ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 928747 全員に公開 講習/トレーニング志賀・草津・四阿山・浅間

【踏まれるも 両手に花の 登山道】湯ノ丸山登って、烏帽子岳に進み、再び湯ノ丸山へ

日程 2016年07月31日(日) [日帰り]
メンバー 34zu010g_NGN
天候朝は快晴、昼頃も晴れてはいましたが、ガスってるところもでてきました。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
6:30上田市街を出発→7:30湯の丸高原(地蔵峠駐車場)到着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間20分
休憩
20分
合計
5時間40分
S烏帽子岳登山口07:4508:10臼窪湿原・湯の丸山方面交差08:20鐘分岐09:00湯ノ丸山09:0509:40小梨平分岐10:10前烏帽子10:20烏帽子岳10:3010:45前烏帽子11:10小梨平分岐11:45湯ノ丸山11:5012:10湯ノ丸山(北峰)12:25湯ノ丸山13:00鐘分岐13:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
一人で登山していたので、休憩時間が短くて済みました。水分は持参したお茶500mL程度と水500mL程度の合計1Lでした。お昼ご飯はコンビニのパンでした。
コース状況/
危険箇所等
湯ノ丸山から烏帽子岳に向かう登山道が急でした。足の運びに注意が必要でした。
その他周辺情報地蔵峠駐車場(駐車無料)の周辺には、トイレや休憩所がありました。また湯の丸高原の麓(長野県側)まで下ると日帰り入浴施設が何か所かあります。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

登山の道中は花がたくさん咲いていました。虫たちもお仕事をしていました。かわいかったです!
2016年07月31日 12:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山の道中は花がたくさん咲いていました。虫たちもお仕事をしていました。かわいかったです!
1
天気が良く、富士山を見ることができました!
2016年07月31日 08:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良く、富士山を見ることができました!
2
南アルプスの方向がよく見ることができました。
2016年07月31日 08:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスの方向がよく見ることができました。
4
北アルプスも若干見えました。
2016年07月31日 08:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスも若干見えました。
2
湯ノ丸山頂から烏帽子岳に向かう道。岩がゴロゴロしていて、やや急な部分もあるので注意して進みました。
2015年12月02日 21:20撮影 by EX-Z9 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯ノ丸山頂から烏帽子岳に向かう道。岩がゴロゴロしていて、やや急な部分もあるので注意して進みました。
先ほど登った湯ノ丸山を烏帽子岳側から見ました。
2015年12月02日 22:27撮影 by EX-Z9 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほど登った湯ノ丸山を烏帽子岳側から見ました。
烏帽子岳まであと少し。岩がたくさん出てきました。
2015年12月02日 22:09撮影 by EX-Z9 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳まであと少し。岩がたくさん出てきました。
烏帽子岳山頂に到着。雲やガスが出てきて遠くの方や麓が見えにくかったのが残念。
2015年12月02日 22:43撮影 by EX-Z9 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳山頂に到着。雲やガスが出てきて遠くの方や麓が見えにくかったのが残念。
1
撮影機材:

感想/記録

 スタートの地蔵峠駐車場には、ハチやアブ、ハエがたくさんいて、何匹も身体の周りによってきました(到着したときにはいませんでしたが)。そのため準備は車の中で行いました。ザックに携帯電話やカメラを入れたことを確認し、日焼け止めを塗りました。
 まずはキャンプ場に向かう砂利道を通り進みました。道のわきには花がちらほら咲いていました。キャンプしている横をさらに進み樹林帯の中に進んでいきました。
 しばし歩いて中分岐に到着。ここからまずは湯ノ丸山山頂を目指すべく鐘分岐方向に進みました。進む道にある花は朝露かな?葉や花に露がついていてきれいでした!10分程度進むと鐘が見えてきました。
 鐘分岐からはひたすら山頂を目指しました。その道中、遠くを見ると富士山がきれいに見ることができました。思わぬところでラッキーでした!足場は大きめの石が出たいたりして歩きにくいところもありました。道幅は広くないので譲り合いで進みます。
 湯ノ丸山山頂からの景色はやっぱり良かったです。南アルプス、北アルプス、群馬県側の麓などきれいに見えました!しかし、相変わらず、虫はたくさん飛んでおりました。
 少し休憩して烏帽子岳に向かいました。思っていたより急だったので注意して進みました。中分岐から烏帽子岳に向かうルートと合流し、山頂を目指します。比較的歩きやすい道という印象でした。尾根に出ると一気に視界が開けました。山頂までもう少しという気持ちになりやる気がいっそう出てきました!
 山頂到着と思いきや、まずは前烏帽子でしたね。蝶の写真を撮るにはここが良いとタイミングを待っている方もいらっしゃいました。ここからすぐ先に烏帽子岳山頂がありますので足を進めました。山頂への途中の岩場を越え、無事に到着しました!菅平高原が近くに見えました。やっぱり菅平って広いんですね。季節のおかげでやっぱり虫がたくさんいました。ある意味、下界では見ることができない光景でした!
 その後は烏帽子岳を下り、再び湯ノ丸山に行きました。そこでお昼ご飯を食べたのち、北峰の方にも少し足を延ばし尾根を歩いて、体力が底をつかないうちに下に行こうと再び戻り、鐘分岐、地蔵峠に進みました。
 一番大変だったのは、烏帽子岳から湯ノ丸山に戻る0.8劼両紊蠅任靴拭Bが上がっちゃいました。立ち止まりながら一歩一歩進んみました。 
訪問者数:237人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ