ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 928238 全員に公開 沢登り奥多摩・高尾

坊主谷

日程 2016年07月30日(土) [日帰り]
メンバー Lynn_Kato(CL), その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
入渓点のスペースに停めた。正方形のスペースにつき、仲間内なら詰めて4台可能だが、他人同士なら2台。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間19分
休憩
1時間17分
合計
5時間36分
Sスタート地点09:1410:20ロープワーク練習10:4311:15大滝11:5012:49取水槽13:0713:57浅間神社13:5814:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
*2014年大雪による倒木被害はだいぶ回復しており、取水槽から水源巡視路経由で脱渓するのであれば全く問題なく(ほぼストレスなく)遡行できる。
*核心の大滝
1.釜が埋まって、歩いて取り付けるようになり、難易度が下がった。
2.這い上がった先にあった立木が消失し、代わりに残置があった。
*水源巡視路
ほぼ廃道。3年前よりも崩壊が進み、鉄板の橋がかなり危険な状態となっていた。ラバーは大丈夫だったが、フェルトは超怖そう。なお、鉄板の橋が随所に出てくるため、チェーンアイゼン(つけると滑る。体験済み^^;)は使えない。また、落ちたら命にかかわるような場所もある。
*浅間尾根の踏み跡
3年前に暗がりでルートロストした所だが、日があるうちは明確に地形がわかるので地形を見ながら降りると良い。(踏み跡は所々で消失する。)最後の標高差150m分は痩せた急な尾根になっている。全体的にザレているのでここではチェーンアイゼンが大活躍。

靴はラバーがよく効きました。ヌメリはほぼなし。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

最初に出てくる3mCS滝。
2016年07月30日 09:27撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初に出てくる3mCS滝。
1
CSが意外に大きい。ここは激シャワーになるので最初は雨具着といたほうがよい。
2016年07月30日 09:31撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
CSが意外に大きい。ここは激シャワーになるので最初は雨具着といたほうがよい。
1
次の3mは左から
2016年07月30日 09:34撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の3mは左から
1
その次の3x6mは適当。その先に4mが見えている。
2016年07月30日 09:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その次の3x6mは適当。その先に4mが見えている。
4mは右からトラバースして取り付いてCSの右に登る感じ。この滝はホールド&スタンス細かめで難しめ。
2016年07月30日 09:39撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4mは右からトラバースして取り付いてCSの右に登る感じ。この滝はホールド&スタンス細かめで難しめ。
1
幅広のこういう滝多し。
2016年07月30日 09:50撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幅広のこういう滝多し。
やっぱり坊主はきれいだなー。
2016年07月30日 09:53撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり坊主はきれいだなー。
ほぼ全滝登れるから楽しい♪
2016年07月30日 09:54撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ全滝登れるから楽しい♪
1
7m。水線の左を登る
2016年07月30日 10:06撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7m。水線の左を登る
1
高さはあるが階段状。
2016年07月30日 10:10撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高さはあるが階段状。
奥多摩の四十八滝沢っていう印象です。次から次へと登れる滝が現れる。しかも釜があるから楽しい!
2016年07月30日 10:46撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩の四十八滝沢っていう印象です。次から次へと登れる滝が現れる。しかも釜があるから楽しい!
1
このハング滝は、同行者は直登したが、私は横の乾いた岩溝から。(;・∀・)
2016年07月30日 10:48撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このハング滝は、同行者は直登したが、私は横の乾いた岩溝から。(;・∀・)
1
癒し系なナメ滝も多い。
2016年07月30日 10:52撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
癒し系なナメ滝も多い。
きれいなナメ滝!素敵!!
2016年07月30日 10:53撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいなナメ滝!素敵!!
1
2014の爪あとがたまに出てくるが、5連瀑までは全く気にならない程度である。
2016年07月30日 10:56撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2014の爪あとがたまに出てくるが、5連瀑までは全く気にならない程度である。
5連瀑が始まる。1つめ。CSの5m。3年前は右から登ったが、今回は立木があったので左から。奥に2つめの滝が見えている。
2016年07月30日 10:59撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5連瀑が始まる。1つめ。CSの5m。3年前は右から登ったが、今回は立木があったので左から。奥に2つめの滝が見えている。
1
ツルツルなので立木がないとこのコースはムリw
2016年07月30日 11:03撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルツルなので立木がないとこのコースはムリw
2つめの滝7m。奥に3つめが見えている。
2016年07月30日 11:04撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つめの滝7m。奥に3つめが見えている。
1
この2つめは滝の左側を小さく巻いた。
2016年07月30日 11:08撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この2つめは滝の左側を小さく巻いた。
3つめの滝8m。この滝は左側から登れそうだった。シャワー必須なので同行者は嫌がっていたがw
2016年07月30日 11:08撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3つめの滝8m。この滝は左側から登れそうだった。シャワー必須なので同行者は嫌がっていたがw
1
どうしようかなと思ったが、しばらく見てるとムラムラしてきたので行ってみたw
2016年07月30日 11:11撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうしようかなと思ったが、しばらく見てるとムラムラしてきたので行ってみたw
3
やっぱり楽しいw このあと斜上するバンドに沿って左上へ抜けた。
2016年07月30日 11:12撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり楽しいw このあと斜上するバンドに沿って左上へ抜けた。
2
4つめ。核心の大滝12m。釜が埋まって取り付きやすくなったが、立木が消えてセルフが取れなくなったと焦りかけたら、残置発見でホット一息。
2016年07月30日 11:14撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4つめ。核心の大滝12m。釜が埋まって取り付きやすくなったが、立木が消えてセルフが取れなくなったと焦りかけたら、残置発見でホット一息。
1
このあと先頭交代して1本打ち足してから登った。3年前より簡単な印象。3年前はフェルトだったからだろうか。
2016年07月30日 11:17撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあと先頭交代して1本打ち足してから登った。3年前より簡単な印象。3年前はフェルトだったからだろうか。
1
5つめの滝。水線横の樋状を登った。これで5連瀑はおしまい。
2016年07月30日 11:54撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5つめの滝。水線横の樋状を登った。これで5連瀑はおしまい。
1
ここからは癒し系。ワサビ田のあと。コケがきれいで癒し系。
2016年07月30日 12:06撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは癒し系。ワサビ田のあと。コケがきれいで癒し系。
1
癒し系が続く。たまに石組みの堰堤が出てくる。ワサビ田用なのだろうか。
2016年07月30日 12:12撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
癒し系が続く。たまに石組みの堰堤が出てくる。ワサビ田用なのだろうか。
だんだん倒木が目立ってくる。が、通れないほどではないし、枯れて朽ちてきてるのでさほど気にならない。
2016年07月30日 12:24撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん倒木が目立ってくる。が、通れないほどではないし、枯れて朽ちてきてるのでさほど気にならない。
このあたりからナメが続く
2016年07月30日 12:40撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりからナメが続く
1
きれいなナメが続きます。所々の倒木は目をつぶって心眼で楽しむw
2016年07月30日 12:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいなナメが続きます。所々の倒木は目をつぶって心眼で楽しむw
取水槽。本日のゴール。
2016年07月30日 12:49撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取水槽。本日のゴール。
ここから取水パイプに沿ってつけられた水源巡視路(廃道気味)を辿る。
2016年07月30日 13:07撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから取水パイプに沿ってつけられた水源巡視路(廃道気味)を辿る。
下山核心w いつ落ちるかわかからない(落石で折れ曲がったり外れたり斜めになったりしてる)鉄板の橋が随所にある。
2016年07月30日 13:10撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山核心w いつ落ちるかわかからない(落石で折れ曲がったり外れたり斜めになったりしてる)鉄板の橋が随所にある。
所々、橋が落ちている。かなりエクストリームww
2016年07月30日 13:44撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々、橋が落ちている。かなりエクストリームww
浅間尾根の踏み跡を辿る。
2016年07月30日 14:19撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間尾根の踏み跡を辿る。
降り着いた所は資材置き場みたいな所。5分ほど林道を歩いて登ると入渓点に到着。
2016年07月30日 14:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降り着いた所は資材置き場みたいな所。5分ほど林道を歩いて登ると入渓点に到着。
1

感想/記録

3年前に色々楽しかった思い出深い坊主谷のリベンジ。
R氏が久々なのでロープワークの練習をしたが、結局ロープは大滝で使ったのみ。^^; ボルダラーR氏はサクサク登るし、足も早くてスタコラ歩くのでびっくりするほど早く下山しちゃいました。尾根下降の時は3年前の夜中下降時の現場検証をしたのだが、それもまた楽しかった。

坊主谷ってすごく楽しくて良い沢なのでもっと登られるといいな♪ 2014の倒木でダメになったという話ですが、取水槽で脱渓するなら全然問題ないレベル。もちろん、大雪前の姿と比べたらだいぶ変わってしまったけれど、それでも十分楽しく美しい沢だと思います。わたくしのイチオシです。(^^) 水をかぶる沢で釜も腰位はあるので夏にお勧めですよー♪


しかし、こうなってくると、5連瀑の2つ目も登ってロイヤルストレートフラッシュを決めたいなぁww
久々ご一緒いただいたR氏、ありがとうございました♡
訪問者数:138人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ