ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 926532 全員に公開 沢登り奥多摩・高尾

南郷BS→熊倉沢右俣右沢→熊倉沢右俣左沢→南郷BS

日程 2016年07月23日(土) [日帰り]
メンバー magmagoon, その他メンバー2人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間36分
休憩
6分
合計
4時間42分
S南郷バス停06:5409:36栗坂峠09:4011:34南郷バス停11:3611:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

感想/記録

この日は夕方から用事、天気もイマイチっぽいので近場の軽めな沢ということで、沢初心者の練習という位置付けで予定されていた熊倉沢右俣右沢遡行、左沢下降ルートに便乗させてもらって決定。

天気は良くなる見込だったが、秋川渓谷は霧雨。バスから下車すると、沢に行くには肌寒い。入渓までに体も温まると、意を決して出発する。

しばらくは舗装された林道歩き、途中から未舗装の道になると蜘蛛の巣が顔にまとわりつき、霧雨に濡れた草むらで靴も濡らされる。予定通り40分程で林道終点に到着し、沢装備に着替える。

入渓してすぐの陸軍滝は右岸を巻いてあがる。しばらくは特に問題なく進み、初めの難所、4mCS滝。残置ハーケン・スリングはあるが、スタンスが小さく滑りそう。ここはトップで取り付き、足を押さえてもらいながらクリア。後続確保したいが支点が見あたらず、ボディビレイで確保。高々30mのロープだが、出し入れや携行になれてないので、散々ロープが絡んで時間をロス。

最後の10m滝はトップで行けたが、後続の確保で手間取った。ロープの扱いには練習が必要だと痛感。

最後ノ詰めは思ったよりすんなり…と思ったが登山道下の斜面は土が露出して滑りやすく、思いの外苦戦した。

帰りのバスの時刻もあり、時間が押していたら浅間峠から下山も考えていたが、ここまでは予定通り。登山道に出て栗坂峠方面へと向かい、斜面から左沢へと下降する。急斜面の下りはなかなか怖かったが、柔らかい土に足が埋まり、雪の斜面のような感覚で下降できた。

沢下りは今回が初めて、時間の制約もあってやや不安もあったが、特に難しい所もなく最後の滝のみ木を支点にして懸垂下降。下りも同じくらい時間がかかるかと思っていたが、あっさりと下山できた。時間もなかったので軽めな所を選んだのもあるが、前回の源次郎沢に比べると登りごたえがなかったというのが正直な所だった。
訪問者数:24人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ