます。
3
忠別岳へ到着。すごい断崖絶壁でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忠別岳へ到着。すごい断崖絶壁でした。
1
忠別岳。残念ながらトムラウシは雲の中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忠別岳。残念ながらトムラウシは雲の中。
3
忠別岳からいったん下って左の尾根の五色岳に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忠別岳からいったん下って左の尾根の五色岳に向かいます。
1
鞍部には避難小屋への分岐あり。上から見えましたが結構離れている印象を受けました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部には避難小屋への分岐あり。上から見えましたが結構離れている印象を受けました。
五色岳に到着。ガスはさらに範囲を拡大しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色岳に到着。ガスはさらに範囲を拡大しています。
五色岳から化雲岳へはハイマツが多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色岳から化雲岳へはハイマツが多い。
化雲岳への分岐到着。
明日山頂を踏むので今日はトラバースします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
化雲岳への分岐到着。
明日山頂を踏むので今日はトラバースします。
化雲岳直下もすごいお花畑。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
化雲岳直下もすごいお花畑。
花が凄すぎて白い絨毯のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花が凄すぎて白い絨毯のようです。
2
雲に巻かれたトムラウシとお花畑。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲に巻かれたトムラウシとお花畑。
1
化雲岳からいったん下って登り返し。少し木道歩きが始まる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
化雲岳からいったん下って登り返し。少し木道歩きが始まる。
木道が終わると今度は岩稜帯歩き。岩を飛び飛び進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道が終わると今度は岩稜帯歩き。岩を飛び飛び進みます。
一応マークはあるのですが、ガスると非常に見落としやすい。この辺は道迷い注意ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応マークはあるのですが、ガスると非常に見落としやすい。この辺は道迷い注意ですね。
ロックガーデンの急坂を一気に登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロックガーデンの急坂を一気に登ります。
北沼に到着。
展望がないのでトムラウシは登らず迂回路を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沼に到着。
展望がないのでトムラウシは登らず迂回路を進む。
2
南沼のテン場が見えてきました。イヤー長かった。
それにしても花が凄いな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沼のテン場が見えてきました。イヤー長かった。
それにしても花が凄いな。
テント幕営完了。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント幕営完了。
2
奥にトイレボックスがあります。携帯トイレをセットして使う場所ね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥にトイレボックスがあります。携帯トイレをセットして使う場所ね。
1
雪渓から流れる水は煮沸及び濾過が必要。
濾過して冷たい水で焼酎をいただきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓から流れる水は煮沸及び濾過が必要。
濾過して冷たい水で焼酎をいただきました。
2日目の夕食は炊いた米とフリーズドライのカレー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目の夕食は炊いた米とフリーズドライのカレー。
2
早朝4時。テン場の景色。
雲海に浮かぶ山稜がきれい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝4時。テン場の景色。
雲海に浮かぶ山稜がきれい。
2
明日登る十勝山稜が見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日登る十勝山稜が見えています。
1
トムラウシは岩の山。でもそれほど浮石がないので急ですが登りやすかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トムラウシは岩の山。でもそれほど浮石がないので急ですが登りやすかったです。
トムラウシ山頂に到着。展望最高。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トムラウシ山頂に到着。展望最高。
3
旭岳の山稜。あーあそこをずーと歩いたんだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳の山稜。あーあそこをずーと歩いたんだ。
2
そう感慨にひたるYAMA。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そう感慨にひたるYAMA。
3
トムラウシから北沼分岐への下山。
ここも岩稜帯で結構見分けがつきにくい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トムラウシから北沼分岐への下山。
ここも岩稜帯で結構見分けがつきにくい。
北沼とトムラウシ最高に美しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沼とトムラウシ最高に美しいです。
3
景色がある登山はなんと心がうきうきするか。
正面は旭岳からの稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色がある登山はなんと心がうきうきするか。
正面は旭岳からの稜線。
2
岩稜帯を越えて緊張感も少し緩くなり天沼で休憩。
ここもきれいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩稜帯を越えて緊張感も少し緩くなり天沼で休憩。
ここもきれいですね。
1
ヒサゴ沼が見えてきました。
テント場まで結構遠いよね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒサゴ沼が見えてきました。
テント場まで結構遠いよね。
3
化雲岳直下のヒサゴ沼分岐まで到着。
ようやく行程の半分といったところか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
化雲岳直下のヒサゴ沼分岐まで到着。
ようやく行程の半分といったところか。
昨日は見れなかったトムラウシとチングルマお花畑。
まさに花の絨毯、人生で一番見事な花の景色です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日は見れなかったトムラウシとチングルマお花畑。
まさに花の絨毯、人生で一番見事な花の景色です。
3
化雲岳山頂へ到着。
大きな岩が遠くからでもよくわかります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
化雲岳山頂へ到着。
大きな岩が遠くからでもよくわかります。
化雲岳360度の大展望。
ここでお会いした人が大雪のへそと言ってましたが、まさにぐるっと大雪山塊を見渡せる。トムラウシをバックに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
化雲岳360度の大展望。
ここでお会いした人が大雪のへそと言ってましたが、まさにぐるっと大雪山塊を見渡せる。トムラウシをバックに。
4
大雪と化雲から小化雲までの稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪と化雲から小化雲までの稜線。
2
小化雲に向かう稜線もお花畑です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小化雲に向かう稜線もお花畑です。
小化雲を越えてもなだらかな下りが続く。
本当に雄大ですね〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小化雲を越えてもなだらかな下りが続く。
本当に雄大ですね〜。
小化雲からの下りの池塘。少し旭岳付近に雲が出てきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小化雲からの下りの池塘。少し旭岳付近に雲が出てきました。
4
お花畑と旭岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑と旭岳。
5
第2公園付近はドロドロ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第2公園付近はドロドロ。
1
第1公園。木道が施設されています。
ワタスゲとキスゲがたくさん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第1公園。木道が施設されています。
ワタスゲとキスゲがたくさん。
2
滝見台から立派な滝が見えます。
ここまで来ると下り45分位。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝見台から立派な滝が見えます。
ここまで来ると下り45分位。
14:25
天人峡の登山口のつきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:25
天人峡の登山口のつきました。
登山口に無料駐車場あります。
ここでタクシーを待つ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に無料駐車場あります。
ここでタクシーを待つ。
駐車場から橋を渡ってすぐが天人峡温泉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から橋を渡ってすぐが天人峡温泉。
勢いよく川流れています。釣り人いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勢いよく川流れています。釣り人いました。
天人峡温泉の天人閣にて汗を流しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天人峡温泉の天人閣にて汗を流しました。
美瑛での観光で北西の丘展望台へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美瑛での観光で北西の丘展望台へ。
1
美瑛の展望台から大雪を見ます。やっぱり雲がかかっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美瑛の展望台から大雪を見ます。やっぱり雲がかかっている。
展望台、ラベンダーも咲いてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台、ラベンダーも咲いてます。
美瑛のカレーうどん。だいまるにて頂きます。
駐車場あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美瑛のカレーうどん。だいまるにて頂きます。
駐車場あり。
美瑛トンカツカレーうどんと牛乳いただきました!
下山しての肉は旨い!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美瑛トンカツカレーうどんと牛乳いただきました!
下山しての肉は旨い!
白金野営場に行く前に通り道にあった青の池。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白金野営場に行く前に通り道にあった青の池。
3
青がきれいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青がきれいです。
2
白金の野営場に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白金の野営場に到着。
1
静かでなかなか良いところでした。一人400円ですよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かでなかなか良いところでした。一人400円ですよ。
2
美瑛で買い物したお酒を頂きます。
まずは札幌限定のビール。そして富良野ワイン赤白。
白美味しかったですよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美瑛で買い物したお酒を頂きます。
まずは札幌限定のビール。そして富良野ワイン赤白。
白美味しかったですよ。
4

感想/記録

北海道百名山遠征を昨年からスタートしたわけですが、昨年は道東3座を無事に終え、今回は第2回「道央」をターゲットに大雪(旭岳・トムラウシ・十勝岳)の3座をまとめて登る計画を立てました。
飛行機を使う計画は屋久島、道東に続き3回目でようやく慣れてきた感じで、今年も3月から計画を立て、初め4月には飛行機の手配を開始しています。毎回天気だけは本当に心配がつきません。幸いなことに終日好天続きで非常に満足度の高い山行になりました。

●1日目 姿見駅〜旭岳〜白雲避難小屋
飛行機到着後、直接登山開始したため、少し遅めの出発でした。途中であった地元の人と話をした時に聞いた話では大雪山塊は午後、ガスにまかれることが多いとのこと。
初日はご多分に漏れず姿見駅に着いた時には一瞬晴れたが登り中はガスにまかれる。それが頂上に到着したら北から東方面は展望がどーんと広がっていた。旭岳からは雪渓を気持ちよく下り北海岳の稜線歩きの景色は素晴らしく、この山特有の固有種キバナシオガマやエゾオヤマノエンドウについて行きかった人に教えてもらえ花を愛でながら歩く。ほぼ予定時刻に白雲岳避難小屋に到着した。
テント泊の予定だったが、小屋は空いていた(おそらく2階は20人位だった)ので小屋泊にした。テント場代300円に対して、宿泊代1,000円とわずか700円の差でテント撤収の時間を圧縮し行動を早められるなら安い物です。かつできた水を煮沸&濾過で作りながら、旭岳地ビールと芋焼酎で歩いたコースを振り返り楽しんだ。

●2日目 白雲避難小屋〜忠別岳〜五色岳〜南沼
早朝3時起床。食事を済ませ4時過ぎに出発する。登山道に立つとトムラウシまでは遠く、その手前高根ヶ原付近にかなりレアな自然現象の「滝雲」が流れている。その滝雲発生地の幻想的な霧の中を歩いていると更にレアな自然現象の白虹!とにかく素晴らしすぎて「もう何も言えね〜」「キレイ・・・」を連呼していた。足元は花畑が素晴らしい。
その後も忠別沼の畔のチングルマを中心にしたお花畑が印象に残る。
ガスを抜けて忠別岳に到着したころにはトムラウシは雲に覆われ、その偉容をうかがい知ることが出来なくなっていた。五色岳付近からは標高差の少ないハイマツ帯を化雲岳分岐まで歩く。行動開始してから6時間でたどり着いたお花畑は、チングルマで白い絨毯が敷き詰められているようだ。
日本庭園に入るとちょっとしたアクシデントが発生。なんと仲間の登山靴かかとが剥がれてきてしまった。応急処置で赤テープで固定してだましだまし歩く。この辺からは岩稜帯となる。折り重なったいくつもの岩を選びながら足を運ぶ。浮石があり、ルートも不明瞭、さらに重い雲の中に入り視界もさえぎられてきて、先頭は非常に神経を使った。
ガスの中、急坂を登って北沼分岐に到着する。展望も効かないので迷わず迂回ルートを使って南沼についた。歩くこと10時間、ほぼ予定通りにテントを張れたので安堵した。持参した蕎麦焼酎とスピリタスで宴会に入る。スーパーデリオスでろ過した冷たい水で割った酒は旨い。ガスが時々晴れるが、トムラウシの頂は明日にとっておくことにした。

●3日目 南沼〜トムラウシ〜化雲岳〜天人峡
本日も長い工程なので早朝3時に起床。食事をして4時過ぎに出発した時にはヘッドライトも必要ない。テント場に来たので早朝トムラウシに登る。トムラウシは岩峰で展望が効くが振り返ると朝日を浴びた十勝岳方面へと続く山様が浮かび上がってきて、この光景も美しい。山頂は360度の大展望が待っていた。歩いてきた旭岳からの稜線、明日行く予定の十勝岳、地元の登山者がお勧めのペテカリ岳、石狩岳。いやー遠かったが歩いた甲斐があったものだ。

トムラウシから下山して化雲岳を目指す。前日は雲がかかり見えなかったトムラウシを振り返ると、前日はガスでかえってよかったなと感じた。化雲岳では地元登山者が休憩していた。しばし彼と話していろいろと北海道の山について教えてもらった。彼曰く「大雪の中心にある化雲岳はもっとも素晴らしいところ、ここからみるトムラウシが一番良い」と言っていた。たしかに360度の展望、直下のお花畑、山頂にある岩峰と特徴がある山でまた訪れたい場所ではある。

化雲岳から天人峡への下りはまだまだ長いが、小化雲岳への稜線歩きもまた気持ちよい。小化雲岳から第二公園に続く下山路では前半はお花畑の気持ち良い歩きが続くが、急斜面の下りになると刈り払いがされていない笹漕ぎで少々うんざりする。ドロドロの登山道として有名な第2公園付近は、若干水たまりがあったものの、ここ数日雨が降っていないこともあり、足首まで没するようなところがなかったのは天気に恵まれた。
第一公園につくと木道が整備され、湿原帯には白いフワフワのワタスゲと黄色いキスゲが咲き誇っていてこれまた見ごたえがある。惜しむらくは旭岳方面は既に雲がかかってしまったことか。
第一公園を過ぎると延々と樹林帯歩きとなり、これがまたうんざりした。そして無事に天人峡に下山。

北海道の山の懐の深さはなかなか本州では味わえないもので、毎年1回は訪れたいと思ってしまうほど素晴らしい3日間でした。そして翌日の十勝岳に向かうのでした。
訪問者数:548人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

kaz
登録日: 2008/8/24
投稿数: 254
2016/8/5 22:05
 最高の3日間だったんですね 詳細な記事にこちらも行った気になりそう(^^)
素晴らしい写真、そして詳細な記事、こちらも一緒に行動しているような気になる臨場感。YAMA555さん、さすがです(^O^)/
いつか行ってみたいけど、遠すぎてなかなか行こうという覚悟が出来ない北海道の名峰、あっさりと計画的に完登している行動力もさすがです(^O^)/

白い虹ってあるんですね(@_@)
登録日: 2009/11/28
投稿数: 257
2016/8/10 8:40
 来年是非どうですか
kazさんコメントありがとう。
北海道は登ったら素晴らしい山ですが、飛行機を使う登山は前段階の準備が大変ですね。
それでもようやく多少なりとも慣れてきました。
来年は幌尻に行こう(雨降ったら羊蹄山へ変更)と思ってます。
もしよろしければテント泊でいかがですか。

白虹は尾瀬ヶ原でよく見られる現象みたいです。霧がかかっていないと発生しないので今回は本当にラッキーでした。幻想的でお目にかかれて感動しましたよ。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ