ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 928488 全員に公開 トレイルラン京都・北摂

唐櫃越え

日程 2016年07月31日(日) [日帰り]
メンバー ozizi3
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
帰路のみ山陰線を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間39分
休憩
6分
合計
2時間45分
Sスタート地点09:3510:05上桂駅10:57沓掛山11:0311:54みすぎ山12:20JR馬堀駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
高低差も少なく、道標や掲示もしっかりとしているので比較的行動しやすいルート。
一か所だけ道が二手に分かれるところで迷いかけた。
またトレイルから舗装路へ出たところの西山団地との分岐を越えたあたりで、サルの集団に遭遇。指笛と笛で威嚇しながら走り去りました。10匹程度はいたのではないかと思います。また広い林道からみすぎ山への道の入り口の道標が反対側を向いているので見落とすかもしれないなーと思いました。
みすぎ山を越えてから馬堀側への下りはガレ気味と急峻なので少し慎重に行く必要があった。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

備考 山田口から馬堀までの間、自販機はもちろん水の流れもないので携行する水分には注意が必要でした。1Lは持っていたがそれでも足らなかった。

写真

野鳥園からの大原野の景色。昔は竹林だったのが団地住宅に変わり、今や高速道路も走っている。すごい変貌!
2016年07月31日 10:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野鳥園からの大原野の景色。昔は竹林だったのが団地住宅に変わり、今や高速道路も走っている。すごい変貌!
1
沓掛山 景色は全く見えませんでした。かすかに木々の間から愛宕山が見えました。
2016年07月31日 11:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沓掛山 景色は全く見えませんでした。かすかに木々の間から愛宕山が見えました。
1
沓掛山からかすかに見えた愛宕山
2016年07月31日 11:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沓掛山からかすかに見えた愛宕山
1
後ろ側から見た愛宕山…的な景色。下の方に保津峡が見え、ラフティングや保津峡下りの船が見える。
2016年07月31日 11:53撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろ側から見た愛宕山…的な景色。下の方に保津峡が見え、ラフティングや保津峡下りの船が見える。
1
撮影機材:

感想/記録
by ozizi3

自宅からか唐櫃越え ( 上桂〜沓掛山〜みすぎ山〜馬堀 )で馬堀駅まで。昼から商用があるため本日予定していた愛宕attackをキャンセルしてボッチRun。上り下りがあまりなく、走れるコースではありましたが、序盤から暑さのため動く気にならず、とりあえずは目指せ馬堀では動き続けました。途中で水分が不足気味となり、少し不安で西山団地で降りようかとも思いましたが、なんとか走破。時間があれば明知越えを目指すつもりでしたが、とんでもなく、さっさと帰路につきました。山田口から馬堀まで、全く水気がなく、もちろん自販機もないので水分はしっかりと持って行かなければならないと反省!
訪問者数:121人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

サル ガレ 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ