ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 926482 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

高尾山〜堂所山ピストン(北アルプス登山の装備チェック)

日程 2016年07月23日(土) [日帰り]
メンバー sorawomiru
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間4分
休憩
16分
合計
6時間20分
S高尾山口駅08:3008:34高尾山・清滝駅08:3508:48琵琶滝09:25高尾山09:37もみじ台09:54一丁平10:21小仏峠10:48景信山11:28堂所山11:3712:22景信山12:2712:56小仏峠12:5713:09城山13:20一丁平13:43もみじ台13:55高尾山14:21霞台園地14:33琵琶滝14:46高尾山・清滝駅14:50高尾山口駅14:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
高尾山・陣馬山の間を往復。
12時頃には折り返し3時頃には高尾山口駅に戻る予定で。
天気が悪くやや早めに切り上げ
主目的である北アルプス登山のための装備チェックは出来た。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 パワーメッシュ・ノースリーブシャツ(finetrack) メリノウール・デイリー・T(patagonia) フーディニ・ジャケット(patagonia) ヘリウム2ジャケット(Outdoor Rresearch) ボクサーパンツ(ファイントラック) レーシング・ショート(The North Face) カーフ・プレミアム(CW-X) 5本指ソックス(itoi) 足首貼ったり(Gontex) オリンパス2.0(altra) バイザー(The North Face) グローブ(The North Face) アクペリエンス&アクティヴィストハーネス(ogawand) マット(thermarest) ソフト・フラスク600ml×2本(raidlight) クッカー&お茶セット 260g  ミックスナッツ&ドライりんご 飴と無智(Zen) mag-on×2 Tiger&Dharma×1(Zen) MAGMA×1 熊鈴 e-lite(Petzl) コンパス&温度計 スマホ(兼GPS地図アプリ・カメラ) モバイルバッテリー(大) 帰路の衣類(ニットキャップ・メリノT・着圧タイツ・ワラーチ) 常備薬(葛根湯・胃腸薬・下痢止め・痛み止め・攣り止めなど) 救急セット(消毒薬・絆創膏・三角巾・毒抜き・虫刺され軟膏・虫除けミント) ゴミ袋
備考 8月の北アルプス登山のための装備チェックが今回の主目的。

Acperienece & Activist Harness(Ogawand)

新調のバックパック。
やっぱり名作!
自分の山旅スタイルにもフィットしていて、僕がバックパックに求めるものがちょうどよく満たされている。
自分の体にも幸いよく合っている上、微調整もしやすい。
パックとハーネス、重心の前後に加重を振り分ける事が出来る。
立ってみても、歩いてみても、また走っても、荷重によるブレが極めて少ない。
とても着け心地よく、一日歩いても、疲れも、部分的な当りや不快もなかった。

久々に一日中トレッキングポールを使ってみた。
上半身の力も使えるから、長い山歩きの際にも足が残るだろうし。
下りのランのバランス保持・転倒防止にも役立ったと感じる。

いくつか課題残る。

尾根では霧が多い。 
霧と霧雨の間くらい。

雨具は出さないで、撥水済みのウィンドシャツで済ましたが。
髪の濡れが意外とバカにできない、と感じる。
高山では髪の濡れ冷えは問題になるだろう。

雨で濡れるか?汗で濡れるか?
ということもあるから。
キャップの選択が悩ましいところ。

バイザー+即乾タオルで済ませるか?
防水のキャップもよいものか?(いや、蒸れて汗濡れするのもイヤか)
防寒重視でメリノウールのネックゲイターを選ぶか?

北アルプスは
3人のグループ山行。
テントは大き目のものを一つ。
食料・水などと併せ考えて、荷重は3人で分担して背負うことになる。

Acperieneceは最大荷重7kgで設計されたバックパック。
ソロの山旅なら、軽いフロアレスシェルターの類を選ぶんだけどな。

写真

撮影機材:

感想/記録

北アルプス登山のための装備チェック主目的。

Acperienece & Activist Harness(Ogawand)

新調のバックパック。
やっぱり名作!
自分の山旅スタイルにもフィットしていて、僕がバックパックに求めるものがちょうどよく満たされている。
自分の体にも幸いよく合っている上、微調整もしやすい。
パックとハーネス、重心の前後に加重を振り分ける事が出来る。
立ってみても、歩いてみても、また走っても、荷重によるブレが極めて少ない。
とても着け心地よく、一日歩いても、疲れも、部分的な当りや不快もなかった。

久々に一日中トレッキングポールを使ってみた。
上半身の力も使えるから、長い山歩きの際にも足が残るだろうし。
下りのランのバランス保持・転倒防止にも役立ったと感じる。
訪問者数:204人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ピストン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ