ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 928030 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

穂高岳縦走(前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳)岳沢経由

日程 2016年07月29日(金) 〜 2016年07月30日(土)
メンバー amsy10t
天候29日 雲のち霧
30日 雨後雲
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
あかんだな駐車場から濃飛バスで上高地へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間27分
休憩
1時間59分
合計
9時間26分
S上高地バスターミナル05:5706:09河童橋06:1006:22岳沢湿原・岳沢登山口06:2406:497番標識06:5408:04岳沢小屋08:1610:43紀美子平11:2311:36前穂高岳12:0112:28紀美子平12:4514:23穂高岳14:4015:23穂高岳山荘15:23宿泊地
2日目
山行
8時間44分
休憩
1時間18分
合計
10時間2分
穂高岳山荘06:5007:04涸沢岳09:35北穂高岳(北峰)10:1110:22北穂高岳・天場12:25涸沢小屋12:4612:50涸沢12:5213:12Sガレ13:1313:59本谷橋14:0014:27横尾岩小屋跡14:38横尾 (横尾山荘)14:4415:17新村橋(パノラマ分岐)15:28徳澤園15:3716:10徳本口(徳本峠分岐)16:14明神館16:1516:40小梨平(森のリゾート小梨/上高地野営場)16:4116:47河童橋16:52上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
平成28年7月29日(金)
自宅発 2:00
あかんだな駐車場着 4:00
あかんだな駐車場発 4:50
上高地着 5:20
上高地発 5:55
河童橋 6:10
天然クーラー(風穴) 6:55
岳沢小屋着 8:05
岳沢小屋発 8:15
カモシカ立場 9:15
岳沢パノラマ 10:00
紀美子平着 10:55
紀美子平発 11:15
前穂高岳着 11:40
前穂高岳発 11:55
紀美子平着 12:25
紀美子平発 12:40
最低コル 13:10
南陵の頭 14:15
奥穂高岳着 14:25
奥穂高岳発 14:45
穂高岳山荘着 15:25
※夕食は午後5時40分

平成28年7月30日(土)
※朝食は午前5時
穂高岳山荘発 5:55
涸沢岳着 6:25
涸沢岳発 6:35
最低コル 7:55
北穂高分岐 9:20
北穂高岳着 9:35
北穂高小屋着 9:45
北穂高小屋発 10:00
北穂高岳 10:05
北穂高分岐 10:15
涸沢小屋着 12:25
涸沢小屋発 12:45
本谷橋 14:00
横尾山荘着 14:40
横尾山荘発 14:45
新村橋 15:15
徳澤着 15:30
徳澤発 15:35
明神館 16:15
河童橋 16:45
上高地着 16:50
上高地発 17:00
あかんだな駐車場着 17:30
あかんだな駐車場発 17:55
ひらゆの森着 18:00
ひらゆの森発 19:00
自宅着 21:15


コース状況/
危険箇所等
危険箇所多し
その他周辺情報平湯温泉 ひらゆの森
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

久しぶりに上高地にやってきました。これからの穂高岳縦走が楽しみです。
2016年07月29日 05:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりに上高地にやってきました。これからの穂高岳縦走が楽しみです。
河童橋を渡りました。
2016年07月29日 06:11撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋を渡りました。
梓川がきれいです。
2016年07月29日 06:21撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梓川がきれいです。
水が透き通っていて美しい!!
2016年07月29日 06:34撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水が透き通っていて美しい!!
1
風穴ですが、思ったより涼しい風は来ませんでした。
2016年07月29日 07:05撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風穴ですが、思ったより涼しい風は来ませんでした。
岳沢小屋までどれくらいかわかるので、こういった表示は助かります。
2016年07月29日 07:23撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢小屋までどれくらいかわかるので、こういった表示は助かります。
1
岳沢小屋です。昼食をテラスで食べて、重太郎新道に向かいます。
2016年07月29日 08:18撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢小屋です。昼食をテラスで食べて、重太郎新道に向かいます。
重太郎新道は南岳新道と同様につらいコースです。登りはきついです。
2016年07月29日 09:03撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重太郎新道は南岳新道と同様につらいコースです。登りはきついです。
3
長いハシゴです。
2016年07月29日 09:41撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長いハシゴです。
2
雷鳥広場に来ました。
2016年07月29日 10:46撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥広場に来ました。
1
紀美子平でザックを置いて、前穂高岳の頂上に来ました。
2016年07月29日 11:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紀美子平でザックを置いて、前穂高岳の頂上に来ました。
3
吊尾根もきつい道です。途中で雷鳥の親子に出会いました。
2016年07月29日 13:12撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊尾根もきつい道です。途中で雷鳥の親子に出会いました。
1
南陵の頭です。もうちょっとで奥穂高岳の頂上です。
2016年07月29日 14:26撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南陵の頭です。もうちょっとで奥穂高岳の頂上です。
2
奥穂高岳の頂上に到達いたしました。これで富士山から槍ヶ岳までベスト5を制覇しました。
2016年07月29日 14:37撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高岳の頂上に到達いたしました。これで富士山から槍ヶ岳までベスト5を制覇しました。
3
頂上を下りて穂高岳山荘に向かいます。
2016年07月29日 15:08撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上を下りて穂高岳山荘に向かいます。
もう少しで穂高岳山荘ですが、ここの下りは超キツイです。後ほど知りましたが、数時間前に80代の男性が滑落してお亡くなりになったそうです。ご冥福を祈ります。
2016年07月29日 15:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで穂高岳山荘ですが、ここの下りは超キツイです。後ほど知りましたが、数時間前に80代の男性が滑落してお亡くなりになったそうです。ご冥福を祈ります。
2
夕食後、山小屋から奥穂高岳が見えました。
2016年07月29日 19:25撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食後、山小屋から奥穂高岳が見えました。
2
穂高岳山荘の朝食です。朴葉味噌もあります。
2016年07月30日 05:15撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘の朝食です。朴葉味噌もあります。
1
涸沢岳頂上です。雨天のため誰もいません。
2016年07月30日 06:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳頂上です。雨天のため誰もいません。
3
これからこれまでで最もキツイ北穂高岳までの道を行きます。
2016年07月30日 06:52撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これからこれまでで最もキツイ北穂高岳までの道を行きます。
2
ここが一番怖かった。ひるんで一旦戻ろうと思いました。クサリはありますが、足元が全く見えません。
2016年07月30日 06:56撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが一番怖かった。ひるんで一旦戻ろうと思いました。クサリはありますが、足元が全く見えません。
4
涸沢のコルに到着しました。ここの直前に最低コルと思った場所がありましたが、ニセ涸沢のコルと呼ばれるところでした。
2016年07月30日 07:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢のコルに到着しました。ここの直前に最低コルと思った場所がありましたが、ニセ涸沢のコルと呼ばれるところでした。
2
亀の頭に見えます。
2016年07月30日 08:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亀の頭に見えます。
1
北穂高分岐にようやく到着しました。苦しい道のりでした。あと少しで北穂高岳山頂です。
2016年07月30日 09:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂高分岐にようやく到着しました。苦しい道のりでした。あと少しで北穂高岳山頂です。
3
北穂高岳頂上です。ここの山頂は意外と広いです。
2016年07月30日 09:52撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂高岳頂上です。ここの山頂は意外と広いです。
3
北穂高小屋に着きました。北穂高岳頂上からすぐ下にあります。一瞬、キリが晴れて槍ヶ岳までの大キレットが見えました。そこを歩いている人たちが数人見えました。
2016年07月30日 09:58撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂高小屋に着きました。北穂高岳頂上からすぐ下にあります。一瞬、キリが晴れて槍ヶ岳までの大キレットが見えました。そこを歩いている人たちが数人見えました。
2
凄い!!
2016年07月30日 10:20撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凄い!!
4
長い道のりです。
2016年07月30日 10:31撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い道のりです。
1
長いハシゴです。
2016年07月30日 11:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長いハシゴです。
1
横尾大橋(吊橋)に着きました。
2016年07月30日 14:47撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾大橋(吊橋)に着きました。
横尾山荘です。多くの人たちで賑わっています。
2016年07月30日 14:57撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾山荘です。多くの人たちで賑わっています。
ようやく徳澤園に到着しました。
2016年07月30日 15:39撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく徳澤園に到着しました。
徳澤園名物のソフトクリーム(400円)です。うま〜い!!
2016年07月30日 15:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳澤園名物のソフトクリーム(400円)です。うま〜い!!
1
涸沢フェスがやっていました。昨年秋田県八峰町でお見かけした田中陽希さんの午後7時45分からトークショーがあるそうですが、時間がないので先を急ぎます。
2016年07月30日 15:48撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢フェスがやっていました。昨年秋田県八峰町でお見かけした田中陽希さんの午後7時45分からトークショーがあるそうですが、時間がないので先を急ぎます。
明神館に着きました。もう少しです。
2016年07月30日 16:25撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神館に着きました。もう少しです。
明神岳です。
2016年07月30日 16:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神岳です。
2
白沢出合・徳本峠入り口です。昔はここを通っていたそうです。
2016年07月30日 16:22撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白沢出合・徳本峠入り口です。昔はここを通っていたそうです。
1
やったー!!上高地に到着しました。辛かったですが、達成感はあります。
2016年07月30日 17:07撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やったー!!上高地に到着しました。辛かったですが、達成感はあります。
2

感想/記録

天候は霧や雨でよくなかったですが、ようやく念願だった穂高縦走ができました。穂高岳山荘から北穂高岳までの道のりは難所が多く厳しく、何度も岩に脛や膝を打ちましたが、乗り越えた充実感があります。
最初の重太郎新道は非常に長い道のりで紀美子平にいつ着くか不安でした。そこから前穂高岳の往復も意外と浮石が多く歩きにくかったです。吊尾根に入ったところも厳しい岩登りがありましたが、乗り越えた後、すぐに雷鳥の親子に会うことができました。

奥穂高岳に登頂できたときは感無量でした。穂高岳山荘までの最後のところもみなさんがコメントされるとおり厳しい下りでした。
翌日の涸沢岳から北穂高岳までは、ほとんどすれ違う人もいなかったため不安でした。特に最初の難所のクサリ場は足元がほとんど見えないため、一瞬戻ろうかと思いましたが、勇気を出して一歩一歩確認しながら丁寧に下りました。また、雨でクサリやハシゴが濡れて滑らないように気を付けました。北穂分岐から涸沢小屋までの北穂南稜は疲れがピークに達し、クサリ場やハシゴが多くつらい下山となりましたが、歯を食いしばって頑張りました。涸沢からは重い荷物で鎖骨が痛くなり、親指の痛みもありましたが、帰りのシャトルバスの時間も気になり、早歩きで時に走りました。そのため、涸沢から上高地バスターミナルまでは長い道のりでしたが、最終バスの2本前に上高地に着きました。途中、徳澤で「ヤマケイ涸沢フェスティバル2016」が開催されており、日本百名山と日本二百名山を踏破したプロアドベンチャーレーサーの田中陽希さんの講演が午後7時45分からありました。(昨年、秋田県八峰町のホテルでお見かけしましたが、声をかけるのを躊躇してしまい、後で後悔しました。しかし、今回は時間がないのであきらめました。)また、徳澤園名物のソフトクリームは、大のソフトクリーム好きにはたまらないご褒美となりました。
最後に、この穂高縦走は長い縦走路でつらく厳しい道のりでしたが、達成感・充実感・満足感はとても大きかったので、一生忘れないものとなりました。
訪問者数:569人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

24c
登録日: 2013/3/4
投稿数: 35
2016/8/2 6:47
 やりましたね。
amsy10tさん、こんにちは。
ご無沙汰しております。
穂高岳の縦走、単独かつ山荘泊でやり遂げましたね。
素晴らしいです。本当に頑張りましたね。
私も来年度は同じ周回ルートにチャレンジしてみたくなりました。
登録日: 2014/1/20
投稿数: 110
2016/8/4 21:58
 はじめまして、amsy10tさん(^.^)
yamanekoruruと申します。
穂高岳縦走おめでとうございます。
このコース、私もいつか行ってみたいと思っているのですが、
逆回りの方が良いのか悩んでいます。
若いくないし、ゆっくりペースなので3日間で予定しているのですが、
参考にご意見伺えたらと思いコメントさせていただきました。
宜しくお願いします<(_ _)>
登録日: 2014/9/16
投稿数: 1
2016/8/28 8:28
 ありがとうございます。
このルートは最初の重太郎新道や吊尾根は急登で、奥穂高岳近くはクサリ場も多く年配者の方が引き返してました。特に穂高岳山荘が見える最後の下りはちょっと危険です。翌日の穂高岳山荘から北穂高岳までは雨ですれ違う人も数人で追い抜く人や追い抜いた人はいませんでした。特に涸沢岳から最初のクサリ場は足場が見えず雨や霧でしたので、一瞬引き返そうと思いました。北穂高岳から涸沢までも以外と厳しく標準タイムを少しオーバーしていました。涸沢からは楽な下りでしたが、上高地まで長く感じました。以上が私なりの感想です。ありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ