ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 928065 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

唐松岳〜五竜岳(高山植物花盛り♪)

日程 2016年07月29日(金) 〜 2016年07月30日(土)
メンバー tomoshigeuchiyasu
天候7/29 曇り時々晴れ、7/30 曇り時々晴れ、時々雨
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
往路:長野〜白馬八方BT
復路:五竜遠見エスカルプラザ〜八方BT〜長野
下山後、五竜エスカルプラザから、20分歩いて、長野行バス停まで歩くのがイヤなのと、バス停に何もないので、一度、八方BTに行き、そこで、特急バスを待ちました。
モンベル2階に更衣室もあり、近くに八方の湯(私たちは入らなかった)やコンビニがあり、便利。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間47分
休憩
1時間30分
合計
4時間17分
S八方池山荘10:4311:07石神井ケルン11:1111:19八方山11:38八方池11:5812:38扇雪渓12:4712:58丸山13:0613:42唐松岳頂上山荘14:0214:19唐松岳14:4815:00唐松岳頂上山荘
2日目
山行
7時間54分
休憩
1時間36分
合計
9時間30分
唐松岳頂上山荘06:1507:51大黒岳07:5208:42遠見尾根分岐08:44白岳08:4508:54五竜山荘09:0509:58五竜岳10:4311:35五竜山荘12:0312:08白岳12:0913:11西遠見山13:46大遠見山14:15中遠見山14:1814:33小遠見山15:23地蔵の頭15:2815:44白馬五竜アルプス平15:4515:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
唐松山荘から、唐松岳へ、ライチョウさんに導かれて登山なので、ゆっくりめ(笑)
コース状況/
危険箇所等
牛首はいわずとしれた、鎖の連続で気を使います。
岩も剥がれやすい。反対方向から来た男の方の掴んだ岩が、ばっくり剥がれて、こちらまで、ヒヤッと。足場は必ずあるので、鎖も使い3点支持で確実に。

遠見尾根の白岳の鎖場は雨だと滑ります。4か所ほど、鎖場あり。
その他周辺情報五竜遠見テレキャビン 最終16:30。
長野行特急バス 白馬八方BT周辺の方がいろいろ設備があって便利。白馬五竜BTは何もありません。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

オトギリソウ、こんなに固まって咲いているのをみたのは初めてかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オトギリソウ、こんなに固まって咲いているのをみたのは初めてかも。
2
ナデシコもきれい。群落だとまた綺麗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナデシコもきれい。群落だとまた綺麗
2
八方池、たくさんのツアーやら高校生?(前日唐松山荘に宿泊してたそうです)で大賑わい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方池、たくさんのツアーやら高校生?(前日唐松山荘に宿泊してたそうです)で大賑わい。
別名レースフラワー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別名レースフラワー
ハクサンシャジンもたくさん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンシャジンもたくさん
1
アザミとボウフウのツーショット
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アザミとボウフウのツーショット
1
ウメバチソウが咲き始めてました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウメバチソウが咲き始めてました
1
カライトソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カライトソウ
1
イブキジャコソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブキジャコソウ
2
マルバイワシモツケ
結構この花も好き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マルバイワシモツケ
結構この花も好き
1
キヌガサソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キヌガサソウ
1
今回、チングルマをイヤというほど、見た。一部、羽毛になっているのもあったけれど、満開でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回、チングルマをイヤというほど、見た。一部、羽毛になっているのもあったけれど、満開でした。
1
ライチョウさんに導かれて、唐松岳アタック。傍にヒナも4羽ほどいました。親鳥の1羽が先導してくれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ライチョウさんに導かれて、唐松岳アタック。傍にヒナも4羽ほどいました。親鳥の1羽が先導してくれました。
1
ヒナは、岩から滑り落ちたりしてかわいかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒナは、岩から滑り落ちたりしてかわいかった。
2
登山道を進む、ライチョウくん。人を恐れないんですね。逃げません。追い越すのが悪い気がして、ずっとついていきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道を進む、ライチョウくん。人を恐れないんですね。逃げません。追い越すのが悪い気がして、ずっとついていきました
2
山頂で粘っていると、五竜岳が現れてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で粘っていると、五竜岳が現れてきました
雪渓、迫力あるなぁ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓、迫力あるなぁ
山荘近くで、コマクサがたくさん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘近くで、コマクサがたくさん
1
山荘前で唐松岳をみながら、まったりビール
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘前で唐松岳をみながら、まったりビール
1
お花畑の斜面、ハクサンフウロとシナノキンバイ・ミヤマキンポウゲの群落が見事だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑の斜面、ハクサンフウロとシナノキンバイ・ミヤマキンポウゲの群落が見事だった
唐松山荘横はすごいお花畑です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松山荘横はすごいお花畑です。
2
唐松岳と不帰の剣
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松岳と不帰の剣
4
出発前、牛首とこれからいく五竜岳のツーショット
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発前、牛首とこれからいく五竜岳のツーショット
牛首の途中にコマクサの群落が!
ここは種蒔いたわけではなく、本当に自然のままなんでしょうね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛首の途中にコマクサの群落が!
ここは種蒔いたわけではなく、本当に自然のままなんでしょうね。
牛首は岩場の花が多かった。イワギキョウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛首は岩場の花が多かった。イワギキョウ
1
ミミナグサの仲間
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミミナグサの仲間
1
今年お初のトウヤクリンドウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年お初のトウヤクリンドウ
2
高山植物咲き乱れる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高山植物咲き乱れる
1
オオレイジンソウ。牛首終わると、少し樹林帯も通ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオレイジンソウ。牛首終わると、少し樹林帯も通ります。
1
こんなにキヌガサソウが並んで咲くのも初めてみた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなにキヌガサソウが並んで咲くのも初めてみた。
天気まぁまぁ、アタックします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気まぁまぁ、アタックします
1
唐松と牛首・・・といいいたくなるくらい、牛首(大黒岳?)ってとがってる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松と牛首・・・といいいたくなるくらい、牛首(大黒岳?)ってとがってる。
雨が止んで、五竜岳を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が止んで、五竜岳を振り返る
雨がふったりやんだりだったが、写真を取れたのはラッキー。道中、お会いした方とも、見えてよかったですね、と会話しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨がふったりやんだりだったが、写真を取れたのはラッキー。道中、お会いした方とも、見えてよかったですね、と会話しました。
鹿島槍や残念!片耳か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍や残念!片耳か?
よく下りてきたなぁ、感慨にふけってしまう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく下りてきたなぁ、感慨にふけってしまう。
2日間、楽しかった!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日間、楽しかった!

感想/記録

このコース、この時期、特に高山植物が豊富でゆっくり歩きたいコースです。
1日目、唐松山荘までなので、写真撮ったりしながら、ゆっくり上がりました。
早朝の方は、八方から上がって、一気に五竜山荘まで行く方が多いようですが、
当日朝、長野駅着となると、このくらいの行程でしょうか。私自身は、本当は夏山で15時くらいまで動きたくない。
小屋に宿泊手続きをして、空身で、唐松岳へ。山頂、ガスが多くて剣や白馬方面は見えませんでしたが、翌日行く五竜岳、牛首〜五竜のコースが見れて、大満足。
下山後は小屋の外で、唐松岳をみながら、生ビール!
1日目の唐松山荘は、金曜日のせいか、布団は一人1枚、ゆったりと寝れました。
今回、天気予報が変わりがちで、2日目少しでも雨マークがあったら、牛首通過無理せず、下山してもいいかな、と思っていましたが、翌日の出発時点でまぁまぁの天気。予定通り、五竜山荘へ向かうことにしました。牛首からみた五竜岳がカッコよい!慎重に牛首を通過。道が乾いていて、ラッキーでした。一息つく場所も結構ありました。よく写真でみる、「ここは牛首」とか「転落死亡事故発生」みたいな看板はなかったような。五竜山荘に到着後、ガスが薄かったので、山頂アタック。山頂ではガスが多かったものの、青空!長野山岳パトロールの方や、富山営林署のパトロールの方とも会話を楽しみ、40分ほど眺望を楽しみました。
下山後、早めに下りてこられたので、宿泊も混みそうだし、下山してしまおうか、、ということになりました。
本当は、唐松山荘、五竜山荘にそれぞれ泊まって、ゆっくり花と展望、山荘でゆったりまったり小屋の外でお酒、というコースを考えていましたが、五竜山荘が激混み、とのことで、2日目五竜岳に登った後、行程短縮、下山しました。16:30の最終キャビンに間に合いそうだったので、雨は心配だったけれど下山決定。「勇気ある撤退?」と言って、宿泊諦めて、遠見尾根下山していったテン泊装備なのに日帰りのお兄さんもいました。
白岳過ぎてから、雨がパラパラ、鎖場で滑りやすい岩を注意して下山。その日一番雨が強かったのと、最終キャビンの時間があったので、写真は断念。その日は天気が変わりやすかった、雨が降ったり、晴れたり、お天気雨だったり。それでも遠見尾根から見えた、五竜や鹿島槍(一部?)、スケールの大きい雪渓をみて、大満足で下山しました。
花は、いちいち写真を撮りきれないくらいたくさん!
遠見尾根では、八方尾根ではみられなかった、ミヤマアズマギクがたくさんあったのが印象的!
訪問者数:459人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ