ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 929030 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

室堂−剱岳−真砂岳−内蔵助平−黒四ダム

日程 2016年07月27日(水) 〜 2016年07月28日(木)
メンバー DJT
天候両日、曇り時々晴れ、ガス多し
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
郡山駅(20:42)-大宮駅(21:34) /やまびこ56号
大宮駅(21:39)-赤羽-新宿駅(22:15) /上野東京ライン・埼京線
新宿バスタ(22:40)-富山駅北口(5:00) /夜行バス
富山駅(5:28)-千垣駅(6:03) /富山地鉄
千垣駅(6:40)-立山駅(7:00) /代行バス
立山駅(7:20)-美女平駅(7:27) /立山ケーブルカー
美女平駅(7:45)-室堂(8:35) /立山高原バス

黒部ダム(15:40)-扇沢(15:51) /トロリーバス
扇沢(16:00)-日向山高原(16:15) /アルピコバス
日向山高原(18:17)-長野駅(19:45) /アルピコバス
長野駅(19:59)-大宮駅(20:56) /かがやき514号
大宮駅(21:10)-郡山駅(22:02) /やまびこ159号
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間40分
休憩
55分
合計
7時間35分
S室堂09:4010:25雷鳥沢キャンプ場11:45剱御前小舎12:20剣山荘13:0014:05前剱14:05平蔵の頭14:45カニの縦バイ15:15剱岳15:3016:30前剱17:15剣山荘
2日目
山行
8時間40分
休憩
35分
合計
9時間15分
剣山荘05:5006:10剱沢キャンプ場07:35別山南峰07:45別山北峰07:5509:20内蔵助山荘09:3012:05内蔵助平12:1013:30内蔵助谷出合13:3514:20ダム下流の橋14:2515:05黒部ダムG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・真砂沢ロッジより下流の小雪渓は崩壊とのこと
・ハシゴ谷乗越に向かう丸太橋はまだかかっていないとのこと
(8月上旬に取りつける予定)
・内蔵助山荘と内蔵助平の間の登山道は草刈りしておらず藪漕ぎの状態、
 そのため路面の状態が目視できないので足元に注意
(8月上旬に草刈りと整備予定とのこと)

※黒部ダムから内蔵助平を経由し真砂沢ロッジに向かうルートは
 丸太橋がかかっておらず徒渉も危険なため、通行止め。
 その情報を得られないまま黒部ダムを出発し剱沢まで進むが、
 内蔵助平まで引き返し、ルートを変更し内蔵助山荘に登る人がいる。
 時間的に山中でビバークすることになるので注意とのこと。
その他周辺情報■剣山荘
 素泊まり7000円
 弁当1000円
・シャワー:17時まで使用可
・夕食:17時、朝食:5時
・飲料水:無料
・単独行の同性のみの部屋。寝具の番号指定は1つずつ空けてくれた。
  寝具も館内もとても清潔
・携帯電話(ドコモ)の電波は弱い。充電の可否は不明。

■くろよんロイヤルホテル
 日帰り入浴720円
 http://www.kuroyon-royal.jp/contents/spa/spa.html
丁寧な応対を受けた。スマホの充電もさせてくれた。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

富山駅 一番列車
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富山駅 一番列車
立山行き急行
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山行き急行
本宮−立山間で土砂が線路に流入したため、代行バスで立山に向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本宮−立山間で土砂が線路に流入したため、代行バスで立山に向かう
立山ケーブルカー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山ケーブルカー
お父さんすごいなぁと思ったらお母さんだった件
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お父さんすごいなぁと思ったらお母さんだった件
雷鳥沢の野営場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥沢の野営場
剣御前小舎に向かう登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣御前小舎に向かう登山道
ハマグリ雪渓
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハマグリ雪渓
剣山荘に向かう登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣山荘に向かう登山道
剱沢キャンプ場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱沢キャンプ場
GO PROお兄さん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
GO PROお兄さん
RICOH THETAで撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
RICOH THETAで撮影
一本橋の先のクサリ場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一本橋の先のクサリ場
前剱の北側から山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前剱の北側から山頂
前剱北部のクサリ場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前剱北部のクサリ場
『前剱の門』の辺り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
『前剱の門』の辺り
カニのタテバイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニのタテバイ
見た目よりは怖くないですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見た目よりは怖くないですね
カニのタテバイから源次郎尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニのタテバイから源次郎尾根
カニのタテバイが終わったあたりから振り返って南方
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニのタテバイが終わったあたりから振り返って南方
RICOH THETAで撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
RICOH THETAで撮影
『ウィホム トンヘグムジ』かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
『ウィホム トンヘグムジ』かな
RICOH THETAで撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
RICOH THETAで撮影
カニのヨコバイに行くところ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニのヨコバイに行くところ
カニのヨコバイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニのヨコバイ
剣山荘 エントランス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣山荘 エントランス
夕暮れの別山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕暮れの別山
いちにち、ガスが流れていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いちにち、ガスが流れていた
朝、鹿島槍ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝、鹿島槍ヶ岳
剱沢キャンプ場から剱岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱沢キャンプ場から剱岳
剱沢野営場管理棟と救助隊の詰所
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱沢野営場管理棟と救助隊の詰所
内蔵助山荘からカールに向かう入口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
内蔵助山荘からカールに向かう入口
内蔵助の氷河
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
内蔵助の氷河
内蔵助沢出合
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
内蔵助沢出合
ダム下流の橋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダム下流の橋
ダム施設入口
トイレと洗面台有り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダム施設入口
トイレと洗面台有り
トロリーバス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トロリーバス
長野の誇りですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長野の誇りですね

感想/記録
by DJT

内蔵助山荘から内蔵助谷出合までのルートはとにかく疲れた。

ペンキの目印は、見える所は分かりやすく案内している。
草は背丈ほどにもなっているが、藪漕ぎしながらも注意して進めば、
多少草が低い所があり、そこに足元になんとなく道がある。
しかし草で足元の状態が分からず、特に下りは重心がかかり危ない。
滑る、転ぶ、落ちる、打る、ぶつかる、引っかかる、、、
もうとにかくしんどかった。
ここで足を怪我したら誰にも見つからず餓死するのだろうと思った。

剱岳は剣山荘から午後1時の出発。これは本来やるべきことではない。
ただ、朝に寝起きの身体が温まっていない状態で登ること、
人が多く渋滞に巻き込まれること、人為的な落石の危険が無いことを
考えると、この点では登りやすかった。

夕食時まで間に合わないと判断し、お昼のチェックイン時に弁当を注文。
夜に弁当を受け取りそれを夕食にする。
剣山荘のシャワーは本当に気持ちよかった。

内蔵助平でハシゴ谷乗越に向かう新しい足跡を見つけた。
あちらは到着間近で通行止め。
日没までにダムまでの帰還は不可能だと思うが、
その人はどうしただろうかとふと思い出す。

10ヶ月ぶりの登山。身体を慣らすくらいでいいと思っていたが、
いつものように長距離の行動ができたことはうれしい。
訪問者数:219人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ