ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 929204 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

常念岳(一の沢から。ご来光・槍穂・ブロッケン現象の絶景を楽しみました)

日程 2016年07月30日(土) 〜 2016年07月31日(日)
メンバー offroader, その他メンバー30人
天候1日目:曇り 2日目:晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
一の沢登山者用駐車場
午前10時30分時点で、下側の駐車場は6割強
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間16分
休憩
52分
合計
5時間8分
S常念岳登山者用駐車場10:4511:04一ノ沢登山口11:3011:40山ノ神11:4412:50王滝ベンチ13:21烏帽子沢13:3013:56笠原沢13:5714:57最終水場15:0915:53常念小屋
2日目
山行
6時間2分
休憩
2時間17分
合計
8時間19分
常念小屋04:3005:52常念岳06:1907:38常念小屋08:5109:23最終水場09:4510:33笠原沢10:4511:10烏帽子沢11:1111:38王滝ベンチ12:30山ノ神12:38一ノ沢登山口12:4012:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2日目の常念小屋から常念岳区間はGPS電源を入れ忘れ、途中で電源ONしているので時間・軌跡は参考です。
コース状況/
危険箇所等
【コース状況】
人気ルートだけあって、シッカリ整備されています。
登山口に相談所があり、遭対協の方が色々アドバイスをしてくれます。
一の沢登山口から胸突き八丁までは沢を幾度か渡ります。雨天後の増水時は油断禁物かと思います。
常念乗越から山頂まではガレ場のつづら折れ。一部落石に注意が必要な場所も。
山頂は狭いので頂上渋滞が発生してました。
【トイレ】
一の沢登山口にあり。その後は常念小屋まで無かったと思います。
【登山ポスト】
一の沢登山口にあり。
遭対協の方が、提出をシッカリチェックしているようでした。
その他周辺情報【日帰り温泉施設】
ほりで〜ゆ、四季の郷
http://www.holiday-you.co.jp/
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

午前10時過ぎ。一の沢登山者用駐車場に到着。上流側の駐車場は既に満車の模様。こちらは6割強の埋まり具合。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午前10時過ぎ。一の沢登山者用駐車場に到着。上流側の駐車場は既に満車の模様。こちらは6割強の埋まり具合。
10時30分。
支度を済ませて出発。暫くは舗装路歩き。
路面からの熱気が凄く暑い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時30分。
支度を済ませて出発。暫くは舗装路歩き。
路面からの熱気が凄く暑い。
20分程で登山口に到着。
ここで暫く合流組を待つ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20分程で登山口に到着。
ここで暫く合流組を待つ。
登山口相談所。
登山届の提出や登山道状況のアドバイスが貰える。
「今日の常念小屋は凄い人になるだろう」と遭対協の方の予想。
(大当たり〜!!)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口相談所。
登山届の提出や登山道状況のアドバイスが貰える。
「今日の常念小屋は凄い人になるだろう」と遭対協の方の予想。
(大当たり〜!!)
11時30分。
登山口出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時30分。
登山口出発。
暫くは快適な道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫くは快適な道
山の神に安全祈願をして通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神に安全祈願をして通過
樹林帯をドンドン進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯をドンドン進む
幾度も沢超えがあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幾度も沢超えがあります
増水時はちょっと厳しいかな?と思えるような場所も通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
増水時はちょっと厳しいかな?と思えるような場所も通過。
新しい丸太橋
(整備ありがとうございます)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しい丸太橋
(整備ありがとうございます)
距離表示付きの道標
(励みになったり、ガックリ来たり)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
距離表示付きの道標
(励みになったり、ガックリ来たり)
休憩地には最適な雰囲気の場所
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩地には最適な雰囲気の場所
青空がのぞいたりするので気分が良い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空がのぞいたりするので気分が良い。
次第に道の様相も変わって
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次第に道の様相も変わって
ガレた道が続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレた道が続きます
胸突八丁の途中から沢を見下ろす。
急勾配です。一気に標高を稼ぐ感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胸突八丁の途中から沢を見下ろす。
急勾配です。一気に標高を稼ぐ感じです。
転落注意のロープも張ってあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
転落注意のロープも張ってあります。
最終水場に近づいた。
もう滝汗状態です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終水場に近づいた。
もう滝汗状態です。
「LASTWATER」という表示が面白い
(外人さんに意味が通じるのだろうか?)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「LASTWATER」という表示が面白い
(外人さんに意味が通じるのだろうか?)
最終水場から50分。
常念乗越到着。
時刻は16時ちょい過ぎ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終水場から50分。
常念乗越到着。
時刻は16時ちょい過ぎ。
常念山頂方面。
ガスってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念山頂方面。
ガスってます。
常念小屋越しの槍・穂方面。
槍様は雲の中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念小屋越しの槍・穂方面。
槍様は雲の中。
テン場はまだ余裕の数かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場はまだ余裕の数かな?
小屋で受付を済ませ、部屋に入りビールで乾杯。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋で受付を済ませ、部屋に入りビールで乾杯。
夕食は19時30分。(5回戦目くらいの順番)
この日の小屋は300人超えの宿泊客。我々のあともまだ食事待ち。
寝る場所にあぶれた人は食堂周囲や休憩所辺りで寝ていたそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食は19時30分。(5回戦目くらいの順番)
この日の小屋は300人超えの宿泊客。我々のあともまだ食事待ち。
寝る場所にあぶれた人は食堂周囲や休憩所辺りで寝ていたそうです。
翌日午前4時30分。
常念乗越から見る雲海の朝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日午前4時30分。
常念乗越から見る雲海の朝。
山頂に向けて暫く歩くと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に向けて暫く歩くと
ご来光〜
今日もありがとう!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご来光〜
今日もありがとう!!
モルゲン槍!!
(ちょっと手ブレ気味で残念)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モルゲン槍!!
(ちょっと手ブレ気味で残念)
眼下に常念乗越と常念小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に常念乗越と常念小屋
北穂も日が当たって来ました。
左奥には奥穂が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂も日が当たって来ました。
左奥には奥穂が見えてきた。
まだまだ続く上り坂。
多くの登山者で少々渋滞気味です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ続く上り坂。
多くの登山者で少々渋滞気味です。
山頂に向けてのつづら折れ。
ガスの動きが進行方向右手に来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に向けてのつづら折れ。
ガスの動きが進行方向右手に来ました。
ブロッケン現象です。
真ん中の影は自分です。
周囲の登山者も大騒ぎです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブロッケン現象です。
真ん中の影は自分です。
周囲の登山者も大騒ぎです。
ガスが晴れ、槍穂全景がみえました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが晴れ、槍穂全景がみえました。
キレット部アップ
右から南岳・キレット・北穂・奥穂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット部アップ
右から南岳・キレット・北穂・奥穂
大天井岳方面ですが、雲が濃い。
しかも雲の動きも早い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳方面ですが、雲が濃い。
しかも雲の動きも早い。
少々ガス気味の中、山頂が見えてきました。
。。。が、頂上渋滞でここからなかなか進めず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少々ガス気味の中、山頂が見えてきました。
。。。が、頂上渋滞でここからなかなか進めず。
山頂到着
凄い人。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着
凄い人。
山頂直下の道標周りも人だかり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の道標周りも人だかり
またまたブロッケン現象
(写真では少し薄いですが)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまたブロッケン現象
(写真では少し薄いですが)
キレットの下にブロッケン現象
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットの下にブロッケン現象
雲の上から富士山が少しだけ頭を出しました。
左は八ヶ岳。富士山の右に甲斐駒、北岳〜南アルプス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の上から富士山が少しだけ頭を出しました。
左は八ヶ岳。富士山の右に甲斐駒、北岳〜南アルプス。
さあ!下山だ。
暫くはスレ違い渋滞。
周囲はガス模様。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ!下山だ。
暫くはスレ違い渋滞。
周囲はガス模様。
常念小屋が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念小屋が見えてきた。
まもなく常念小屋。
朝ごはんが楽しみだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まもなく常念小屋。
朝ごはんが楽しみだ。
槍様のアップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍様のアップ
1
常念岳方向を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳方向を振り返る。
小屋に入り、待望の朝食。
写真を撮り忘れましたが、アマゴの甘露煮など非常に美味しい朝食でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋に入り、待望の朝食。
写真を撮り忘れましたが、アマゴの甘露煮など非常に美味しい朝食でした。
小屋のチャックアウトは8時30分。
常念小屋越しのキレット。
槍様は雲に隠れたり姿を出したりと忙しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋のチャックアウトは8時30分。
常念小屋越しのキレット。
槍様は雲に隠れたり姿を出したりと忙しい。
9時。
常念乗越をスタートし下山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時。
常念乗越をスタートし下山します。
快調に降りますが、時折登りの登山者とのスレ違い渋滞が発生します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快調に降りますが、時折登りの登山者とのスレ違い渋滞が発生します。
振り返って、常念乗越。
いい天気をありがとう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、常念乗越。
いい天気をありがとう。
勾配も緩やかになり。。。と思うのですが、そこから先が長い。(横尾から上高地に向かう3時間を思い出しました)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勾配も緩やかになり。。。と思うのですが、そこから先が長い。(横尾から上高地に向かう3時間を思い出しました)
12時30分過ぎ。
無事登山口に到着。
ここからは先に降りた仲間が車で駐車場までピストン送迎してくれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時30分過ぎ。
無事登山口に到着。
ここからは先に降りた仲間が車で駐車場までピストン送迎してくれました。

感想/記録

常念岳はいつかテン泊で訪れたいと思っていた山。
会社専門部の山行イベントに誘われ、計画は小屋泊りでしたが二つ返事で参加。参加者は社外メンバも含め、なんと40人。
当日までの天気予報は傘マークが見え隠れしており、絶景やご来光は半ば諦めかけていました。(ここは小屋泊ならではの心の余裕か?)
ところが山行メンバーの「晴れ晴れパワー」が天に通じたのか、両日とも雨は無く、2日目はご来光・槍穂の絶景、そして幾度も現れたブロッケン現象と最高の「非日常」を味わうことが出来た最高の山行となりました。

40人という老若男女揃った山行でしたが、全員怪我や体調不良を起こすこともなく無事下山できたことも、専門部のリーダーの皆さんのおかげと感謝してます。

宿泊した常念小屋は収容人数を大幅に超えた宿泊客でごった返しの状態。
それでも団体予約となっていた我々は貸切の大部屋で快適に休むことが出来、ラッキーでした。(とはいうものの、2畳に3人という狭いスペースでしたけどね)

次回は是非テン泊で。
槍穂をユックリ眺めながら、満点の星空の下で至福の時間を過ごしたいと思っています。(絶対行くぞ。でも来年かな?)
訪問者数:52人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ