ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 929155 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

ぐるりと南八ヶ岳(美濃戸口IN〜行者小屋泊〜観音平OUT)

日程 2016年07月30日(土) 〜 2016年07月31日(日)
メンバー iker
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
家族の車で6時美濃戸口着で送ってもらったが、少し遅かったら閉鎖されていた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間17分
休憩
1時間12分
合計
8時間29分
Sやまのこ村05:5806:04美濃戸山荘07:01中ノ行者小屋跡07:0407:51行者小屋08:1308:37赤岳鉱泉08:4208:46大同心沢(大同心ルンゼ)分岐08:50ジョウゴ沢09:35赤岩の頭09:50硫黄岳09:5510:10硫黄岳山荘10:28台座ノ頭10:46横岳(奥ノ院)10:4711:00無名峰11:0211:06横岳(三叉峰)11:0811:15石尊峰11:18鉾岳11:2011:23日ノ岳11:2811:34二十三夜峰11:41地蔵の頭11:44赤岳天望荘11:4512:05赤岳頂上山荘12:12赤岳12:1512:21竜頭峰12:2212:22赤岳12:2412:33文三郎尾根分岐12:47中岳12:4813:00中岳のコル13:21阿弥陀岳13:3313:48中岳のコル13:4913:59阿弥陀岳北稜14:0014:03中岳のコル登山道水場14:0614:27行者小屋
2日目
山行
7時間33分
休憩
1時間2分
合計
8時間35分
行者小屋06:0006:57文三郎尾根分岐07:0107:16竜頭峰07:1707:27真教寺尾根分岐08:29キレット小屋08:4009:10ツルネ09:38旭岳09:57縦走路分岐09:5910:01権現小屋10:14東ギボシ10:1610:25西ギボシ10:2710:38のろし場10:58青年小屋11:0011:06乙女の水11:0711:11青年小屋11:4612:11編笠山12:1313:15押手川13:42雲海14:04展望台14:35観音平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
赤岳周辺は人が多いので、時間に余裕を持って行動する必要がある。
赤岳〜権現岳がガレ場、鎖、梯子で注意が必要だが、他は注意していれば問題ない。
コースの目印も少なかったり薄かったりするが、確実にあるので、経験を積んでいる人間であれば道迷いの心配もない。
山と高原の地図を参考に計画を組んだが、キレット小屋の水が枯れていることを知らずに、そこで水補給ができると思っていたので、危うく水を枯らすところだった。青年小屋の水場は徒歩4〜5分なので、青年小屋で補給できた。
また、編笠山から押手川にかけての下り結構な急勾配で時間がかかり、コースタイム通り1時間かかった。他はコースタイムより短く行けたので、ここは少し余裕を見たほうが良い。
その他周辺情報道の駅こぶちさわの隣に、スパティオ小淵沢という温泉施設がある。一般820円(北杜市民460円)
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 ゲイター 日よけ帽子 サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ テント テントマット シェラフ ラジオ
備考 テントで時間を持て余したので、ラジオが役立った。

写真

美濃戸口からスタート
2016年07月30日 06:05撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸口からスタート
しばらくは歩きやすい道
2016年07月30日 06:09撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは歩きやすい道
行者小屋から赤岳を臨む
2016年07月30日 07:53撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋から赤岳を臨む
行者小屋から赤岳鉱泉へ
2016年07月30日 08:39撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋から赤岳鉱泉へ
硫黄岳が見えてきました
2016年07月30日 09:36撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳が見えてきました
硫黄岳山頂
2016年07月30日 09:53撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂
視界が少し悪かったですが、これから歩く稜線が見えてきました
2016年07月30日 10:03撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が少し悪かったですが、これから歩く稜線が見えてきました
硫黄岳山荘を通った時、ちょうど物資輸送のヘリが
2016年07月30日 10:13撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山荘を通った時、ちょうど物資輸送のヘリが
1
横岳方面から硫黄岳を振り返る
2016年07月30日 10:26撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳方面から硫黄岳を振り返る
コマクサ
2016年07月30日 10:29撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサ
横岳のあたりはゴツゴツした感じ
2016年07月30日 10:44撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳のあたりはゴツゴツした感じ
横岳山頂
2016年07月30日 10:47撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳山頂
ようやく赤岳の姿が
2016年07月30日 11:29撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく赤岳の姿が
赤岳山頂は人がたくさん
2016年07月30日 12:08撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山頂は人がたくさん
赤岳から阿弥陀岳方面へ
2016年07月30日 12:25撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳から阿弥陀岳方面へ
1
阿弥陀岳の登りは結構な急登
2016年07月30日 13:06撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳の登りは結構な急登
1
阿弥陀岳山頂
2016年07月30日 13:23撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳山頂
夕方、行者小屋から赤岳を臨む
2016年07月30日 14:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方、行者小屋から赤岳を臨む
1
行者小屋から赤岳山頂方向へ。梯子や階段がある急登です
2016年07月31日 06:24撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋から赤岳山頂方向へ。梯子や階段がある急登です
1
阿弥陀岳も朝の時間でくっきり
2016年07月31日 06:58撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳も朝の時間でくっきり
1
赤岳への道は朝から人がたくさん
2016年07月31日 07:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳への道は朝から人がたくさん
南アルプスもくっきりでした
2016年07月31日 07:09撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスもくっきりでした
1
勿論このお方もくっきり
2016年07月31日 07:20撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勿論このお方もくっきり
3
この下に見えている稜線をこれから降ります
2016年07月31日 07:40撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この下に見えている稜線をこれから降ります
2
この稜線をこれから歩くのか・・・(゜A゜;)ゴクリ
2016年07月31日 07:46撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この稜線をこれから歩くのか・・・(゜A゜;)ゴクリ
1
このガレ場、この急勾配・・・
2016年07月31日 07:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このガレ場、この急勾配・・・
梯子も鎖もたくさん。しかも結構難易度が高く注意が必要
2016年07月31日 07:51撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子も鎖もたくさん。しかも結構難易度が高く注意が必要
歩きづらいことこの上なし
2016年07月31日 07:58撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きづらいことこの上なし
ようやくキレット小屋。水は枯れており、雨水しかありません。
2016年07月31日 08:29撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくキレット小屋。水は枯れており、雨水しかありません。
1
赤岳を振り返る
2016年07月31日 09:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳を振り返る
2
そしてこれから権現岳にチャレンジ
2016年07月31日 09:41撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてこれから権現岳にチャレンジ
出た、これが噂の梯子
2016年07月31日 09:51撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出た、これが噂の梯子
登り切ってから下を見ると・・・(;´Д`)
2016年07月31日 09:54撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切ってから下を見ると・・・(;´Д`)
1
権現岳山頂
2016年07月31日 09:59撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳山頂
権現小屋と青年小屋への道。青年小屋も見えています
2016年07月31日 09:59撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現小屋と青年小屋への道。青年小屋も見えています
よくぞここまで歩いてきたもんだ
2016年07月31日 10:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よくぞここまで歩いてきたもんだ
2
噂の遠い飲み屋。遠すぎますね(;^ω^)
2016年07月31日 11:45撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噂の遠い飲み屋。遠すぎますね(;^ω^)
1
青年小屋から編笠山へ。最初はごつごつした岩場。
2016年07月31日 11:47撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青年小屋から編笠山へ。最初はごつごつした岩場。
編笠山山頂。曇っていて眺望がいまいちだったのが残念
2016年07月31日 12:11撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
編笠山山頂。曇っていて眺望がいまいちだったのが残念
編笠山山頂から
2016年07月31日 12:20撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
編笠山山頂から
編笠山からの下りが長い。ひたすら長い。途中からストックが使えます。
2016年07月31日 12:27撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
編笠山からの下りが長い。ひたすら長い。途中からストックが使えます。
1
訪問者数:228人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ