ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 926748 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

常念岳

日程 2016年07月23日(土) [日帰り]
メンバー pastralsnw(CL)
天候晴れ一時雨
アクセス
利用交通機関
タクシー
沢渡〜上高地ターミナル タクシー4200円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間39分
休憩
1時間15分
合計
11時間54分
S上高地バスターミナル05:4606:45明神館06:5707:40徳澤園07:5908:12新村橋(パノラマ分岐)08:49横尾 (横尾山荘)09:1212:05蝶ヶ岳・蝶槍間分岐(横尾方面)12:2012:30蝶ヶ岳三角点12:37蝶槍12:3816:29常念岳16:3417:40常念小屋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー サブザック 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ シェラフ ヘルメット

写真

ようやくたどり着いた蝶の肩。一気に北アルプス満開。
2016年07月23日 12:06撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくたどり着いた蝶の肩。一気に北アルプス満開。
常念への最後の詰め。奇岩が行く手を阻む
2016年07月23日 14:21撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念への最後の詰め。奇岩が行く手を阻む
やったー常念。でも霧で眺望なく、頂上は蝿の大群でちょっとがっくり。
2016年07月23日 16:28撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やったー常念。でも霧で眺望なく、頂上は蝿の大群でちょっとがっくり。
3
翌朝は快晴。やはり常念は美しい
2016年07月24日 04:45撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝は快晴。やはり常念は美しい
2
撮影機材:

感想/記録

会社の同僚との槍集中登山。北鎌攻略の別隊とは別行動で単独で常念、大天井、西岳経由で槍を目指すことになった。その初日として、まず初日は常念を攻略する。
別隊とは横尾で別れる、といきなり急登。3時間で1100mを一気に稼ぎ、やっとこさ蝶の肩に到着、尾根直前まで森林限界は訪れないが、一気に眺望が開けた尾根がは北アルプスそのもの。ここで大休止。余裕があれば蝶ヶ岳を目指すオプションだったがとてもその余裕はなく、常念目指して北上する。
 蝶槍で眺望を楽しんだ後は高度が下がり、林間歩きとなる。同時に霧が立ち込め、小雨模様。初日からずぶ濡れになるのは嫌なので雨具を着る。ニッコウキスゲが美しい林間をぬけると2512ピーク。山高原地図ではここから常念まではジャスト1時間。だがここからがきつかった。奇岩が行く手を阻み、8時間以上歩き続けた足が上がらなくなる。結局2時間近くかかって山頂に到着。しかしピークは蝿の大群で、長居せず、そそくさと今日の宿である常念小屋を目指す。下りもなかなかキツく、ヘロヘロになってようやく6時前に常念小屋にたどり着く。トータル12時間の山行。北アルプスは、やはり厳しい、しかし爽快である。
訪問者数:83人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

森林限界 急登 高原 山行 奇岩
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ