ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 929166 全員に公開 ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳〜憧れの大雪渓と雷鳥

日程 2016年07月29日(金) 〜 2016年07月30日(土)
メンバー nabesi, その他メンバー1人
天候曇り時々ガス
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク、 ケーブルカー等
八方第2駐車場(無料)までは自家用車。
行き:駐車場から猿倉までは、相乗りタクシー(4人)で一人800円。
帰り:栂池ロープウェイとゴンドラで1920円。
   栂池高原から八方バスターミナルまでは、バスで560円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間50分
休憩
1時間30分
合計
6時間20分
S猿倉荘09:0010:00白馬尻小屋10:2010:50大雪渓下部11:0012:10大雪渓上部12:4013:10岩室跡13:2013:40避難小屋13:5014:50白馬岳頂上宿舎15:0015:20白馬山荘
2日目
山行
5時間40分
休憩
1時間40分
合計
7時間20分
白馬山荘07:0007:20白馬岳07:3008:10三国境08:2009:00小蓮華山09:1009:50船越ノ頭10:0010:50白馬大池山荘11:3012:00乗鞍岳12:1013:00風吹大池方面分岐13:10天狗原の祠13:2014:20栂池山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
休憩時間を除けば、ほぼコースタイム通りに歩けたと思います。
コース状況/
危険箇所等
大雪渓の登りは、軽アイゼンがあると安心です。(チェーンスパイクでもOK)
落石も随所に見られ、ヘルメットがあると、なお安心です。
白馬乗鞍岳からの下りは、岩場の急坂で滑りやすく、要注意です。
その他については、危険個所はありません。
その他周辺情報前日泊で、白馬村のホテルに宿泊。
下山後は、バスターミナル直近の「八方の湯」で汗を流しました。(800円)
(行きのタクシーの運転手から、割引券をもらいました。)

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ ヘルメット

写真

出発地点の猿倉荘です。ここで、登山届を出します。
(出さないと、通してもらえません。)
2016年07月29日 08:46撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発地点の猿倉荘です。ここで、登山届を出します。
(出さないと、通してもらえません。)
林道を1時間ほど歩くと、白馬尻山荘に到着です。
2016年07月29日 10:01撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を1時間ほど歩くと、白馬尻山荘に到着です。
山荘からは雪渓が見えます。
2016年07月29日 10:01撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘からは雪渓が見えます。
山荘脇には案内板があります。
アイゼンも売っており、4本爪で1000円でした。
2016年07月29日 10:13撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘脇には案内板があります。
アイゼンも売っており、4本爪で1000円でした。
白馬尻山荘から30分ほど登ると、いよいよ大雪渓に突入です。
踏み跡に沿って歩きます。
2016年07月29日 11:19撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬尻山荘から30分ほど登ると、いよいよ大雪渓に突入です。
踏み跡に沿って歩きます。
2
大雪渓ルートの右側の谷から、冷気が吹き付けてきます。
防寒着がないと寒いくらいでした。
2016年07月29日 11:19撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓ルートの右側の谷から、冷気が吹き付けてきます。
防寒着がないと寒いくらいでした。
1
所々にクレバスもありました。かなり深そうです。
2016年07月29日 11:31撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々にクレバスもありました。かなり深そうです。
振り向くと、登ってきたルートが見えます。
ガスでわかりずらいですが、結構急坂で、落石も多くみられました。
2016年07月29日 11:55撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り向くと、登ってきたルートが見えます。
ガスでわかりずらいですが、結構急坂で、落石も多くみられました。
左手の杓子尾根からは、時々「ガラガラ!」という音が聞こえました。落石には十分な注意が必要です。
2016年07月29日 12:32撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手の杓子尾根からは、時々「ガラガラ!」という音が聞こえました。落石には十分な注意が必要です。
1時間10分で大雪渓を登りきりました。今年は雪が少なく、大雪渓も短くなっているようです。
2016年07月29日 12:52撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間10分で大雪渓を登りきりました。今年は雪が少なく、大雪渓も短くなっているようです。
大雪渓を登りきると、2時間ほど急登が続きます。大雪渓よりきついくらいですが、花に励まされながら登ります。
2016年07月29日 12:52撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓を登りきると、2時間ほど急登が続きます。大雪渓よりきついくらいですが、花に励まされながら登ります。
ハクサンフウロです。
2016年07月29日 12:45撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロです。
シロウマアサツキです。
2016年07月29日 12:58撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロウマアサツキです。
見上げると雪渓が見られますが、ここは通りません。もう、アイゼンは不要です。
2016年07月29日 13:04撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げると雪渓が見られますが、ここは通りません。もう、アイゼンは不要です。
1
葱平に到着です。一面のお花畑です。
2016年07月29日 13:47撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葱平に到着です。一面のお花畑です。
クルマユリです。
2016年07月29日 13:49撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クルマユリです。
ミヤマキンポウゲの群落です。きれいです。
2016年07月29日 13:56撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲの群落です。きれいです。
白馬岳頂上宿舎が見えてきました。
2016年07月29日 13:59撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳頂上宿舎が見えてきました。
わかりました。気をつけます。
2016年07月29日 14:10撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わかりました。気をつけます。
相変わらず、周りはお花畑が続きます。
2016年07月29日 14:10撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらず、周りはお花畑が続きます。
イワギキョウです。
2016年07月29日 14:47撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウです。
1
先程まで掛かっていたガスが晴れ、杓子岳が見えてきました。
2016年07月29日 14:32撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先程まで掛かっていたガスが晴れ、杓子岳が見えてきました。
鑓ヶ岳も見えます。
2016年07月29日 14:32撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鑓ヶ岳も見えます。
稜線には青空も見えてきました。
2016年07月29日 14:43撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線には青空も見えてきました。
白馬岳頂上宿舎に到着です。大雪渓から2時間30分でした。
2016年07月29日 14:48撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳頂上宿舎に到着です。大雪渓から2時間30分でした。
宿泊地の白馬山荘が見えます。頂上宿舎からは20分ほどです。
2016年07月29日 15:10撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿泊地の白馬山荘が見えます。頂上宿舎からは20分ほどです。
到着しました。猿倉から6時間20分でゴールです!
2016年07月29日 15:18撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着しました。猿倉から6時間20分でゴールです!
噂のスカイプラザです。絶景を眺めながら食事ができます。
(残念ながら、今日はガスっていて見れませんでした。)
2016年07月29日 15:19撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噂のスカイプラザです。絶景を眺めながら食事ができます。
(残念ながら、今日はガスっていて見れませんでした。)
2日目の朝です。幻想的な風景です。
2016年07月30日 04:34撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目の朝です。幻想的な風景です。
1
杓子岳と鑓ヶ岳も見えます。
2016年07月30日 04:34撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子岳と鑓ヶ岳も見えます。
山荘裏手の小高い丘に、ご来光を眺めに行きます。もうすぐです。
2016年07月30日 04:36撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘裏手の小高い丘に、ご来光を眺めに行きます。もうすぐです。
山頂方向からガスが掛かってきました。結局このガスに覆われてご来光は見れませんでした。残念〜!
2016年07月30日 04:36撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方向からガスが掛かってきました。結局このガスに覆われてご来光は見れませんでした。残念〜!
山荘の裏手には、エーデルワイスも咲いていました。
2016年07月30日 05:01撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘の裏手には、エーデルワイスも咲いていました。
朝食後、登山開始です。山頂を目指します。
2016年07月30日 06:35撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝食後、登山開始です。山頂を目指します。
登り始めてすぐ、雷鳥の親子を発見しました。
(山頂直下にも、別の親子がいました。)
2016年07月30日 07:04撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めてすぐ、雷鳥の親子を発見しました。
(山頂直下にも、別の親子がいました。)
3
約15分で山頂に到着です。残念ながら、ガスで何も見えませんでした。
2016年07月30日 07:22撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約15分で山頂に到着です。残念ながら、ガスで何も見えませんでした。
1
山頂から小蓮華山方面に縦走します。ガスの切れ間から、時折、大雪渓が見えます。
2016年07月30日 07:41撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から小蓮華山方面に縦走します。ガスの切れ間から、時折、大雪渓が見えます。
小蓮華山が見えてきました。
2016年07月30日 07:46撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小蓮華山が見えてきました。
左手には雪倉岳が見えます。
2016年07月30日 08:03撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手には雪倉岳が見えます。
雪倉岳への分岐点に到着です。白馬岳からは40分です。
2016年07月30日 08:09撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉岳への分岐点に到着です。白馬岳からは40分です。
眼下に長池。その奥に見えるのは、うなづき湖でしょうか?
2016年07月30日 08:09撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に長池。その奥に見えるのは、うなづき湖でしょうか?
小蓮華山の山頂手前手で、再び雷鳥の親子を発見しました。
2016年07月30日 08:55撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小蓮華山の山頂手前手で、再び雷鳥の親子を発見しました。
2
ひな鳥です。かわいいですね。
2016年07月30日 08:54撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひな鳥です。かわいいですね。
1
小蓮華山の山頂に到着です。白馬岳からは、1時間20分です。
2016年07月30日 09:01撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小蓮華山の山頂に到着です。白馬岳からは、1時間20分です。
ここまで歩いてきた道です。いかにも、縦走って感じがいいです。
2016年07月30日 09:02撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで歩いてきた道です。いかにも、縦走って感じがいいです。
次のピーク、船越ノ頭に向かいます。
(チングルマです。)
2016年07月30日 09:21撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次のピーク、船越ノ頭に向かいます。
(チングルマです。)
ヨツバシオガマです。
2016年07月30日 09:22撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマです。
タカネナデシコです。
2016年07月30日 09:26撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネナデシコです。
船越ノ頭に到着です。小蓮華山から1時間30分です。
2016年07月30日 09:50撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船越ノ頭に到着です。小蓮華山から1時間30分です。
相変わらず、高山植物が咲き乱れています。
2016年07月30日 09:57撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらず、高山植物が咲き乱れています。
コマクサです。
2016年07月30日 10:13撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサです。
船越ノ頭を過ぎると、白馬大池が見えてきました。
2016年07月30日 10:14撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船越ノ頭を過ぎると、白馬大池が見えてきました。
白馬大池山荘も見えます。
2016年07月30日 10:15撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬大池山荘も見えます。
雷鳥坂を行きます。いかにも雷鳥がいそうなところです。
2016年07月30日 10:15撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥坂を行きます。いかにも雷鳥がいそうなところです。
そう思っていたら、やはり雷鳥の親子を発見しました。
これで本日4回目です。
2016年07月30日 10:25撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そう思っていたら、やはり雷鳥の親子を発見しました。
これで本日4回目です。
1
子供はすばしっこくて、すぐ見えなくなってしまいすが、親鳥は人に慣れていて、結構近づいても逃げません。
2016年07月30日 10:26撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子供はすばしっこくて、すぐ見えなくなってしまいすが、親鳥は人に慣れていて、結構近づいても逃げません。
1
白馬大池山荘付近には、チングルマが群生しています。
2016年07月30日 10:46撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬大池山荘付近には、チングルマが群生しています。
白馬大池山荘に到着です。ここでランチタイムです。
2016年07月30日 10:50撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬大池山荘に到着です。ここでランチタイムです。
船越ノ頭方面です。なかなかの絶景です。
2016年07月30日 10:50撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船越ノ頭方面です。なかなかの絶景です。
白馬大池山荘の周りを半周し、白馬乗鞍岳を目指します。
2016年07月30日 11:42撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬大池山荘の周りを半周し、白馬乗鞍岳を目指します。
ゴツゴツした岩場を登っていきます。大昔の火山の名残でしょうか?
2016年07月30日 11:42撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴツゴツした岩場を登っていきます。大昔の火山の名残でしょうか?
30分で白馬乗鞍岳の山頂に到着です。
2016年07月30日 12:03撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分で白馬乗鞍岳の山頂に到着です。
すぐ近くにケルンもあります。ガスっているので役立ちます。
2016年07月30日 12:01撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ近くにケルンもあります。ガスっているので役立ちます。
白馬乗鞍岳を過ぎると、今度は岩場の急坂を下ります。滑りやすくて危険なので、注意が必要です。
2016年07月30日 12:36撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬乗鞍岳を過ぎると、今度は岩場の急坂を下ります。滑りやすくて危険なので、注意が必要です。
白馬乗鞍岳から1時間で天狗原に到着です。
2016年07月30日 13:04撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬乗鞍岳から1時間で天狗原に到着です。
天狗原は木道を行きます。変化に富んでいて楽しめます。
2016年07月30日 13:05撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗原は木道を行きます。変化に富んでいて楽しめます。
アヤメも咲いています。
2016年07月30日 13:08撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アヤメも咲いています。
ゴール地点の栂池山荘に到着です。ここからは、ロープウェイとゴンドラで下ります。
出発から約7時間でした。2日間お疲れさまでした。
2016年07月30日 14:19撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴール地点の栂池山荘に到着です。ここからは、ロープウェイとゴンドラで下ります。
出発から約7時間でした。2日間お疲れさまでした。
撮影機材:

感想/記録
by nabesi

憧れの大雪渓に初めて挑戦。思っていたより歩きやすく、あっという間に終わってしまい、ちょっと残念でした。
大雪渓が終わったあとの登りの方が、遥かに長くてきつかったです。
2日目は、白馬岳から白馬大池までの縦走歩き。雲上の散歩道を満喫しました。
そして、道中4回も雷鳥の親子に巡り合いました。なかなか見れないと思っていたのに、4回も見れてびっくりです。
全体的に曇りがちで、あまり景色もよく見れませんでしたが、個人的には大満足の山行でした。
訪問者数:339人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ