ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 928179 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

甲斐駒ケ岳(直登ルート)

日程 2016年07月29日(金) 〜 2016年07月30日(土)
メンバー kenmeinegiyou29, その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
往路=)萋アルペン号・毎日新聞東京本社〜仙流荘南アルプス林道バス・仙流荘〜北沢峠
復路‘逎▲襯廛肯啼札丱后λ迷峠〜仙流荘JRジオライナー・仙流荘〜茅野駅3野駅〜八王子、新宿方面
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間55分
休憩
1時間32分
合計
9時間27分
S北沢峠06:2406:28仙丈ヶ岳二合目登山口06:33長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)07:05仙水小屋07:0707:49仙水峠07:5309:43駒津峰09:5210:23六方石10:3311:34甲斐駒ヶ岳12:0512:13駒ヶ岳神社本宮12:1612:45六方石13:0313:36駒津峰13:4114:19双児山14:2714:35双児山南峰14:3715:50北沢峠 こもれび山荘15:51ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
急登に次ぐ急登です。また、石がごろごろしていたり、細尾根もあります。小さなお子様を連れたファミリー登山は危険です。また、直登ルートは初心者はやめたほうが無難。通過できたから結果オーライという考えは危険です。
その他周辺情報北沢峠が最後のトイレです。山中にはまったくトイレがありませんので、注意を。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

仙流荘前で、林道バスを待つ人たち。時刻表より早い時間から運航を開始してくれました。小型バスですが、全員座れるように配慮してくれます
2016年07月30日 04:49撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙流荘前で、林道バスを待つ人たち。時刻表より早い時間から運航を開始してくれました。小型バスですが、全員座れるように配慮してくれます
車窓から「鹿窓」を見る
2016年07月30日 05:38撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車窓から「鹿窓」を見る
北沢峠のバス停にて、朝食。ハムチーズパンです
2016年07月30日 06:03撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢峠のバス停にて、朝食。ハムチーズパンです
ホタルブクロ
2016年07月30日 06:32撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホタルブクロ
ここを右へ
2016年07月30日 06:34撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを右へ
仙水峠から来た道を振り返る
2016年07月30日 07:59撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙水峠から来た道を振り返る
1
仙水峠
2016年07月30日 08:08撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙水峠
山のお供。夏はこれですね。
2016年07月30日 09:51撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山のお供。夏はこれですね。
1
甲斐駒ケ岳の肩といえる駒津峰
2016年07月30日 09:59撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳の肩といえる駒津峰
駒ケ岳方面はガスる時も
2016年07月30日 10:34撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ケ岳方面はガスる時も
直登ルートを選択する
2016年07月30日 10:38撮影 by CX3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直登ルートを選択する
1
「直登」の文字が潔い
2016年07月30日 10:39撮影 by CX3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「直登」の文字が潔い
1
難所
2016年07月30日 10:40撮影 by CX3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
難所
1
難所
2016年07月30日 10:41撮影 by CX3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
難所
直登ルートをよじ登る
2016年07月30日 10:51撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直登ルートをよじ登る
1
岩稜のぼりが続きます
2016年07月30日 10:57撮影 by CX3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩稜のぼりが続きます
右が落ちているところも
2016年07月30日 11:01撮影 by CX3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右が落ちているところも
1
仙丈ケ岳が顔を見せた!!
2016年07月30日 11:01撮影 by CX3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳が顔を見せた!!
1
来た道を振り返る。雄大です
2016年07月30日 11:06撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を振り返る。雄大です
1
もう少し
2016年07月30日 11:11撮影 by CX3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し
岩に咲く1
2016年07月30日 11:27撮影 by CX3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩に咲く1
岩に咲く2
2016年07月30日 11:27撮影 by CX3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩に咲く2
登る登る
2016年07月30日 11:29撮影 by CX3 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登る登る
1
甲斐駒ケ岳山頂
2016年07月30日 12:00撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳山頂
1
山頂でのOさん。疲労困憊のご様子
2016年07月30日 12:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂でのOさん。疲労困憊のご様子
1
甲斐駒ケ岳山頂
2016年07月30日 12:09撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳山頂
1
下りるころにガスがとれて
2016年07月30日 12:13撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りるころにガスがとれて
山頂の社
2016年07月30日 12:27撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の社
甲斐駒を振り返る
2016年07月30日 12:44撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒を振り返る
駒津峰から、右に摩利支天をようした甲斐駒の全容を見る。
2016年07月30日 13:16撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒津峰から、右に摩利支天をようした甲斐駒の全容を見る。
ハイマツの道を下ります
2016年07月30日 13:54撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツの道を下ります
皆さんクタクタで集合写真なし
2016年07月30日 14:21撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆さんクタクタで集合写真なし

感想/記録
by kenmei

 山頂付近でバテた。2600辰猟兇┐燭△燭蠅ら急に息苦しくなった。深い呼吸をしようとするが、酸素が取り込めない状態が続く。今振り返ると高山病の症状が出たようだ。
 高山病になりやすい体質なのか、夜行バスの疲れが尾を引いていたのか。加齢とともに体力が落ちてきたのを痛感する。メンバーで一番元気だったのは、1年ぶりの登山だという紅一点のB嬢だった。スタミナと体力には舌を巻くばかりだ。
 気の合った山仲間同士、入浴場所も良かったし、反省会も楽しかった。

感想/記録
by negi

 ▽初めての甲斐駒ケ岳。やはり山容の大きな、雄大な山です。登りがいもあり、楽しかった。が、いくつか反省点もありました
 ▽まず、夜行バス日帰りで登る山ではないことに気づきました。歩行距離は大したことはないし、標高差も丹沢・大倉尾根のほうが200メートルも長い。しかし、甲斐駒ケ岳は急斜面ののぼりが続き、やせ尾根、花崗岩の砂礫など歩きにくい道が続きます。そのため体力が大きく削られます。あまりよく眠れない夜行バスでは、この山を登るための十分な体力が確保できないということです。もちろん若い人は別でしょう。私個人はバスでよく眠れたのですが……。
 ▽二つ目の反省は、最近午前中の体調がさえないことです。前夜体調を整えたにもかかわらず、急な登りを登っていると貧血のような状態になってしまいました。なんとか頑張りとおしましたが、駒津峰に着くと同時に座り込んでしまいました。直登ルートは登り切りましたが、山頂までの急傾斜の砂礫地はつらいものがありました。那須岳でも同じようなことがありました。やはり年なのでしょうね。体調を整え、午前中はゆっくり登るようにします。
 ▽直登ルートは、やはり破線ルートだけの事はあります。特に最初の二か所の取りつきは危険です。初心者が勢いだけで行く場所ではありません。十分な三点確保の練習をしたうえでの通過が望ましいと思います。
 ▽JRのジオライナーに乗るのは二度目ですが、相変わらず貸し切り状態です。今回はお1人同乗の方がおられましたが、ゆっくり座れました。ありがたいことです。
 ▽お風呂は、茅野駅近くの入浴施設へ。ネットにも載っていない施設なので、名称は記しません。温泉に入ってたったの500円。こちらもありがたいことです。

感想/記録
by you29

2度目の北沢峠から甲斐駒登山、今回は六方石からの直登ルートです。参加者5名の感想はそれぞれでしょう。他の方のヤマレコにもありましたが、直登はじめの大きな石を超えていくのが、ちょと困難です。高度感で怖いと思うような箇所は感じられませんでした。登山途中は、何度かガスが晴れることもありましたが、頂上ではガスに包まれたままでした。3度目の正直でチャレンジすることになりそうです。
梅雨明けの山の会のメンバーで初めての登山でしたが、気温もあがってきて、バテました。茅野駅そばの日帰り入浴と反省会は楽しかった。
訪問者数:327人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ