ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 926973 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

中央アルプス 長野 経ヶ岳 2296m 二百名山 ―

日程 2016年07月29日(金) [日帰り]
メンバー kantomtguide
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
舗装路のみで可。
駐車場、トイレあり。水場なし。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち46%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間28分
休憩
4分
合計
4時間32分
S大泉所ダム分岐09:5810:50四合目分岐10:5111:57七合目11:5712:33経ヶ岳八合目12:3412:44露岩の頭12:4412:50九合目12:5013:10経ヶ岳13:1213:28九合目13:2813:37経ヶ岳八合目13:3813:54七合目13:5414:15四合目分岐14:1514:32大泉所ダム分岐14:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
09:58 大泉所ダム登山口
09:59 移動の開始
10:20 二合目
11:56 七合目
12:33 八合目
12:56 九合目
13:10 経ヶ岳
13:22 九合目
13:37 八合目
13:54 七合目
14:16 四合目
14:33 移動の終了
コース状況/
危険箇所等
多少急登だが難所はなし。
道標もある。
多少笹藪が覆ってる場所もあるが、全体的には刈られている。

感想/記録

今回は大泉所ダムから。
登山口は駐車場もトイレも整備されており、0合目から始まる。現在ではこちらがメインの登山道の様である。
最初は林道から始まり檜の植林地にカラマツやミズナラが混じる。花も多く、アジサイ、ハルジオン、オカトラノオ、ホツツジ等多数。
数十分で2合目に到達する。二合目からは登山道となる。最初っから急登。なかなかの厳しさである。ミズナラや赤松が増えてくる。花もあり、オオバギボウシ、アザミ、アザミに似て葉に棘がないタムラソウは初めて見た。
仲仙寺からのコースに合流すると
一旦急登も落ち着く。この辺りにはホタルブクロやフシグロセンノウが咲いている。
4合目を少し過ぎた所でカラマツの植林地となる。めまぐるしく樹種が変わるのが面白い。
5合目を過ぎたあたりでリンドウの群生に出会う。この辺りから急な登りになる。
7合目付近に来るとニガナ、ホタルブクロの群生に、シモツケソウ、オトギリソウが咲いている。カラマツにはサルオガセが共生している。
7合目を過ぎるとダケカンバの木が目立ってくる。
更に先に行くと珍しいシロバナニガナの花の群生に出会う。
この辺りから、長野のレッドデータリスト、ササユリの花がお目見え。
8合目付近は樹冠が和らぎ、一面お花畑。
クガイソウに、ヨツバヒヨドリ、ニガナ、アザミに。
少し行くとセリバシオガマの群生も。
9合目まで来たらあともう1越え、笹藪に覆われた軽い上り下りを進む。笹藪は刈り払いされているのでご安心を。
程なくして山頂に到着。カラマツに覆われ眺望はないが、木々の隙間から見える青空が眩く、山頂に吹く涼しい風が心地よい。

山自体は急登であるものの難所はなく花の種類数ともに素晴らしいものがある花の日本三名山でもあるならば選定したいものである。是非に一行あれ。



訪問者数:379人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ