ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 928156 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

龍王岳・剱御前〜大日岳 ピークを拾いに

日程 2016年07月28日(木) 〜 2016年07月30日(土)
メンバー luneoba
天候28日 曇・ガス 午後一時雨
29日 朝晴れ 7時ごろよりガス
30日 ガス時々小雨 称名滝下山後は晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
立山駅前一番近い駐車場(夜中2時半到着時、8割方埋まっていました)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間50分
休憩
28分
合計
7時間18分
Sスタート地点09:1910:25一の越山荘10:2710:52浄土山南峰10:5311:02龍王岳11:0711:18浄土山南峰11:36一の越山荘12:48雄山12:5913:15立山13:19大汝休憩所13:32富士ノ折立13:3314:02真砂岳14:0315:12剱御前小舎15:49剱御前15:5616:37剱御前小舎
2日目
山行
4時間6分
休憩
31分
合計
4時間37分
剱御前小舎06:3207:23新室堂乗越07:36室堂乗越07:4108:282511mピーク08:2908:41カガミ谷乗越08:55奥大日岳08:5709:08奥大日岳三角点09:3010:52中大日岳10:5311:09大日小屋
3日目
山行
3時間10分
休憩
10分
合計
3時間20分
大日小屋05:3807:12大日平山荘07:2208:06牛ノ首08:52大日岳登山口08:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
〇龍王岳・・・五色ケ原への縦走路からそれます。踏み跡はありますが道標はありません。
〇剱御前三角点・・・剱御前のピークは小屋のすぐ前。三角点は30分ほど先。道標はありませんが、ルートははっきりしています。手前の花畑が素晴らしかった。

〇大日小屋〜称名滝大日岳登山口・・・大日平の木道区間以外、かなりの激下りです。特に大日平から下は相次ぐ鉄梯子、鎖場。登りには絶対使いたくないと思いました。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

前日の停電の影響で立山ケーブル運行休止。
直通バスだけの輸送なので、1時間半ほども待たされました。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日の停電の影響で立山ケーブル運行休止。
直通バスだけの輸送なので、1時間半ほども待たされました。

1
9:20 やっと室堂出発。
稜線はガスってるよ・・(×_×;)
ま、いいんだけどね、今日の目的は龍王岳と剱御前のピークを踏むことだけですから〜


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:20 やっと室堂出発。
稜線はガスってるよ・・(×_×;)
ま、いいんだけどね、今日の目的は龍王岳と剱御前のピークを踏むことだけですから〜


1
先ずは一ノ越を目指してGO!
前後を歩く方と、何やかや言葉を交わしながらъ(^ー^)
翌日剣を目指す方が多かった。


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ずは一ノ越を目指してGO!
前後を歩く方と、何やかや言葉を交わしながらъ(^ー^)
翌日剣を目指す方が多かった。


チングルマ。
一ノ越まではいつも雪が遅くまで残っているので、思ったより花が残っていました。


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマ。
一ノ越まではいつも雪が遅くまで残っているので、思ったより花が残っていました。


1
富山大学環境調査隊の方々。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富山大学環境調査隊の方々。

1
一ノ越は大変なことに!
学校登山の小学生、中学生の大集団で大賑わい!

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ越は大変なことに!
学校登山の小学生、中学生の大集団で大賑わい!

雄山への登山道も数珠つなぎです。
ザックをデポし龍王岳に向かいます。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山への登山道も数珠つなぎです。
ザックをデポし龍王岳に向かいます。

東斜面、御山谷の斜面は花畑!

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東斜面、御山谷の斜面は花畑!

登山道も結構花が咲いていた。
ワツメクサとイワギキョウ。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道も結構花が咲いていた。
ワツメクサとイワギキョウ。

富山大学立山研究所。
ここから五色ケ原への縦走路に。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富山大学立山研究所。
ここから五色ケ原への縦走路に。

・・と言っても、目指す龍王岳は目の前。
ほとんどの人は、こんなピーク、気にも留めないで西側の巻き道を行きます。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・と言っても、目指す龍王岳は目の前。
ほとんどの人は、こんなピーク、気にも留めないで西側の巻き道を行きます。

標識はありませんが、踏み跡があるので取り付きはすぐに分かりました。
見下ろすと、巻き道を行く人たち。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識はありませんが、踏み跡があるので取り付きはすぐに分かりました。
見下ろすと、巻き道を行く人たち。

龍王岳山頂です。(標高2872メートル)。100高山の38番目のピークです。


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍王岳山頂です。(標高2872メートル)。100高山の38番目のピークです。


1
一ノ越に戻り、雄山への行列に加わります。
まだまだ子どもたちで大渋滞。先生から指導を受けているのか、誰も「こんにちは〜」と言わないのが救われます(^▽^;)>゛
ヒーヒー登りながら、挨拶を返すのは辛いですからね。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ越に戻り、雄山への行列に加わります。
まだまだ子どもたちで大渋滞。先生から指導を受けているのか、誰も「こんにちは〜」と言わないのが救われます(^▽^;)>゛
ヒーヒー登りながら、挨拶を返すのは辛いですからね。

1
立山山岳ガイドの佐伯知彦さん。
立山ガイドの草分け「佐伯平蔵」の四代目の方です。
子どもらを引率して下りてきたのですが、思わず声を掛けミーハーなオバチャンぶりを曝け出してしまいました。恥ずかし・・《;~Д~》


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山山岳ガイドの佐伯知彦さん。
立山ガイドの草分け「佐伯平蔵」の四代目の方です。
子どもらを引率して下りてきたのですが、思わず声を掛けミーハーなオバチャンぶりを曝け出してしまいました。恥ずかし・・《;~Д~》


6
雄山も大賑わい。ガスで展望はなし。
山頂の雄山神社をスルーして縦走路へ。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山も大賑わい。ガスで展望はなし。
山頂の雄山神社をスルーして縦走路へ。

2
大汝休憩所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大汝休憩所。
富士の折立ピーク分岐。ここもパス。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士の折立ピーク分岐。ここもパス。

ガレガレを下ります。
真砂沢カールの雪渓も例年よりずいぶん少ないような気がします。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレガレを下ります。
真砂沢カールの雪渓も例年よりずいぶん少ないような気がします。

真砂沢カール付近も花が結構咲いていました。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真砂沢カール付近も花が結構咲いていました。

別山に登り返しの頃からガスが濃くなりバラバラと雨が降ってきました。慌ててカッパを着こみます。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山に登り返しの頃からガスが濃くなりバラバラと雨が降ってきました。慌ててカッパを着こみます。

別山の巻き道ルートをとります。
残雪の多い年は通行できませんが、今年は雪はまったく無し。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山の巻き道ルートをとります。
残雪の多い年は通行できませんが、今年は雪はまったく無し。

15:00 剱御前小舎到着。手続きだけ済ませて剱御前の三角点を目指します。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:00 剱御前小舎到着。手続きだけ済ませて剱御前の三角点を目指します。

小屋のすぐ上(10分弱)の剱御前山頂。
三角点はここから更に20分ほど尾根を辿ります。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋のすぐ上(10分弱)の剱御前山頂。
三角点はここから更に20分ほど尾根を辿ります。

1
一番左が剱御前の三角点のあるピークです。
時々ガスが流れ、目の前に剱岳が見えかけます・・が、またガスに隠れてしまう。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番左が剱御前の三角点のあるピークです。
時々ガスが流れ、目の前に剱岳が見えかけます・・が、またガスに隠れてしまう。

1
三角点手前、緩やかに広がった尾根は素晴らしい花畑でした。
剱はやっぱり見えそうで見えない。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点手前、緩やかに広がった尾根は素晴らしい花畑でした。
剱はやっぱり見えそうで見えない。

アオノツガザクラ、ハクサンイチゲ、チングルマ、コイワカガミ、ハクサンフウロetc.もう、一面の花畑。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アオノツガザクラ、ハクサンイチゲ、チングルマ、コイワカガミ、ハクサンフウロetc.もう、一面の花畑。

6
ヨツバシオガマも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマも。
2
剱が・・・見え・・・ない・・・

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱が・・・見え・・・ない・・・

三角点にて一応記念撮影。
傾いていますが・・(^▽^;)>゛

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点にて一応記念撮影。
傾いていますが・・(^▽^;)>゛

3
『山と高原地図』(昭文社)にはまだ破線でルートが載っていますが、実際は通行困難の様子。痩せ尾根とハイマツの厳しいルートだと聞きました。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
『山と高原地図』(昭文社)にはまだ破線でルートが載っていますが、実際は通行困難の様子。痩せ尾根とハイマツの厳しいルートだと聞きました。

小屋に戻り夕食。
西の空がほんの少しピンクになっただけの日没。
でも夜中は満天の星、剱も黒々とシルエット。
翌日のご来光に期待したのですが・・・・


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋に戻り夕食。
西の空がほんの少しピンクになっただけの日没。
でも夜中は満天の星、剱も黒々とシルエット。
翌日のご来光に期待したのですが・・・・


1
翌朝、ご来光の時刻になってもこ〜んな様子。
剱の中腹から上を覆う雲、別山も山頂手前からガスに包まれご来光は観られませんでした。


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、ご来光の時刻になってもこ〜んな様子。
剱の中腹から上を覆う雲、別山も山頂手前からガスに包まれご来光は観られませんでした。


大日三山の向こう、富山平野と富山湾を覆う雲海。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日三山の向こう、富山平野と富山湾を覆う雲海。

2
が、5時半過ぎ急にガスが晴れてこんな剱が!!

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
が、5時半過ぎ急にガスが晴れてこんな剱が!!

1
後立山連峰もくっきり!!
もうもう、360度素晴らしい展望!

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後立山連峰もくっきり!!
もうもう、360度素晴らしい展望!

1
もう一度剱御前のピークに登ります。
向こうに見えるのが、昨日登った剱御前の三角点ですよ。


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一度剱御前のピークに登ります。
向こうに見えるのが、昨日登った剱御前の三角点ですよ。


2
雄山と龍王岳の間から槍ヶ岳が!!

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山と龍王岳の間から槍ヶ岳が!!

1
6:30 剱御前小舎出発。
新室堂乗越へ50分ほどの下りの途中も花畑が広がっていました。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:30 剱御前小舎出発。
新室堂乗越へ50分ほどの下りの途中も花畑が広がっていました。

朝露に濡れたチングルマの花穂がキラキラ。
予想以上の花畑になかなか脚が進まなかったのですが・・・

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝露に濡れたチングルマの花穂がキラキラ。
予想以上の花畑になかなか脚が進まなかったのですが・・・

室堂乗越を過ぎ間もなく、ガスが湧いてきて・・・・
見る見る剱岳を覆い隠してしまいました。


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂乗越を過ぎ間もなく、ガスが湧いてきて・・・・
見る見る剱岳を覆い隠してしまいました。


ガスの中、奥大日岳最高点のトラバースルートを行きます。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中、奥大日岳最高点のトラバースルートを行きます。

小さな池が見えてくると奥大日岳は間もなく。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな池が見えてくると奥大日岳は間もなく。

ガスで展望は全くありませんでしたが、一応記念撮影。
昨年4月末、ここから素晴らしい剱を見ていますので、よしとしましょう。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスで展望は全くありませんでしたが、一応記念撮影。
昨年4月末、ここから素晴らしい剱を見ていますので、よしとしましょう。

3
昨年4月の奥大日岳。
恐いくらいの碧空に恵まれました。
剱が素晴らしかった!!
(カメラの調子が悪くスマホ撮影)

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年4月の奥大日岳。
恐いくらいの碧空に恵まれました。
剱が素晴らしかった!!
(カメラの調子が悪くスマホ撮影)

奥大日岳最高点付近の雪庇。
当たり前のことですが、季節が違えば全く別の山です。
(スマホ撮影)

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥大日岳最高点付近の雪庇。
当たり前のことですが、季節が違えば全く別の山です。
(スマホ撮影)

1
奥大日岳からは少し厳しい下り。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥大日岳からは少し厳しい下り。

長い梯子も下ります。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い梯子も下ります。

ハクサンシャジン?
この辺りも結構花が綺麗でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンシャジン?
この辺りも結構花が綺麗でした。
この岩場を登りきると、尾根が広がって・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩場を登りきると、尾根が広がって・・・
間もなく七福園。大岩と緑がまるで日本庭園のようでした。黄葉の頃は素晴らしいとのこと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく七福園。大岩と緑がまるで日本庭園のようでした。黄葉の頃は素晴らしいとのこと。
木道が現れると・・・
大日小屋はすぐでした。七福園からCT40分ですが、実際は半分くらいかな?

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道が現れると・・・
大日小屋はすぐでした。七福園からCT40分ですが、実際は半分くらいかな?

11:00 大日小屋到着。
一気に下りてしまおうかとも思ったのですが、『ランプの小屋』に泊まってみたかったのと明日のご来光と剣の展望に賭けることに。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:00 大日小屋到着。
一気に下りてしまおうかとも思ったのですが、『ランプの小屋』に泊まってみたかったのと明日のご来光と剣の展望に賭けることに。

2
道々知り合った方々とビールを飲みながらまったりタイム。
前のお二人は更に大日平小屋まで下ります。
お歳を聞いてびっくり!!(×_×;)
熟年?老年?パワー恐るべし!!

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道々知り合った方々とビールを飲みながらまったりタイム。
前のお二人は更に大日平小屋まで下ります。
お歳を聞いてびっくり!!(×_×;)
熟年?老年?パワー恐るべし!!

2
称名滝登山口から一日でみくりが温泉まで抜ける(比較的)若いお二人を見送りますъ(^ー^)

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
称名滝登山口から一日でみくりが温泉まで抜ける(比較的)若いお二人を見送りますъ(^ー^)

2
少し明るくなってきた(ような気がする)ので、大日岳山頂へ。
上空は青空が覗き始めたのに・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し明るくなってきた(ような気がする)ので、大日岳山頂へ。
上空は青空が覗き始めたのに・・・
奥大日岳も見えてきたのに・・・・
剱はやっぱりガスの中 (⌒ロ⌒;)


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥大日岳も見えてきたのに・・・・
剱はやっぱりガスの中 (⌒ロ⌒;)


1
山ガール2名、オバサン山ガール(?)3名で
『ガス晴れろ――!!』の雄たけび。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山ガール2名、オバサン山ガール(?)3名で
『ガス晴れろ――!!』の雄たけび。

2
ガスは晴れなかったけれど・・・
あ!!ブロッケン!!!

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスは晴れなかったけれど・・・
あ!!ブロッケン!!!

もうこれで十分やん!!

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうこれで十分やん!!

1
大日小屋は『ランプとギターの小屋』です。
小屋の若主人は元々ギターの制作をされているのだとか。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日小屋は『ランプとギターの小屋』です。
小屋の若主人は元々ギターの制作をされているのだとか。

1
その後は、御主人とそのお弟子さんによるギターのミニ演奏会です。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後は、御主人とそのお弟子さんによるギターのミニ演奏会です。

3
ランプの灯りの下で、同宿の方と山の話に花が咲きます。
8時ごろ、ガスの中から剱が姿を見せかけたのですが・・・
すぐにガス。そして、一晩ガスが渦巻いていました。


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ランプの灯りの下で、同宿の方と山の話に花が咲きます。
8時ごろ、ガスの中から剱が姿を見せかけたのですが・・・
すぐにガス。そして、一晩ガスが渦巻いていました。


翌朝、やはりガスと時々パラパラ雨の中、
5:40 大日小屋出発。
大日平までまず標高差800メートルほど激下ります。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、やはりガスと時々パラパラ雨の中、
5:40 大日小屋出発。
大日平までまず標高差800メートルほど激下ります。

雨は止みましたが、なかなか雲は上がっていかない。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨は止みましたが、なかなか雲は上がっていかない。

広大な大日平が見えてきました。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広大な大日平が見えてきました。

小屋手前、池塘の側にはワレモコウが風に揺れていました。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋手前、池塘の側にはワレモコウが風に揺れていました。

あの稜線から下りてきました。
雲はやっぱりなかなか晴れません。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの稜線から下りてきました。
雲はやっぱりなかなか晴れません。

大日平山荘。新築間もないのでしょうか?とても綺麗。
お風呂もあります。
小屋の前で一気に室堂に抜ける19歳のトレラン青年に出会ったのですが、その後も次々にトレランの人たちが。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日平山荘。新築間もないのでしょうか?とても綺麗。
お風呂もあります。
小屋の前で一気に室堂に抜ける19歳のトレラン青年に出会ったのですが、その後も次々にトレランの人たちが。

小屋から登山口までは更に標高差700メートル。
ゆるゆると木道を30分も進めばいきなりの激下りの始まり。
牛の首です。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋から登山口までは更に標高差700メートル。
ゆるゆると木道を30分も進めばいきなりの激下りの始まり。
牛の首です。

鉄梯子、鎖場が相次いで現れます。下からは登山者が続々と登ってきます。皆さん汗まみれで息を切らしながら・・・。
ここは登りには使いたくないとしみじみ思いました。 (×_×;)

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄梯子、鎖場が相次いで現れます。下からは登山者が続々と登ってきます。皆さん汗まみれで息を切らしながら・・・。
ここは登りには使いたくないとしみじみ思いました。 (×_×;)

昨日の方にまたばったり。
大日平小屋、昨日は10名の宿泊だったらしいです。


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日の方にまたばったり。
大日平小屋、昨日は10名の宿泊だったらしいです。


称名滝の展望台が見えると登山口はすぐ。


拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
称名滝の展望台が見えると登山口はすぐ。


8:50 小屋出発から3時間ほどで大日岳登山口下山しました。
けれど、昨日一気に下っていたら、膝痛勃発は間違いなし。
踏みとどまった自分に、ほっ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:50 小屋出発から3時間ほどで大日岳登山口下山しました。
けれど、昨日一気に下っていたら、膝痛勃発は間違いなし。
踏みとどまった自分に、ほっ!
昨日から同じコースを辿り、また再会した御兄弟。
何と、一番上のお兄さんは84歳!
そのパワーに脱帽です。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日から同じコースを辿り、また再会した御兄弟。
何と、一番上のお兄さんは84歳!
そのパワーに脱帽です。

2

感想/記録

龍王岳、剱御前は100高山に名を連ねているのですが、何度も側を通りながらその頂を踏みそびれていた山です。

新しい靴の試し履きにどこか涼しいところを・・と思い天気予報をみると、白山や立山方面、晴れが期待できそう。
じゃあ、室堂から龍王岳と剱御前のピークを踏みに行こう。
でも、日帰りじゃちょっと勿体ないし・・・。
・・なら、ついでに大日岳に縦走を・・などと、結局山小屋二泊の豪華のんびり山旅になってしまいました。

・・・・

10日前の中央アルプスでは残念ながら花は終盤を迎えていましたが、さすが積雪の多い立山。遅くまで雪が残っていたのか、思いがけずたくさんの花に出会うことが出来ました。
天気はいまいちだったのですが、同じコースを辿る人たちや同宿の方たちとの何気ない会話も楽しく、のんびりと満ち足りた三日間でした。

訪問者数:458人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/20
投稿数: 24
2016/8/5 14:01
 向かいに行っていたのね
28日朝には立山方面は良く見えていたんですけどガスの湧くのが早いですね100高山を狙っているのかな?龍王岳も大日岳も登って居ないんですけど今の時期の立山は人口密度が富山市内より多いと言われてますので雄山は渋滞必至ですね。
来週には山の日になりますので遠征でしょうね頑張って行ってきてくださいね。
登録日: 2013/5/15
投稿数: 82
2016/8/5 15:55
 Re: 向かいに行っていたのね
rannmaruさん、こんにちは♪
29日の朝、違う角度から槍ヶ岳や立山を眺めていたんですよね〜
でも、喜んだのも束の間、あっという間にガスってしまいましたよね(>_<;)
「人口密度が富山より多い」って?
確かに、28日は学校登山の数百人の小学生で一ノ越山荘も雄山への登山道も埋め尽くされていました(⌒〜⌒;)
でも、何てったって平日ですから、雄山を過ぎると静かなものでした。
休日の賑わいはもう、想像を絶するんでしょうね〜。

あ〜ホントに行きたいルートはあるんですけど、
今の体力じゃ、ちょっと無理かな・・・なんて、悶々とする毎日です(;´_`)
また遠征もお誘いくださいね!
登録日: 2014/12/31
投稿数: 28
2016/8/7 16:31
 羨ましい山旅!
エエですね〜、良かったですね〜heart04
こ〜んな山旅をしてみたいと思っていても、なかなか私らには出来ませんshine
それに、今回は100高山を2座もゲットscissors
剣御前の三角点がそんなに離れた場所にあるなんて知りませんでしたので、ルネさんに教えてもらえてありがたかったですnote
何時かは訪れたいのですが、今年は立山界隈に行けるだろうかsign01
白馬界隈にも行きたいし、中央アルプスの真ん中あたりも歩いてみたいし、東鎌尾根にも行ってみたいし、あかん、とてもワンシーズンでは無理みたいッス
登録日: 2013/5/15
投稿数: 82
2016/8/8 0:30
 Re: 羨ましい山旅!
はいはい、羨ましいでしょ?
なんせ、日帰りで周回される方がじゃんじゃんのコースを豪華2泊ですもんね・・汗
梨丸隊なんかも、ささっと日帰りなんでしょね〜(⌒〜⌒;)
鈍足とか言いながら、このところ続けざまの20キロ超を歩ききるなんて、、、
もうもう、どこが鈍足やねん!オコリマスヨ!

白馬界隈?で、東鎌尾根界隈?
きっと、北ア、同じ所が残っているんでしょね〜σ(^◇^;)
一座はかなり手強そうですし・・。

> ワンシーズンでは無理みたいッス

げっ!!
ワンシーズンで狙っていたんですかーーー!! ( ̄○ ̄;)
いやはや・・もう・・・(; ̄_ ̄)=3
登録日: 2011/3/28
投稿数: 1147
2016/8/8 16:00
 お疲れ様です。
わたしも数年前に、ほぼほぼ同じようなルートを歩きました。立山は別世界ですね。
地元の小学生なんかは学校のハイキングでこれだけの景色が見られるなんて
幸せですよって言うか贅沢ですよね(*^^*)
せっかくの北アルプスですから、ゆっくりゆっくり歩かないと。もったいないですよ。
私なんかも景色に見とれてみたり、写真を何枚も撮ったりでなかなか進みません。
写真をたくさん撮りすぎて家に帰ってからの編集が大変ですが(^_-)
また、ルネさんの元気な北アルプスレコを期待していますね。
私もそろそろ 遠征に行きたいな。
登録日: 2013/5/15
投稿数: 82
2016/8/18 9:23
 Re: お疲れ様です。
orisさん、こんにちは♪

コメントに気が付かず、超遅レス、ごめんなさい (>ω<;)
orisさんの大日レポ、読ませて頂きました。
最終日、大日小屋から剱の肩から昇る朝日が観られたんですね〜いいなーー!!
私も翌日の晴れに賭けて大日小屋に泊まったんですけど・・・残念でした (>ω<;)
でも、仰るように、アルプスの稜線でゆったりのんびりの時間、たとえ展望が無くても贅沢ですよね!

白馬三山も晴れに恵まれたんですね〜
私もちょっと日はずれていますけど、遠くから白馬を観ていましたよ〜

それにしても、orisさんの遠征って、結構お天気に恵まれてません?
コメントありがとうございました!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ