ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 928408 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

皇海山(銀山平発、庚申山経由)

日程 2016年07月30日(土) [日帰り]
メンバー katsuki123
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
銀山平駐車場の奥側が登山者用駐車場になっていた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

[4:10]銀山平 発
[5:50〜6:05]庚申山荘
[7:15〜7:20]庚申山
[9:20〜9:35]鋸山
[10:35〜11:00]皇海山
[12:05〜12:15]鋸山
[13:10]六林班峠
[16:45]庚申山荘
[19:15]銀山平 下山
コース状況/
危険箇所等
●庚申山荘〜庚申山
 山荘すぐ下の分岐から岩壁に向かう。2つ目のはしごはガレ沢を数m登ったところにあるが、見逃してしまい15分ほどロスした。要所に鎖はあるが、足元はしっかりしているので難しくはない。岩壁を超えてからは笹の夏道を登って庚申山へ。

●庚申山〜鋸山
 庚申山頂奥の広場にあるひし形の標識から下り、薬師岳(1808)へ。夏道に笹が被さっているが、道はだいたいわかる。鋸山周辺は岩場のトラバースや急登だが、鎖やロープ、はしごが設置されている。ただし、急登部にあるロープの一部は、若干浮いている倒木を支点にしている。ロープには体重をかけないようにしていたが、登り終わってからヒヤリとした。

●鋸山〜六林班峠
 co.1950夏道屈曲あたりから笹が濃くなり、ある程度下ってから漕ぐようになる。踏み跡はしっかりしているので、笹をかきわけて突き進む。足元に倒木が何本も隠れている。尾根から外れたところにある、笹の切れ目が六林班峠となる。

●六林班峠〜山荘
 皇海山で感じていたヒザの痛みがひどくなり、大幅なペースダウン。はじめは笹が濃いが、徐々に薄くなる。水流のある沢が7, 8本あり、そのうち2, 3本はチョロチョロ流れる程度。何本か崩落した沢を横切る。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

一の鳥居から夏道へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の鳥居から夏道へ。
水ノ面沢沿いを歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水ノ面沢沿いを歩く。
皇海山の守護神 仁王門。
これの他にもいろいろな巨岩ででてくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皇海山の守護神 仁王門。
これの他にもいろいろな巨岩ででてくる。
庚申山荘。その後ろにそびえる岩壁を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
庚申山荘。その後ろにそびえる岩壁を目指す。
ここからが本番だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからが本番だ。
2つ目のはしごがあるガレ沢。この沢型を行くことはないだろうと思い、別の場所をあちこち探していた。はしごが見えるのになぜ見逃したのか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目のはしごがあるガレ沢。この沢型を行くことはないだろうと思い、別の場所をあちこち探していた。はしごが見えるのになぜ見逃したのか。
この急な岩壁の中にトラバースルートを見出した先人は偉大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この急な岩壁の中にトラバースルートを見出した先人は偉大。
1
視界が開けてくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が開けてくる。
1
庚申山頂。うっかりスルーしてしまうところだった。にしても虫多すぎる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
庚申山頂。うっかりスルーしてしまうところだった。にしても虫多すぎる。
笹の夏道を行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹の夏道を行く。
白山から望む皇海山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山から望む皇海山。
3
今から行くぞ、鋸山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今から行くぞ、鋸山。
1
見た目より足場はしっかりしている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見た目より足場はしっかりしている。
鎖場をさくさく登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場をさくさく登る。
皇海山にガスがかかる。まあ樹林内なので、ガスがあろうがなかろうが展望は変わらない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皇海山にガスがかかる。まあ樹林内なので、ガスがあろうがなかろうが展望は変わらない
鋸山の分岐。ここに着いた段階でやり切った感が半端ない。山頂は虫がぶんぶん飛び回っているので、すぐ下の分岐で休憩した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸山の分岐。ここに着いた段階でやり切った感が半端ない。山頂は虫がぶんぶん飛び回っているので、すぐ下の分岐で休憩した。
1
皇海山への登りは普通の夏道。ひざが痛み出すが黙々登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皇海山への登りは普通の夏道。ひざが痛み出すが黙々登る。
皇海山。樹林内ピーク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皇海山。樹林内ピーク。
1
鋸山へ戻る。ロープの支点がちょっと不安。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸山へ戻る。ロープの支点がちょっと不安。
六林班峠へ向かう。序盤はまだ道が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六林班峠へ向かう。序盤はまだ道が見える。
次第に笹が高くなる。笹を漕いで行こう。なぜかテンションが高くなる。笹を漕いでいるときはひざの痛みが和らいだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次第に笹が高くなる。笹を漕いで行こう。なぜかテンションが高くなる。笹を漕いでいるときはひざの痛みが和らいだ。
テープを目指して進むというより、踏み跡をたどった先にテープが点在しているという感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープを目指して進むというより、踏み跡をたどった先にテープが点在しているという感じ。
笹の切れ目が六林班峠。山荘方面へ数mいったところに標識あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹の切れ目が六林班峠。山荘方面へ数mいったところに標識あり。
六林班峠からのトラバース道では、ヒザの痛みでペースダウン。沢でちょくちょく休みつつ進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六林班峠からのトラバース道では、ヒザの痛みでペースダウン。沢でちょくちょく休みつつ進む。
こういう巨岩はどこからでてくるのか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういう巨岩はどこからでてくるのか。
2

感想/記録

 日本百名山というのは、深田久弥氏が山容や展望の良さで決めたというイメージがあったが、どうやら違うらしい。少なくとも皇海山に限って言えばそうだろう。あの樹林内ピークが日本のTOP100なわけがない。山の歴史や、入山から下山までの間に見て体感したものを含めた百名山なのかもしれない。

 とりあえず原著を読んでみることにしよう。皇海山に行き何を思ったか書いてあるはずだ。ネットで注文したので、届いたら読んでみる。
訪問者数:434人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 急登 鎖場 崩落 倒木 テン ガレ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ