ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 926703 全員に公開 ハイキング京都・北摂

京都大原10名山 最後に残ったナッチョを行く

日程 2016年07月28日(木) [日帰り]
メンバー yjin
天候雨のち曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
京都市営地下鉄 国際会館
京都バス 国際会館前から小出石
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間43分
休憩
7分
合計
7時間50分
Sスタート地点07:5908:18ナッチョ登山口11:28天ヶ森(ナッチョ)11:3413:33天ヶ岳13:3415:26薬王坂15:48鞍馬駅15:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所は無い
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

今日はここから出発する予定だが成り行きでバスの終点、公民館前まで乗ってしまった。少し引き返してこのバス停まで帰ってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はここから出発する予定だが成り行きでバスの終点、公民館前まで乗ってしまった。少し引き返してこのバス停まで帰ってきた。
1
取り敢えず百井の方へ国道を歩いて行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取り敢えず百井の方へ国道を歩いて行く。
2
この時点でまだ雨はパラパラだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時点でまだ雨はパラパラだった。
1
ザックを下ろし用意していると俄に雨がきつくなってきた。ザックカバーを付け傘を差して歩き始める。この時の気温は22度だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザックを下ろし用意していると俄に雨がきつくなってきた。ザックカバーを付け傘を差して歩き始める。この時の気温は22度だった。
道端にあったネムノキの花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道端にあったネムノキの花。
道端にあったホオズキも色づき始めた。この時点で傘を差したまま藪に入る気が失せ国道を歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道端にあったホオズキも色づき始めた。この時点で傘を差したまま藪に入る気が失せ国道を歩く。
マタタビの実も虫瘤が沢山あった。果実酒にはこちらの方が重宝されるらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マタタビの実も虫瘤が沢山あった。果実酒にはこちらの方が重宝されるらしい。
ちんたら歩いて峠状の所まで来た。雨は上がったものの太陽は見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちんたら歩いて峠状の所まで来た。雨は上がったものの太陽は見えない。
最初にここに付いた時点で9:55だった。諦めていたがここまで来たならナッチョへ行こう。大見の方へ歩いて行く。折角印刷した地図を出さず1km程先へ行って地形図を見る。案の定大間違いをやらかした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初にここに付いた時点で9:55だった。諦めていたがここまで来たならナッチョへ行こう。大見の方へ歩いて行く。折角印刷した地図を出さず1km程先へ行って地形図を見る。案の定大間違いをやらかした。
2
引き返して川を渡り鹿避けネット端から何とか林道に出た。林道が杉林を抜けた所で何気なく靴を見ると蛭が這っていた。こんな広い林道の何処で付いたのだろう?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引き返して川を渡り鹿避けネット端から何とか林道に出た。林道が杉林を抜けた所で何気なく靴を見ると蛭が這っていた。こんな広い林道の何処で付いたのだろう?
1
林道脇に案内標識も出てきて一安心する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道脇に案内標識も出てきて一安心する。
案内標識に従って進むだけだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内標識に従って進むだけだ。
1
林道から尾根道に標識は指していたが蛭を恐れてそのまま林道を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から尾根道に標識は指していたが蛭を恐れてそのまま林道を進む。
林道終点に着いた。よく見ると薄い踏み跡があり其所へ入って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点に着いた。よく見ると薄い踏み跡があり其所へ入って行く。
1
薄い踏み跡を辿ると広い尾根道と合流した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄い踏み跡を辿ると広い尾根道と合流した。
1
ナッチョの入り口に着いた。当然小出石への標識もあり、本来ならそちらから来たはずだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナッチョの入り口に着いた。当然小出石への標識もあり、本来ならそちらから来たはずだった。
1
ナッチョの山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナッチョの山頂。
1
大原の里10名山の標識。これで10山全部訪れる事が出来た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大原の里10名山の標識。これで10山全部訪れる事が出来た。
3
再び百井まで帰ってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び百井まで帰ってきた。
1
百井にあった神社。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百井にあった神社。
ここから登って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登って行く。
P753を過ぎた辺りでA−68番が出てきた。そうすると鞍馬まで後約7kmなんだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P753を過ぎた辺りでA−68番が出てきた。そうすると鞍馬まで後約7kmなんだ。
今日唯一の鉄塔だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日唯一の鉄塔だった。
天ヶ岳山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天ヶ岳山頂。
この山も10名山の一つ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この山も10名山の一つ。
後5km。長いな〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後5km。長いな〜。
小学生が書いたものだが全くその通りだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小学生が書いたものだが全くその通りだ。
何時も気になる岩を通過する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何時も気になる岩を通過する。
登山道から薄い踏み跡がピークに続いていたので登って見たが何もなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道から薄い踏み跡がピークに続いていたので登って見たが何もなかった。
この矢印は?静原に降りる近道か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この矢印は?静原に降りる近道か?
まだ4kmある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ4kmある。
A−38の先に三又岳の標識があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A−38の先に三又岳の標識があった。
もう一つの標識にも三又岳の表示がある。この辺りがそうなんだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一つの標識にも三又岳の表示がある。この辺りがそうなんだ。
狩場、城跡はいつかは訪ねてみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狩場、城跡はいつかは訪ねてみたい。
三角点。戸谷と言う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点。戸谷と言う。
ほかす。方言がほほえましい。四国の新居浜では捨てる事をまくると言う。田舎が同じ四国なのに最初聞いた時解らなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほかす。方言がほほえましい。四国の新居浜では捨てる事をまくると言う。田舎が同じ四国なのに最初聞いた時解らなかった。
こちらは捨てるとなっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは捨てるとなっている。
こちらもほかすと書いてある。ちなみに私の田舎ではほうる(ほおる)と言う。もともと平家の落人伝説もあるので古い京言葉で似ているのだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらもほかすと書いてある。ちなみに私の田舎ではほうる(ほおる)と言う。もともと平家の落人伝説もあるので古い京言葉で似ているのだろう。
これで地形図に載っている標高は全部プレートが付いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これで地形図に載っている標高は全部プレートが付いていた。
3
やっと後1km。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと後1km。
まだ熊に出会った事がないが出来れば会いたくない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ熊に出会った事がないが出来れば会いたくない。
1

感想/記録
by yjin

峰床山へ行った時、大原の里10名山の標識が付いていた。今までの記録を調べたらナッチョ(天ヶ森)だけ行った事がなかった。一度行ってみたいと考えていた。

色々調べると小出石から行くのが一番手っ取り早そうだった。同じ所へ帰ってくるなら車でも良かったが、どうせなら色々回ってみたい。バスの便を調べると国際会館前からが一番多く出ている。出町柳だと土、日だけだし利用しにくい。

取り敢えず行ってみようと早めの地下鉄に乗った。国際会館前で、既にどんよりとした空模様だった。バスが大原に着いた頃パラパラしていた。歩き始めた時には傘を差す程の甘だった。

藪に入るとビショビショになるし、この時点で諦めて道路を歩いて鞍馬まで行くつもりだった。百井の集落に着いた頃青空も見えだした。それなら遠回りだが行ってみようと再び予定を変えた。

小出石の尾根の先端から登ると言う計画は駄目になったが何とか山頂は踏めて10山達成できた。毎回同じ反省になるが折角用意した地図を見ず2kmほど余分に歩いてしまった。
訪問者数:220人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ