ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 928508 全員に公開 ハイキング阿蘇・九重

坊がつる読書山行(日本人はどこから来たのか?/海部陽介)

日程 2016年07月30日(土) 〜 2016年07月31日(日)
メンバー wakatakeya
アクセス
利用交通機関
月末集金を終えた土曜日、さてどうしよう。こんな時は坊がつるでのんびり温泉&酒&本だ★17時50分スタートとなったので急ぎ足で法華院まで。翌日曜日もぼんやり過ごし、気が付くと午後の仕事に間に合わ〜ん!と慌てて下山。
こんなことじゃ、また転ぶぞ(・_・;)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
59分
休憩
3分
合計
1時間2分
S大曲登山口17:5018:15採石道路分岐18:26諏蛾守越18:2818:30諏蛾守越分岐18:3118:52法華院温泉
2日目
山行
56分
休憩
0分
合計
56分
法華院温泉10:5011:16諏蛾守越分岐11:21諏蛾守越11:31採石道路分岐11:46大曲登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

『日本人はどこから来たのか?』海部陽介 (文藝春秋BOOKS)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
『日本人はどこから来たのか?』海部陽介 (文藝春秋BOOKS)
1
入山が遅くなった。それにしても良い天気だ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入山が遅くなった。それにしても良い天気だ
4
夕焼けが綺麗でカメラを構える人も多かった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕焼けが綺麗でカメラを構える人も多かった
6
2ポールのフロアレスシェルターは夏の坊がつるにピッタリ快適
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2ポールのフロアレスシェルターは夏の坊がつるにピッタリ快適
8
ビールでしょ、赤ワインでしょ、肝刺しでしょ、ズリ刺しでしょ、たまりませ〜ん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビールでしょ、赤ワインでしょ、肝刺しでしょ、ズリ刺しでしょ、たまりませ〜ん
7
前回の北ア遠征から使用している秘密兵器の「おしりウォッシュ」は使える!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回の北ア遠征から使用している秘密兵器の「おしりウォッシュ」は使える!
3
下山後のお昼は吉井町の「中華そば・おさみ」で辛味まぜそば
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後のお昼は吉井町の「中華そば・おさみ」で辛味まぜそば
9

感想/記録

バタバタと坊がつるへ行き、寝床を定めたら温泉と酒と本。
明日の仕事までの短い時間だけれど、リフレッシュしたくてやって来たのだった。風呂上りにビールを開けて一息ついた。土曜の夜だというのに、法華院の談話室は貸し切り状態だ。渓音がごうごうと鳴っているのだけれど、その音を聴いているとかえって静けさが深まってゆくようなのである。キンドルを開くと、やがて渓音も耳に入らなくなっていった。

先日、与那国島から西表島の75kmを草船で渡ったというニュースがあったが、それは国立科学博物館のチームが行った「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」というもの。なぜそんな事をしたのか、その背景を記したのがこの本「日本人はどこから来たのか?」海部陽介著(文藝春秋刊)だ。

人類史は僕らの時代に教わってきた事と随分と変化していた。
現在の人類はアフリカに起源を持つ単一種(ホモ・サピエンス)という事で、我々はユーラシアにいた北京原人やジャワ原人やネアンデルタール人の子孫ではないと認められている。僕らの時代は「人類アフリカ起源説」だけでなく「他地域進化説」も教科書に載っていたように思うが、これは誤りらしい。本書ではアフリカ生まれの祖先たちがアジアへ進出し、日本列島へ至る途上にあったはずのドラマについて、現在の研究から言えることをまとめているのだけれど、これが良質なミステリーの謎解きを読んでいるような感じなのである。

単一種が世界中に存在するのというは、他の動植物では見られないことだ。
本書では現生人類がなぜ、どうやって世界各地へ拡散していったのかを、遺伝学・化石形態学・考古学などの側面から検証しつつ解き明かしてゆくのだけれど、これが面白い。著者は、当時の状況を理解し、祖先の立場になってこれらを書いているので、ホモ・サピエンスの壮大な移動を追体験するかのように読み進められた。

そして、船を発明し海洋航海へ乗り出そうとした人類としての大偉業はどのようにして行われたのかを追試しようと「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」は行われた。今回のプロジェクトで更に明らかになった事や、逆に生まれた課題もあったろう。これらの報告が楽しみだ。

著書の海部氏はあとがきでこう述べている。
「元は一つの集団だった祖先たちが世界各地へ広がり、行く先々でそれぞれ異なる経験をして多様な文化が生まれたのだ。人類史の中では集団の移動と混血、文化の伝播と相互作用が繰り返されているため、事実上“純粋な民族”や”純粋な文化”は存在しない。人類史を学ぶことを通じて”民族”といったものが人工的に規定されている仮の線引きにすぎないということを理解する事が重要だと思う。それによって優劣という意識が薄まり、他の人々を尊重する空気が国際的に醸成されることを願っている」

キンドルを閉じると、耳に渓音が戻ってきた。
テン場に戻りフロアレスシェルターにもぐり込む。山の頂に抱かれ、草叢の上で寝っ転がっていると、自分も自然の一部だと感じられる。自分のDNAには遥か遠い昔にアフリカで生まれた人類の旅した軌跡が残されているんだな。僕から細い根が、横たわる湿原台地の底深くへ伸びて、世界中の人々と繋がっている…そんな不思議な感覚を覚えながらウトウトと僕は眠りについた。
訪問者数:225人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/21
投稿数: 1248
2016/7/31 18:15
 秘密兵器「おしりウォッシュ」
これ、携帯ウォシュレットなんですけどね
キジ撃ち後のトレペは使用量が確実に少ないし、
燃やさずにジップロックに入れて持ち帰れる。
これって山歩きする人にはいいんじゃないかなぁ
登録日: 2013/8/21
投稿数: 2160
2016/7/31 19:07
 的は一発? Re: 秘密兵器「おしりウォッシュ」
ねぇ、ねぇ、
OBしたりしないの?
的に当てるのは難しくない?(笑)

しかし昔あった従弟の葉っぱ拭き事件、
思い出してしまった。(爆)
yasu
登録日: 2013/7/21
投稿数: 1248
2016/7/31 20:35
 Re: 的は一発? Re: 秘密兵器「おしりウォッシュ」
的に当てるのは慣れたら一発です。
これ、山じゃなくても常備しそうなくらいですよ(笑)
ちなみに葉っぱは今の時期ならフキやヒマワリが適しています
登録日: 2013/5/13
投稿数: 663
2016/7/31 21:11
 うーん 難しい 🤔
こんばんわ 若さん😊

坊ガツルでそんな本読んでるんですかー😅
凄いですねー 読んでたらクラクラ来ました😰

秘密兵器なんですが、そんな物があるんですねー😳
返り水がお手手にかかったりしないんですか?
登録日: 2013/7/21
投稿数: 1248
2016/7/31 21:28
 ニャンコ先生>Re: うーん 難しい 🤔
難しげに書いてます?本は分かりやすくて読みやすいですよ〜🎵

秘密兵器はノズルが出てるの分かりますか?水流の強さも良く出来てるのですよ😃
登録日: 2012/12/25
投稿数: 1062
2016/8/1 19:19
 お疲れ様です
携帯ウォシュレット・・・ 要チェックですね。
登録日: 2013/7/21
投稿数: 1248
2016/8/1 23:52
 カミさん>Re: お疲れ様です
こんど貸そうか?

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

テン 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ