ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 927307 全員に公開 ハイキング四国

五色台を縦走し大崎ノ鼻へ

日程 2016年07月30日(土) [日帰り]
メンバー harumiru
天候曇り、晴れ
アクセス
利用交通機関
自転車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間50分
休憩
20分
合計
5時間10分
S国分登山口06:1906:45展望台07:08十九丁07:16五色台スカイライン入口08:50大崎ノ鼻09:1010:43五色台スカイライン出口10:52十九丁11:09展望台11:29国分登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
登山口まで自転車

写真

登山口横に五色台マップ、今日は海を眼下に見る大崎ノ鼻へ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口横に五色台マップ、今日は海を眼下に見る大崎ノ鼻へ!
1
登山口、ここまでは自転車で!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口、ここまでは自転車で!
1
少し登ったところの休憩所
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登ったところの休憩所
緩やかな登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかな登り
1
左に国分台の東面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に国分台の東面
1
グニャリと曲がった松、ぶら下がれません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グニャリと曲がった松、ぶら下がれません
1
登山道からの景色、鷲ノ山がかっこいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道からの景色、鷲ノ山がかっこいい
1
展望台に到着!夏は展望が…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台に到着!夏は展望が…。
上の道路を横断、ふたたび四国のみちへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の道路を横断、ふたたび四国のみちへ
1
アップダウンの無い気持ちのいい林道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンの無い気持ちのいい林道
1
十九丁に到着、白峯寺方向か根来寺方向かの分岐点、根来寺方向へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十九丁に到着、白峯寺方向か根来寺方向かの分岐点、根来寺方向へ
1
左に曲がり五色台スカイラインへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に曲がり五色台スカイラインへ
1
前方に少しガスが…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方に少しガスが…。
遠くに瀬戸内海が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに瀬戸内海が見える。
2
延々と続くアスファルトの道、ライダーが何度も行ったり来たり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
延々と続くアスファルトの道、ライダーが何度も行ったり来たり。
道路の正面に海が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路の正面に海が見える。
歴史民俗資料館、今回はスルー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歴史民俗資料館、今回はスルー
1
クワガタのメスが目の前に、癒される〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クワガタのメスが目の前に、癒される〜!
右のコースに!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右のコースに!
1
廃墟となったお店が、そのまま進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廃墟となったお店が、そのまま進みます。
海が見える、近くなってきた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海が見える、近くなってきた!
廃墟のお店の横を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廃墟のお店の横を進みます。
猛犬?苦手です(^_^;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猛犬?苦手です(^_^;)
マムシ?次々と苦手なものが…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マムシ?次々と苦手なものが…。
展望広場へ向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望広場へ向かう
1
展望広場からの景色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望広場からの景色
1
展望広場から下山中の景色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望広場から下山中の景色
1
急な斜面になってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な斜面になってきた
1
登山口に降りてきました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に降りてきました!
大崎ノ鼻に到着!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大崎ノ鼻に到着!
大崎ノ鼻の景色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大崎ノ鼻の景色
大崎ノ鼻の景色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大崎ノ鼻の景色
大崎ノ鼻の景色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大崎ノ鼻の景色
1
大崎ノ鼻の景色
ずっと見ていたい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大崎ノ鼻の景色
ずっと見ていたい!
1
大崎ノ鼻の看板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大崎ノ鼻の看板
帰路につきます、いきなりの急登
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路につきます、いきなりの急登
1
アスファルトの道を進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アスファルトの道を進む
アスファルトの道を進む、40k制限、通る車はもう少し速く走っているようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アスファルトの道を進む、40k制限、通る車はもう少し速く走っているようです
アスファルトの道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アスファルトの道
しばらく進むとまた山ノ神?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく進むとまた山ノ神?
五色台スカイラインの出口!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色台スカイラインの出口!
やっと土の道に戻れます!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと土の道に戻れます!
ふたたび十九丁
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふたたび十九丁
1
気持ちのいい林道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのいい林道
国分寺展望台
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国分寺展望台
1
下山中の景色、鷲ノ山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中の景色、鷲ノ山
1
下山中の景色、堂山、六ツ目山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中の景色、堂山、六ツ目山
1
右に地層が見える斜面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に地層が見える斜面
登山口に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に到着
1
自転車で帰路、五色台を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自転車で帰路、五色台を振り返る
1

感想/記録

約40年前の中学一年生の夏、部活の仲間と、思いつきで、山を越えて海を見に行こうということになった。
(国分寺町は、山に囲まれており、連なる山の向こうに海がある、海まで10km近く)
山の形も道も何も知らず、ただ山の見えている反対側は海だと思っていた、実際は違った。
食料も持たず、地図も持たず、磁石も持たず、時計も持たず、お金も持たず、あるのは水筒のお茶とわずかなおやつだけ。
海を目指して山に登ったものの、道もわからない、方角もわからない、時間もわからない、山の中を彷徨い続けた。
そのうち、辺りがだんだん暗くなり、足は棒になり、のどは乾き、お腹が空いて、不安になってきた。もう限界…。
幸いにも、民家の明かりが見え、わからないところに下山した。
下山したものの、全員お金を持っておらず、公衆電話で家に電話ができない。みんな何もかも限界の状態であり、仕方なく、民家で電話を借り、親に迎えに来てもらった。
もちろん、親には後で怒られた。
結局、海に行けなかった。
前段が長くなったが、今回の山行は、歩いて山を越えて海を見に行くという、40年前のリベンジで、感慨深いものである。
山行は、半分以上がアスファルトの道を歩く行程であり、山行の楽しさは他のルートにはかないませんが、目的地の大崎ノ鼻に着いた時には、40年来の夢?目標?が叶った達成感はなんとも言えないものでした。
今日も、無事に行って、無事に帰れたことは、自然はもちろん、まわりの全てに感謝です。^o^
訪問者数:139人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 急登 マムシ 林道 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ