ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 928716 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

大弛峠→甲武信→雲取山→奥多摩駅のはずが…

日程 2016年07月30日(土) 〜 2016年07月31日(日)
メンバー Ogikuboguy
天候初日 曇り時々晴れ

2日目 晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き 塩山から 大弛峠までバス 要予約 1600円 満席でした。
帰り 丹波温泉からバス 奥多摩からJR
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間47分
休憩
47分
合計
6時間34分
S大弛峠08:5309:02夢の庭園09:0309:18前国師ヶ岳09:22三繋平09:2309:26北奥千丈岳09:2709:31三繋平09:3209:39国師ヶ岳09:4410:56国師ノタル11:29東梓12:05両門ノ頭12:0612:33富士見12:3413:04水師13:0513:172353m地点13:42甲武信ヶ岳14:1514:29甲武信小屋14:3014:40戸渡尾根分岐14:4115:27破風山避難小屋
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
すべて実線のルートなのでほとんど問題ありませんでしまが、将監峠から飛竜権現に少し崩落箇所がありました。
その他周辺情報丹波山温泉 600円 休憩は持込ありです。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

塩山駅てバス待ちです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩山駅てバス待ちです
大弛小屋
2016年07月30日 08:53撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大弛小屋
最初は階段
2016年07月30日 09:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は階段
北奥仙丈岳?
2016年07月30日 09:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北奥仙丈岳?
眺望はありません
2016年07月30日 09:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望はありません
薄っすらと山が見えます あの山なんねしょう?
2016年07月30日 09:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄っすらと山が見えます あの山なんねしょう?
ここも眺望は…
2016年07月30日 09:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも眺望は…
ルートは明確でわかりやすいが、国師岳を過ぎると人はいません
2016年07月30日 10:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートは明確でわかりやすいが、国師岳を過ぎると人はいません
ここも眺望は…
2016年07月30日 11:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも眺望は…
やっと見えて来ました。
2016年07月30日 12:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと見えて来ました。
5時間ちょいで甲武信岳に
2016年07月30日 14:11撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5時間ちょいで甲武信岳に
1
上がってきたルートです
2016年07月30日 13:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上がってきたルートです
2
甲武信小屋は素通り
2016年07月30日 14:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信小屋は素通り
木賊山への尾根が見えます
2016年07月30日 15:08撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木賊山への尾根が見えます
破風山避難小屋のちょっと手前からほぼ真西に見えるあの山はなんでしょぅ?
2016年07月30日 15:17撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破風山避難小屋のちょっと手前からほぼ真西に見えるあの山はなんでしょぅ?
1
独占できました!
2016年07月30日 15:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独占できました!
靄がかかってきました 星空は期待できないかなぁ
実はそんなことなく満天の星空でした! iPhoneじゃ撮れなくて残念
2016年07月30日 18:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
靄がかかってきました 星空は期待できないかなぁ
実はそんなことなく満天の星空でした! iPhoneじゃ撮れなくて残念
なんか鳴いたから窓を開けてみると鹿でした
2016年07月30日 19:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんか鳴いたから窓を開けてみると鹿でした
朝4時 出発 破風山の上に三日月
2016年07月31日 04:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝4時 出発 破風山の上に三日月
東の方は明るくなってきました
2016年07月31日 04:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東の方は明るくなってきました
富士山が綺麗に見えてきました
2016年07月31日 04:34撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が綺麗に見えてきました
2
上のほうが朝日を浴びてきました
2016年07月31日 04:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上のほうが朝日を浴びてきました
2
破風山山頂からの朝日です
2016年07月31日 04:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破風山山頂からの朝日です
同じく破風山山頂からの富士山 朝日を浴びてさらに綺麗になってます
2016年07月31日 04:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく破風山山頂からの富士山 朝日を浴びてさらに綺麗になってます
5
北のほうは… なに山でしょうか?
2016年07月31日 04:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北のほうは… なに山でしょうか?
西のほうは八ヶ岳?
2016年07月31日 04:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西のほうは八ヶ岳?
東破風山 山頂に
2016年07月31日 05:17撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東破風山 山頂に
雁坂小屋から北は谷川岳から男体山まで勢ぞろいです。夏にこんなに見えるのは滅多にないことだと、小屋の主人がおっしゃっておりました。
2016年07月31日 06:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁坂小屋から北は谷川岳から男体山まで勢ぞろいです。夏にこんなに見えるのは滅多にないことだと、小屋の主人がおっしゃっておりました。
小屋から東には雲取山も (右の小さいほうです)
2016年07月31日 06:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋から東には雲取山も (右の小さいほうです)
古礼山から富士山と南アルプス 素晴らしい!
2016年07月31日 07:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古礼山から富士山と南アルプス 素晴らしい!
1
燕山を降りて来ると雁峠
2016年07月31日 08:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山を降りて来ると雁峠
とにかく快晴です そして標高があるから暑くない
2016年07月31日 08:17撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく快晴です そして標高があるから暑くない
笠取山 急登です でもここは5月に登ったから巻いたゃいます
2016年07月31日 08:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山 急登です でもここは5月に登ったから巻いたゃいます
水千は今日も枯れてました
2016年07月31日 08:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水千は今日も枯れてました
黒エンジュ山手前からの富士山 この辺まではまだ元気だったんですか…
2016年07月31日 09:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒エンジュ山手前からの富士山 この辺まではまだ元気だったんですか…
もうかなりヘトヘト
2016年07月31日 09:53撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうかなりヘトヘト
飛竜 これからあれを登るのかぁ…
2016年07月31日 12:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛竜 これからあれを登るのかぁ…
1
あれ? 飛竜やめて前飛竜? はい、大人の決断をしました。
2016年07月31日 13:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ? 飛竜やめて前飛竜? はい、大人の決断をしました。
素晴らしい 夏の森 でもヘトヘト
2016年07月31日 14:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい 夏の森 でもヘトヘト
やったぁ もう少し
2016年07月31日 16:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やったぁ もう少し
はい、到着!
2016年07月31日 16:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい、到着!
JR三鷹あたり はい、靴履きます
2016年07月31日 20:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR三鷹あたり はい、靴履きます
撮影機材:

感想/記録

奥多摩から行くか迷いましたが、土曜日の雲取山避難小屋は混んでそうなので、塩山からバスで大弛峠まで行ってそこから甲武信岳を越えて破風山避難小屋で一泊。そして2日目は雲取山まで歩いて避難小屋で一泊。石尾根を歩いて奥多摩駅までにしました。

大弛峠から国師岳までチラホラいた人も国師岳を越えると全然いませんよ。2人ほどすれ違った程度。
毛木平からの合流を過ぎるとまた人がチラホラ出てきて甲武信岳山頂はソコソコの賑わい。そして甲武信小屋を過ぎて破風山に向かうとまた誰もいない。で、破風山避難小屋も誰もいない。占有! 日が暮れると鹿が小屋の近くまで遊びに来る程度

4時に小屋を出て、破風山山頂でアンテナが立ってネットで錦織をチェックするとなんと1stセットを7-6で取っている。勝てば帰らないと。で、水晶山と古礼山の間でアンテナが立った時に勝利を確認。うーん、一気に石尾根歩いて奥多摩駅まで行くか。この時はまだ元気だった。
古礼山からの富士山と南アルプスが最高。燕山から下りたところの雁峠が素晴らしく綺麗だ。でも誰もいない。北アの燕はすごい人だろうに。
笠取山に行くと作平🅿からのピストンのハイカーがチラホラ。でも黒エンジュ山方面に向かうとまた人がいない。黒エンジュ山を過ぎたあたりでかなり疲労が。唐松尾山前後の岩場で完全に奥多摩駅は諦めて丹波山へと。将監峠から少し行ったとこでドカーンという感じの飛竜を見たら、ガッテン承知、アンタの勝ちです!

雁坂小屋で頂いた水2Lも疲労とともに心細くなってきた。このままだと丹波山までもたないかも。地図に水場があると出てるので注意深く歩いていたはずが、通り過ぎてしまった。いざとなれば雲取山避難小屋で飲むつもりで雁坂小屋で買ったビールがある。それにオレンジジュースも半分くらい残ってるばす。

ところで丹波山からのバスが微妙。頑張れば15:45に間に合うかもしれず、それを外すと18:20。ま、温泉もあるから外してもいいことはいいが、できれば頑張りたい、と思ってヘトヘトの足を叱咤激励しながら将監峠からコースタイム2時間20分をなんとか1時間半で行かないかと頑張ったが、ほぼ2時間。20分しかゲインできなかった。唐松尾山の下りあたりからつま先が悲鳴を上げだした上にここに来て今度はザックのストラップが当たる肩鎖関節あたりが文句を言い出した。

飛竜権現に着いたのは12:54。バスまで3時間。そしてコースタイムは3時間35分。84% 登りならこの程度の疲労でも可能だが下りはなぁ。だいたいコースタイムだから。でも頑張ってみた。が、最初の35分の前飛竜のちょい先まで35分。あんなに頑張ったのにぃ。残りコースタイム3時間を2時間20分 78%。 次のマイルストーンの熊倉山に着いたのは14:10。ここで諦めて5分ほど休憩してビール! さすがにガソリン入れると違う。やっぱり行けるんじゃないかと俄然元気が出る。サオラ峠までの35分を20分ちょいで。ここからコースタイム90分を60分で下りれば間に合うではないか。ここからバス停まで2本のルートがある。一つは90分。もう一つは100分。でも90分のほうは急傾斜の山道とある。ちょっと迷ったが絶対値の低い90分のほうに。これがやっぱり間違いだった。急傾斜のため走るに走れない。でも頑張って走れるところを走って、20分くらいのとこで地図を見ると1/3は来てるではないか! このペースで行けば! しかし急傾斜と疲労のためペースを保てない。さらに20分後に地図を見てみると…ああ、もうダメだ。 そう思った途端にペースガタ落ち。途中で抜いたキノコ採りのおじいちゃんにも追いつかれそう。
下の舗装路が見えてきたとこで鹿よけの柵。そこにバス停まであと10分とある。時計をみるとバスであと7分。ああ、あそこで諦めたいなければ、と思いながらもまた走る。6分走ったとこでやっぱりダメじゃんと諦める。あの、バス停まで10分は絶対ウソだ! 結局バス停に着いたのはバスが行った5分後。 天は私に丹波山温泉に入って行けと宣うた。

帰りの電車ではもつシューズを履いてられず、靴下とシューズ脱いでザックに括り付け持っていたサンダルで、青梅で乗換え、立川で乗換え、今国分寺で特急待ちしてます。でも奥多摩から全部座れて、これ書いてたらもうすく我が荻窪に到着です。そろそろ靴下とシューズ履きますかね。

そうそう大事なことを忘れてました。今朝雁坂小屋を過ぎたあたりでiPhoneの充電中に滑落しそうになって電源ケーブルを破損して充電不能に。その時残り72%くらい。その後節電モードにして、なるべく地図を見ない、写真も撮らないようになんとか丹波山温泉まで。で、温泉の休憩処で隣の人にケーブル借りてなんとか35%まで復帰。さらにその方同じバスで奥多摩駅までだったので、よかったら奥多摩駅までいいですよ、と。いい人に巡り合えて幸せな山行でした。
訪問者数:349人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/28
投稿数: 326
2016/8/1 10:08
 お立ち寄りいただき
先日は雁坂小屋へお立ち寄りいただきありがとうございました。
星空と翌朝の眺め、いいタイミングで見ていただけて良かったです。
『雁坂小屋で頂いた水2Lも疲労とともに・・・』ということでしたら、「返さなくていいですよ」と一言添えてドラム缶でも差し上げればよかったですね。
いろいろアクシデントがあったようですが、また機会がありましたらお越しくださいませ。
登録日: 2016/5/25
投稿数: 2
2016/8/2 7:07
 Re: お立ち寄りいただき
その節はありがとうございました。北側の山々はホントに素晴らしいの一言でした。それも写真と合わせて見せていただきながら山の名前も全部教えていただいおかげです。
ドラム缶いただいても…鍛えておきます!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ