ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 928283 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

暑い地獄谷 熱い岩肌

日程 2016年07月30日(土) [日帰り]
メンバー sonowapark
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
阪急 芦屋川駅
バス 有馬温泉
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間33分
休憩
28分
合計
5時間1分
Sスタート地点11:4211:47芦屋川、高座の滝方面分岐11:51城山・荒地山方面分岐点11:5212:05高座の滝12:0612:23芦屋地獄谷12:2612:32小便滝12:3412:43Aケン12:4813:03Bケン跡13:0613:41荒地山への分岐14:03雨ヶ峠14:1114:51一軒茶屋15:01六甲山15:05一軒茶屋15:0716:24かんぽの宿 有馬16:2716:43銀の湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯(GPS) 時計 タオル カメラ
備考 虫よけは必須でした。

写真

水が少なめで登りやすい沢沿いでした。
2016年07月30日 12:16撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水が少なめで登りやすい沢沿いでした。
しかしここの登り口は水没していました。
2016年07月30日 12:27撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかしここの登り口は水没していました。
1
日本トカゲなめの写真。
カメラ目線でいただきました。
この軍手は置いてあったものです。なくて困っていないのでしょうか?
2016年07月30日 12:29撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本トカゲなめの写真。
カメラ目線でいただきました。
この軍手は置いてあったものです。なくて困っていないのでしょうか?
3
いつも直登コースでなく、岩場に出ました。
灼熱でした。
日差しで岩肌は熱くなっていました。
2016年07月30日 12:50撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつも直登コースでなく、岩場に出ました。
灼熱でした。
日差しで岩肌は熱くなっていました。
1
狭い通路をくぐります。
2016年07月30日 13:07撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭い通路をくぐります。
久しぶりの七曲りです。
きつかった。
2016年07月30日 14:50撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりの七曲りです。
きつかった。
山頂から有馬まではとにかく眠かったです。
2016年07月30日 15:34撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から有馬まではとにかく眠かったです。
虫地獄
2016年07月30日 16:21撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虫地獄
初めて銀の湯に入りました。
再建されたあとで、綺麗でした。
サウナ、打たせ湯、泡ぶろがありました。
2016年07月30日 16:43撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて銀の湯に入りました。
再建されたあとで、綺麗でした。
サウナ、打たせ湯、泡ぶろがありました。

感想/記録

今日の芦屋地獄谷は猛暑でした。
いつもの直登ルートを登ればすずしくて良かったのに岩場に出ました。
乾いた岩肌を日差しが熱してとにかく暑い、触った岩が熱いのです。
久しぶりということあって手間取りバテました。
山頂からの下りは難しい道ではありませんが、ここで睡魔が…、フラフラとガケから落ちないようにブツブツ呟きながら足を進めました。
有馬では、はじめて銀の湯でひとっ風呂浴びました。
訪問者数:193人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

トカゲ 直登
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ