ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 927898 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走北陸

折立〜雲の平〜水晶岳〜鷲羽岳〜黒部五郎岳〜折立周回コース

日程 2016年07月26日(火) 〜 2016年07月30日(土)
メンバー noborossA, その他メンバー1人
天候1日目.折立登山口〜雲の平山荘:雨のち曇り
2日目.雲ノ平山荘〜黒部五郎小舎:晴
3日目.黒部五郎小舎〜薬師岳山荘:晴のち曇り
4日目.薬師岳山荘〜折立登山口:曇りのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
折立登山口までは、有峰林道の亀谷連絡所より。ゲートで1900円支払えば帰りは払わなくてもよい。ただし、気を付けなればならないのが、雨により通行止めになることが多いということ。僕が今回の登山でこの道路を使用した時、直径20cm程度の岩を車で踏んでしまった。その後の雨で、次の日の有峰林道は通行止めになった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間56分
休憩
42分
合計
9時間38分
S折立05:3305:43十三重之塔 慰霊碑05:4406:36太郎坂(アラレちゃん)06:3707:12青淵三角点(青淵山)07:23積雪深計測ポール07:2408:22五光岩ベンチ08:2308:40太郎兵衛平08:4109:07太郎平小屋09:3210:09第一徒渉点10:14第二徒渉点10:1510:33第三徒渉点10:3411:12カペッケが原11:20薬師沢小屋11:2813:45アラスカ庭園13:4614:18奥日本庭園14:1915:11雲ノ平山荘
2日目
山行
8時間36分
休憩
35分
合計
9時間11分
雲ノ平山荘05:4006:45祖父岳分岐07:12祖父岳07:1607:48岩苔乗越07:5008:00ワリモ北分岐08:0108:39水晶小屋08:4009:11水晶岳09:43水晶小屋10:0010:26ワリモ北分岐10:2710:46ワリモ岳10:4711:17鷲羽岳11:2212:22三俣山荘12:2414:01三俣蓮華岳巻道分岐14:0214:51黒部五郎小舎
3日目
山行
8時間10分
休憩
46分
合計
8時間56分
黒部五郎小舎05:3807:54黒部五郎の肩07:5508:05黒部五郎岳08:0708:18黒部五郎の肩09:30中俣乗越09:3110:20赤木岳10:2110:52北ノ俣岳11:0511:12神岡新道分岐12:20太郎山12:2112:26太郎平小屋12:5113:17薬師峠13:1813:50薬師平13:5114:34薬師岳山荘
4日目
山行
5時間14分
休憩
1時間35分
合計
6時間49分
宿泊地06:1906:49薬師岳避難小屋跡07:05薬師岳07:0907:22薬師岳避難小屋跡07:48薬師岳山荘08:0708:34薬師平08:3509:03薬師峠09:0409:29太郎平小屋10:3910:57太郎兵衛平11:12五光岩ベンチ11:56積雪深計測ポール12:04青淵三角点(青淵山)12:28太郎坂(アラレちゃん)13:01十三重之塔 慰霊碑13:05折立13:08ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
僕達のコース(時計回り)では、それほど危険個所だとは感じなかったが、逆回りの場合は、雲の平から薬師沢小屋に至る急登は下りになるため、特に雨の場合、危険だと感じる。
その他周辺情報登山後の温泉は、亀谷連絡所を出てすぐ100mほど行ったところに分岐があるが、それを右に進んですぐの場所に3階建ての温泉がある。白樺温泉という名前だったと思う。料金は650円。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ソーラーチャージャー 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ ポール
備考 GPSログを縦走で使用する場合、ソーラーチャージャーは非常に便利だった。

写真

折立登山口の駐車場。かなり広いが土日は激混み。
2016年07月27日 05:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折立登山口の駐車場。かなり広いが土日は激混み。
ミヤマアキノキリンソウ。
2016年07月27日 08:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ。
ニッコウキスゲ。
2016年07月27日 08:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲ。
チングルマの花後の綿毛
2016年07月27日 09:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマの花後の綿毛
薬師沢小屋と黒部五郎岳の分岐
2016年07月27日 09:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師沢小屋と黒部五郎岳の分岐
薬師沢小屋前にて。この後、激坂が待っている。
2016年07月27日 11:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師沢小屋前にて。この後、激坂が待っている。
1
その激坂の一部がこれ。わずか1km程度の距離で標高が400mあがる。
2016年07月27日 11:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その激坂の一部がこれ。わずか1km程度の距離で標高が400mあがる。
このような岩場が体力を奪っていく…
2016年07月27日 12:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような岩場が体力を奪っていく…
雲の平山荘が見えたーっ!もう一息だ。
2016年07月27日 14:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の平山荘が見えたーっ!もう一息だ。
槍・穂高群がキレイに見えた。
2016年07月28日 07:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍・穂高群がキレイに見えた。
中央の三角は剣岳、その前のぎざぎざが立山。
2016年07月28日 07:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央の三角は剣岳、その前のぎざぎざが立山。
笠ヶ岳が秀逸。
2016年07月28日 07:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳が秀逸。
雲の平から水晶岳の間にある祖父岳近辺からの展望。
2016年07月28日 07:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の平から水晶岳の間にある祖父岳近辺からの展望。
水晶岳頂上標柱。頂上付近は、意外と岩ゴツゴツ。
2016年07月28日 09:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳頂上標柱。頂上付近は、意外と岩ゴツゴツ。
鷲羽岳頂上標柱。
2016年07月28日 11:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳頂上標柱。
鷲羽岳下山時に見えた三俣山荘。
2016年07月28日 11:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳下山時に見えた三俣山荘。
シナノキンバイの群生。
2016年07月28日 13:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シナノキンバイの群生。
ウサギギク。
2016年07月28日 14:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウサギギク。
黒部五郎小舎から見たモルゲンロートっぽい太陽の照り。
2016年07月29日 05:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎小舎から見たモルゲンロートっぽい太陽の照り。
早朝の黒部五郎小舎で準備する登山者達。
2016年07月29日 05:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝の黒部五郎小舎で準備する登山者達。
黒部五郎小舎を出発した途中での風景。奥が水晶岳でその手前が鷲羽岳。
2016年07月29日 05:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎小舎を出発した途中での風景。奥が水晶岳でその手前が鷲羽岳。
ここが今回の登山旅行でのメインだった、黒部五郎カール。比較的天気に恵まれて気持ちのいいカール。それにつけても黒部はカール…でした。
2016年07月29日 06:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが今回の登山旅行でのメインだった、黒部五郎カール。比較的天気に恵まれて気持ちのいいカール。それにつけても黒部はカール…でした。
黒部五郎岳山頂で記念にパシャッ!
2016年07月29日 08:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳山頂で記念にパシャッ!
2
黒部五郎岳から太郎平の間にある北の俣岳山頂の標柱。ここに来るまでうちの相棒のちょび太がバテバテ。距離はそこそこあり、またアップダウンも多くある。
2016年07月29日 10:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳から太郎平の間にある北の俣岳山頂の標柱。ここに来るまでうちの相棒のちょび太がバテバテ。距離はそこそこあり、またアップダウンも多くある。
北の俣岳を過ぎた辺りで目撃。ライチョウの親子が…。子供が可愛かったー。
2016年07月29日 11:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北の俣岳を過ぎた辺りで目撃。ライチョウの親子が…。子供が可愛かったー。
1
そして、すぐカップルのライチョウがーーー!かなり近くまで寄っても逃げないヤツでした。でも、いたずらはしないようにしましょー。
2016年07月29日 11:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、すぐカップルのライチョウがーーー!かなり近くまで寄っても逃げないヤツでした。でも、いたずらはしないようにしましょー。
1
食べ物の写真が少なかった中での数少ない夕食の一コマ。薬師岳山荘の夕食。
2016年07月29日 17:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食べ物の写真が少なかった中での数少ない夕食の一コマ。薬師岳山荘の夕食。
1
薬師岳山頂標柱。太郎小屋から薬師岳途中には、岩の急登が続く箇所あり。ここでもうちのちょび太がバテバテ。
2016年07月30日 07:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳山頂標柱。太郎小屋から薬師岳途中には、岩の急登が続く箇所あり。ここでもうちのちょび太がバテバテ。
薬師岳下山途中に見た薬師岳山荘。
2016年07月30日 07:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳下山途中に見た薬師岳山荘。

感想/記録

スタートの折立登山口の朝4時ごろまでは、豪雨と雷鳴がとどろいていた。これはダメだろうなーと思いつつ、車中で嫁と話をしていたら、徐々に雨が上がって出発することに。カッパは着て出発せざるを得なかったが、出発できたことに感謝。有峰林道が通行止めになったと言うことを後で太郎小屋で知り、前日に入山してよかったと思った。
カッパはその後、折立登山口の下山時に着た。それ以外は、カッパを着ることもなかったので、比較的天候に恵まれたのだと感謝している。しかし、ガスは何度もかかり景色は見えたり見えなかったりと、いたずらなお天気の神様だった。
一日目の泣き所は、なんと言っても薬師沢小屋から雲の平山荘に向かう途中の急登。これを過ぎれば平坦な雲の平だと分かっていたが、しんどかった。
二日目は、水晶、鷲羽と二つの百名山を目指していたので、アップダウンがきついだろうと予想はしていた。でも、それ以外のピークもそこそこあり、疲労が蓄積していくのが分かった。三俣蓮華岳にも行く予定だったが遅れたため、巻道を選んだ。
三日目は、今回のメインだった黒部五郎カール。幸い天気が良かったため、気持ちのいい歩行ができたが、カールを過ぎて黒部五郎岳の頂を目指す道は急登できつかった。さらに、黒部五郎岳から太郎小屋手前の北の俣岳までが、あまり変化がなく長いコースで、また小ピークが多くあるためここが三日目の泣き所となった。さらに、太郎小屋を超えて薬師岳山荘までの間も急登があり、体力を奪われてしまった。
四日目は、薬師岳頂上を目指した後、下山した。
総じて山荘は良かったです。それほど混んでなく、料理も美味しくいただことができました。ただ、薬師岳山荘はテン場がなく、水も不足気味なため、500mlのミネラルウォーターが1本600円と驚くほどの価格設定となっています。太郎小屋から薬師岳に向かわれるのであれば、太郎小屋で水を補給することをお勧めします。
訪問者数:682人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/20
投稿数: 24
2016/7/31 15:24
 同じコースだったのですね
黒部五郎小屋でテン泊してました、帰りの太朗小屋でカレーの大盛りを食べていた男一人女二人です1日目も折立から雲ノ平のテン場でしたか、晴れを信じて周回しましたがマッパレには成らなかったですが縦走中は雨に降られず助かりました下山後に立山から剱岳は綺麗に見えましたが薬師岳は雲の中でしたね。
レポ来週には仕上げよう。
登録日: 2016/7/26
投稿数: 0
2016/7/31 22:09
 初コメントありがとうございます。
まだ、ヤマレコを始めたばかりで使い方を分かっていません。ボチボチ仕上げていきます。太郎小屋では、僕もカレーを食べました。山で食べるカレーやラーメンって、何であんなに旨いんでしょうね〜?

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ