ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 928047 全員に公開 ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

安達太良山 (二本松駅から奥岳便利用 周回)

日程 2016年07月30日(土) [日帰り]
メンバー nib6620
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
(往路)8:15二本松駅発シャトルバスー9:05奥岳着
(復路)14:40奥岳発ー15:00岳温泉着−(入浴)−15:37岳温泉発−16:01二本松駅着
福島交通バス http://www.fukushima-koutu.co.jp/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
49分
合計
5時間9分
S奥岳登山口09:0710:17勢至平分岐10:34金明水10:3510:38塩沢分岐10:44くろがね小屋11:0911:45峰の辻11:5012:13安達太良山12:2612:56仙女平分岐13:16薬師岳13:2113:29五葉松平14:16奥岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
奥岳登山口からの周回コース
峰の辻からくろがね小屋の坂が崩れやすく下山は滑りやすい。
その他周辺情報くろがね小屋 カップヌードル300円 山バッチ580円
岳温泉 日帰り入浴情報 http://www.dakeonsen.or.jp/pdf/hig-20160401.pdf
    温泉街マップ http://www.dakeonsen.or.jp/map.stm
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ パーカー ズボン 靴下 手袋 雨具 帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料(1L) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドライト 予備電池 (GPS) 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ポケットティッシュ 保険証 携帯電話 時計 サングラス タオル Suica カメラ シート 熊鈴 お金

写真

二本松駅からシャトルバスに乗って奥岳登山口に到着。バスでは全員座れた。
2016年07月30日 09:08撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二本松駅からシャトルバスに乗って奥岳登山口に到着。バスでは全員座れた。
1
スキー場の横を登って登山口へ
2016年07月30日 09:19撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場の横を登って登山口へ
1
あだたら渓谷自然遊歩道は終点で登山道と合流
2016年07月30日 09:30撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あだたら渓谷自然遊歩道は終点で登山道と合流
1
ジープが登れる馬車道と登山道の旧道に分かれる
2016年07月30日 09:34撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジープが登れる馬車道と登山道の旧道に分かれる
1
ショートカットの旧道を選ぶ
2016年07月30日 09:36撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショートカットの旧道を選ぶ
1
旧道と馬車道は何度も交わるので途中で変更が可能
2016年07月30日 09:46撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧道と馬車道は何度も交わるので途中で変更が可能
1
薄紫色のギボウシ(擬宝珠:ユリ科)がたくさん自生していて花盛り
2016年07月30日 10:15撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄紫色のギボウシ(擬宝珠:ユリ科)がたくさん自生していて花盛り
2
白いモコモコのキクのような花を咲かせるヤマハハコ(山母子:キク科)
2016年07月30日 10:17撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白いモコモコのキクのような花を咲かせるヤマハハコ(山母子:キク科)
1
勢至平分岐 くろがね小屋を経由しない場合はこちらから
2016年07月30日 10:24撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勢至平分岐 くろがね小屋を経由しない場合はこちらから
1
赤桃がなまったらしいアカモノ(赤物:ツツジ科)別名はイワハゼ 食べられるらしい
2016年07月30日 10:28撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤桃がなまったらしいアカモノ(赤物:ツツジ科)別名はイワハゼ 食べられるらしい
1
あら、もう紅葉?
2016年07月30日 10:35撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あら、もう紅葉?
1
水神様が祭られている。水場なのかな?
2016年07月30日 10:36撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水神様が祭られている。水場なのかな?
1
硫黄臭が漂う谷間にくろがね小屋が見える
2016年07月30日 10:44撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄臭が漂う谷間にくろがね小屋が見える
1
小屋で買ったカップヌードルと持参したおにぎりでちょっと早めの昼食をとる
2016年07月30日 10:50撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋で買ったカップヌードルと持参したおにぎりでちょっと早めの昼食をとる
2
もうすでに硫黄臭は感じ無くなっているみたい
2016年07月30日 10:51撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすでに硫黄臭は感じ無くなっているみたい
1
虫も止まるスペースが無いくらい、すっごく小さい花だけど、ちゃんとつつじの形をしている
2016年07月30日 11:18撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虫も止まるスペースが無いくらい、すっごく小さい花だけど、ちゃんとつつじの形をしている
1
ブルーベリーみたいでおいしそうなクロマメノキ(黒豆の木:ツツジ科)別名はアサマブドウ これも食べられる
2016年07月30日 11:28撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブルーベリーみたいでおいしそうなクロマメノキ(黒豆の木:ツツジ科)別名はアサマブドウ これも食べられる
3
くろがね小屋から峰の辻への登り 崩れやすい坂がある 下山するのは滑って大変そう
2016年07月30日 11:32撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くろがね小屋から峰の辻への登り 崩れやすい坂がある 下山するのは滑って大変そう
1
新旧二世代の松ぼっくりが付いている五葉松
2016年07月30日 11:38撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新旧二世代の松ぼっくりが付いている五葉松
1
鮮やかな黄色の花がガレ場で目を引くハイオトギリ(這弟切:オトギリソウ科)
2016年07月30日 11:40撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鮮やかな黄色の花がガレ場で目を引くハイオトギリ(這弟切:オトギリソウ科)
1
峰の辻付近からの篭山
2016年07月30日 11:42撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の辻付近からの篭山
1
峰の辻に到着
2016年07月30日 11:52撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の辻に到着
1
峰の辻から山頂へは一度下ってから登った
2016年07月30日 11:54撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の辻から山頂へは一度下ってから登った
2
峰の辻から牛の背を回って山頂に登るルートもある
2016年07月30日 12:26撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の辻から牛の背を回って山頂に登るルートもある
1
山頂に到着
2016年07月30日 12:32撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着
3
乳首にのぼってみる
2016年07月30日 12:31撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乳首にのぼってみる
2
山頂からの和尚山
2016年07月30日 12:35撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの和尚山
1
晴れて来たのに残念だけど早めに薬師岳へ向けて下山開始
2016年07月30日 12:47撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れて来たのに残念だけど早めに薬師岳へ向けて下山開始
1
ゴンドラまでの道は木道が付いていて歩きやすい
2016年07月30日 13:19撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラまでの道は木道が付いていて歩きやすい
1
薬師岳から安達太良山山頂
2016年07月30日 13:23撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳から安達太良山山頂
2
薬師岳からの展望
2016年07月30日 13:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳からの展望
2
ゴンドラリフトの駅が見える
2016年07月30日 13:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラリフトの駅が見える
1
智恵子さんの言葉
2016年07月30日 13:28撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
智恵子さんの言葉
1
五葉松平を通過 どんどん天気がよくなる
2016年07月30日 13:37撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五葉松平を通過 どんどん天気がよくなる
1
あだたら高原スキー場から振り返る
2016年07月30日 14:10撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あだたら高原スキー場から振り返る
1
帰りはバスの乗継ぎで岳温泉で入浴 たくさんの温泉宿で日帰り入浴が可能
2016年07月30日 15:38撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りはバスの乗継ぎで岳温泉で入浴 たくさんの温泉宿で日帰り入浴が可能
2
バスターミナルに近い”ヘルシーパルあだたら”をチョイス 露天風呂が温かくて良かった
2016年07月30日 15:35撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスターミナルに近い”ヘルシーパルあだたら”をチョイス 露天風呂が温かくて良かった

感想/記録

ゴールデンウィークに計画をしたのに、天候不順で登れなかった安達太良山。梅雨が明けてもオホーツク海高気圧の優勢ですぐには暑くならないという天気予報を信じて登ってみた。地元の人達は「暑かったでしょ」と言うけれど、ヒートアイランドの東京から行った私にはそれほどでも無い(・・・と強がってみる)
 夏休みの週末とあって大勢の家族連れが登山を楽しんでいた。飛び交う福島弁を聞いていると、地元の人に愛されている山なのだなと思う。この山をウオーキングコースにしているのか、超高速歩行のおじいさん達が多かったのもこの山の特徴。
登山道には たくさんの高山植物が花を咲かせていたが、中にはもう実をつけ始めているものもあり、早くも花レポが木の実レポになりつつある。秋は着実に近づいていると感じた。
 利用した奥岳へのシャトルバスは行きと帰りの一便のみ。標準コースタイムで歩かないと間に合わないので、下山で渋滞すると難しいかもと思い、勿体無いが早めに下山した。帰りは岳温泉止まりなので路線バスに乗り継ぐ。岳温泉からのバスは便数が多いので、ゆっくり温泉につかることができる。岳温泉ではたくさんの温泉宿が日帰り入浴をしていて、登山者にもフレンドリーな感じだった。
訪問者数:261人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ