ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 927884 全員に公開 ハイキング京都・北摂

雲取山→貴船山

日程 2016年07月30日(土) [日帰り]
メンバー OSLKS
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
京都バス
出町柳駅0750

花背高原前0902
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間56分
休憩
28分
合計
7時間24分
S花脊高原前09:2609:59寺山峠10:32雲取峠10:3810:49雲取山10:5212:26芹生峠12:2713:08滝谷峠13:36貴船山716ピーク13:3914:07貴船山14:0914:45大岩夜泣峠分岐14:5715:33夜泣峠15:49向山15:5016:50叡電市原駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アームカバー グローブ 雨具 日よけ帽子 デイパック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ
備考 ハエが多かったので防虫網を導入したい

感想/記録
by OSLKS

雲取山から市原へ至るコース、結局18kmとなってしまったがはなかなかしんどい。

○コース振り返り
初っ端の雲取山は上下ともに渓流沿いの登山道で目に楽しく、涼しい。
その分ハエには悩まされた。
山頂自体は眺望もなく平凡。直後の崖を滑り降りるような下り路は驚いたが、それもすぐに終わり車道になってしまった。
その後芹生の集落を抜け、芹生峠、魚谷峠から貴船登坂を目指した。
こちらは全体的に風景が乾いていて雲取に比べると若干面白みに欠ける。
魚谷から貴船山の側を抜け、二ノ瀬へ至る路は定番コースとなっているのか、ダイトレ並に歩きやすい路。
上記の道から外れ、若干イレギュラーな登山道を選んだりしながら貴船山の三角点を踏んだ。こちらも眺望が全く無く平凡。
その後樋の水峠から夜泣峠へ、もともとの計画ではここから二ノ瀬駅に降りて終了の予定だったが、時間が早かったので向山コースを追加して一つ南の市原駅から帰ることに。
向山もすぐに付いてしまった。一周トレイルの看板に従って、幸手橋ではなく市原に近い清掃工場の方へ降りることに。
これがあまり良くなかった。普通そんなところから登る人なんてまあ居るわけないので、路が荒れ放題、途中までは何とかわかったが、清掃工場のフェンスにぶち当たって路を見失ってしまった。
数分藪漕ぎして沢を超えるとなんとか路らしきものが見つかった。
ただこれもどこかの建設会社の資材置き場に繋がっていて、そのまま降りると私有地のフェンスに阻まれて国道に出ることが出来ない。また藪漕ぎを繰り返しなんとか国道へ。
○反省
・上記の清掃工場へ至る路は京都一周トレイルの案内板のみで、地形図に載っていなかった。芹生から滝谷峠の路も地形図には無く昭文社地図の情報、こちらは少なくとも昭文社地図を編集した地元の登山会は把握しているので、清掃工場程荒れてはいないが若干迷いそうになった。
地形図を見よう
・とにかくハエアブが多い。ハッカ油を顔に塗りたくっておけばそれなりに効果は発揮したが、すぐに汗で落ちるしなにより痛いほどにスースーする。
帽子に装着するタイプの防虫網導入を考えたい
訪問者数:156人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

三角点 藪漕ぎ 渓流 ハッカ油
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ