ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 928775 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

猿倉〜白馬岳〜小蓮華山〜白馬大池〜栂池

日程 2016年07月29日(金) 〜 2016年07月30日(土)
メンバー littlepapa(写真)
天候曇りときどき晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
北陸自動車道「糸魚川IC」で降り、148号線を八方第5駐車場へ
縦走し、下山後は、栂池ロープウエーで降り、バスで駐車場へ戻る。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間59分
休憩
49分
合計
6時間48分
S猿倉荘06:4506:49猿倉登山口駐車場07:45白馬尻荘07:4607:49白馬尻小屋08:0409:23岩室跡09:2610:52避難小屋11:0512:39白馬山荘12:4313:08白馬岳13:2113:33白馬山荘
2日目
山行
7時間15分
休憩
28分
合計
7時間43分
白馬山荘06:5507:20白馬岳07:2108:11三国境08:3609:28小蓮華山12:44乗鞍岳12:4613:36風吹大池方面分岐14:37栂池山荘14:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
猿沢からの雪渓登りは、波打つようなやや柔らかめの雪面で、下の雪はしっかりとしており、4本アイゼンがぐいっと食い込み楽しく登れます。
木道や泥道の登山道より何倍も歩きやすく、やや急坂でも楽しみながら、こなせる感じでした。
白馬大池から降りる下山の岩場のルートは、隙間がある大きな岩を一歩ずつ集中して歩く必要があり、注意が必要です。ここで滑ったり、踏み外すと大きな事故につながる怖さがありました。
その他周辺情報白馬パイプのけむりで前泊し、猿倉登山口から入山。
八方台スキー場周辺のホテルは、たくさんあり平日でゆったり泊まれました。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

ソバナ
2016年07月29日 07:09撮影 by GZ-HD620 , JVC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ソバナ
タマガワホトトギス
2016年07月29日 07:33撮影 by GZ-HD620 , JVC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タマガワホトトギス
いよいよ、初の雪渓。
波打つようなやや柔らかめの雪面で、下の雪はしっかりとしており、4本アイゼンがぐいっと食い込み楽しく登れます。
木道や泥道の登山道より何倍も歩きやすく、やや急坂でも楽しみながら、こなせる感じでした。
2016年07月29日 08:45撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ、初の雪渓。
波打つようなやや柔らかめの雪面で、下の雪はしっかりとしており、4本アイゼンがぐいっと食い込み楽しく登れます。
木道や泥道の登山道より何倍も歩きやすく、やや急坂でも楽しみながら、こなせる感じでした。
沢筋からは、雪が流れこんでくるように見え、まだまだ多くの雪が残っています。
きっと、これからもずっとこの雪は残り続けるんでしょうね。
2016年07月29日 09:04撮影 by GZ-HD620 , JVC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢筋からは、雪が流れこんでくるように見え、まだまだ多くの雪が残っています。
きっと、これからもずっとこの雪は残り続けるんでしょうね。
雪解け水が豊富に流れています。
2016年07月29日 09:56撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪解け水が豊富に流れています。
ミヤマキンポウゲ
2016年07月29日 10:02撮影 by GZ-HD620 , JVC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ
当日は、登山口からガスがかかっていましたが、時折みせるその岩峰は北アルプスらしい、切り立った岩が印象的です。
2016年07月29日 10:11撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当日は、登山口からガスがかかっていましたが、時折みせるその岩峰は北アルプスらしい、切り立った岩が印象的です。
シロウマアサツキ
2016年07月29日 10:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロウマアサツキ
タカネナデシコ
2016年07月29日 10:29撮影 by GZ-HD620 , JVC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネナデシコ
クルマユリ
2016年07月29日 10:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クルマユリ
ヨツバシオガマ
2016年07月29日 10:57撮影 by GZ-HD620 , JVC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマ
ハクサンフウロ
2016年07月29日 11:02撮影 by GZ-HD620 , JVC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
多くの雪渓を残す、葱平から望む丸山方面
2016年07月29日 11:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多くの雪渓を残す、葱平から望む丸山方面
杓子岳方面も常にガスがかかってます。
2016年07月29日 11:14撮影 by GZ-HD620 , JVC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子岳方面も常にガスがかかってます。
上部の雪渓から、豊富な水が供給され、青い草原とお花畑が広がっています。
2016年07月29日 11:20撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部の雪渓から、豊富な水が供給され、青い草原とお花畑が広がっています。
イワオウギとハクサンフウロ
2016年07月29日 11:27撮影 by GZ-HD620 , JVC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワオウギとハクサンフウロ
過酷な岩場の環境でも、豊富な雪渓からの雪解け水で、草花もイキイキと育っているようです。
2016年07月29日 11:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
過酷な岩場の環境でも、豊富な雪渓からの雪解け水で、草花もイキイキと育っているようです。
いよいよ、白馬山荘へ。
その直上には、ガスの中から白馬岳…
登山のご褒美にきりっとその姿を見せてくれました。
2016年07月29日 12:41撮影 by GZ-HD620 , JVC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ、白馬山荘へ。
その直上には、ガスの中から白馬岳…
登山のご褒美にきりっとその姿を見せてくれました。
まず、受付して今夜の寝床をゲット
2016年07月29日 12:42撮影 by GZ-HD620 , JVC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まず、受付して今夜の寝床をゲット
受付後、周囲の山も鑑賞
2016年07月29日 13:04撮影 by GZ-HD620 , JVC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
受付後、周囲の山も鑑賞
いよいよ、今回の登山、第1回目の山頂。
残念ながら、周囲は雲に覆われ、ほぼ眺望は臨めず。
2016年07月29日 13:07撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ、今回の登山、第1回目の山頂。
残念ながら、周囲は雲に覆われ、ほぼ眺望は臨めず。
山頂にある方位指針。
周囲の山々の形と名前が記された銅版は、かなり薄くなり、歴史を感じます。
なぜ、日本人は記念のお賽銭をあげたくなるのか…
2016年07月29日 13:10撮影 by GZ-HD620 , JVC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にある方位指針。
周囲の山々の形と名前が記された銅版は、かなり薄くなり、歴史を感じます。
なぜ、日本人は記念のお賽銭をあげたくなるのか…
雲に覆われていた一日でしたが、夕暮れには一時太陽が姿を現してくれました。
2016年07月29日 18:30撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲に覆われていた一日でしたが、夕暮れには一時太陽が姿を現してくれました。
翌日、夕闇が徐々に白みはじめ、周囲の山々も雲海から顔を出し、登山の喜びをかみしめながら、ご来光を待ちます。
2016年07月30日 04:19撮影 by DMC-FZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日、夕闇が徐々に白みはじめ、周囲の山々も雲海から顔を出し、登山の喜びをかみしめながら、ご来光を待ちます。
いよいよ、その瞬間が…
この後、瞬く間にガスに覆われ、残念ながらご来光は拝めませんでした。
2016年07月30日 04:21撮影 by DMC-FZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ、その瞬間が…
この後、瞬く間にガスに覆われ、残念ながらご来光は拝めませんでした。
ただ、雲海が大きな大きな川の流れのようにゆっくりと雄大にその威容を示し、大自然の迫力に魅了されました。
2016年07月30日 04:23撮影 by DMC-FZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただ、雲海が大きな大きな川の流れのようにゆっくりと雄大にその威容を示し、大自然の迫力に魅了されました。
ご来光を待つ人 A(投稿主のツレ)
2016年07月30日 04:33撮影 by DMC-FZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご来光を待つ人 A(投稿主のツレ)
ご来光を待つ人 B(投稿主)
2016年07月30日 04:33撮影 by DMC-FZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご来光を待つ人 B(投稿主)
ライチョウともご挨拶
2016年07月30日 07:06撮影 by GZ-HD620 , JVC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ライチョウともご挨拶
お花畑
2016年07月30日 07:30撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑
ミヤマアズマギク
2016年07月30日 07:36撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマアズマギク
白馬岳を離れ、三国境からまた白馬岳の山容を確認
素晴らしい…
2016年07月30日 07:48撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳を離れ、三国境からまた白馬岳の山容を確認
素晴らしい…
ゴゼンタチバナ
2016年07月30日 07:51撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
ハクサンイチゲとシナノキンバイ
2016年07月30日 08:02撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲとシナノキンバイ
コマクサ
2016年07月30日 08:30撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサ
三国境からのぞむ長池
2016年07月30日 08:34撮影 by GZ-HD620 , JVC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国境からのぞむ長池
小蓮華山を目指し、きれいな天空の稜線をうきうきと歩く。
2016年07月30日 08:41撮影 by DMC-FZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小蓮華山を目指し、きれいな天空の稜線をうきうきと歩く。
向かいの鉢ヶ岳と雪倉岳。
今回は、時間・体力の都合で向こうには渡れませんが、また次回ぜひお邪魔したいと思わせてくれるきれいな山々です。
2016年07月30日 08:58撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かいの鉢ヶ岳と雪倉岳。
今回は、時間・体力の都合で向こうには渡れませんが、また次回ぜひお邪魔したいと思わせてくれるきれいな山々です。
小蓮華山の山頂。
豪快な剣が、山頂に…
2016年07月30日 09:25撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小蓮華山の山頂。
豪快な剣が、山頂に…
小蓮華山から白馬大池へ向かう稜線。
美しい稜線は、ひたすら長く楽しみながら平行移動ができます。
2016年07月30日 10:35撮影 by DMC-FZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小蓮華山から白馬大池へ向かう稜線。
美しい稜線は、ひたすら長く楽しみながら平行移動ができます。
いよいよ、白馬大池が目の前に。
2016年07月30日 10:45撮影 by DMC-FZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ、白馬大池が目の前に。
イワオトギリ
2016年07月30日 12:14撮影 by HTL23, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワオトギリ

感想/記録

雪渓から始まり、登りの登山道は美しい草花が咲き乱れ、白馬山荘の宿泊。
翌日は、天空の稜線を歩き、ここでも多くの草花に囲まれ、疲労も感じることなく、山で経験できる良い経験の多くをここで体験させていただきました。本当に素晴らしい山歩きがでした。
登山は、今年から始めた、ビギナーですが、山の魅力に取りつかれてしまいました。
訪問者数:28人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ