ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 928010 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲半縦走 耐暑登山

日程 2016年07月30日(土) [日帰り]
メンバー Ham0501(CL)
天候晴れ一時曇り
神戸の最高気温 33.7℃ (13時58分)
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
累積標高(上り): 1776m
合計距離: 23.72km
コース状況/
危険箇所等
良く整備されており危険箇所なし
その他周辺情報昼食はcafe702(カレーライス 650円、缶ビール350円)
登山後はオテルド摩耶で入浴 540円(タオル付き)、ビールおつまみセット 1000円

写真

06:31 須磨浦公園駅を出発。天気は快晴!
2016年07月30日 06:31撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
06:31 須磨浦公園駅を出発。天気は快晴!
1
時間も早く、あしながおじさん
2016年07月30日 06:31撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間も早く、あしながおじさん
1
ここから山に入ります
2016年07月30日 06:32撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから山に入ります
あっという間にトレイルランナーに追い越されました。
この後もトレイルランナーが多く、ハイカーに出合うことは殆どありませんでした。
2016年07月30日 06:37撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間にトレイルランナーに追い越されました。
この後もトレイルランナーが多く、ハイカーに出合うことは殆どありませんでした。
山と海、そして島と橋。好きな風景です。
2016年07月30日 06:44撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山と海、そして島と橋。好きな風景です。
06:59 旗振山に到着。まずまずのスタート。
2016年07月30日 06:59撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
06:59 旗振山に到着。まずまずのスタート。
旗振山から神戸の街を見下ろす
2016年07月30日 06:59撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旗振山から神戸の街を見下ろす
左:多井畑、直進:鉄拐山、右:妙見堂跡
前回縦走時に間違ってしまった分岐路です。正解は左。
2016年07月30日 07:05撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左:多井畑、直進:鉄拐山、右:妙見堂跡
前回縦走時に間違ってしまった分岐路です。正解は左。
1
おらが茶屋。管理人が代わって営業を再開しています。またの日に立ち寄ることにします。
2016年07月30日 07:14撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おらが茶屋。管理人が代わって営業を再開しています。またの日に立ち寄ることにします。
行く手に栂尾山、横尾山
2016年07月30日 07:16撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行く手に栂尾山、横尾山
ササユリ。咲いていたのは一輪だけでしたが、つぼみがいっぱいありました。
2016年07月30日 07:17撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ササユリ。咲いていたのは一輪だけでしたが、つぼみがいっぱいありました。
栂尾山へは大階段道ではなく、初めて通る文太郎道です。
2016年07月30日 07:28撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栂尾山へは大階段道ではなく、初めて通る文太郎道です。
2
右の草の茂った細い踏み跡を辿ります。
2016年07月30日 07:29撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の草の茂った細い踏み跡を辿ります。
1
真っ暗です。踏み跡も微かでちょっと不安になります。一時も早く斜面に取り付きたい気になりますが、浅い谷沿いを進むのが正解です。
2016年07月30日 07:31撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ暗です。踏み跡も微かでちょっと不安になります。一時も早く斜面に取り付きたい気になりますが、浅い谷沿いを進むのが正解です。
2
暗すぎてブレブレですが、小堰堤を越えます。
2016年07月30日 07:32撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暗すぎてブレブレですが、小堰堤を越えます。
ロープが出てきて正しい道を進んでいることを確信。クモの巣注意。
2016年07月30日 07:33撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープが出てきて正しい道を進んでいることを確信。クモの巣注意。
2
更にはこんな標示も。このルートは国土地理院2万5千分の1地図の破線路です。
2016年07月30日 07:34撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更にはこんな標示も。このルートは国土地理院2万5千分の1地図の破線路です。
1
デコレーションケーキのような二段岩。
2016年07月30日 07:39撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デコレーションケーキのような二段岩。
上に行くほど道が良くなってきました。
2016年07月30日 07:40撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上に行くほど道が良くなってきました。
1
須磨離宮からの道に合流。振り返って見て右が来た道です。
2016年07月30日 07:45撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須磨離宮からの道に合流。振り返って見て右が来た道です。
2
合流後、すぐに栂尾山の展望台が見えてきました。
2016年07月30日 07:46撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流後、すぐに栂尾山の展望台が見えてきました。
1
栂尾山にて。ザックのショルダーベルトが長すぎか。反省!
2016年07月30日 07:49撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栂尾山にて。ザックのショルダーベルトが長すぎか。反省!
1
灌木が伐採されており見晴らし最高!
2016年07月30日 07:47撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灌木が伐採されており見晴らし最高!
08:02 横尾山二等三角点(312.1m)
2016年07月30日 08:02撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08:02 横尾山二等三角点(312.1m)
2
おなじみの須磨アルプス
2016年07月30日 08:12撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おなじみの須磨アルプス
4
妙法寺にあるコース唯一のコンビニ。ここでチョコモナカとアイスコーヒーMをゲット。元気の素です。
2016年07月30日 08:55撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妙法寺にあるコース唯一のコンビニ。ここでチョコモナカとアイスコーヒーMをゲット。元気の素です。
1
高取山の西ピーク、荒熊神社
2016年07月30日 09:30撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高取山の西ピーク、荒熊神社
09:30 高取山三等三角点(319.9m)
2016年07月30日 09:30撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:30 高取山三等三角点(319.9m)
次の目標の菊水山を臨みます。遠いなぁ!
2016年07月30日 09:55撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の目標の菊水山を臨みます。遠いなぁ!
1
こんな舗装路や、
2016年07月30日 10:20撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな舗装路や、
こんな舗装路を登ります。一番の酷所と予想していたのですが日陰が多く助かりました。
2016年07月30日 10:24撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな舗装路を登ります。一番の酷所と予想していたのですが日陰が多く助かりました。
神鉄鵯越駅を過ぎ舗装路を歩きます。ボディブローのようにジワジワと暑さが効いてきたかも。
2016年07月30日 10:49撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神鉄鵯越駅を過ぎ舗装路を歩きます。ボディブローのようにジワジワと暑さが効いてきたかも。
1
菊水BASE前の水場。水を頭から被り生き返りました。空になったペットボトルに水補給。
2016年07月30日 10:59撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菊水BASE前の水場。水を頭から被り生き返りました。空になったペットボトルに水補給。
1
菊水山へのアプローチ。炎天下、ここが地獄道への一丁目一番地か。
2016年07月30日 11:04撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菊水山へのアプローチ。炎天下、ここが地獄道への一丁目一番地か。
2
印象派の風景。写真では表現できてないが光と陰が美しい。
2016年07月30日 11:11撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
印象派の風景。写真では表現できてないが光と陰が美しい。
沙羅の花
2016年07月30日 11:12撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沙羅の花
地獄二丁目、急登が始まります。
2016年07月30日 11:24撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄二丁目、急登が始まります。
1
地獄三丁目、本命の階段が登場。
2016年07月30日 11:28撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄三丁目、本命の階段が登場。
2
こんな景色に癒やされながら・・・
2016年07月30日 11:42撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな景色に癒やされながら・・・
1
11:46 菊水山に到着(三等三角点 458.8m)
もう昼やないか・・・先は未だ長い。
2016年07月30日 11:46撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:46 菊水山に到着(三等三角点 458.8m)
もう昼やないか・・・先は未だ長い。
1
神戸港が正面(ポートタワーが松の木で隠れてしまいました)
2016年07月30日 11:48撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神戸港が正面(ポートタワーが松の木で隠れてしまいました)
正面に鍋蓋山を眺めながら下ります。
2016年07月30日 12:07撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に鍋蓋山を眺めながら下ります。
1
天王寺谷の吊り橋。光がまぶしい
2016年07月30日 12:18撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天王寺谷の吊り橋。光がまぶしい
1
集合写真の如く登ってきた全ての山々が顔を覗かせます。
2016年07月30日 12:41撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
集合写真の如く登ってきた全ての山々が顔を覗かせます。
1
伐採で明るくなった稜線を辿り、
2016年07月30日 12:42撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伐採で明るくなった稜線を辿り、
12:50 鍋蓋山四等三角点(486.2m)に到着。
2016年07月30日 12:50撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:50 鍋蓋山四等三角点(486.2m)に到着。
太龍寺山門を横に見て、
2016年07月30日 13:14撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太龍寺山門を横に見て、
13:26 市ヶ原に到着。
2016年07月30日 13:26撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:26 市ヶ原に到着。
トイレの水を頭にかぶり、摩耶山に向けて出発。
2016年07月30日 13:33撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレの水を頭にかぶり、摩耶山に向けて出発。
耐暑登山者には厳しい光の道。
2016年07月30日 13:41撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
耐暑登山者には厳しい光の道。
1
学校林道と合流し、
2016年07月30日 14:23撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
学校林道と合流し、
1
15:03 ついに摩耶山に到着。ここが地獄と極楽の境界か
2016年07月30日 15:03撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:03 ついに摩耶山に到着。ここが地獄と極楽の境界か
1
街の風景を見ながら、cafe702で遅めの昼食。
2016年07月30日 15:18撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
街の風景を見ながら、cafe702で遅めの昼食。
スパイスの効いたカレーと冷えたビールがサイコ−!ごくらくぅ!
2016年07月30日 15:13撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スパイスの効いたカレーと冷えたビールがサイコ−!ごくらくぅ!
2
猛暑の掬星台は人(ひと)気も少ない。
2016年07月30日 15:25撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猛暑の掬星台は人(ひと)気も少ない。
昼食後はオテル・ド・摩耶へ。お目当てはハーブ風呂。
2016年07月30日 16:29撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食後はオテル・ド・摩耶へ。お目当てはハーブ風呂。
ん? お風呂+ビール+おつまみ=1000円、 自分へのプチご褒美!? 至福のひととき!? キャッチコピーに心揺れますが・・・本日はお風呂のみで我慢します。
2016年07月30日 15:36撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ん? お風呂+ビール+おつまみ=1000円、 自分へのプチご褒美!? 至福のひととき!? キャッチコピーに心揺れますが・・・本日はお風呂のみで我慢します。
その後は一観光客に変身し、
2016年07月30日 16:38撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後は一観光客に変身し、
1
おりひめ号に乗り
2016年07月30日 16:40撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おりひめ号に乗り
街を見下ろしながら、
2016年07月30日 16:42撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
街を見下ろしながら、
ついでにマヤカンの怪しい姿も拝見し、
2016年07月30日 16:45撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついでにマヤカンの怪しい姿も拝見し、
1
ケーブルカーで下山。硬軟取り混じえ充実した一日でした。
2016年07月30日 17:04撮影 by DMC-SZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケーブルカーで下山。硬軟取り混じえ充実した一日でした。
1

感想/記録

夏だから暑いのは当たり前! ということで、耐寒ならぬ耐暑登山を実施しました。
自分いじめが目的ではなく、8月の夏山縦走に向けて自分の夏体力を確認すること、そして猛暑時の水分補給量調査です。
水は保温水筒にコーヒー250ml+ペットボトル500ml 2本を準備し、途中での買い足しを考えていました。

暑さの中、所要時間については春先の六甲縦走時の記録を参考に、30分遅れの14時30分着を第一目標、1時間遅れの15時着を第二目標としました。
目標達成に向け摩耶山でのビール+お風呂が鼻先の人参です。
とはいえ、無理せずバテずに歩くことが最重要課題です。
という堅い話はこの辺にして、以下山行の感想です。

須磨浦公園6時30分、駅ではトレイルランナーが3名。ハイカーの姿はありませんでした。まぁ、この時期ですからそんなもんなんでしょう。
山に入ると蝉しぐれ。クマゼミ、アブラゼミに加え、ヒグラシ、更には気の早いツクツクボウシの声も聞こえてきました。
鉢伏山・旗振山、日差しはさほどきつくはないが、じっとりと汗ばんできました。

栂尾山へはいつもの階段道ではなく、ヤマレコで知った文太郎道を選びます。下草が茂り取り付きが判り難くかったのですが、上に行くほどはっきりとした径になります。
風化した花崗岩の岩には古くに付いたと思われるステップがあり、あの加藤文太郎も歩いていたということで情緒ある径でした。

須磨アルプスを通過し、妙法寺で保温水筒のホットコーヒーが空に。コンビニで買ったアイスコーヒーを補充しました。
高取山を越え、丸山、鵯越の舗装路を歩き菊水山を目指します。このあたりは街中の舗装路ということで、コース最悪の灼熱地獄と考えていましたが、案外、日陰が多くて割とスムーズに通過できました。とはいえ、菊水山取り付きまでにボディブローのようにジワジワ効いてきた気がします。

菊水山は最大の難関。そんな中、菊水BASE手前にある水場はまるで砂漠のオアシスです。先ず頭から水を被り首筋を冷やします。次に帽子もTシャツも水で洗い、濡らしたまま着て全身クールダウンしました。さらに空になったペットボトル1本の水を補給しました。
リフレッシュ後は無理をせずに急坂を登りました。ここも日陰が多く、炎天下の急登を覚悟していた割にはスムーズに登ることが出来ました。ただ山頂で既に正午。途中休憩を多く取ったためか、予定より時間が掛かっていたようです。ゴールの摩耶山のビール&カレーに辿りつくまで先は長い。

鍋蓋山は南面が伐採されており明るく眺めも良くなっていました。夏以外であれば快適な稜線歩きが楽しめます。でもこの時期はそれが恨めしく思えるほどの陽当たりの良さ。山頂は港神戸の眺めがいいところですが、一服することなく先を目指します。

太龍寺を通過し市ヶ原に到着。ここで水場で補充したペットボトルの水がなくなりました。残りはコンビニで買ったアイスコーヒーと最初からのペットボトルが1本。このままで摩耶まで行けそうです。トイレの水で頭と首筋を冷やして再びリフレッシュ。ビールが待つ摩耶山目指し、本日最後で最大の登りに取り掛かります。

天狗道も樹林帯を歩くことが多く、直射日光を浴びるとは少なかったです。この日の最高気温は天狗道で遭遇していますが、登っている頃は頭の中は美味しいビール目指して集中できていました。
アイスコーヒー約300mlとペットボトル半分を費やして摩耶山掬星台に辿りついたのは15時。須磨浦公園を出発して8時間半。第二目標になんとか間に合いました。

cafe702でご褒美の美味しいカレーとビールの昼食を済ませた後、オテル・ド・摩耶で第二のご褒美のハーブ湯で身も心もさっぱりしました。その後はもう汗をかきたくないので、一般行楽客に混じってロープウエーとケーブルカーで優雅に下山。地獄のち極楽の山行でした。

消費した水分
 家から持参したホットコーヒー 250mℓ
 妙法寺のコンビニで買ったアイスコーヒー 300mℓ
 家から持参したペットボトルの水 500mℓ× 2
 途中の水場で補給した水 500mℓ
 途中の水場で飲んだ水 250mℓ
計 2.3ℓ
結果、炎天下では歩行2時間あたり0.5ℓの水分補給が必要と判りました。
訪問者数:159人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/5/11
投稿数: 229
2016/7/31 20:44
 耐暑に対処(しつこい?)
Ham0501さん、こんばんは。
此方へのコメありがとうございました・・ッて、
あっしとは真逆の耐暑レコ。
読ませて戴いた小生としては、これがホントの
「汗顔の至り」ってヤツです(冷や汗?)

須磨アから菊水山、こんな時期には近づこうとも思わない小生ですが
例のプラ階段地獄、ほとんど日陰がないんですねぇ(・・ゴクリ)
で、さらにこっちが真の地獄ではないかと思う稲妻天狗を写真二枚で(!)
サラッと通過しておられるのには全く驚嘆です。
702カレーとビール、こちらまで美味しく(?)拝見しました。

素晴らしい薬師岳山行、行ったことのない場所には
とても偉そうにコメできないので遠慮しておりましたが、
度々興趣溢れるレポに感謝しております。
正直、小生もいつまでもチンタラ登っててはアカン、と思うこと頻りで
サボらず体力涵養して、さらに素晴らしい山を歩けるよう、
焦らず頑張って行こうと思っております。
ありがとうございました
登録日: 2016/1/31
投稿数: 37
2016/7/31 23:06
 Re: 耐暑に対処(しつこい?)
notungさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
実は沢歩きシリーズ第三弾も考えていたのですが、汗いっぱいかいて ドロドロヘトヘトカラカラになった後、カフェでビール 飲んでお風呂 入り、スッキリしてケーブルカー で帰るという究極?の特撰六甲ハイカー向け夏山プランを思いつき、そっちに浮気してしまいました

地獄になると思っていた舗装急坂、菊水山、天狗道は案外日陰が多くて、思っていたほどつらくはなかったというのが実感です。といえば恰好いいようですが、家に帰ってTVを見ていた時に足が痙ってしまったというのが正直なところです  原因がわかればいいのですが・・・

薬師岳でも昼食は小屋の食堂で済ますなど、これからはひたすら歩くだけでなく、幅広く山を楽しんでいこうと思っています
そんな小生にとって、notungさんの角ハイは新たな目標でして、ただ今そのお店を特定中です
次回よりの「究極の六甲避暑シリーズ」に何が飛び出して来るのか、楽しみにしております。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ